台風の夜Jazzy Triangle!!

2019年09月16日

「BLACK JAP」Vol.23レポ!

23お〜っと!
ちょっくらボサ〜ッとしてたらアッという間に1週間以上経っちまいましたが、今回の「BLACK JAP」も手前ミソながら、本当にスバラC〜イベントとなりました!!

なんつったって、当山"PENNY"ひとみさんがゲストだぞ!


ちょっち考えてもみてほしい。
80年代初頭・・・コレはハッキシ言っとくけど、角松よりも先んじてコンテンポラリー・ブラックミュージックを日本のポップミュージックに導入したレジェンド中のレジェンドだぞ。

ここ最近はアメリカ発の和モノ・コンピにもフィーチャリングされるなど海外からも熱い注目を集めててるんだよな。
そんなPENNYさんのLIVEをチョー大接近でお目にかかれるチャンス!
コレで燃えてこなかったら男じゃ〜ないッ!!

菅P、そしてゲストのMiyakoIKEDA嬢のDJでイイ感じに盛り上がったフロアに現れたPENNY姐!
もぉ〜通路まで"違いの分かる男たち"でギッシリ満員!
2














イヤイヤ、言葉の流れで"違いの分かる男たち"なんて言っちゃったけどさ。
なんかそんな書き方したらヤロウだらけのムサ苦しい空気を想像されちゃうかもしれないけど、もちろん"男たち"だけでなく、今回は特に"違いの分かるお嬢たち"もたくさん来てくれた感がありました

ステージは「エキゾティック横顔」「ラヴ・コンペティション」「tuxedo connection」・・・と、そっち系の好きなお友達なら目がクラむ様な激アツかつダンサブルな展開でスタート

3MCを務めてくれたKEIJIROのおもしろトークで、「歌舞伎町には幼少時から馴染んでいた」・・・など、知られざるPENNYさん秘話もうかがうコトが出来ました!
あと、「やっぱりミラーボールがあると燃える」とか言ってくれてたのも嬉しかったな

その後、「胸さわぎ」「Our lovely days」・・・とメロウなナンバーも聴かせていただき、みんなすっかりハッピー&ピースフルな気分に


そしてラストに魅せてくれました!!
PENNYさんを語るに欠かせぬ大名曲「SEXY ROBOT」!!!

1













スンゴッ!!
場内総立ち!

サビの部分ではゴールドもタマらず最前線に躍り出てお得意(?)のロボットダンスを披露。

写真に残っとらんのが残念だけど、PENNYさんも一緒にロボットしてくれまして、いちばん最後の「SEXY〜 ROBOT!!」のトコではPENNYさんとゴールドがクロスしてバシ〜〜っとキメさせてもらいました!
身に余る光栄・・・(感涙)


PENNYさんのカッコ良すぎるステージが脳裏に焼き付き過ぎではありますが、DJ陣も大奮闘!
菅Pは今回はPCを持ち込みまして、アチラモンと和モノをウマいコト折衷したMIX。
PCならではのEDITやエフェクトかけまくりの展開もカック良かった!

ゲスト参加してくれたMiyakoIKEDA嬢は「BLACK JAPの定義が難しい・・」とか謙遜しときながら、さすが若手の感性で70年代から2010年代までのPOP〜歌謡〜ブラコンを絶妙にPlay。
最後の最後にアンコールで「夏の終わり」っぽいソニア・ローザをPlayしてくれたのも嬉しかったな。

ゴリラなゴールドはこの日がちょうどリリースから30年目にあたった角松のアルバム「Reasons for thousand lovers」の中から「CINDERELLA」でスタートし、JADOES〜久保田利伸〜大沢誉志幸〜崎谷健次郎なんかを2枚使い、スクラッチを交えゴリゴリにMIX。
個人的にはフロアで初披露した小林麻美「雨音はショパンの調べ」(12inch long version)の幾重にも織り重ねられた様な緻密で太い鳴りに勝手に感動してました


今回、ご出演いただいたPENNYさん、キュートでカッコ良く、素敵な方でした!
最大の感謝とリスペクト!!
そして、遊びに来ていただいた皆さんの楽しそうな笑顔がスンごい嬉しかった!
マジで感謝です!ありがとうございました!!


IMG_2496


takehirogold at 23:13│Comments(0) DJ | 名場面

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
台風の夜Jazzy Triangle!!