平成24年12月6日
武富士の責任を追及する全国会議 代表 弁護士  新里宏二 
                      事務局長 弁護士 及川智志
 〒271-0091 千葉県松戸市本町5-9 浅野ビル3階 市民の法律事務所内
 電話047(360)2123 FAX047(362)7038    http://blog.livedoor.jp/takehuji/   
 

 司法書士 芦田 笑美子

皆さんこんにちは。今回は、管財人が創業者一族らに対して起こした訴訟のうち、唯一傍聴ができていた配当事件の第6回期日(平成24年12月6日、東京地裁民事第8部第601号法廷)の期日のニュースをお送りします。

管財人訴訟(配当事件)6回目12月6日午後1時15分~東京地裁民事8部601号法廷

1、出廷した当事者、裁判官等
 原告代理人3名と修習生1名、被告代理人4名が出廷していました。補助参加人代理人の出廷はありません。
 谷口安史裁判長、松下貴彦裁判官、森田強司裁判官と裁判体に変更はありません。傍聴人は5名でした。 

2、開廷、書面の陳述等

開廷後、被告第3・4準備書面、原告第4準備書面、被告第5準備書面の陳述がありました。

続いて、甲19,20号証、乙16~40号証の証拠調べがありました。原本は、乙号証に4つほどあっただけのようです。

3、結審

証拠調べの後、裁判長は、議論は出尽くしたと考えており、あとは法律判断である、これで結審しようと思うと発言し、結審することについて原告・被告の意見を求めました。これに対し、原告代理人・被告代理人ともに特に意見はないとの回答だったので、弁論を終結し、判決期日を平成25年3月28日(木)13:10として、終了しました。

4、最後に
  管財人訴訟の中で、唯一傍聴ができていた裁判が結審することになりました。その結果に注目すべきことはもちろんですが、一万人訴訟への影響も気になるところです。
  最後に、担当が違って、いつものニュースのように、発言録を作成することができなくて申し訳ないのですが、少しでもこの裁判の内容と様子が皆様に伝われば、幸いに思います。  以上