takeiteasy2000

公務員になった人の日記

もとは公務員試験勉強の記録。今は読書とかiPhoneとか。

22 Dec

ブログ移転しました。

なんかかなり久しぶりの更新ですが、この度、別の場所でブログをはじめることにしました。
なので、こちらの更新は差し当たりストップします。

いろいろとありがとうございました。

ライブドアブログはエクスポートするのに有料会員にならなければならず、移転先のブログにこれまでのエントリーを持っていけないため、とりあえずこちらも残しておきます。

そして、移転先ブログはこちら。
新しいブログもよろしくお願いします。

新ブログ→cooDiary
1 Jan

「新年」に必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

あけましておめでとうございます。
昨年は色々とお世話になりました。

さて、2012年もスタートということで、本来であれば今年の目標とかなんやかんや宣言するべきなんでしょうけど、そういったことはこれから考える予定です。
とりあえず、いろんなことの整理をつけていきたいな、と。

ちなみにタイトルに深い意味はありません。
釣り気味なタイトルですいません。
ホッテントリメーカーでつけちゃいました。
「新年」に新しい名称とイメージが必要って、もう「新」ってついてるからこれ以上どうしろって言うんだ、ってところですよね。
自分で書いててよく意味がわかりませんしw

そんなこんなで本年もどうぞよろしくお願いいたします。
3 Dec

辻村深月「スロウハイツの神様」がとてもよかった

久しぶりに更新します。
今日は最近自分の中でヒットした本のご紹介。

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
辻村 深月
講談社
売り上げランキング: 111439

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)
辻村 深月
講談社
売り上げランキング: 111062

9月末に一度読み、最近再読してしまいました。
2ヶ月間に2回も読むって自分の中ではあまりないことなんですよね。
ちなみに、アマゾンでの紹介文はこんな感じ。

上巻
人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ―あの事件から十年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。

下巻
莉々亜が新たな居住者として加わり、コーキに急接近を始める。少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に百二十八通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った一人の少女に注目が集まる。彼女は誰なのか。そして環が受け取った一つの荷物が彼らの時間を動かし始める。


内容としては上記のような設定の中で、それぞれの登場人物ごとの視点で語られてきます。
その中の人間関係が時に相手に対して厳しいんだけど、そのバックに相手への思いやりがある感じがしてすごくいいんですよ。
あとどの書評でも言われてるけど、下巻の展開がほんと泣ける。
登場人物の中の2人がそれぞれに過去に絶望を経験していて、そこから立ち上がっていくみたいな過程が描かれてるんだけど、それがすごいんですよ。
上巻からの伏線が見事に収束していくとともに、読ませる読ませる。
上巻は比較的淡々としてるんだけど、その後はもう止まりません。
そして、泣きます、ほんとに。
何度でも読み返したくなるくらいの大ヒットでした。
著者の本は文庫化されてるものはだいたい読んだけど、今のところはこれが一番ですね。
他の本と比べてだいぶ優しい気持ちで読める気がします。
最初自分は冷たい校舎の時は止まるから入ってこの人は少し読むのしんどいかなと思ってたんですが、この本はそんなこともなく。
辻村深月は合う人合わない人いるかもしれませんが、これは個人的にオススメです。

年末年始のお休みにはぜひどうぞ。

19 Sep

大学の図書館の居心地がよすぎる

2ヶ月ぶりの更新です。
ってそんなに書くことも実はなかったりするんだけど、なんとなく。

最近実は大学の図書館がなかなかいいかんじなんじゃないかと思ってます。
きっかけは勉強場所を探す中で、母校の大学の図書館に試しに行ってみたこと。
卒業生は無料で利用できるようなんですが、これがまたいいんですよ。
慣れ親しんだ場所だし、何しろ自分の行く週末は人が少なくて空いてる空いてる。
キャンパス内にはサークルだか部活だかで来てる人は結構いるんですよ。
でもさすがに週末に図書館を利用しようと考える人は少ないらしく。
かく言う自分もおそらく休みの日に図書館を利用したことはほとんどなかったんじゃないかな。
そんなわけでかなり快適に過ごせてます。
惜しむらくは日曜祝日が休館ってことくらいかな。
もっと早くに気づいてれば、公務員試験の受験勉強にも活用できたんじゃないかと思ってます。
残念ながら当時は7時半には予備校にいて自習室で勉強を始めていたので、そのサイクルだとさすがに開いてなかったとは思いますが。
ただ、独学の方で大学がさほど遠くなければ、利用してみる価値はあるかと思います。

それにしても連休ってほんとあっという間。
またすぐ連休だから、それ目指して頑張ることにしますかね。
18 Jul

連休中は何をしてましたか?

自分は友達に会ったり本を読んでました。
で、この3連休で読んだ本。

凍りのくじら (講談社文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)陽だまりの彼女 (新潮文庫)

『凍りのくじら』はたまたま家にあったので、一気読み。
辻村深月は『冷たい校舎の時は止まる』しか読んだことがなくて止まっていたんだけど、これを読んで他のを読んでもいい気がしてきました。
なんか、辻村深月はこの順に読め!みたいなチラシもはさまってたし。

そんなところが昨日の話。
それで、『凍りのくじら』を出先でしかも午後の早い時間に読み終わったので、何か軽めの本がないかと思って、本屋で適当に買ったのが残りの2つ。
珍しく両方とも恋愛小説(?)と呼ばれるようなジャンル。
普段は全然読まないんだけど、何となく手にとってしまった。
『レインツリーの国』は読みやすく、読後感もなかなか。
『陽だまりの彼女』は途中かなり甘々な感じで、それはまだよかったんだけど、個人的に結末は別の形であってほしかったかな。
そこは人それぞれだとは思うんだけど。
そこを考えると、『レインツリーの国』を『陽だまりの彼女』の後に読んだほうが、休日の締めくくりとしてはすっきりしたかな。

ここのところ、読書よりも勉強に時間をさきがちだったんだけど、やっぱり小説読むっていいですね。
内容は3者3様だったけど、それでもゆっくり本を読めるってほんと幸せだなぁ、と。
まあ、恋愛小説なんかは読後になんとなく人恋しくなりますがw

この週末は軽め軽めでいってしまったけど、実は別に読みたい本はあるんです。

天の方舟
天の方舟
posted with amazlet at 11.07.18
服部 真澄
講談社
売り上げランキング: 8574

この作家さんは結構好きでいろいろ読んでるんですよね。
いかんせん刊行のペースが遅いので忘れた頃にやってくるって感じですが。
この本も、時間を気にせず好きなだけ読める環境で、まったり読んでみたいろころです。
13 Jun

模擬面接を録画してくれる対策講座があるらしい

久しぶりの更新です。
ここのところこのブログの右側にある人気記事ってところに面接関連の記事があがってきてます。
まあ、そういう時期ですからね。
アクセス解析見ても「公務員 模擬面接」みたいなフレーズで検索した結果、見に来られている方が多いようです。
ただ、一点大変申し訳ないことがありまして。
私が受けたのが2007年のことなので、ぶっちゃけ情報としてはかなり古いんですよ。
せっかく検索までしてこのブログを見つけていただいたのに、なんだか申し訳ない気持ちになりまして。
そうは言っても最新情報は全くわからないんでどうしようもないんですけど…。
とりあえず、少しでも参考になることを祈るばかりです。

そんな中、この前電車内の広告でこんなものを見つけました。

何でも自分の面接を録画したものをあとから見られるとのこと。
これなかなかいいんじゃないですかね。
自分の姿を見るにはだいぶ勇気がいりますが、かなり参考になるんじゃないかと思います。
ちなみにLECの受講生じゃない場合は1回5,500円で受講可能。
高いか安いかはわかりませんが、1回くらいはやってみてもいいんじゃないでしょうか。
あと、録画はしないまでも自分で録音する場合、ICレコーダーでもいいですけど、こんなiPhoneアプリもあるのでご紹介。
iTalk Recorder Premium 4.1.1 for iPhoneApp
カテゴリ: ビジネス 価格: ¥230
更新: 2011/05/28

HappyTalkレコーダー: 最高のレコーダー! 4.4 for iPhoneApp
カテゴリ: ビジネス 価格: ¥600
更新: 2011/06/06

(参考記事)iTalk Recorder PremiumをHappy Talk Recorderと比べてみる | goryugo

まあ、いろいろ方法はあるとは思いますので、本番に向けてうまい具合に模擬面接をいかしていければいいですよね。

その他にも参考になればということで。
面接ハンドブック - 超・直前対策!スケジュール帳|LEC公務員[公務員試験]
面接データベース - 超・直前対策!スケジュール帳|LEC公務員[公務員試験]
なんだかLECのまわし者的な感じがしてきましたが、たまたま見つけたので載せておきます。
5 May

indigo jam unit の”Roots"がカッコ良すぎる!

タイトル通りです。
ビレッジバンガードで見つけてyoutubeで見てみたらこれはやばい、と思ってその勢いだけでエントリー。



CD買おうか悩みます。
これと同じくらい衝撃だったのは最近だとこれくらいかな。



ピアノとかジャズっぽいのが好きならほんとオススメかと思います。


ROOTS
ROOTS
posted with amazlet at 11.05.05
indigo jam unit
basis records (2010-12-08)
売り上げランキング: 3972



First Contact
First Contact
posted with amazlet at 11.05.05
→Pia-no-jaC← 樫原伸彦
バウンディ (2008-09-10)
売り上げランキング: 1600

4 May

Flickr登録して写真をアップしてみた。

ようやく、といういうか今更Flickrに登録。
とりあえずInstagramで撮った写真をアップしてみた。
何となく写真を撮ってみたいなぁ、と思うだけであまり手がついてなかったけど、ここから少しずつ、何でもいいから撮っていきたいなぁ、と思っています。
デジカメすら持ってないからとりあえずiPhoneでってことになるけど。
カメラアプリもなんとなく落としていくつか入れてはあります。
例えばこんなものとか。

AccuSmart Camera 1.110App
カテゴリ: 写真 価格: ¥230
更新: 2011/02/20

HDR Fusion 1.1App
カテゴリ: 写真 価格: ¥230
更新: 2011/01/26

FastEver Snap 1.5.1App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/04/27

OneCam -ジオタグ- 1.5.0App
カテゴリ: 写真 価格: ¥115
更新: 2011/05/03

PictureShow 3.1.1App
カテゴリ: 写真 価格: ¥115
更新: 2011/04/29

アプリを眺める限り特に何がしたい、っていうのが明確になっていないことがバレてしまいますが…wまあ、そこのところは適当にね。

…で調子にのって180枚くらいアップロードしたら、200枚超えるようだとProアカウントにするように言われた。
あっ、そういうことなのね^^;
そのままだと直近200枚しか見れないみたいだけど仕方ない。
普通に撮ってたらペースはそんなでもないだろうからのんびりいきたいと思います。

少し古いエントリーだけど、アカウント別の違いはこれが参考になるのかな。


あと、せっかくなんで自分のアップした写真です。
30 Apr

試験直前1週間の過ごし方とか

気付いたらもうこんな季節。
そして、来週日曜日は都庁などの試験のようですね。
数年前は私も、GW?なにそれ?腹立たしいw
くらいな勢いで直前の準備におわれてました。

それで、ふと思い立って当時の勉強記録ノートを見たので、なんとなく直前1週間に何をやっていたかのご紹介。
まあ、受けてたのは2007年なので参考にもならないかもしれませんが…。

とりあえず、おおよそ1日1年分の過去問を解く。
それによって時間配分を改めて確認して本番の体制を整える。
そして今まで受けてきた模試で間違った問題の復習。
残りは専門記述、教養論文の答案構成を覚える。
さらにちょっとした時間で時事。
…とまあこんな具合です。
ちょっと当たり前すぎるかもしれませんが。

何しろ復習と、本番の確認と、記述関係の詰め込みでいいと思います。
ここから新しいことはできないですし。
あと、できれば一般知能系は全種類1問でもいいから毎日解いておけば、本番まで勘がにぶらないと思います。

あとはなんでしょうか。
生活リズムを本番と揃えて過ごしておくくらいですかね。

ちなみに長い試験生活の中で、このGWの1週間が最も長時間勉強しました。
ひとえに不安だったので何かせずにはいられなかっただけですけど…。
明日からの1週間あれば、日曜から土曜までの6日間×10時間でまだ60時間くらいは準備にあてられますからね。
来週末(に限らず今後も)試験を受けられる方が、いい結果を得られることを祈っております。

30 Jan

「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」とくる『謎解きはディナーのあとで』を読みました

この週末はこんな本読みました。

謎解きはディナーのあとで
東川 篤哉
小学館
売り上げランキング: 72

大企業の社長令嬢兼刑事の主人公が遭遇する事件を、その主人公の執事が解決してしまうというお話。
同じようなパターンの短編が6つ入ってます。
そのパターンとはだいたいこんな感じ。

刑事であるお嬢様が事件に遭遇

家に帰って執事にその話をする

話聞いて真相がわかった執事がお嬢様に暴言を吐く
しかし影山は少しの動揺の色を見せず、眼鏡の奥から哀れむような視線を麗子に投げると、「失礼ながら、お嬢様」と前置きしてからこういった。
「ひょっとして、お嬢様の目は節穴でございますか?」

とかw

執事による謎解き

全体的にユーモアあふれる感じで楽しく読めました。
特にこの執事の、物腰はあくまで丁寧なのに、ちょっとお嬢様を小馬鹿にしてるところがいい。
軽いノリの内容なのであっという間に読めちゃいます。
まあ、事件はそんな凝ってないし、もうちょっと深いところまで突っ込んで欲しい気もしなくはないけど、キャラの設定的にこれくらいのほうが楽しく読めるんだろうなぁ、と思います。

ちなみにこの本買う前に、著者のデビュー作も読んでみたんです。

密室の鍵貸します (光文社文庫)
東川 篤哉
光文社
売り上げランキング: 1775

こちらも殺人事件が起きてそれを解決していく内容でそこそこといったところです。
そういういわゆるミステリーと呼ばれる話を軽い感じで読むにはいいかもしれません。


あと、今日はこちらも購入。

四畳半王国見聞録
四畳半王国見聞録
posted with amazlet at 11.01.30
森見登美彦
新潮社
売り上げランキング: 208

早速読み始めてますが、よくもまあくだらないことをもっともらしく書くもんだ、という印象w
こちらも楽しく読めそうです。
記事検索
Archives
Recent Comments
ランキング参加中!

公務員サイトランキング


人気 blog Ranking








livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ