C型肝炎治療日記

仕事も子育てもしながら、2009年9月治療を開始!!

交流会参加!

昨日は川西先生の講演会がありました。私は都合により交流会のみ参加となってしまいましたが、ずっとこの日を心待ちにしていました!

関東組のお仲間さん達と再会するのは前回から8ヶ月振りですし、新幹線を使って遠路はるばる参加するお仲間さんもいると言うことで私も絶対に参加しようと思っていました。

今回の交流会は25人くらいで、初めて会う人のほうが多かったような気がします。

でも、なんだろう・・・いつもお仲間さんに会うと感じるのは、初対面でも初対面の気がしない。

同じ病と闘う戦友だからかな~。みんな温かくて優しくて、懐かしい感覚さえ感じるんです。

前回・前々回はまだ治療中だったので副作用の相談に乗っていただきましたが、今回も後遺症で悩んでることでアドバイスをもらったり、新しい治験の話等はとても勉強になりました。

今回も楽しく有意義な時間を過ごせて、川西先生はじめ皆さんには本当に感謝です。

電話でアスモさんと話せたのも嬉しかったです^^ちゃぼさんありがとう!

ブレスレット
初対面の人からのたくさんの名刺、そして川西先生からは「もう不満は言わない」の紫のブレスレットをいただきました。

こちらは実践してみまーす!

さて、私のほうは治療終了してもうすぐ三ヶ月になりますが、今のところ経過は順調でウイルスもマイナスを保っています。

あとは後遺症から解放される日々を焦らず待ちたいと思います♪




治療終了2週間後の体調

治療が終わってから二週間。

3泊4日で上海出張へ行き、昨日無事に帰国しました。

二日間はほぼ移動で終わったので、上海に滞在したのは実質二日間ですね。

上海杭州

一日は上海市内、もう一日は上海から車で3時間のところにある杭州、 朝6時~夜11時までクタクタになるまで本当に良く動き、良く歩きました。

毎日睡眠不足なのに、朝から晩まで暑くて、どこへ行っても人が多くてうるさくて・・・環境としては良い状態とはいえませんが、自分でも信じられないくらい体は動きましたね。

体力が戻ってきているのですね。 自分ではコペガスが終わってからの回復が早いように感じました。

また、治療中は人と話すのも外国語を聞くのもおっくうになっていたこともあったのに、上海では積極的にコミュニケーションを取ろうとする自分がいました。

一つ一つ自分らしさを取り戻しているような感じがして嬉しかったなぁ~。


それからこの二週間で見た目も変わってきたようです。

周りの人に口々に言われたのは

・顔色が良くなった。肌がつやつやしてきた。

・髪の毛が増えてきた

実はこれらはまだ治療が終わったことを言っていない人から言われた言葉だったので、「顔色がいいけど何かあったの?」など、不思議がってましたね(笑)

食欲も増えてきたけど、その分動いているせいか体重はー3キロのままをキープしています♪(今のところは。笑)

お酒も週に2~3回はサワー2杯程度飲んでいます^^

そして来週は終了後一カ月の検査(採血&エコー)です!










ペガシス+コペガス48回目【ラスト】

ついに昨日、最後の注射を打ってきました

まずは採血から

~採血結果~

AST(GOT)    23 (19
ALT(GPT)     18 (14

ヘモグロビン    10.8 (10.4
白血球       3300 (2490
好中球       1960 59.4% (1372 55.1%
血小板       13.9(14.8

                           *( )内は先々週の結果


ラストは貧血も良くなり、問題なしの数値でした^^

受付を済ませ、採血室、廊下、待合室、そして診察室へ・・・いつもとなんら変わらない景色なのに「一年間毎週通ったこの場所も、ついに終わりなんだ」と思うと、しみじみしてきました。

そして最後の診察です。

診察室では主治医と今後の話しをし、最後に短い沈黙があった後、一言。


「お疲れさまでした」


と主治医。


その瞬間、私は今までのつらさ、苦しさ、悔しさ、悲しさ・・・様々な思いが一気にぶわーっとこみ上げてきて、涙で先生の顔が見られなくなってしまいました。


「先生・・・今まで本当に、本当にありがとうございました・・・。」


そう言って握手をするのが精一杯でした。


看護師さんにもお礼を言って、最後のペガシスを記念に撮らせてもらいました。

ペガシス
「注射はこの角度でいいかな?」「邪魔な物はどかすからね」などとても協力的(笑)

みなさん気さくで明るくい人達ばかりで、毎週安心してお任せできました。

ラストショットはおなかにブスッといかせていただきました^^


ハンバーグ
家では子供達が終了祝いにハンバーグを作ってくれました。ありがとう。

思えば一年半前、健康診断で数値が動き始めているのがわかった時、治療や副作用が怖くてなかなか踏み切れませんでした。

仕事をし、家事や子育てをし、副作用と闘いながら治療もするなんて絶対に無理だと思っていました。

でも私のような弱虫でも、なんとか続けることが出来ました。

もちろん一人では無理だったと思っています。家族の協力、職場の理解、お仲間さんや友達の励ましがあったから最後まで続けられました。

途中で何度もくじけそうになったけど、周りの人に支えられたからこそ、つらさや苦しさが勇気や希望に変わってここまで来れたのです。


この一年は治療を通して人生の修業の場にもなりました。

失ったものより得たもののほうが多かった、そう感じています。

今、私と同じような状態で治療に入ろうか止めようか悩んでいる人には、ぜひ勇気を持って治療に臨んでほしいと思っています。



今後は治療での経験を糧に、また新しい人生を踏み出していきます。


みなさん、本当に色々とありがとうございました。


感謝!!

ペガシス+コペガス47回目

ペガシス47回目は娘が入っている吹奏楽部の大会を観に行く日と重なってしまったため、採血無しの投与のみでお願いしました。

体調は悪くないし数値も落ち着いてるということで、先生もあっさりOK♪

おかげさまでスイングガールズ達の熱い闘いを満喫出来ました!(県大会出場も決りました◎)



さて、注射も残すところあと1回。

治療を終了したお仲間さん達のブログを読んで体調の戻り具合を参考にさせていただき、私も終了後の計画を立ててみました。



1、お盆は実家で過ごし、地元の友達と再会する

 片道3時間弱かかりますが、家族や友達と過ごす楽しみを想像すれば大丈夫でしょう!


2、8月下旬に上海出張

 治療中の一年間は1時間の移動でさえ厳しかったので、これはちょっと冒険ですね(笑)

 治療終了2週間後くらいに予定しています。


3、思い切り読書をする

 治療中は活字を見ていると気分が悪くなり、目もチカチカして読書はほとんどできませんでした。

 読みたい本が溜まっているので集中して読みたいです。


他にも運動を始める、英会話を再開する等、やりたいことがたくさん出てきました。

一時期は希望を失い、治療をする意味や生きる意味さえ見失っていたのに、今は再び前向きになれた自分にホッとしています・・・。

治療後すぐに体調は戻らないと思いますが、治療中に学んだ「焦らない」を心に留めてゆっくりゆっくり戻していけたらいいなと思います。


ペガシス+コペガス46回目

暑い日が続きますね~。

毎日みかんバーを欠かさず食べてるおさんぽです。皆さんのおススメアイスを教えてください


先日46回目の投与へ行ってきました。

先週は白血球の上昇&発熱で感染症の疑いが出ましたが、今では熱も倦怠感もすっかり良くなりました。(あとは背中痛だけ



~採血結果~

AST(GOT)    19 (21
ALT(GPT)     14 (16

ヘモグロビン    10.4 (10.3
白血球       2490 (5230
好中球       1372 55.1% (3900 74.6%
血小板       14.8(12.2

                           *( )内は先週の結果


白血球は低いながらもいつも通りの数値に戻ってホッとしました  

その他の数値も横ばい状態、ウイルス検査も「検出せず」保ってます♪


さて、先日上司に業務内容について、私の今の状態について(理解力・思考力の低下、集中力欠如等)相談しました。

上司は「仕事が忙しくておさんぽさんに負担がかかっているのは分かっていたけど・・・任せきりで本当にすいませんでした」と、今後は改善していけるよう、一緒に考えていくことになりました。

私のほうは上司に聞いてもらっただけで心がだいぶ楽になり、翌日から元気も復活。
不思議と頭の回転も速くなり、仕事もサクサク?!

はい、単純な私です(笑)

治療のつらさをここでお仲間さん達に聞いてもらうのと似ていますが、誰かに分かってもらえる、共感してもらえる、孤独じゃない、それが自分への大きな力・励みとなって頑張れるのですね。

私は一人だったら治療も仕事も、きっと何もかもが中途半端に終わっていたでしょう。

周りの人の支えがあってこそ、ここまで続けられました。

あと2回、笑顔で卒業できるよう頑張ります!




追記: Nature ダイジェスト8月号

    「C型肝炎ウイルスの強力な阻害剤が見つかった」 ですって!

   






プロフィール

おさんぽ

最新コメント
最新トラックバック
いらっしゃーぃ。おさんぼさん (C型肝炎治療の”あかるい”肝炎生活)
はじめまして