February 06, 2007

真実はどこ?

577d1e95.gif

皆さんお元気ですか?!

2007年も1ヶ月が過ぎ、気づいたら半年近く更新していませんでした。
私は何とか元気にやっています!
春から新しい仕事を始めることになり、昨年末からそのための研修やなんかで忙しく飛び回っていました。
でも、大好きな英語のお仕事、辛いなんて全く思わない!
むしろ、その忙しさを楽しんでいるくらいです。
勉強、頑張った甲斐があったなぁ〜〜。


今日は、どうしても書きたいことがあったので更新しています。

読者の方からたまに今でもメールを頂いています。本当に有難いし嬉しく思っています。
このブログで色々なことを考えて下さることが私には本当に嬉しく、記事を書いてきてよかったと思ったり・・
今日の記事も、ある方から頂いたメールを読んで、是非皆さんにも知って頂きたいと思いUPすることにしました。

皆さんは、去年博多で幼児3人が亡くなったあの飲酒運転の事故を覚えていらっしゃいますよね?
加害者は22歳の市の職員でした。

報道では、亡くなった子供達の家庭のことは報道するけど、加害者のほうについてはほとんど語られることもなく、
『飲酒運転して幼い3人の子供の命を奪ったばか者』
程度しか私も思っていませんでした。

彼の具体的な職業をご存知の方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、『動物管理センター』職員だったそうです。
『動物管理センター』とは、ま、簡単に言うと野良犬や野良猫、事情で飼えなくなったペットなどを引き取り管理して、里親が見つからなかった場合は殺処分するところです。

加害者はそこで動物達に餌をやりながら、時が来たら殺す・・・そんな仕事をやっていました。まだ20代そこそこでこの仕事は辛かったでしょうね。いくつになってもこういう仕事はかなり辛いものでしょう。

そこに犬を里親希望で探しに行った方の手記だったのですが、加害者はとても温厚で人当たりがよく、出来るだけ殺す動物を少なくするべく、必死で里親を探していたそうです。

そんな彼が、あんな事故を起こすなんてね・・

きっと毎日酒でものまなけりゃやってられなかったんでしょう。飲酒運転は許される行為ではないけど、加害者にも色々な背景があり、家族がいる。
本当にこういう事故って悲しいですよね。
誰も幸せにならないんだもの。

被害者は皆に同情され、励まされ、人の温かい心に触れることはあるだろうけど、失った子供たちは生きて帰っては来ない・・
加害者は皆にののしられ、一生十字架を背負って生きなければならない・・
しかも、報道やメディアは絶対と言っていいほど事件の裏側は報道しないから、加害者は一生
『ただの一、大馬鹿者、殺人者』
として世間から冷たい目で見られるしかない。

辛すぎる。
頼むから酒のんで車を運転しないでくれよ、って思う。
加害者だって、殺したくて殺したわけじゃないし、むしろ小動物にさえそんなに優しい彼だったら、子供も好きだったんじゃないかな。

何だか本当に心が痛む事故です。

私に出来ること。
『のんだら乗らない、乗るならのまない』
これ、運転免許証持ってる大人の常識、だよね。

それから、
『メディアや報道が語る真実を鵜呑みにしない』
信頼出来る真実って、本当は公にならないことの中にあるのかもしれないから。

合掌。


takeiteasyfriends at 11:17|この記事のURLComments(7)犯罪 | 犯罪

September 29, 2006

National Geographic Japan5

8c25797b.jpg

 

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2006年 10月号 [雑誌]

もしも皆さんが、私のブログの記事がお好きで、なおかつ読書もお好きだとしたら、この雑誌は絶対に皆さんに満足して頂けるものだと確信しています。

ナショナル・ジオグラフィック、って聞いたことはおありかと思いますが、100年を越える歴史あるアメリカの雑誌です。私は定期購読をしていて、つい昨日届いたばかりです。

CATVなどが観られるお宅だったら、『ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル』をご覧になった方もいらっしゃるかと思います。最近ではお金を払わなくても、USENの無料放送チャンネルGyaoなどでも観ることができますよ。私は『ミイラ・ロードショー』という番組が大好き!世界中のミイラのレントゲンやCTを撮り、死因や、分からなかったことを解明するドキュメンタリー番組です。

で、今日私が何を言いたいかというと、
『気軽に世界を知る良いツール』
として、ナショナル・ジオグラフィック誌をお勧めしたいのです!

毎月、月末に送られて来るこの黄色い雑誌で、私は日々のストレスも忘れてしまうほど胸踊り、知的好奇心は最高潮に達します!
夜、子供たちが寝てから、布団に入りナショナル・ジオグラフィックを読む時のワクワク感は、文章でお伝えすることは出来ません。
動物、考古学、科学、経済、芸術、地理、歴史、ありとあらゆる分野の記事を、豊富で高いレベルの美しい写真と共に楽しむことが出来ます。

書店でも購入できると思いますが、定期購読だと年間3000円もお得になります。
私は2年単位で定期購読を申し込んでいます。

私たちの知らないことが、世界にはまだまだたくさんあります!
きっと死ぬまでにどんなに頑張っても、その10分の1、1000分の1すら知ることは出来ないでしょう。
しかし、少しでも世界を理解しようと頑張れば、何もしない人よりは知り、知識を身につけ、感動を覚えることは出来ます。

騙されたと思って、まず1冊手に取ってみて下さい!
1冊980円以上の価値は充分にあると思いますよ!

ー平和な世界が来るようにー

ナショナル・ジオグラフィック・ジャパンHP こちらから定期購読申込も出来ます

 


September 23, 2006

感動しています。有難う。5

151e9c8c.gif

まず、皆様大変お久しぶりでございます!

実は、お休みしている間にも大変たくさんのコメント、メールなどを頂いておりました。
つい最近も、中高生からのコメントを頂き、黙っていられなくなりました。

『今でも読んでくださる人たちがいる』

これは本当に私にとって嬉しく、感動しています。

実はプライベートで本当に色々なことがありました。ここには書けないようなことも多々ありました。でも結果、私は去年の私よりも更に強くたくましくなった気がします。
去年は辛らつなコメントなどで凹むことも多々ありましたが(笑)

つい最近、就職試験を受け、合格致しました。英語講師の仕事なのですがかなり大手に就職出来、喜んでいます。これも日ごろの英語の勉強の賜物だと思います。
でも私には、40までにどうしてもなりたい職業があるのです。

『翻訳家』

そのためには専門的な勉強と知識が必要です。
独学では限界があるので学校を利用しようと思っています。
そのための資金を貯めるためにも外で仕事がしたかったのです。
3人の子供の教育資金で手一杯なのでとても私のために出すお金なんてないのが現状ですが、私が働いてその中から少しずつでも自分の将来のために投資しようと思っています。

贅沢ですかね?

私も私の人生を満喫したい!
夢を叶えたい。
そういう母親の姿から子供たちが学んでくれたらいいなと思います。

多忙なので以前のようにマメに記事をUPしたりコメント返しも出来ないかもしれませんが、出来るだけ時間を見つけてまた皆さんと一緒に考えることの出来る記事を書いていきます。

新たな気持ちで今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

次の記事は10月初旬の予定です。


takeiteasyfriends at 12:22|この記事のURLComments(20)伝えたいこと 

March 04, 2006

一石二鳥3

1c114753.jpg

皆さん!気づいたらもう3月!ひええええーーーー月に2,3回投稿するなんて言っておきながら、2月は1回だけになってしまった・・・・・繰り返し訪問して下さった方、ごめんなさい・・・

さて、2月、私が何をしていたかというと・・・・

ひたすらに、英語の勉強をしていました。
貧乏人の私(笑)は、なるべくお金をかけずに英語の勉強を、でも、きちんと身につくよい方法で、と考えた結果、あるサイトに無料で登録し、外国人の友達を探す、

『国際的出会い系』

に手をだしたのです!(笑)いえいえ、いかがわしくはないですよ。(一部いかがわしいことに使ってる人もいるけど)で、数人の友達が出来たのです。特に仲良くなった人たちは、


アメリカ人2名  テネシー州で米軍に勤務している女性。
          ニューヨークで市警察のヘリのパイロットをしてる男性。
オーストラリア   メルボルンの病院で働く、カンボジア出身の中国人男性。
イギリス     日本語と日本を心から愛する看護学講師リタイア後のイギリス人男性。

あと数名。(滅多に連絡しないけど、友達になった人たち)

彼らとほぼ毎日メールのやり取りをしています。膨大な量の英文メールを読んだり書いたりしているので、かなり単語などの勉強になってるし、本の単語を覚えるのと違って、自分が伝えたいこと、相手の伝えたいことだと、真剣に考えるし調べるので、本当によく見に付くし、脳みそが活き活きしてきた感じです(笑)

その中で私が気になったのが、オーストラリア在住のカンボジアの方です。ミンさんという30代男性なのですが、彼は妹さんとお父さんを亡くしています。
『ポルポト派』の時代に。
凄まじい労働と、飢餓のために・・・。
私が、彼に平和について書いた時の返信が忘れられません。

平和って何だろう。貧しい国の貧しい人たちは、よくないと分かっていながらも、よくない大統領に投票する。だって、よくない大統領でも、明日のテーブルの上に食物を乗せてくれる人なら、正直誰がなってもいいと思うから。

そうだよな、って思いました。
そういう国がたくさんあるんだろうなって。
平和という言葉の重みは、国によっても違う。
日本での平和と、他の国の平和は違う。
だったら、日本の平和が、他の国では平和ではないかもしれないし、他の国の平和も日本では平和として受け入れられないかもしれない。

『平和』って何なんだ?!

改めて、また皆さんと考えて行きたくなりましたよ。
それにしても、英語も勉強できて、海外の人の考え方も知る事が出来るって、一石二鳥だと思いません?

でも、平和のベースは、やっぱり
『子供を守れる国家』
なんじゃないのかな。


takeiteasyfriends at 09:06|この記事のURLComments(15)社会問題 | 社会問題

February 02, 2006

ある計画

bdced735.jpg

あー、またここに帰って来たんだなーって感じです(笑)

しばらくここを留守にしていた間、私、色々と頑張ってたんですよ。
特に頑張っていたのは、『英語の勉強』です。
1月にTOEICも受けて来ました。
4月からアメリカの大学の日本校のオンライン通学もする予定です。
ってなワケで、今年はすんごい忙しい年になりそうです。
大学では、TESOLを習得します。
いわゆる、英語を母国語としない人への英語教授法です。
これは私が今後英語講師を続けて行くにあたって、必要な勉強です。

それから・・・

今ここに詳細を書けないのが非常にもどかしいのですが、ある方と計画をしました。
それは、普通の人が聞いたらビックリするような計画です。
でも、必ず実現出来ると思ってます。
その方と一緒に、世界の色々なところへ行くでしょう。
通訳が必要です。そのための勉強も頑張っているんです。
『平和な世界』の実現のために、本当に微力かもしれませんが、頑張ろうと立ち上がった人たちがいるのです。私もそのうちの一人です。

今回、またブログを再開するきっかけとなったのもその計画のためです。
地球上で苦しんでいる子供たちのことを、忘れないように、そして何とかいい方向へ向かうように、大人の私達が出来ることがきっとある。
そう信じいてる人間がこの世にいる限り、
『何とかなんじゃないの!?』
と、ものすごく前向きに生きている私です!

忙しさゆえに、コメントして頂いても、皆さんのところへ訪問できたりできなかったりになると思います。どうかその辺をご了承下されば幸いです。

一応、月に2〜3回の投稿を考えていますが、勉強で多忙な時期はまたご無沙汰になると思います。でも、皆さんと分かち合える記事を投稿して行きますのでどうぞ宜しくお願い致します!

『平和な世界が来るように』
休んでる間も1日平均100のアクセス、有難う!
子供達のために
makikoまたまた頑張ります!(頑張りすぎは、禁物です、笑)


January 28, 2006

再開のお知らせ

a3f68821.jpg

皆さん、本当に本当に暫くのご無沙汰でございます!

実は、今日はお知らせがあり、久しぶりに投稿しております。

このブログ、2月から再開致します!
しかし、実は私今年は『大学』に通うのです。
通うと言っても、通信教育なので、数回東京に授業に行く以外は自宅で勉強するのですが。
ということで、月に1回か2回の投稿になると思いますが、やっぱりどうしても伝えたいことがあり、再開することに致しました。

以前、コメントを下さっていた皆さんが、また一緒に平和について考えて下されば幸いです。
そして、新たに、一緒に平和について考えたい!とおっしゃる方も大歓迎。
一緒に、たくさん考えて行きましょう!

とりあえず、来週末に1つ記事を投稿致します。
宜しくお願い致します!


takeiteasyfriends at 13:39|この記事のURLComments(15)伝えたいこと 

December 13, 2005

小学生の皆さんへ

c54e4829.gif

最近、ヤフーきっずや、gooの検索で、ここのブログへ来て下さっている、たくさんの小学生のみなさん、こんにちは!そして、有難う!

このブログは、3人の子供を持つお母さんが、世界中の全ての子供達が、希望を持って大人になれる社会にするには、大人は何をしたらよいのだろう、と色々考え、様々な角度から平和というものを考えたブログです。過去の記事に、たくさんの役立つことがらがあると思います。どうぞ、カテゴリ別になっていますので、興味のある分野をクリックして、役立てて下さいね。

私にも、小学生4年の娘がいます。あと、3歳と2歳の息子達。地球に暮らす子供達皆が大好きです。でも、悲しいかな、世界には満足にご飯を食べられずに死んでしまう子供たち、大人の勝手で、苦しく辛い思いをしている子供達がたくさんいることを忘れないで下さいね。

皆さんの明るい未来と、楽しい学校生活をいつも祈っています!

訪問、本当に有難う!大好きだよ!

makikoお母さんより。


takeiteasyfriends at 16:59|この記事のURLComments(7)伝えたいこと 
コメント有難うございます☆