RC復活!表彰台への道

1980年代西山サーキットで走らせていました。16年ぶりにRC復帰。D-DriveでのF1に始まり現在はR246、ZENサーキットでZEN ZFC014、京商TF7を走らせてます。

サンワ M17 レビュー 2018/09/06



IMG_20180829_091129

サンワ M17のレビューです。

実走行
SURでバインドし、SSLモードの5Sで走行開始。M12SのSSRよりやや滑らかな感じもするがレスポンスは少しだけ遅めかな?
7Sにすると、これこれ、12S越えのレスポンス。さらにSURにするとレスポンスアップ!
正直レスポンスアップはM12->12S、SRG->PGSのアップと比べると控えめ。
だが滑らかさはアップ!そして車がカチッと動くようになりました。これは性能アップのためか、M12Sがヘタっていたのか分かりませんが?
心配していた、タッチパッドも実走行時の操作程度では全く問題なし。
という事で、正直今回は感動するほどではなかったですが、正常進化としては十分合格点。
今後はログを見るのも楽しみです。

ここから下は走行前のレビューです。
見た目
思ったより高級感があり、なかなかGOOD!液晶も綺麗です。
持った感じ
バランスはM12とそれほど変わらない感じですが、やはり軽いです。スロットルとグリップのポジションはM12とやや変わっていて、説明出来ませんが私にはM17の方がしっくりきます。ブレーキを空振りすることがなくなりそう。いいね!

充電器
USB マイクロB端子で、充電器どころかコードすら付属しませんので忘れないようにお求めください。因みに充電時間はエンプティから普通の2.1A端子で充電したら満充電まで4時間くらいかかってたかな?(正確には測ってません)
容量は2500mA。充電器によってはもう少し早く充電できる気がします。
バッテリーの取り出しはプラスネジ1本で出来ますので、予備バッテリーも使用可能。
充電中に電源を入れると、、、なんて話も出てます。私は記事が出る前にその操作をやっちゃいましたが特に問題はありませんでした。
でも注意します。

受信機
思ってたより小さく、482が収まっていた場所にそのまま載りました。アンテナは面倒ですが仕方ないのかな。

操作
電源ボタンは長押し。慣れないので使い難いがこれはそのうち慣れるでしょう。
ボタン類はレバーやステアリング裏のボタンなどがなくなってしまっていますが、私は使ってなかったので問題なし。他の操作感はM12と一緒。
タッチパッド これは慣れが必要ですね。反応が悪いというのは感じませんが、早く指を動かしてもカーソルは追従せず速くは動きません。
ややゆっくり動かした方が多く動きます。名前を入力する場面ではカーソルが横にしか動かず、しかも速くは動かないのでかなり苦痛。将来は縦に動かせるようになることを願ってます。細かい操作がやり難い方はダイアルボタンでもカーソル移動が出来ますのでそちらでどうぞ。
ただ苦痛なのは文字入力だけで通常の設定で一コマづつ動かす分には問題なし。初期入力が終わってしまえば、通常使用時にはあまり問題はなさそうです。

以下は今のところ私が感じている問題です。これからも加筆あるいは修正させて頂きます。

未実装で私が困る機能
ダイレクト モデルセレクト
LAPとINTの同時スタートが出来ない

M12からなくなった機能
ブレーキ方向へのサーボスピード
本当のダイレクトモデルセレクト(実装されても数タッチかかるものへと変更)  

設定が分かりにくかったもの
R-Modeへのcode10の割り当てーR-MODE画面のA2でAUXをONにする。R-MODEを切り替えてもAUX画面に反映されないが、BACKボタンで一度戻ってから再び見ると反映されている。ーーー実走でいつ反映されるかは今後検証予定ーーー私の感覚が正しければ、直ぐに反映されてました。

サブトリムと左右の動作範囲を合わせたら、コンバートボタンで設定した方が良いかも。やらないとトリムの数字がおかしかったような気がしてます??詳しくは忘れちゃいました。

 スロットルの角度、スプリング変更など調整をした際にニュートラルの数字が不安定になるが、キャリブレーションをすれば解決。

いつもながらサンワさんの説明書はなんとかなりませんかね、、、

私の環境での不具合
User name入力画面でカーソルが一方方向しか動かない。
Trim5にR-Modeを割り当てると機能しない。動かすとAUX2の文字が出ます。
サーボをリバースで使ってもトリムの表示が左右反対のまま
CODE10をつかうと、ホーム画面に設定がグラフで出る筈だが出ません。

色々な意見はあるでしょうが、ノーコンなどの致命的な不具合がなければ私は全然許せちゃいます。
スマホやら車やら始めのロットは買わないなんて方は正直待った方が良いです。
新し物好きの私はこの不具合が治っていくところが楽しい。Mなのか(笑)
次のアップデートが楽しみ。
でも次で全部は厳しいかな。少しずつでも良いの月に1回ずつでも出してくれないかな。
これでマイクロSDの相性問題なんて出てきたら、また炎上しそうだな。バッグよりSDカードつけた方が良かったんじゃない??

ZENシリーズ戦2018Rd4 17.5Tクラス

こちらのクラスは今回もXRAY T4 2018で望みます。
TF7.7は全日本でも好調。開発も進められているようなのでこちらで出たかったのですが、
私のセッティング能力&腕ではちょっとまだ厳しくて、
ベストタイムはほぼ同じですが、レース路面でのタイムの落ちが大きいのが課題。
リアがくいすぎて重いんですよね。逆に言うとTF、T4、BDの中で一番リアグリップがあるのがTF。
最近のリアが軽い車は運転出来ないなんて言う方にはTFも選択肢の一つか。


T4のセットは色々試しましたが結局前戦と同じセット。タイヤはラッシュ40Sにアクソンホイル&インナーの組み合わせ。

予選1
1組目のスタートはMシャーシが走った後なので走り始めはいつもグリップが悪い。
4台での壮絶なバトル。中盤まで0.5秒の間に4台が入る大接戦でしたが、何とかトップゴール。
予選2
またまた4台で熾烈なバトル。トップから4位までアベレージラップの差は0.03秒。最後まで全車1秒以内の接戦でしたが、
またまたトップゴールさせて頂きました。
総合2位。ポールは別のヒートで走ったただ選手。

決勝
序盤はタイヤグリップが足らず、わかたく選手に激しいプッシュを受けます。なんとか凌ぎきりグリップの安定してきた中盤からはただ選手を追撃するものの0.3秒差の2位でフィニッシュ。
もう少し近づいてプレッシャーをかけたかったですが、あれがいっぱいでした。

レース後
皆さんの車をやらせて頂きました。
印象的だったのは山田選手のサーパントP4X。旋回性能の高さは素晴らしい。ややナーバスなところもありますが感銘的。
小野田選手のT4、野中選手のBD8は方向性が似ているかな?バランスが素晴らしい。
大島選手のTFはダンパーの組み方が素晴らしいのか、いつもながらサスの動きが実に滑らか。見習いたいところ。
総じて皆さん素晴らしい動き。前戦と比べても各車の差は縮まってます。僅差のレースになるのも納得。



私の出番は0分、17分すぎ、決勝A40分すぎ
予選はアナウンス聴いているだけで、緊張しちゃいます。

M12は今回がおそらく最後のレース。長いこと頑張ってくれました。
dIMG_0569

XRAY T4  2018 セッティング
IMG_0575


ZENシリーズ戦2018Rd4スケールクラス

今回はスケールクラスにTF7.7で参加しております。
本当は17.5と同じバッテリーでやりたかったんですが、皆さんと同じ1Sサイズバッテリーとは100g以上の重量差があり厳しかったので2年以上前にF1で使っていたものを引っ張り出し望みます。ボディはメーカーは分かりませんがZENで売ってる塗完のSCにタミヤウイング。鉛のウエイトを貼り規定の130gにしてます。
先週グリップが悪い中、わかたく選手に全くついて行けなかったので、妄想セットを施して望みます。
アッパーロッドをランスフォード64チタンから純正アルミに、モーターマウント固定の皿ネジもアルミにチェンジ。リアサスマウント下ワッシャーをやったことない0.75に増やしてます。
この妄想セットは当たったようで、ビックビクなくせにアンダーだった先週から大分楽になりました。
朝一でタイヤはラッシュ40でインナーを39Mとアクソンを試しアクソンに決定。

予選1
同じ組みのわかたく選手とマッチレースになりましたが、0.2秒差で勝利。結局これがこのクラス唯一の勝利に、、、
予選2
同じように僅差の争いでしたが、私が勝手に飛んで終了。
予選は結局3位。

決勝は2ラウンドの合計で決まります。
少しでも有利にレースを進めるために新品のバッテリーを決勝前に購入。
万全の体制で決勝に望みます。

決勝1
やはり新しいバッテリーは速い。予選では遅かった私の車の直線が速い。
序盤予選2番手の関口選手と楽しいバトル。何とか前に出たと思ったら単独スピン(笑)。
また出直し。そしてようやく2番手に返り咲いたところで、突然スローダウン。
ESCのモーター温度カットがかかったようです。
125度に設定していたんですが、まさかここまで上がるとは考えてませんでした。
誰か教えといてよー(笑)
リタイヤ。

決勝2
温度カットをオフにして望みます。
中盤から後半、トップのわかたく選手に追いすがりますが、年甲斐もなく頑張りすぎて飛んじゃいました。
2位。
総合3位。
終了後にESCでモーター温度を見たら126度でした。
初のスケールでしたが楽しく走れました。このクラスはバトルが楽しいですね。
ダブルエントリーだとめちゃくちゃ忙しいですが、また参加人数が少ない時にはお邪魔させて頂くかもしれません。




IMG_20180820_094313

京商 TF7.7 セッティング

FullSizeRender
決勝後 RPM14791 129度


プロフィール

carr

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ