ブログネタ
和食 に参加中!
前日のブログのお写真のお二人
食通の大沼さん、自称食通の平井さんとで大森の和食「まき村」さんへ。
先付けから炊物まで今回もまき村さん渾身の料理の数々・・・、
そして、大沼さんの「乾坤一 純米吟醸 超辛口」、平井さんの「日高見 純米 山田錦」。

まき村 鮮魚まき村 さざえ 雲丹まき村 カラスミ 大根

乾坤一、日高見、ともに和食との相性、鮮魚との相性を譲らない中にも、
本鮪赤身に網目に差し込んだ脂には「乾坤一 純米吟醸 超辛口」の燻し銀の渋さ、
アオリイカ本来の身の甘さには「日高見 純米 山田錦」の明るい艶っぽさ、
それぞれが調和。まぁとにかく、純和食には日本酒以外アリエマセン
できれば吟醸香も強過ぎない方がいい。平井さんも再認識されてました。

最後の〆のご飯。
普段通っている時にはグリンピースご飯やステーキ丼、一夜干など季節の食材の炊き込みご飯など、最後の一口までいろいろ楽しませてくれますが、今回は初来店のお二方のために、登場は名物鯛茶漬けでした。久々ですが、やっぱりこれもうまい。