2006年07月

2006年07月31日

★たばこの煙にダイオキシン類似物質“たっぷり”

危険性は確認済みだが実際に物質を特定

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/31号]より

takemasu3 at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

当選者 発表!

d313e54a.gif「癒!タイ式マッサージ 60分無料券プレゼント」
の当選者は以下の10名様です。おめでとうございます!
----------------------------------------------------
衛藤さま(福岡市博多区)、大野さま(北九州市)、大谷さま(久留米市)、青柳さま(福岡市中央区)、倉橋さま(大野城市)、川端さま(福岡市博多区)、小中さま(山口県下関市)、寺島さま(糟屋郡須恵町)、西谷さま(筑紫野市)、平田さま(東京都江東区)
以上の方々です。残念ながら今回の抽選に漏れた方々にも、割引券を送付致します。
 
たくさんのご応募、ありがとうございます。

takemasu3 at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

神経難病抑えるリンパ球 腸に存在、細菌で活性化?

 の粘膜に多く存在するリンパ球に、中枢神経の難病「多発性硬化症(MS)」の症状を抑える機能があることを、国立精神・神経センター神経研究所免疫研究部の山村隆部長らのグループがマウスの実験で突き止め、米科学誌ネイチャー・イムノロジー(電子版)に30日、発表した。

 MSは脳や脊髄が侵され、視覚や運動などに障害が起きる。日本では最近30年間に患者が20倍以上に増加、特に欧米人に多い脳に病巣ができるタイプが増えている。

 このリンパ球は、腸内の細菌に刺激されて増殖するため、山村部長は「食生活の欧米化で腸の環境が変わり、このリンパ球の機能が低下してMSが増えた可能性がある」と推測している。

「中国新聞」全国・世界のニュース > 科学・環境 7月31日2時11分更新 より

takemasu3 at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月29日

★阪大、脳梗塞悪化させる物質確認

プロスタグランジンE2というで新治療薬開発に期待

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/28号]より

takemasu3 at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月27日

杜仲葉に内臓脂肪の減少効果・小林製薬が確認

 小林製薬は健康茶の素材でもある杜仲(とちゅう)の葉にヒトの内臓脂肪を減らす効果があることを確認した。10人の被験者が1日当たり杜仲葉エキス1500ミリグラムと粉末600ミリグラム、桑の葉エキス224ミリグラムを2カ月間摂取。内臓脂肪面積は7人で減少。平均でも摂取前より7%減り、35%減の人もいたという。

 岡山大学大学院の川崎博己教授との共同研究でも、杜仲葉にラットの血管が硬くなるのを防ぐ「血管若返り」効果があることを確認。いずれも8月に開催される日本杜仲研究会で発表する。

[2006年7月26日/日経産業新聞より]



takemasu3 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月26日

★京大、ほこりはこまめに掃除を

家・職場のほこりに有毒ダイオキシン類を含むことがあると分かる

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/26号]より

takemasu3 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

★エコノミークラス症候群、カボスに予防効果!?

血液が固まるのを抑える

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/25号]より

takemasu3 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

★沖縄、犬ブルセラ症確認

重症になることは無いが人間にも感染する人畜共通の感染症

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/25号]より

※ 本感染症では発熱、発汗、脱力感、体重減少などがみられ、熱型は間欠型である

takemasu3 at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

輸血血液に黄色ブドウ球菌混入、男性死亡

 今年5月、黄色ブドウ球菌が混入した血小板製剤を輸血された70代の男性が、敗血症で死亡していたことが25日、日本赤十字社の調査で分かった。日赤によると、採血した際に供血者の皮膚などに付着していた菌が偶然に針などから混入し、輸血までに増殖したとみられる。厚生労働省によると、血液製剤に黄色ブドウ球菌が混入したことによる死亡例は国内では初めて。同省は特異なケースとみているが、日赤に再発防止を指示した。

 日赤によると、男性は5月1日、血液疾患などの治療で血小板製剤の輸血を受けた後、間もなく発熱などの症状を起こし、敗血症とみられる症状で翌日死亡した。男性の血液と残っていた製剤などから黄色ブドウ球菌が検出され、遺伝子の型も一致したという。

asahi.com > 社会 > その他・話題 > 記事 2006年07月26日07時18分より

takemasu3 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月24日

コショウを使って誤嚥予防 東北大チームが研究

ae0d991e.jpgコショウが高齢者の誤嚥を防ぐ仕組み


 高齢者に毎食前、コショウのにおいをかいでもらうだけで、誤って食べ物を気管や肺に吸い込む「誤嚥(ごえん)」の予防が期待できるかも知れない。東北大大学院老年病態学チームが、嚥下(えんげ=飲み込み)反射が改善される効果を確かめた。肺炎の原因になる誤嚥は、高齢者には命にかかわる問題だ。手軽な予防法につながる成果として、近く米老年医学会誌に発表する。

 のどの奥、食道と気管が分かれる部分の働きが衰えた高齢者では、食べ物やつばの誤嚥が増える。健康ならせき込んで排出できるが、そのまま吸い込み肺炎を起こす高齢者も多く、死亡の大きな原因となっている。

 東北大の海老原孝枝医師、荒井啓行教授らは、宮城県内の老人保健施設で70〜98歳(平均約85歳)の男女入所者105人を3グループに分け、それぞれ1カ月間、毎食事前に黒コショウのにおいのする精油、ラベンダー精油、水のにおいをかいでもらった。  食べ物を口に入れてから、嚥下反射が起きるまでの時間を調べたところ、実験前は平均15〜17秒だったのが、黒コショウ精油のグループだけが大幅に改善され平均約4秒になった。嚥下運動の回数も増えた。他の2グループでは、大きな変化はなかった。

 チームはこれまで、神経で「サブスタンスP」と呼ばれる物質が少なくなると嚥下反射が低下すること、神経にあるカプサイシン(唐辛子の辛み成分)の受容体を刺激すると嚥下が改善することを確かめており、においの強い黒コショウによる改善効果を調べた。海老原さんは「コショウのにおいが脳に作用し、サブスタンスPが増えたのではないか」とみている。  鳥羽研二・杏林大教授(高齢医学)は「実用性のあるアイデアだ。肺炎予防効果が実証されれば、医療・福祉に対して非常に大きな貢献になる」と言う。

asahi.comトップ > サイエンス > ニュース 2006年07月24日より

takemasu3 at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(3)clip!

2006年07月23日

★沖縄、ナスで記憶喪失!?

毒性のあるチョウセンアサガオにナスを接ぎ木

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/22号]より

takemasu3 at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

★睡眠が記憶を強化する 比較試験で差

少し前に学習した事実や出来事を思い出すには睡眠が必要と分かる

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/22号]より

takemasu3 at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月22日

職場の胸部X線検査、原則40歳以上に 厚労省方針

 職場の定期健診で年1回行われている胸部エックス線検査について、厚生労働省は21日、対象を原則40歳からにする方針を示した。一般に健康な若い層ではエックス線被曝(ひばく)のリスクの方が高いとの懸念もあることから、毎年の検査は必要ないと判断した。ただ、検査の有効性と有害性のどちらが大きいかについては専門家の間でもなお意見が分かれているため、新たに研究班を設けて検証したうえで見直すとした。

 同日開かれた専門家検討会(座長・工藤翔二日本医科大教授)に示した。職場での定期健診での胸部エックス線検査は、労働安全衛生法で事業者に年1回の実施が義務づけられている。同省はこれを「40歳以上」にし、40歳未満については5年ごとなどの「節目健診」にしたい考え。

 胸部エックス線検査を巡っては、結核予防法の改正で、05年4月から一律の検査が廃止になり、これを受けて職場健診でも同様に廃止を検討してきた。  しかし、健診に携わる医師らが「結核だけでなく、様々な疾患の発見に成果を上げており、有効性がないとは言えない」と反発。05年4月に同検討会を設置して検査の有効性などについて議論をしてきたが、意見が対立したままだった。  このため、同省は全面廃止を見送り、一般に呼吸器や循環器疾患などの発症頻度の高い中高年に絞って実施することで妥協点を探ることにした。

asahi.com > 暮らし > 健康 > 記事 2006年07月21日23時31分より

takemasu3 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

10円玉で蚊、撃退 日本銅センター

be68dead.jpg 10円玉でボウフラを撃退?――銅を水に入れておくと、蚊が発生するのを防ぐ効果があることが、非鉄金属大手などでつくる日本銅センター(東京都)の実験でわかり、今年から屋外で実証実験を始めた。殺虫剤が効きにくい蚊にも有効だという。 「墓地の花入れに10円玉を入れると、蚊がわかない」という言い伝えを銅センターの担当者が知って、日本環境衛生センターに実験を委託した。

 まず「ヤブ蚊」ともいわれる一般的な蚊、ヒトスジシマカの幼虫(ボウフラ)を銅製の容器で飼ったところ、すべて羽化せずに死んだ。一方、ガラス製の容器では9割が羽化して蚊になった。  次に、都会で1年中発生するチカイエカで実験した。この蚊の幼虫で殺虫剤に抵抗性があるものを、繊維のように細い銅線と一緒にガラス容器に入れたところ、やはり全滅。入れない場合は、8割が羽化した。

 銅を入れた容器の水からは銅イオンが検出された。濃度は最大約1ppmで人体には無害という。  銅センターは今年6月、兵庫県西宮市の公園で実証実験を始めた。銅センターの斎藤晴夫・技術開発部長は「ボウフラが死ぬメカニズムの解明はこれから」と話す。

 銅には微生物を殺す効果があることがわかっており、抗菌グッズも市販されている。抗菌力は銅のさび(緑青)が出ていない方が強いため、10円玉を庭先の水たまりなどに入れて蚊の防除を試す場合は、「きれいな硬貨がお勧め」という。

asahi.com > 暮らし > 暮らし一般 > 記事 2006年07月21日17時40分より

takemasu3 at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

2006年07月19日

★歯周病の人ほど脳血管障害に

歯周病の程度が悪いほど脳の血流が悪くなっている

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/19号]より

takemasu3 at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月18日

紀子さま「前置胎盤」 9月初めの出産も

 宮内庁の金沢一郎皇室医務主管は18日記者会見し、懐妊中の秋篠宮妃紀子さまは、胎盤の位置が低くずれ出血の恐れがある「前置胎盤」の状態であると発表した。胎児の発育は順調という。会見には主治医の愛育病院(東京都港区)の中林正雄院長も同席した。

 金沢医務主管と中林院長によると、先週の超音波検査により、胎盤が子宮口の一部をふさぐ「部分前置胎盤」と診断された。帝王切開が必要という。紀子さまは妊娠8カ月で9月末に出産予定だが、9月初めか中旬に早まる可能性がある。現在は出血や痛みなどの症状は一切ない。

 すぐに入院の必要はなく、当分安静にするが、出血などの症状が出た場合には入院が必要になる。前置胎盤により、早期の出血や、感染、早産の事態が生じる危険性が高いという。

2006年07月18日20時12分 西日本新聞より

takemasu3 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

心筋梗塞に関与する遺伝子型を発見 リスク1.45倍

 心筋梗塞(こうそく)の発症に関与する遺伝子の型を理化学研究所などの研究グループが見つけた。特定の型の人は他の型に比べて1.45倍、心筋梗塞を起こしやすかった。リスクの高い人には特に生活習慣に気を使ってもらうなど、個人に応じた病気予防に役立つ成果という。16日付米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)で発表する。  グループは理研遺伝子多型研究センターの中村祐輔センター長、田中敏博グループディレクター、大阪大の堀正二教授ら。3459人の心筋梗塞患者と3955人の一般人から同意を得て、遺伝子の違いを調べた。

 その結果、PSMA6という遺伝子を構成する部品(塩基)1個の違いで、心筋梗塞になりやすい型(GG型)とそうでない型に分かれることがわかった。GG型の割合は一般人で8.9%だが、患者では12.4%と多く、この型の人は心筋梗塞のリスクが1.45倍高くなるという。

 この遺伝子の働きを抑える実験をしたところ、炎症作用が抑制された。心筋梗塞は心臓の血管の炎症との関連が指摘されている。遺伝子の型で炎症の起きやすさに違いが出てリスクの差につながったと田中さんはみる。  田中さんらはこれまでも、心筋梗塞関連の遺伝子の型の違いを見つけていて今回が三つ目。三つを組み合わせることで、一般人に比べ約3.5倍という特に高リスクの人がわかるという。

asahi.comトップ > サイエンス > ニュース2006年07月17日より

takemasu3 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

王監督、食道・大腸へ転移なし…主治医会見

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(66)が17日に受けた胃の全摘手術について、主治医の北島政樹・慶応義塾大医学部教授らは18日、東京都新宿区の慶大信濃町メディアセンターで記者会見、医師団は王監督が早期胃がんだったことを明らかにし、「手術は成功した。(退院は)10日ほどで可能だろう」と説明した。

 北島教授らによると、手術は消化器外科チームが、切開部分が小さくて済み、肉体的な負担が少ないとされる腹腔鏡(ふくくうきょう)を使って17日午前9時40分から午後6時47分まで行った。胃上部にできた腫瘍(しゅよう)は長さ約5センチで、転移していたリンパ節とともに胃のすべてを摘出した。 腹部には計7か所に最大で長さ約4センチの傷ができたが、手術中の出血量は72ミリ・リットルと少なく、手術後の経過も順調という。

 食道、大腸などへの転移は見られず、抗がん剤による治療は考えていないという。手術後3日目ごろから水分摂取ができる見通し。退院後は月に1回程度、検査して経過を診る。 18日朝、北島教授が「痛みは?」と尋ねると、王監督は「特に痛みません」と語った。手術状況などを説明すると、「すべて分かりました。お任せします」と答えた。北島教授は「笑顔とまでは言えないが、苦痛は見えなかった」と話した。

 午前9時前には集中治療室から病室に戻り、室内を5度、歩き回ったという。 王監督は、手術が必要な腫瘍が見つかったため、今月5日、自ら病状を公表してチームを離れ、翌6日に慶応大病院に入院した。

(2006年7月18日13時31分 読売新聞より)

takemasu3 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ソフトバンク・王監督、胃の全摘手術が無事終了

 胃に腫瘍(しゅよう)が見つかり、東京都新宿区の慶応義塾大学病院に入院していたプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(66)が17日、腹腔鏡による手術を受け、無事終了した。

 球団によると「胃の全摘出手術」だったという。18日に主治医の北島政樹教授らが記者会見し、手術の状況や今後の治療方針などを説明する。 6日に入院した王監督は、手術の方法などを決めるため、先週いっぱい精密検査を受けていた。その結果、開腹手術ではなく、腹腔鏡手術で対応できることが分かり、この日、同病院で手術に臨んだ。

 王監督に付き添ってた竹内孝規・球団常務によると、王監督は手術直前まで、チームの戦いぶりや選手の様子を気にしながらも元気な表情で、「行って来ます」と言って手術室に入った。手術後は集中治療室(ICU)に入っており、容体は安定しているという。竹内常務は「手術は本当にうまくいった。大成功で私たちも安心した」と話している。

 王監督は6月中旬から胃のもたれを訴え、同26日に福岡市内の病院で検査。今月3日、手術が必要な腫瘍(しゅよう)が見つかった。このため、5日に自ら病状を公表してチームを離れ、同病院に入院した。

(2006年7月18日0時11分 読売新聞より)

takemasu3 at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

がん検診:85歳女性、バリウム飲み死亡 山口

 山口県岩国市の胃と大腸がんの集団検診で、硫酸バリウム製剤を飲んだ市内の女性(85)が腸閉塞(へいそく)で死亡したことが16日、分かった。市は造影剤のバリウムが残って固まり、腸閉塞を起こした可能性があるとみて調査している。バリウムについて厚生労働省は昨年11月、「消化管内に停留すると腸閉塞などを引き起こし、特に高齢者では重篤化する」と副作用に関する情報を発表し、注意を呼びかけていた。

 集団検診は、市がJA山口厚生連に委託して7月3、4日にあり、計110人が受診した。 亡くなった女性は3日午前、胃がん検診のためバリウム約150ミリリットルを飲み、検査後に下剤を服用した。5日になって腹痛を訴え、市内の病院の診察で腸閉塞を起こしていることが分かった。6日に手術を受けたが死亡した。

 厚生連は検診後、追加の下剤を渡すとともに、水分を十分取るように指導する文書を配っていた。市健康福祉部の高木博部長は「バリウムと死亡の因果関係など情報収集に努めるとともに、再発防止策を検討したい」と話している。【大山典男】

毎日新聞 2006年7月17日 0時24分より


takemasu3 at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月17日

筋肉収縮メカニズムを解明、生理学の江橋節郎氏が死去

 世界的に著名な生理学者で、1975年に文化勲章を受章した東大名誉教授の江橋節郎(えばし・せつろう)氏が17日、心不全で死去した。83歳。 告別式は19日午後0時30分、愛知県岡崎市洞町上荒田25の1岡崎愛昇殿。自宅は岡崎市明大寺町長泉17。喪主は妻、文子さん。

 江橋氏は東京都出身。東大教授を経て、1983年4月、岡崎国立共同研究機構(現・自然科学研究機構)教授に就任し、91年4月〜93年3月の間、同研究機構長を務めた。日本学士院会員。

 東大医学部時代、カルシウムイオン筋肉の収縮、弛緩をコントロールしていることを解明。さらに、カルシウムと結合して筋肉の収縮を制御する特別なタンパク質トロポニン」を発見し、筋ジストロフィーの診断法も確立した。

 ノーベル生理学・医学賞の受賞を期待されたが、2000年5月に脳こうそくで倒れて入院、その後はリハビリ治療を続けていた。

(2006年7月17日20時35分 読売新聞より)

takemasu3 at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月15日

「超級脂肪燃焼弾」で動悸

★神奈川、ダイエット食品で健康被害
米国商品「超級脂肪燃焼弾」で動悸、甲状腺末と血圧上昇薬を含有

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/14号]より

takemasu3 at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

2006年07月14日

胆汁酸調整で、やせ効果 高脂血症薬で排せつ促進

 肝臓から腸に分泌される胆汁に含まれる胆汁酸の排せつを高脂血症薬で促進すると、エネルギー消費が活発になり、血糖値低下脂肪燃焼に効果があるとの研究結果を、フランスのルイ・パスツール大の渡辺光博研究員らがまとめ14日、東京で開かれた日本動脈硬化学会で発表した。

 渡辺さんらは、胆汁酸に脂肪の消化、吸収を助けるだけでなく、燃焼を促す働きもあることを確認した。一方、腸内細菌により胆汁酸は、新たな胆汁酸の合成を妨げる性質に変化して肝臓に戻ることが分かっていることから、腸内の胆汁酸を吸着して排せつする作用のある高脂血症薬を投与することで、肝臓での新たな胆汁酸合成が活発になると推測した。

2006年07月14日11時12分 西日本新聞より

takemasu3 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

好きな音楽でホルモン安定 高齢者に効果、予防に利用

 好きな音楽を歌ったり聴いたりすると、高齢者の性ホルモンの量が安定する効果があるとの研究結果を福井一奈良教育大教授(音楽生理学)らが13日までにまとめた。

 性ホルモンの減少は、認知機能の低下アルツハイマー病の発病率が高まる要因とされており、福井教授らは予防につながる音楽療法を考案したいとしている。 奈良市老人福祉センターのコーラスグループに参加している人の協力を得て実験した。

 事前に参加者の好きな曲を調べ、「みかんの花咲く丘」「憧れのハワイ航路」など昔の流行歌を合唱したり、生演奏を鑑賞。童謡に合わせてお手玉を使って体を動かしたりし、月1回、2時間活動。唾液(だえき)中の男性ホルモンと女性ホルモンの量の変化を調べた。

 服用している薬などの影響が少ない64−83歳の女性36人では、ホルモン量が多い人は減少、少ない人は逆に増加し、一定量に収束する傾向があった。心理テストでも、抑うつや不安が緩和していた。

2006年07月14日00時53分 西日本新聞より

takemasu3 at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月13日

「追い山ならし」

a9edf6c6.jpgこんにちは。
博多祇園山笠のフィナーレ「追い山(15日)」のリハーサル「追い山ならし(12日)」に行ってきました。行った方はわかると思いますが、この日はとても暑かったですね。私は見に行く目的もありましたが、半分は【宣伝】のためでもありました。当日は当院の「うちわ」を配ってました(※歩道ではなく敷地内です。警察関係の方には迷惑は掛けていません)。そのうちわを持ってこられた方は『500円引き』させていただきます。今日は特別、この文章を読んだ方にも『500円引き』の対象とさせていただきます。来院の際は必ず、「500円引きを見た!」とおっしゃってください。

さて、見た感想は「カラダがぞくぞくしました。」
約10年ぶり2回目ですが、昼間に見るのは初めてです。男たちの叫び声もぐっと来ましたが、おばちゃんたちの悲鳴(絶叫?)がジャニーズでも応援してるかのようでした。これが博多っ子なのかな、と思いました。

本番は15日(14日の深夜)。
お近くの方はもちろん、近くでない方も是非来て、博多っ子の気分になりませんか?
気づいたら1時間立ちっ放しだったことは忘れてしまいます。足が疲れたときは、是非当院にお越しください。15分ならちょうど500円で出来ますよ。

takemasu3 at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

エコノミー症候群:車椅子患者も発症 「ひざより尻高く」高齢・障害者に注意呼び掛け

91612bf3.jpg車椅子でのエコノミー症候群発症を予防する座り方


 長時間の空の旅などで肺血栓を引き起こす「肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)」が、車椅子の難病患者にも発症していることが大阪医科大(大阪府高槻市)の調べで分かった。同大病院の木村文治・神経内科長は「車椅子の高齢者や障害者でも起こると考えられる。夏場には特に注意してほしい」と呼び掛けている。横浜市で13日に開かれる日本神経治療学会で発表する。

 肺血栓塞栓症は、長い時間同じ姿勢をとることで足などにできた血栓が血管を流れて、肺の動脈に詰まる病気。死に至ることもある。発症したのは、ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)により筋力が落ち車椅子で生活していた当時61歳の男性。04年夏、呼吸困難を訴え、同病院に救急車で搬送された。胸部CT(コンピューター断層撮影)検査で、左右の肺動脈に大量の血栓が見つかった。すぐに血栓の治療を施し、無事に回復したという。

 重度のALS患者では、呼吸に使う筋肉が衰えるため呼吸不全が起きることがある。この男性の場合、血中の二酸化炭素濃度が低く過換気状態で、ALSの呼吸不全とは状態が違ったため、肺血栓塞栓症を疑い検査したという。同病院ではそれまでにも、車椅子のパーキンソン病患者2人の足の静脈に血栓が発見されたことがあるという。

 血栓は脱水状態になるとできやすい。木村科長は「この男性は、介護者の手間を考えてトイレに行く回数を減らそうと、水分摂取を控えめにしていた。車椅子の方にはよくある傾向だが、夏には注意が必要。発症防止には、自分で足が動かない場合、周りの人に手伝ってもらって、曲げ伸ばし運動などをしてほしい」と話している。

 車椅子の場合、ひざの位置が尻より高いと太もも部分の血液の流れが悪くなるため、尻の下にクッションを置くとよいという。【山田大輔】

毎日新聞 2006年7月12日 東京朝刊より

takemasu3 at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

脳トレ、癒やし系に脚光 東京おもちゃショー開幕

3481633a.jpg 開幕した国内最大の玩具展示会「東京おもちゃショー2006」=13日午前、東京・有明の東京ビッグサイト
 

 新作から定番まで約3万5000点を集めた国内最大の玩具展示会「東京おもちゃショー2006」が13日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で4日間の日程で始まった。「脳の活性化」や「癒やし」効果をPRした大人も楽しめる商品が多数出展され、人だかりができていた。

 少子化でおもちゃ市場が縮小する中、赤ん坊からお年寄りまで客層をどう広げるかが業界全体の課題だ。主催者としてあいさつした日本玩具協会の戸所正敏会長は「中国に生産現場が移転し、急速にエネルギーを失っているが、まだまだ十分勝負できる」と強調。今年はショーを3年ぶりに一般公開し、おもちゃの魅力を伝えたい考えだ。

中国新聞トップ> 全国・世界のニュース> 暮らし・話題7月13日12時30分更新より

takemasu3 at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

「思うだけ」で器具を操作 手足まひ患者の自立に光

 【ワシントン12日共同】脊髄損傷で手足がまひした患者の脳に小さな電極を埋め込み、コンピューターを通じて本人の思い通りに、テレビの音量を変えたり簡単な器具を操作したりする初の臨床試験に成功したと、米ブラウン大(ロードアイランド州)などのチームが13日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 本格的な実用化にはかなりの改良が必要だが、体を動かせない患者にとっては自立に道を開く成果。思うだけで機械を自在に操れるSFの世界が現実に近づいた格好だ。

2006年07月13日02時04分 西日本新聞より

takemasu3 at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月11日

★塩野義製薬製造の抗肥満薬

★塩野義製薬製造の抗肥満薬がもう間もなく前期第2相臨床試験で有効性示す

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/11号]より

takemasu3 at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

★中国の近視人口4億人

人口に占める近視人口の割合は日本が1位で中国2位

最新!医療ニュース(ミニまぐ)[2006/07/11号]より

takemasu3 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!