2008年08月04日

結婚記念日

結婚記念日でした。

当初は、2007年7月7日がロマンチックで(覚えやすくて)いいかなぁと、二人で話していたのですが、この日は案の定、入籍届けを出す人がかなり多いという情報をキャッチし、それじゃ、あんまり面白くないので2007年7月までは同じにしましたが、日にちを23日にしました。

え?

なぜその日にしたかって!?

聞きたい!?!?

仕方ないなぁ。

僕のかわいいお嫁さんの名前から、7月23日…7・2・3…ナ・ツ・ミ…としたのですっ!



そんで、一昨日は入籍一周年記念日だったということなのです。

まだ、平日に会社を休めるような身分にないので、何としてでも、現場仕事を定時に切り上げられるように努力し、アフターファイブで記念日に花を添えました。


と言っても、豪華な食事や高価な記念品等は僕からはプレゼントできるはずもなく、彼女の買い物に付き合い、最近ボーリングがしたいと言っていたのを思いだし、二人で3ゲームほどプレイし、ビックリドンキーでお腹いっぱい食事して、まるで高級感のないお酒で、「結婚一周年おめでとうございます。これからも楽しく末永くよろしくお願い致します」とか、妙に改まった口調で乾杯して、終電で地元に帰ってから、二人でカラオケに行って、彼女は歌は歌わないけど、僕に歌ってほしい歌はたくさんあるので、選曲は彼女がし、僕に有無も言わさず、1時間、僕が一人で歌い続けて、彼女も僕も満足し、帰路に着き、手を伸ばせば何でも手が届く、まず誰も我が家には到底招待できないとても美しくない2Kのアパートの小さな布団で二人一緒に眠りに付きました。

とっても平凡だけど、とっても幸せな結婚記念日となりました。


今年初めに立てた、大きな目標の「今年中に結婚式を挙げる」は、達成できそうにありません。

諸々の事情がありまして…。

でも必ず今年でなくても挙式はしたいので、その時が来るまで皆さん、待っていてください。


takemi_mu_kyoca_vo at 22:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!就職 

2008年07月16日

丈海君にあの時の恩を返そう!

皆様、ご無沙汰しております。

無理を承知での皆様への嘆願メールです。

来たる10月26日(日)に荒川区青年団体連合会主催の「あらかわ路まつり」という、あらかわ遊園の川っぺりにある水上ステージというところで、私が実行委員を務めるイベントがありまして、そのイベントの第一回目の実行委員会が、
明日(7/17木曜日)の19:30〜、荒川区役所305号室で行われます。

もし、少しでも興味があって、…あるいは興味がなくても、「宮川が言うんだからしょうがねぇから、助けてやっかぁ」と、思える方がおりましたら、是非出席いただいて、不肖宮川丈海を助けてやってください。

よろしくお願いします。

返信待ってまーす。


takemi_mu_kyoca_vo at 16:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!人生 

2008年07月15日

だから僕は歌うんだよ

精一杯デカい声で。


おはようございます。

うたうたいにとって最高の褒め言葉をありがとう。

僕の歌で元気になれる人が世界にたった一人だとしてもいるのなら、それは僕がこれからも歌い続けるには充分過ぎる理由です。

君が今日も元気なら僕も元気です。

もしも君が元気のない日が今後あるのなら、そして僕が歌を歌うことで君に元気が出るのなら僕は歌を歌う。


でも本当は誰よりも僕こそが無許可ファンなんです。

僕はいつも無許可の歌達に励まされている。

僕が歌う歌、僕が書く歌は、僕自身を勇気づける歌なんです。

実は全部、自分への応援歌なんです。

歌を歌っている無許可のボーカルはカッコいいです。

他のメンバーもカッコいいです。

大好きなんです。

活動は停滞しているけれど、解散はしません。

僕は歌い続けます。

なっちゃんや君が笑顔でいることや、僕が歌を歌い続けるという夢を持ち続けることが、それが僕が今日も笑顔で頑張れる礎です。


takemi_mu_kyoca_vo at 17:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!人生 

2008年07月06日

海を越えた僕の妹へ

あらあら、またより一層丈海君がスゴイ人だということに気がついちゃった?




…なーんてね。

僕はもう32年も生きているんだよ!?

人との出会いがどれほど大事なものかは、少なくとも僕より若い人たちよりは知っているつもりだよ。

僕は一人でここまで生きてきたんじゃない。

僕が今ここにいるのは今まで出会ってくれた人(もちろんミンも含めて)全員のおかげなんだ。

僕はミンが元気でいる限りは僕も元気でいるよ。

元気でいなくちゃならない。

僕が元気じゃなかったらミンが悲しんでくれるように、ミンが元気じゃなかったら僕たちも悲しいんだよ。

だからどこにいてもどんなに遠く離れていても元気でいるんだよ。

笑顔でいるんだよ。

僕もそうするから。


でも、人間は涙を流すこともできるから、悲しい時は泣けばいいし、つらい時は弱音を吐いてもいいんだ。

そして、いっぱい泣いたら、いっぱい弱音を吐いたら、そしたら僕たちのことを思い出してください。

きっと元気が出るはず。

少なくとも僕はそうやって今まで生きてきたんだよ。

生きてる意味なんて、1つあれば充分だね。

僕には仲間がいる。

ミンがいる。

なっちゃんがいる。

ただそれだけで僕はこれからも生きてゆけます。


メッセージありがとう。

また必ず会おう、僕の妹よ。


takemi_mu_kyoca_vo at 10:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!仲間 | 人生

2008年07月03日

僕達は暇人の集まりでは決して無い

1a847f59.JPG「お前らどうせ、暇人の集まりだろ!?」

とある先輩から言われたこの言葉に返す言葉が出せない一年前の僕がいた。

今なら言える。

「僕達は暇人の集まりでは決して無い」

いや、すみません。

言葉として言えるのはここまでです。

これ以上はどんな言葉をもってしてもあなたには伝わらない気がします。


僕は忙しい。

僕達は忙しい。

やるべきことがたくさんあり、生きていくことで精一杯だ。

僕は暇じゃない。

そう、暇じゃないのよ、実際。

ねぇ、聞いてくれますか?

僕は、人生と言う名のこの限られた時間の中で価値のある時間をわざわざ作り出しているのです。

それをあなたは「暇」だと言うなら、あなたにとってはきっとそうなのでしょう。

共感の強要は致しません。

だけど僕達の邪魔はしないでください。

あなたの言う「暇」を僕は努力で作り出し、その「暇」を「価値のあるもの」に変えています。

いいえ、いいのです。

あなたにとってはきっとそれは価値の無いものなのでしょうから。

僕は別にあなたを哀れんだり、蔑んだりしません。

それこそ、僕にはそんな「暇」な時間はありませんから。

僕は自分で作り出した「暇」を「価値あるもの」に変えることに忙しくってしょうがないのです。

僕は「暇」を「価値あるもの」に変え、それを体感し、達成感を得ることに忙しいナルシストです。

みんなの為とか、地域の為とか、家族の為とか、そんなこと考えたことありません。

でも、どうやら偶然にも僕の「暇」を「価値あるもの」に変えることが、上記三点の為になっているようなのです。

不思議なものです。

いいえ、いいのです。

わかってもらおうなんてこれっぽっちも思っていませんから。

いいえ、いいのです。

この言葉にできない気持ちをわかってくれる仲間が僕にはたくさんいますから。

心配御無用です(心配してくれていたのなら、それはお礼を言わなくてはなりませんね。ありがとうございます)。

ですから、一年前のあなたのあの質問に対して、僕は結局言葉であなたには答えられません。

言葉なんかでは到底言い表せないのです。

僕は今後も変わらないでしょう。

わかってもらおうとも思いません。

説明しようとも思いません。

あなたが今後の僕の、あるいは僕の仲間の笑顔を見て、どう感じるかです。

感じることができる人とそうでない人がいるのですね。

世の中にはいろんな人がいるのですね。

僕があなたの人生を否定しないように、あなたも僕の人生を否定しないでください。

いや、別に否定してもいいですから、せめて邪魔はしないでください。

僕も邪魔はしませんから。

どうか、お幸せに。

僕も頑張ります。

ありがとうございます。





福井県連合青年団の皆様。

僕達と出逢ってくれてありがとうございました。

僕は皆様方のおかげでまた一つ大きくなれたようです。

僕は、荒川区のあちこちに、福井県を含む全国のあちこちに、僕のこの言葉にできない気持ちをわかってくれる仲間をたくさん持っている幸せ者でございます。

本当に本当にありがとう。

言葉にできないこの気持ちをわかってもらえる仲間がいることこそ、この上ない僕の生きる礎です。



takemi_mu_kyoca_vo at 02:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ボランティア | 世の中

2008年06月30日

東京都荒川区区長 西川太一郎様

東京都荒川区区長 
西川太一郎様

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

荒川区青年団体連合会の会長を仰せつかっております俵山博充と申します。

この度は西川区長の計らいで福井県連合青年団との交歓会を6/28・29と、させていただきありがとうございました。

一乗谷朝倉遺跡の観光等で荒川区と福井県の歴史的接点の多さに改めて驚愕し、西川一誠知事を始め、多くの職員の方々が休日返上で庁舎の正面玄関を開門してのおもてなし、また、20分の会談予定を大幅に上回るほどの時間を割いていただき、貴重な会見をさせていただいたことに、感謝いたしますとともに、西川太一郎区長と西川一誠知事の親交が大変深いことも改めて感じさせていただきました。

また、福井県連合青年団との意見交換会、交流会を通じて、県団の組織力の強さを痛感いたしましたし、こちらも東京都23区内にたった一つしかない青年団として、荒川区の青年代表と言う意識あるいは、東京都の青年代表と言う意識でこの交歓会に望んでまいりました。

この交歓会の中で得られたものは大変多く、必ずや、今後の荒川区の青年活動の活性化に役立てさせていただきます。

略儀ながら本日は書面でのご報告をまずはさせていただきました。

後日お時間にご都合が付くようでしたら直接、ご報告に上がりたいと思っております。

本当にありがとうございました。

平成20年6月30日
荒川区青年団体連合会
会長 俵山博充


takemi_mu_kyoca_vo at 23:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ボランティア | 仲間

平成20年度 第2回 荒青連理事会の開催について

平成20年6月27日

各位

荒川区青年団体連合会

会長  俵山 博充

平成20年度 第2回 荒青連理事会の開催について

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 
理事会のご案内が遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

去る6/1(日)に荒川区立第四中学校体育館にて行われました「荒青連杯争奪第二回フットサル大会」は参加チーム8チーム、選手・スタッフも含め100名以上での大盛況のうちに終了いたしました。

これもひとえに加盟団体の皆様のご理解とご協力の賜物であると大変感謝しております。

ありがとうございました。

大会開会式や、懇親会などで俵山会長による荒青連のアピールもいたしましたので、今後加盟団体が増えることも期待できそうです。

そしてなんと、この大会があまりにも盛り上がってしまったため、次回は最低12チームは集めて、どうせやるなら南千住のスポーツセンターを貸し切ろうという話になり、実際に予約をしてしまいました。

2009年1月11日(日曜日)でございます。

これは決定でございますので、各加盟団体の方々もふるってご参加ください。

チームとしての参加も歓迎いたしますし、こうなると大会運営スタッフに人数を割かなくてはならないことからスタッフの募集もいたします。

どうぞお力添えのほどよろしくお願いいたします。

また、理事会では毎度申し上げていることではありますが、各加盟団体の行事も荒青連へ是非お知らせください。

各加盟団体が協力し合ってそれぞれの加盟団体を活性化することが荒青連の大きな目的の一つでもありますので、ぜひ理事会に参加していただいて、大いに情報交換をいたしましょう。

それから、去る6/15(日)には、昨年リーダー研修会で訪れた福島県小野町商工会青年部の方々が、再会の約束を果たすべく、一年の歳月を経て、なんと、荒川区に来区されました。

とても感動的なその再会も第二回理事会でご報告いたします。

そして、このご案内が皆様の手元に届くころには出発しているとは思いますが、6/28(土)・29(日)に福井県にて福井県連合青年団との交歓会を行なってまいります。

こちらは東京都の中の荒川区青年団体連合会。

あちらは福井県の連合青年団。

ということで、少し格差があるようにも感じますが、東京都には青年団が現在、荒川区にしかないということで、荒青連役員一同は荒川区の代表でもあり、東京都の代表としての意気込みも持って行って参ります。

福井県側のはからいで西川知事との面会の実現もされます。

ただのご挨拶だけで終わることなく、地域における青年団の必要性や、今後の荒川区との友好関係についてなど、忌憚ない意見交換ができる会見といたす所存ですので、事後報告を楽しみにしていてください。

もちろん福井県連合青年団とのディベートなども行なってきますのでこちらの事後報告も楽しみにしていてください(録音してきます)。

福井県に行くメンバーを皆様に別紙でご紹介いたします。

約半数が荒青連メンバーで、あとの約半数が今後荒青連メンバーになり得る人材です。

さて、毎度、長い前置きになりましたが、下記の通り第二回理事会を開催いたします。

各加盟団体の理事者、代表者の方はお忙しいかとは存じますがご参集くださいませ。

また、同日同場所にて午後7時00分〜、上記の福井県連合青年団との交歓会の事後研修も30分ほど行いますので、そちらのほうからご出席いただいても一向に構いません。

むしろご出席いただいて、事後報告やメンバーの感想などを聞いていただければ幸いです。



<日時>  平成20年7月3日(木)
      午後7時30分〜

<場所>  荒川区役所3F305会議室                    

<議題>  

 (‥膰小野町商工会青年部来区事後報告

◆(^羝連合青年団リーダー交歓会及び研修会事後報告 

 荒青連役員「相談役」候補者の承認
 
ぁ(神20年度第46回青年大会「第7回路まつり」について

→第1回実行委員会

7月17日(木) 午後7時30分〜 

場所:荒川区役所3F305会議室                

実行委員長の選出、実行委員長以下役員の選出、内容検討
      
ァ々喟掴△里△衒の再確認(加盟団体及び他団体との関係など)
      
Α〆8紊陵縦蠅稜聴
      
А.機璽ル情報交換

午後9時00分終了予定  

司会:宮川

◇連絡先◇

荒川区青年団体連合会・事務局長

宮川 丈海 

takemi_mu_kyoca_vo at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ボランティア | 仲間

2008年06月26日

日常がそれすなわち「LIVE 」

A.P.S.さんこんにちは。

わざわざご丁寧にメッセージをいただきありがとうございます。

僕は、ライブはもう一年に一回程度しかできなくなってしまいましたが、やっぱり歌は声ではなく「気持ち」、「その人そのもの」、まさに「生き様(LIVE)」を魅せるものだと信じています。

僕は今、特に意識しているわけではなく、自分がボーカリストであることを自分からはわざわざ他人に言わないようにしています。

そしてある時、誰かから丈海さんは何者なんですか?

と聞かれたときに、「歌うたいです」と、答えることにしています。

その時に僕の普段の生活、仕事ぶり、プライベートなど、「僕」を知った上で、僕のステージ上での「LIVE」を見てみたいと本心で思われるような人で僕はありたいのです。

変な言い回しでわかりづらいかと思われますが、つまり、僕は歌を歌っているときも日常生活においても仕事中であっても、それは僕にとっては全てLIVEなのです。

声が出なくても僕は歌います。

ステージでは僕の声ではなく「僕」を見てもらいます。

そんな魅力ある人でありたいのです、僕は。

それは勿論外見ではなく内面から滲み出てくる魅力のことを言っています。


takemi_mu_kyoca_vo at 14:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!人生 

2008年06月24日

20世紀のソクラテス

なぜだかわからんが、俺はお前が困っている時は助けてあげたい。

そんなことをなぜだかわらんがそう思わせる奴だ。

言葉使いはなってねぇし、一般常識もあったもんじゃない。

だけど憎めねぇんだなこれが。

不器用だけど、一生懸命。

不器用だけど、根性がある。

不器用だけど、俺を頼ってくれる。

自分が馬鹿であることを知っているということを彼は中学生の時にすでに知っていて、認めていた20世紀のソクラテスだ。

同時に人に同情することでその人を蔑むという方法(生き方)をそのときすでに確立していた尊敬に値する友。

お前は馬鹿だけど、不器用だけど、なぜだか俺はお前が好きだ。

俺も困った奴を好きになっちまったもんだ。


takemi_mu_kyoca_vo at 06:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!人生 

2008年06月21日

僕の生きる礎 その

僕もなっちゃんも元気だよ。

そう。

僕は32歳。

今年の11月で33歳になるよ。

ミンのその驚きは、年齢より若く見えるっていう意味でとらえていいのかな?

それなら嬉しいな。

ありがとう。

でもね、僕は歳を取るのがとても楽しみなんだ!

だって、32年生きてきたから僕はミンと出会えたわけでしょ?

なっちゃんと出会えたのも同じ。

長く生きていけばいく程、僕はこれからもたくさんの素晴らしい出会いをしていくと思うんだ。

ミンとまた会うためにも僕はもっと健康に注意して、長生きしなきゃいけないと思う。

だから、僕が今、生きている礎(いしずえ=「基本となるもの、理由」、という意味だよ)には間違いなくミンの存在がとても大きな割合を占めているんだよ。

ホントだよ。

だからね、ミン。

僕と出会ってくれてありがとう。

君は今、海を越えた少しだけここを離れた国で暮らしているのだろうけど、君がそこで元気にしているというだけで僕にとっては、生きる意味があるんだ。

大袈裟(おおげさ)かもしれないけどホントなんだよ。

なっちゃんは女性としても人としてもどんどんより魅力的に成長しているよ。

ミンもすごくカワイイけれど、ごめんな、ミンはなっちゃんの次にカワイイね、僕にとっては。

というか、こんなことは比べることではなかったね。

ミンは僕のことを「お兄ちゃん」と呼んでくれたもんね。

妹をかわいいと思わない兄なんていないよな。

元気でね。

またメッセージ待ってるよ。

こっちからも時々近況を報告します。

あぁ、そうそう仕事も順調だよ。

というか、充実してる。

やりがいのある仕事だから、仕事をするのが楽しいんだ。


じゃ、またね。

日本に来るときは必ず連絡するんだよ。



takemi_mu_kyoca_vo at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仲間 | 人生