竹内餅店日記

仕事の事や趣味の事、毎日の生活の中であったことや思いついたことを書いていきます。

レジ袋有料化

レジ袋有料義務化に伴い、当店も本日よりレジ袋を有料とさせていただきました。
さわもち5個入り用の小サイズは2円、10個入り用の中サイズは3円、20個入り用大サイズは4円です。お客さまにはご不便をお掛けしますが、ご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。

紫陽花

P1120260当店の店先の紫陽花の花が見頃です。私は花のことは良く知りませんが、ウチの紫陽花の色は珍しいとお客様によく言われます。
紫陽花は雨の中で見るのが一番きれいだと聞いたことがあります。ぜひ一度、ご覧になってください。

中止

新型コロナウイルスの影響により、市内のいろんなイベントが中止となっています。日本三大御田植祭のひとつ、伊雑宮御田植祭も一部の神事は行うようですが、先日中止が発表されました。
こんな時期ですから仕方がないのですが、伊雑宮の御田植祭は志摩市磯部町民が心のよりどころとしているお祭りですので非常に残念です。もうしばらく我慢するしかありません。収束は見えてきていると思います。それまで頑張りましょう。

不便

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、市はすべての公衆トイレを使用禁止といたしました。
この政策が英断なのか愚策なのか今は誰にもわかりません。この騒動が収束して初めて評価できることです。
ただ、このことで困っている方々はたくさんいます。特に物流業界の方々。志摩は都会からの物流が無いとほとんどの経済活動が止まります。
みんなが不便を感じています。みんなが我慢を強いられています。平穏無事な毎日が一日でも早く戻ってくることを切に願います。

アイス

美味しそうなアイスをふたつも見つけました。その名も「雪見だいふくもちもちパンケーキ」。そしてもうひとつは「やわもちアイス抹茶わらびもち」。
雪見だいふくの方は「パンケーキ」と「だいふく」が矛盾しているような・・・。抹茶わらびもちのほうは商品名に「もち」が二つも使われていて、もはやアイスと呼べるのか・・・。
みんな、餅が好きなんですねぇ。そんなにもち好きなら餅屋で本物の餅を買って欲しい!・・・って以前にも書いたことありましたが(;^ω^)
でも、わかります。私はまだ食べたことはないですがこのアイスは絶対ウマイ!絶対、合います。食感的にも味的にもアイスと餅は鉄板コンビです。今度買ってきて食べてみたいと思います。

延長

好評につき、さくらあん入りのさわ餅の販売期間を4月12日までの土日とさせていただきます。平日にご入用のお客様は2日前までにご予約いただければご用意いたします。よろしくお願いいたしますm(__)m

デマ?

新型コロナウイルスの感染拡大により、近所のスーパーではマスクはもちろん、ティッシュやトイレットペーパーも店頭から姿を消しています。
「ティッシュやトイレットペーパーが無くなるというのはデマだから買い占めしないように」と報道では盛んに言っていますが、これだけ店頭に無いところを見ると本当にデマなのか?「デマ」だというのがデマではないのか?と思ってしまいます。
私も買い占める気持ちはありませんが、今度店頭に並んでいるのを見かけたらやっぱり2さげくらいは買うでしょう。まだ学生の子供をお持ちの家庭ならなおさらです。子供が毎日家に居るんですから消費量もかなり増えますからね。
とにかく早く終息してほしいです。そしてこれ以上犠牲者が増えないことを祈ります。

さくらあんさわ餅

今年もさくらあんのさわ餅を販売いたします。
販売日は3月2日、3日と3月中の土日祝日となります。志摩市内のスーパー各店、小売店で販売しております。直接当店でご購入をご希望のお客様は事前にご予約をいただければ取り置きしておきますのでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

PAYPAY

ペイペイ使えます!と大きな声で言えなかった理由があります。それは当店の従業員と家族の誰もがペイペイを利用したことがない、どころかアプリも入れてなかったからです。
お店のカウンターにひっそりと(ホントにひっそりと)ペイペイのバーコードが置いてあったんですが、三日前にお見えになったお客様が目ざとく発見し、「あ、ペイペイ使えるならペイペイで払います」と衝撃(?)の発言。すぐに「初めてなので勉強させてください!」とお客様にお願いして丁寧に教えてもらいました。
いやぁ、簡単です。なるほど普及するわけです。今日で三日目ですがあれから1日にお客様一人はペイペイで支払われるのでもう慣れたものです。今なら大きな声で言えます。「当店はペイペイ使えます!」

配合

040今年はあられの甘味料が手に入らないということで、ウチでいろんな材料を配合して何とか作ってみました。
見た目は良く似たものが出来たと思いますが、味もよく似てるかどうかは炒ってからでないとわからないので答えが出るのは一か月後です。
そのときに、「よし、これならいける!」と思っても、その頃にはあられを作れる気候ではないんです(当店のあられは自然乾燥のため、寒中しか作れません)。
本当に答えが出るのは来年になるかもしれません。あられ好きのお客様、もうしばらくお待ちくださいm(__)m
記事検索
プロフィール

takemochi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ