*竹の子な日々*

TVゲームの事や日々の事をのんびり書いてます。ゲーム感想は酷評多めです。

ABOVE AND BELOWの完全日本語版を目指してみた

ずっと欲しかったけど日本語版がまだ販売されていなくて、
唯一取り扱っている国内の店舗ではずっと品切れ、
ボードゲームカフェにも置いている店がなくて触る事すらできず、という
念願の「Above and Below」という、ゲームブック(懐かしいw)とボードゲームを足して2で割ったようなボードゲームを手に入れました!

ゲームブックみたいなボードゲームと聞いて、やりたくてやりたくてしょうがなかったんですよ!
ヤフオク万歳!
IMG_9307

英語版です。

このままではプレイできないので日本語に翻訳しなきゃいけないんですけど・・
こういうボードゲームで日本語訳を自作する時って、たいてい、ぺらっぺらの小冊子を付けるのが普通なんですよ。
コンビニで見かけるようなコピー紙に翻訳された文章をただ印刷しただけのぺらぺらのやつ。
両面印刷で本の形になっていたら御の字。
1枚のペラ紙に小さい文字でびっしり押し込められてたりするやつもよくあります。

英語版のパッケージの裏に、そういうペラ紙が小さく折り畳まれて、ビニールで留められて売られてたりしてね。

それじゃ風情がないんですよ!!
だからといって原本の英語版ルールブックに日本語のシールをベタベタ貼るのもいやだし、
もっとちゃんとこう・・、綺麗に完璧に印刷されたルールブックを手に取ってプレイしたいんです!

というわけで、ABOVE AND BELOWのルールブックとエンカウントブックの完全日本語版を自作することにしました。

和訳は以下二つのサイト様を参考にさせていただきました。
「Board game every day」さんのルールパート和訳
ゲームサークル「北大ML.K」さんによるルールパート和訳

文章はこちらのサイト様のものをいただきつつ、
プレイヤーボードやカードの画像は自分が持っているやつを撮影してphotoshopで加工して、
英語版のレプリカを作るつもりでページのレイアウトや文字の大きさも似せてみました。

これが原本の英語版ルールブック。
IMG_9309

これが私の作った日本語版。
IMG_9308

(似せたと言いつつ・・画像増やしたりして結構変わってるじゃないか;)

印刷と製本はキンコーズです。
紙質も同じになるようにお店に相談しました。

完成。上が英語版、下が日本語版。
エンカウントブックはゲーム中にしょっちゅう読むので小さめにしました。
小さい方が読みやすいかなと思って・・。
IMG_9310

ルールブックとエンカウントブック、両方、きっちり日本語版を印刷して、
掛かった費用は
・ルールブック=2400円
  (フルカラー&データ出力をお店の人に頼んだのでちょっと高くなりました)
・エンカウントブック=1500円
  (白黒印刷&データ出力は自分&表紙と裏表紙に塩ビのカバー付き)
思ったより安かったなぁ。
最近の印刷ってものすごく綺麗なんですね。驚きました。

あ〜〜〜、楽しかったぁ!!!
印刷屋に原稿を持ち込んで、出来上がるまでのわくわく感、半端なかったw
また機会があったらこの作業したいなぁ・・。

プラ板でQwirkle(クゥワークル)を自作したよ

家族でボードゲームするのにハマっています。
オセロ、囲碁、将棋、麻雀、あたりもいいんだけど、
海外産(ドイツが有名)のボードゲームが素敵なんですよ!
カタン、ラビリンス、カルカソンヌ、ドミニオン、クゥワークル・・。
絵が綺麗だとテーブルに並べただけでわくわくします。
携帯アプリもあるけど、実際触りながらやるのは違う喜びですねー。

我が家の6歳の娘が遊べるのはないかと探していたらこんなの見つけました。

qwirkle
Qwirkle(クゥワークル)
メーカー: MindWare (マインドウェア, USA),
発売年: 2006年
作者: Susan McKinley Ross (スーザン・ロス)
対象:6歳から大人、2〜4人
所要時間:40分〜1時間


なんと2011年にドイツのボードゲーム大賞を受賞しています。
へぇ、面白いんだー(._.)。

ルールを簡単に言うと6目並べです。
6色の6種の図形が描かれたパネルを同じ色もしくは同じ形を並べて点数を競うんです。

おいくらだろうとamazonを見てみたら・・5700円でした。(2015年6月時点)
高いよ!なんか微妙に高いよ!
木製はどうしても高くなっちゃうんだなぁ。
旅行用のチビっちゃいのは2980円だけど欲しいのはそれじゃないー。
うーん、5700円・・。

まてよ、このゲームに必要な物って
・6色×6絵×3枚=108枚のパネル
・点数を数えるための紙とペン

これだけだよね?
それだけでこのゲームは遊べちゃうんですよね?
パネル一覧←これが3枚ずつあればいい。

自分で作ればいいんでは。
厚さ1センチくらいの木の板をホームセンターで買って、
4センチサイズにカットしてもらって、絵を描いてニスでも塗れば、できる!
娘と工作しながら作れば一石二鳥。
あ、でも切り出した木片そのままだと角が痛いから面取りしないと・・。
面取りどうしよう。
電動糸鋸でもあれば最初から角が丸い四角の板が切れるけどそんなのないしなぁ。
やすりで削るのも結構大変なんだよなぁ・・それを108枚。ん〜。

100均で揃えられるくらいの3~4僂離僖優襦108枚あればなんでもいい。
そうだ、プラ版は?
透明だから裏までスケスケだけど。
クゥワークルは手札を人に見せないゲームだけど、まいっか!
白い不透明なプラ板もあるけど、透明な方が好み。

というわけで、ネットのプラ板アクセサリーの作り方などを参考にして材料を買いました。
かなり適当なプラ版工作です。
材料もろもろ【用意するもの】
・100均キャンドゥのA3プラ板
・紙やすり(600番〜1200番)と平らな木片
・ネイル用ファイル200番
・色鉛筆やシール
・ホイルもしくはクッキングペーパー
・Mr.スーパークリアースプレー光沢
・重石にするための本
・カッターナイフ、ボールペン、適当な白紙、オーブントースター

【手順1:プラ板をカット】
だいたい半分に縮む
キャンドゥのプラ板は焼くとだいたい半分の大きさになるようです。メーカーによって縮み率が違いますが、
8.7僂縫ットして焼いたらちょうど4僂了転紊りになりました。
シールを貼るものはそのままカットして、
色鉛筆で絵を描くものはバラバラだとやりにくいので、完全に切り取らないで、
カッターで薄く切り取りラインを刻んでおきました。

【手順2:プラ板全面をやすりで削る】
色鉛筆で絵を描くための準備。
シールを貼る場合は焼成後にやすり掛けした方が綺麗。
平らな木片に1000番の紙やすりを巻いて、切り取りラインが薄く刻まれたプラ板をこすります。
円を書くように動かすと綺麗にいくっぽい。

【手順3:色鉛筆で絵を描く】
色鉛筆で絵付け
色鉛筆はファーバーカステルのものが一番描き味が良かったです。
少し柔らかめの芯がプラ板に良く馴染んでくれました。

娘と一緒にお絵かき。
選んだ図形は「月」「星」「ハート」「葉」の4種。
私が輪郭を線画して、内側を娘が塗っていく作業。
最初は6色の「青」「緑」「黄」「橙」「赤」「紫」で塗っていくだけだったけど、
慣れていくうちに飼い猫の絵を描いてみたり、うずまきに塗ってみたりして楽しそうでした。

絵を描いた後、刻みに沿ってはさみでカット。

【手順4:焼成】
オーブントースターにくしゃくしゃにしてから伸ばしたホイルを敷きます。
ホイルはプラ板とくっ付くのでクッキングペーパーのほうが上手くいく説もあり。
ただしクッキングペーパーは燃えるかもしれないので要注意。

敷いたらオーブントースターを予熱。
余熱をしないで焼くと縦横比率に歪みが生じます。
オーブンの温度は250度〜1000度。
いろいろ試してみましたが適当で良かったです。
焼成
ぐにゃぐにゃが平らになったら箸ですぐ取り出すくらいがちょうどいい。
じりじり縮んでるのを4秒も眺めてると、
下に敷いたホイルにくっ付いて台無しになります。(何度も経験・・)

箸で取り出したプラ版を、本と本の間に挟んでギュッとプレス。
熱いうちにプレスしないと真っ平らになりません。
手で触っても大丈夫なくらい冷えたらもう大丈夫。
焼きあがったプラ板はまとめて持つとチャラチャラと乾いた音がして気持ちいい。
焼成2
左:焼く前 右:焼き後  大きさばらばら・・。
色鉛筆で描いたものは、この後スプレーをかけて完成。

【手順5:やすり掛け】
やすり掛け
焼き終わったプラ板をネイル用ファイルで形を整えつつ、1000番の紙やすりで真っ白になるまでこすります。
これはシールを貼る準備。
やすり掛けするとシールがはがれにくくなります。

前半は頑張って焼成後にやすり掛けしてたんだけど、
後半は一個ずつやすりをかけるのが面倒になって、
カット前にA3プラ板をババッと一気にやすり掛けしたけどそれでも大丈夫でした。適当です。

【手順5:シール貼り】
シール貼りプラ板の透明感が生きるように、シールはマスキング素材のものを選びました。
裏返した時にシールの裏が見えないように両面に貼りつけ。
株式会社マインドウェイブ(mindwave)のマスキングシール※リンク先はマインドウェイブ公式サイトです
選んだのは「気球」と「車」。
一枚のシートの中に赤〜紫まで全色入っていたのが良かったです。

【手順6:つや出しスプレー掛け】
スーパークリア光沢プラモ界で絶賛されているMr.スーパークリア光沢様でございます。650円〜900円。
乾燥後の塗膜が硬いのでペーパーで研ぎ出ししてコンパウンドで磨けば鏡面にもなります。
乾燥時間は1〜2時間くらいでした。
あっという間に乾くように見えますが、
指でぎゅっとすると指紋が付きます。あちゃ。
5~7回薄くスプレー掛けをしてシールの厚み分を削れば鏡面仕上げになるみたいです。
・・本当は鏡面仕上げにしたかったんだけど、あまりに数が多いので断念。
k9_スプレー後スプレーをしたらやすり掛けした白みがなくなってほとんど透明になりました。
こころもち、ほんのりと白みが残っているのがまた好きです。

これで完成!
完成
さっそく父母娘の3人で遊んでみたら、
娘はルールがわかってないらしく、
「ねえねえ!これ綺麗!」
「お母さんが描いたコジ(猫)だよ!」
「赤いお星さまだ!これ出していい?」
自分のお気に入りのパネルを探す方が楽しいみたいですw
盤面を見ないで適当に出してお母さんとお父さんに並べてもらっています。
それでもなかなか強いんですよ娘w3回戦目はお父さんは娘に負けてました。

安く自作しようと思ったけど、
やすり代、スプレー代、試しに買ったけど気に入らなくて使わなかったポスカとか、
いろいろ含めて3500円〜4000円は使いました。

【子供】娘と息子を並べてみた

2015年3月で・・
2009年5月12日に産まれた娘は5歳になりました。
将来はバレリーナとケーキ屋さんになりたいそうです。
すっかり女の子ですなぁ。

2014年5月9日に産まれた息子は10ヶ月になりました。
高速ハイハイでお母さんの膝にすがりついてニッコニコで見上げてきます。
・・可愛いです。

5年前に長女が産まれて、
去年は男の子が産まれたんですが、全然違いますね女の子と男の子は。

食べる量も、声の大きさも。
長女は1歳くらいになってようやく300cc哺乳瓶一本を飲めるくらいになったのに
長男は5か月ですでに300ccを飲みきるし、離乳食もバクバク食べてくれます。
長女は保育園に入ってからも家で牛乳しか飲まず、
保育園の栄養士さんに私が怒られるほどだったのに。

感情の出し方も全然違う。
長女はおしとやかで笑う時も声を出す時はあんまりなかったけど
長男はまあうるさいこと!w
毎日ゲラゲラ笑って、耳が痛くなるほどの声で泣きます。

息子は眠くなってくるとテンションが上がって爆笑し始めます。

ものすごくご機嫌に見えますが、実はこれは泣きはじめる前兆です。
このテンションを超えると眠くて泣き始めちゃいます。
こんな現象も娘の時にはなかったなぁ・・。
ただ泣いて泣いてミルク飲んで寝ちゃってたよ娘は。

産まれてからの月日を追って、娘と息子の顔を比べてみようと思います。
昔の写真フォルダ、懐かしいなぁ・・。

生後10日頃
生後10日頃
生後1か月過ぎ頃
生後50日頃
3ヶ月頃
3ヶ月
5ヶ月頃(画像の4カ月の文字は間違い)
5ヶ月
6ヶ月頃
6か月
8ヶ月頃
8か月
10か月頃
10ヶ月

いやぁ、君たち、兄弟だねえw
そっくりだよ!
娘の方が絶対美人だと思ってたんですがこうして見るとあんまり変わらない・・。

【イラスト】CLIPSTUDIO最高です

我が家のリビングにあるPCをデュアルモニタにしたら
イラストを描くのがものすごく快適になりました。
せっかく快適になったのだから絵の練習でもしようと毎日コリコリ描いています。

これまではphotoshop、SAI、iPoser、DAZなどを使用してたんですが、
今回は「CLIP STUDIO」というイラスト・漫画制作ソフトを使ってみました。

ものすごく使いやすかった!
photoshopとほとんど操作感が変わらないうえ、
ブラシのカスタマイズがphotoshopより細かくできるんです。
SAIのような手ブレ補正の筆も作れるらしい。それはまだ試してませんが。

そして3D人体模型が使える!これが個人的には一番嬉しかった。
もうiPoserやDAZで英語に苦しみながら慣れない操作をしなくて済むのです・・!
3D人体模型ってのは↓これです。
名称未設定 1
描きたいポーズに変形させることができます。
等身や体型を変えられるので、子供、大人、痩せ、太め・・自分で作れて、
背景パースの消失点やアイレベルを変えると対応してくれます。
人体の練習中の私にはなくてはならない機能なのです。

練習のために模写をしてみました。
気に入った写真を拾ってきて、CLIPSTUDIOのモデルでポーズを作って、ひたすら真似て描きました。

3Dモデルでアタリを作って・・
3D

ゴリゴリ描いて完成。
完成

重ねるとこんな感じ。
重ね

足腰を描くのが特に苦手な私には神様のようなソフトです。
ここまで絵を描くのにお膳立てしてもらって描かなかったら自分はダメだろう!と思うほどです。
いやぁ、昔は人体ポーズの参考といったら画材屋で売ってる木製の関節人形しかなかったのになぁ・・。
胴がひねれないし、腕を上げた時に肩の関節が上がらなかったりして結局あんまり参考にならなかったというやつ。
いいなぁ、今の人いいなぁ・・私もこういうソフトがある時代に学生時代を送りたかったよ。


販売しているのはセルシスという会社です。
CLIP STUDIO 株式会社セルシス(商品ラインナップのページに飛びます)
私が使っているのは上から3つ目の「CLIP STUDIO PAINT PRO」という10000円くらいのやつ。
これがあったらDAZとiPoserは無くてもいいかもしれない・・・。

NEW3DSが初期不良

また初期不良です。

任天堂でハズレ引くのは2回目です。

買って3日目で充電ランプが赤く点滅しっぱなしになりました。
充電コードを刺すと点滅はしなくなるけど、抜くと点滅。
一晩中充電していても、朝にコードを抜いたとたんに点滅。

もう一台ある3DS(旧)と同じACアダプターを使っていて、そっちは問題なく充電できているので、
ACアダプターの問題ではないだろうと思いつつ、
新しいACアダプターを買って試したけどやっぱり点滅し続けているので本体の故障かなぁと。

かつて買ってすぐに液晶が真っ二つに割れたDSを任天堂のサポートに送ったら、
「本当はあなたが壊したかもしれないけど、今回だけ特別に新品に変えてあげます今回だけね!」
という、まるで私が壊したものを任天堂のせいにしたような、
それを特別に一回だけは許してあげるから二度としないでください、
みたいな手紙と共に新品DSが帰ってきたことがあって、
失礼な言い草に頭にきて電話で苦情入れようかと思ったことがあったんだけど・・
また修理に半月もかかったあげくあの対応をされるのかと気が重かったのですが。

とりあえず買ったお店のビックカメラにも相談しておこうと思って店頭に行ったら、
「それは初期不良の可能性がありますので交換させていただきます」と
その場で新品と交換していただきました。
おお、なんという神対応。ありがたやありがたや。

第二子が産まれたよ

長女が産まれた時は日記を書いていたのに、長男が産まれた時は書いてなかったです。
2014年の5月に産まれたので、もう10か月も経っちゃいましたが思い出せなくなる前に書いておきますよ。

産休にはたしか出産予定日の2ヶ月前から入ったと思う。
出産予定日は2014年5月26日。4月1日から産休に入りました。

産休に入る時にはお腹がもうパンパンで一子目の臨月以上に大きくなっていました。
二人目の子供はお腹が大きくなりやすいとは聞いていたけどほんとうに大きかった。
妊娠5ヶ月で一子目の8ヶ月くらいだったし、
一子目の時はほとんどなかった悪阻も今回は酷かった。
一子目の時はあんまり感じなかった胎動も、今回はガンガン蹴ってきて痛かった。
会社の椅子につま先を浮かせて座ってる時にお腹の中を蹴られて椅子が回るくらい。
妊娠の状態って産まれる子供によって全然違うんだね。
まるでお腹の子が母の体調を選んでるみたいw

4月10日
里帰り出産のため長野に帰郷。保育園の事情で長女も一緒に。

4月11日
分娩をお願いする産婦人科に検診。
ものすごく綺麗な女医さんでビビる。
女医さんに開口一番「じゃあ5月9日に産みましょう」と言われてまたビビる。
あ、陣痛待たないんですね。
前回は陣痛の後に帝王切開だったんですけども。
「待たないですよ。待ったら危ないです。帝王切開でやるなら陣痛前にやりますよ」
はい。
「じゃあ5月7日に入院前説明、5月8日から入院です。朝10時までに病院に来てください」
はい。

綺麗な女医さんに有無を言わせぬ勢いでトントンと決められて、
何枚かの同意書を持たされてあわわとしたまま病院を出て息子の誕生日が決まったのを自覚する。

4月12日からしばらく自由。
5歳の娘と公園に行ったり、お婆ちゃんと毎日買い物に行ったり、山に登ったり、動物園に行ったり。
こう書くと楽しそうだけど、実際は5歳の娘に寂しい思いをさせないように必死だったという感じ。

4月後半。
いよいよ身体が重い。何をしていてもお腹が張って浮腫みが出る。
立ってもダメ、座っててもダメ。
ドライブで往復5時間助手席に座ったら夕方に寝込むくらい。

5月7日
病院で書類に同意同意同意。同意祭り。

5月8日
いよいよ入院。個室で嬉しい。
(長野〇央病院は全員個室なのでした)
heya

パジャマに着替えて、若干、旅行気分で浮かれていたら、夕食前に看護婦さんがきて、左腕にブッスリと注射針を取り付けていきました。
注射の先っぽの針だけにしたようなやつをテープで腕に固定。

刺しっぱなし。抜いてくれません。痛いですとても。
「このまま明日までお願いします」
抜いちゃだめですか?痛いですすごく。
「だめですw」
トイレに行くにも左腕だけピーンと伸ばしてピノキオごっこする。痛いから。
その夜、注射針が痛いのと、変な興奮で眠れず。

5月9日
麻酔科医さんがきて、今日の手術では下半身の部分麻酔になると説明してくれました。
手術中、しっかり意識があるらしい。
意識があるのにお腹切るのは怖い・・!

怖いので全身麻酔みたいな、意識が無い感じにしてもらえませんかとお願いしてみたけど、
(第一子の時は麻酔を強めにかけられて、意識が無いうちに産まれたのが楽だったので)
強い麻酔はお腹の赤ちゃんにリスクがあるからしないほうがいいですと優しく言われて私はもごもご。
そのかわり、赤ちゃんを取りだした後なら意識なくても大丈夫なので、
お腹を縫ったりする時は強めの麻酔をかけましょうかと言ってもらえました。
それって結局切ってる時は意識があるじゃないですかとチラッと思ったけど
まあいいんです痛くないなら。無事に赤ちゃんが産まれるなら。それでお願いします!

看護婦さんに言われて服を脱いで手術服に着替える。
下はおむつみたいなのを履いてたけど、ほとんど全裸の上に着るのでスースーしてた。
だんだん緊張してくる。
時間になって、昨日私に注射した看護婦さんが迎えに来てくれて、
自分で歩けるのに車椅子で運ばれて申しわけない気分になる。
手術室手前でスリッパを脱いで、車椅子をどこで降りたのか覚えてないけど、
頭上に丸くて大きなライトがたくさんある(無影灯というらしい)手術台の前に階段があって、自分で上がって横になる。
手術台の周りには白衣の人が10人くらい立ってて緊張した。

麻酔の脊髄注射が怖かった!
横になって丸くなって膝を抱えて、手術服の背中のテープを外されて、
アルコールを塗られてスースーして、・・怖いよ!

最初の注射で表面麻酔をしてから刺したから痛くはないけど、
さあ刺しますよ動かないで!って言われて何人かに押さえられて
ずーーぐぐぐ・・って背中のふか〜いことろに針を突き刺される感じがすごく嫌だった。
痛いというか圧迫感がすごかった。変な感じ。

その後、仰向けにさせられて、
首のあたりに衝立が立てられてお腹の方は全く見えなくなって、
身体が持ち上げられて着ていた手術服を取り払われて、
腕に点滴を付けられたり拘束テープみたいのを巻かれたり、白衣の人達が動く気配がしたり、
なんだか着々と準備が進んでる感じです。

もう切りますか?いつ切りますか?とガクブルしている私の手を看護婦さんが握っていてくれました。

胸のあたりでずらされた布の感覚はあるんだけどそれより下の感覚がわからない。
もう麻酔は効いてるんだろうか。

看護婦さん「お腹、触ってみましょうか。・・触ってるのわかります?」
?ぜんぜん?

看護婦さん「まったく?結構痛い感じに触ってますよ」
はい、全然わかりません。ほんとに触ってますか?

看護婦さん「じゃあもう効いてますよ。良かったですね」
ほえー・・。

看護婦さん「もう切ってますよ。痛いですか?」

え??!もう切ってるんですか?!

看護婦さん「切ってますよ」

うわー、痛くない!触られてる感じはするけど痛くない。
お腹の中ゴソゴソ触られてる感じはするけど全然痛くない。不思議!

緊張しつつ放心。10分くらいかな?天井板を数えてた。

看護婦さん「そろそろ出てきますよ。あ、ちょっと圧迫されるから我慢ね」

お腹の中をゴソゴソしてた手が、とたんにぎゅーーーっとお腹を押してます。
マッサージの時に背中を押されて胸が圧迫されるみたいに、
上から押されて腰骨が手術台にぎゅーっと押し付けられてます。
(見てないのでわからないですが、多分この時に子宮を開いて赤ちゃんを取り出していたのでしょうか)

押される感覚がなくなったと思ったら、少し周りが騒がしくなりました。
いつの間にか右の方に数人の白衣の背中の壁があって、なんだろうと見てみたら、
壁の隙間からチラッと細くて赤灰色の棒が見えた。棒の先にはモミジみたいな手のひら。

あ!!赤ちゃんだ!赤ちゃんの腕だ!

私の目はものすごい集中してたと思う。
少しでも見落とすまいと、白衣の壁を見てましたよ。

駆け寄りたい。駆け寄れない。
大丈夫かな?!赤ちゃん無事かな?!

フワァァァッ・・・と赤ちゃんの泣き声が聞こえたとたん、ぶわーっと涙が出てきました。
産まれたぁ!
赤ちゃん産まれたぁ!

仰向けで泣いてるから目頭に溜まった涙が目の方に戻ってきて冷たいw

看護婦さん「おめでとうございます。赤ちゃん元気ですよ」
ほんとによかった。ありがとうございます!

麻酔科医さんが逆さで言います。
「ほら、意識があってよかったでしょ?」
はい、良かったです!
赤ちゃんの泣き声が聞けて良かったです!

その後、口に麻酔の呼吸器を付けられて意識を失う。
すぐさま、ほっぺたをパシッと引っぱたかれて「終わりましたよ」と言われる。
寝た瞬間に起こされた感覚おもしろいww
その後のくわしい記憶がないけど、
部屋に運ばれてベッドに転がされてからが本当の地獄だった思い出。

麻酔が切れてメッチャ痛かった!
痛み止めの薬は当然貰ってたんだけど、
痛みで熱は出るし、眠れないし。
あんまり痛くて夜中にナースコールで看護婦さんを呼んで「もっと痛み止めください」って泣きついたよ。

翌朝には自分で食事してくださいって朝食が出てきたけど痛くて起きれないのにどうやって;
しかも朝ごはんを食べ終わったら歩いてくださいって言われるし。
(じっとしてるとお腹の中の傷が変なところに癒着して危ないんだってさ)
お尻全体を覆うような巨大なおむつに血をだらだら流しながら歩いたさ。

昼に赤ちゃんと初対面してデレデレしたけど、甘い時間なんかそれくらいだった。
痛くて悶絶してるのに看護婦さんったら「母乳でますか?」ってギュウギュウ揉んでくるし。
赤ちゃんが産まれてくるとき手を繋いでくれた優しい看護婦さんはどこへw

夜中、赤ちゃんに母乳あげてみますか?って夜中も赤ちゃん連れてくるし。
無理だよ痛くて動けないよ。
私はお母さんだよ、わかってるよ、でも痛いの!
どんだけ無理させるのって思った。

入院体験はまた別の機会に書けるといいですね。
akira_20140509 (6)

体重2600g 2014年5月9日産まれ。男の子

【妊娠28週目】一晩寝てもむくみが取れなくなってきました

だいぶブログを放置していました。お久しぶりです。

実は今、第二子を妊娠しておりまして、28週目(妊娠8か月目)です。
30代最後の年齢なので高齢出産です。
羊水検査もしました。
クアトロ検査は精度が悪いと聞いたのでやってません。
染色体検査では異常がなかったので、とりあえず安心しています。

ちなみに羊水検査は精度100%です。結果は絶対です。
私の場合、費用は10万円チョイ。
注射で羊水を少し抜くだけなので痛くはなかったです。(麻酔もします)
結果は2週間後でした。

羊水検査をすると0.3%(300人に1人)の確率で流産する可能性があるといわれていますが、
あれはどうも嘘みたいです。もっと少ないらしいです。
私を検査してくださった先生はここ10年で1000人くらいの患者さんの検査をしてきたけれど、
流産した人は一人もいないうえ、
実際に流産した患者さんを担当した医師にも会ったことがあるけど、流産したのは注射が原因ではなくもっとほかの原因じゃないかと言っていたそうです。(自然流産の可能性だってありますね)


検査結果では、英語で書かれたA4コピー用紙の紙ペラ1枚をいただきました。
そこには、染色体に異常があるかないか(陰性か陽性か)と、
男の子か女の子か、が英語ずらずらの最後に書かれていて、
産婦人科の先生が「異常なし」の文字と、「male」の文字に丸を付けながら
異常なしですね、男の子です、と普通にあっさり告知終了。
心の中で「検査費用10万円があっさり紙に化けた!」と思ったんですが
結果が出る前は悪いことを考えすぎて泣きそうになってたくせに勝手なものです;


第一子を産んだ5年前と比べて、身体がだいぶ辛いです。

最初の出産に比べて二人目の子供はお腹が大きくなりやすいとは聞いていたのですが、
7か月目あたりですでに臨月のような大きさになり、
お腹を支える筋肉がもう、ビシビシと痛い痛い…。
なにもしてないのに息切れしたり。
坂道、階段はヒーフーヒーフー。

順調に体重は増えて…妊娠前の体重から+10圈
これはよくないです;
2週前の定期検診では+8キロだったのに、ここ2週間で一気に増えました。

前回の妊娠のときには9か月を過ぎてから中毒症になって散々だったので、
今回は増やすまいと思ったのに…怖いです!

2週間前くらいから足のむくみが酷くなってきました。
体重増加もこのせいかもしれません。

妊娠5か月あたりからずっと、むくみ防止のために
寝るときはクッションを足の下に入れて、足先を心臓より高くして寝ているのですが、
ここ2週間あたり、朝起きても、靴下のゴムが足首に食い込んでいます。
マタニティジーンズも太ももから下がパンパンです。

ネットには
「むくみの時は安静にすべし」
「塩分をとにかく控えて」
「水分も控えめに」

と書いてあります。

そういえばカロリーは気を付けてたけど、塩分に気を付けてなかった気がする…!
麦茶もいつもより飲んでいる気がする!(空腹をごまかすために)

中毒症と診断されてからじゃ遅いね。
頑張ろう。塩とカロリー減らそう。頑張ろう。

【感想】 風ノ旅ビト 【PS3】

3
『風ノ旅ビト』
★★★★★★★★★☆ 93 / 100点

開発 thatgamecompany
発売 ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル アドベンチャー
(PS3ダウンロード専用タイトル)
2012年3月15日配信開始 1200円


ついに満点出るかな?と迷ったほどです。
(このブログのゲームの感想で最高が96点のペルソナ4G。
まだ満点がないのです)

すべてが美しい。人が温かい。
ゲームは言葉など必要ないのです。


遺跡に沈む夕日、光る砂、風になびくストール、
砂丘を超えた先に広がる遠景、
どこかオリエンタルな円柱の寺院、
海ではないのに海を思わせる地下世界・・。

グラフィックの雰囲気も最高なのですが、

砂漠を進むときのザクザク感と、飛び立つ時のフワッと感、
ステージ際でプレイヤーを追いやる逆風や、
コールで広がる足元の波紋など、
物理演算や光源処理などの技術が世界観にピッタリ合っていて、
まさに歩くだけで気持ちがいいのです。

そして、言葉がないのに気持ちが伝わる暖かさ。
ポワワーンとシグナルを出すしかできないのに、
「はじめまして」という挨拶をしたり、
「ついてきて」、「逃げて!」、「ここにシンボルがあるよ」など、
いろんな気持ちが伝わってきます。
このゲームの後では、言葉によるチャットなんて無粋にすら思えるほど。

歩いて、飛んで、コールする・・
使用ボタンが極端に少ないのに、いちいち愛情を感じます。


-----------------良いところ------------------
■ 唯一無二の雰囲気

光る砂と、なびく布。
戦争で荒廃した古代文明。
巨大な橋、ガーディアンのいる地下世界。
ステージの合間に現れる聖母のような影。
どこか懐かしく、夢で見たことがあるような・・・
人の心の奥にある原初の風景のようなステージがドカスカ出てきます。

journey
印象的だった夕日のシーン。
砂と一緒にゆるやかな斜面を滑り落ちていきます。
ジャンプすると自身が夕日に重なったりして。
イルカのような生き物も一緒に飛んでくれて、水っ気などないのに川のように思えます。

4
石碑の前のポールに触れて光を灯すと、
祈る場所のような光の円が現れて、そこに座ると扉が開きます。

6
蒼い地下世界。
空気中の塵が光に反射して、本当に水の中にいるみたいです。
もう少し進むと、海の海藻を連想させるゆらめく布が出てきて、
より一層綺麗になります。

■ オンラインの距離感
必ず二人なのです。
二人でないとだめなのです。このゲームはっ。
(プレイすれば必ず実感すると思います)

自分と、もう一人の旅人が自動でマッチングされて、
国籍も年齢も性別もわからない他人が、ステージのどこかに現われます。
一緒に旅をしてもいいし、無視してもいい。
挨拶したり、しなかったり、導いたり、導かれたり。

発する言葉はポワ〜ンと鳴るシグナルだけ。
ポワワ〜ンと、自分の名前らしき記号を出すだけなんですが
気持ちがちゃんと伝わるのです。

「どこにいるの?」
「はじめまして」
「こっちにおいでよ」
「寒いね」
「綺麗だね」
「ありがとう」
「取った?」>「取ったよ」   ・・・・など。

陽気な人はひっきりなしに何か喋ってるし、
(珍しいものを見つけたときに、やたら感動しているみたいにポワポワしていて可愛いw)
周回組のベテランは(マントの模様と色でわかる)
キビキビとした動きで前を進んで、私が到着するのを待っていてくれたりします。

オンラインが重く感じる私のようなゲーマーにも気持ちのいい距離感でした。
旅の最後には、もう一度、相手の名前を確認したくて
シグナルを出す私がいます。

■ シンプルなのに計算されたステージ
ぐるぐると苦労して登った先にご褒美のシンボルが置いてあったり、
砂漠をさまよう人しか見つけることのできない小さな花があったり。

面倒だなと思った先に美しい絶景が広がっていたり、
爽快感を感じるステージの後に、冷たい空気のステージがあったり。
言葉を必要とせずとも絶妙に計算された演出がされています。

■ 歩くだけで気持ちがいい技術力
開発に3年かけただけはあるのでしょうか。
砂漠を歩くときの足が沈むザクザク感と、そこから飛び立つ際のフワッと感。
シグナルを出した時の砂の波紋や、近づくと色が鮮やかになる布、
クルクル旋回する魚達、徐々に凍りつくストールなど。

見ていて飽きない変化が沢山あります。
物理演算や光源処理が世界観にピッタリです。


-----------------悪いところ------------------
■ ボリュームが少ない

1周するのに1〜2時間で終わってしまいます。
雰囲気が最高なだけに、もっともっと旅をしたかったです。

でも、言葉を持たずに赤の他人と旅をするゲームなので、
1時間くらいがちょうどいいのかもしれません。

■ スクリーンショット機能がない!
相手と寄り添ってジャンプしたり、
サメの背に乗って滝を超えたり、
ここだ!というシャッターチャンスだらけなのですが
なんでスクリーンショット機能が付いてないんだあぁぁぁ!
(PS3のスクリーンショットが撮れるかどうかはソフト次第なんだそうです)

-----------------総評------------------
■ 一度はやってみてほしい傑作

言葉を持たない神か、原始の生き物になったような感覚です。
気持ちを伝えるのに言葉なんか必要なかったんだ・・と衝撃を受けること間違いなし。

誰もが心に持っている原始の風景のようなグラフィックと、
アダムとイブのような「二人旅」が、魂に響きます。

ただ、最初にどんな旅人と出会うかで、
このゲームの印象がだいぶ違うと思います。私はとても幸運でした。

ちなみに、原題は『journey』
このゲームを作ったthatgamecompanyというスタジオは
3年の開発期間をかけて、このゲームを完成させました。
(開発が長引きすぎたせいで、途中で倒産したりしたそうですw)
産みの苦しみですね〜。
これまでソニーとの独占契約の下で『flOw』、『Flower』、『Journey』と作ってきましたが
ソニーとの契約が切れたので、これからはマルチで開発するだろうというニュースがありました。
ふふふー。たのしみー。

【イラスト】薄桜鬼+銀魂【土方】

自分のブログをつらつら眺めていたんです。

ふとカテゴリの「日々の事」を開いてみたら、
一番トップに来る日記が「七夕のイラスト」だったんです。
あの恥ずかしいやつ。

このブログを初めて訪れてくださった方は結構、
日々の事カテゴリで検索する人が多いみたいなのですよ・・。
(ライブドアブログのアクセス解析『ログミン〜ログビューアー〜』で知りました)
ここの管理人は普段何考えてんの・・?と覗いた先に
あんなイラストが貼ってあるのは鼻血噴き出すほど恥ずかしいので
あの後に描き上げたイラストを照れ隠しにアップしたいと思います。

2012年の7月頃に描いたものなんですが
まだこのブログにアップしてなかったから丁度いいですね。。

薄桜鬼&銀魂
【土方】薄桜鬼+銀魂です。

乙女ゲームの「薄桜鬼」の土方歳三と
ジャンプで連載中の漫画「銀魂」の土方十四朗を
並べて描いております。
個人的には夢のコラボ!
土方さん好きーーーーーー!!!

・・・照れ隠しどころか恥の上塗りじゃあぁぁ!

薄桜鬼の歳三さんと、銀魂の十四朗さんは
どっちも同じくらい好きですが・・
一番好きな土方さんはゲームでも漫画でもなく、
小説の、木内昇『新選組 幕末の青嵐』に登場する土方さんです。
つかみどころがない美形って最高です。


画力だいぶ上がっ・・たかな?

PCのモニタの上で線を描くことにビビらなくなりました。
素晴らしい進歩!

あと、手を描くのが好きになりました。
素晴らしい進歩!

でもこの後、イラスト描いてないです。
こいつまたサボってやがる!
上手くなりたいと言いながらいつもそれだ。



【感想】ペルソナ4・ザ・ゴールデン【vita】

P4G『ペルソナ4・ザ・ゴールデン』
★★★★★★★★★☆ 96 / 100点

開発 アトラス(現インデックス)
ジャンル RPG
2012年6月14日発売


本当のリメイクとはこういうものか!!と衝撃を受けたソフト。
これを完璧なリメイクと言わずして、何と言えばいいのか。

追加要素をただ突っ込んでボリューム増ししただけじゃなくて
ちゃんと完璧に調整されて作りこまれています。
リメイク史のみならずRPG史上に名を残す傑作だと思います。

■PS2版からの変更点
・新キャラ、新コミュ、新クエスト、新システム、新施設、新マップ、新ペルソナ、新ダンジョン、新エンディング、新サウンドの追加
・スキルカードの追加、リザルトのカードゲーム機能追加
・2月までシナリオ延長
・夜間の行動ができるようになった
・5段階の難易度の設定(旧作は3段階)
・オンライン要素の追加
・ギャラリー、クイズ番組のようなミニゲームの追加
・イベントムービーまでちゃんと高精細化
・ステータスと無関係な衣装変更の追加
・セーブ、ロードの高速化

・・・など。

これが全部、旧作の面白さを崩すことなく融合していて、
むしろ旧作になかったのが不思議なくらい、
これがない旧作は何を楽しんでいたの?と思うほどの完成度。

私はPS2版で2周していて、ストーリーも、ラスボスも、旧コミュニティも全部知っているにもかかわらず、vita版で3周目でもまだ飽きてませんでした。
(たいした手も加えられてないPS3の大神HD版は1週目で飽きたりしてます)
新しいイベントで驚かされるのはもちろんなんですが、
周回やロードをくりかえしていると、
・システムメッセージのはさみ方
・イベントのテンポの良さ
・コミュニティが発生するタイミングときっかけ
・雨の日の頻度
・被害者は全員女性だと思っていたところに完二が出てくるタイミングの良さ
・被害者を助ければ仲間になると思っていたところに、そうじゃない人物が出てくる意外性  ・・など
このゲームが用意している小技や魅力に気づいてしまい、
それを確認したいがために手が止まりませんでした。
やばいよペルソナ4!

なによりPS2版では12月末のクリスマスで終わっていたカレンダーが
vita版では2月のバレンタインまでしっかり生活できるのが嬉しかった。

このゲームが好きな人ほど3月が近づくのが寂しいはずなので、
よくそこを伸ばしてくれましたね!!という思いです。

しかも増えた2か月間がものすごく充実していて、
スキー旅行やバレンタインなどでニヤニヤできるし(笑)
vita版で追加された新キャラ“マリー”に関するイベントが、
3月の真エンディングへの繋ぎ役として、
まるでPS2版になかったのが不思議なほどしっかりなじんでいます。

12月 ノーマルエンディング用ラスボス
2月 追加ダンジョン&ボス    ←ここが追加
3月 真エンディング用ラスボス

vita版をやったら絶対PS2版に戻れません。
本気でそう思います。

-----------------良いところ------------------
■ 作品への愛情と情熱

ファンへの感謝、作品への情熱と愛がなければこんなリメイク作れません。
こんなに追加要素を盛り込んで作り直しなんてしたら、
下手したら「昔の方がよかった」なんて言われて大失敗、
採算も取れず、続編の予定も消えてチーム解散になる可能性だってあったのに。

ユーザーがどこに面白さを感じたのか、どこで感動したのか、
旧作の魅力を理解しないまま好き勝手にリメイクされた酷い失敗例が
ゴロゴロしている中で、このペルソナ4は幸運です。

■ 相変わらず忙し楽しい
追加要素が増えたため、旧作より忙しくて楽しいです。
・・誰といつデートするか肉丼食うか勉強をするか?
と悩むのは相変わらずなんですが、今作からはそれに加え、
新キャラ二人のコミュを中盤までに上げておかないと
専用エンディングが見れなくなるのです。

バイクの免許を取ったら近所を走って地理勘をつけなきゃいけないし、
映画を見に行ったり、スキルカードを貰いに行ったり。
それがすべて戦闘を深くするものだったり、
キャラへの愛着を深めるものだったりするのに繋がる快感。

■ キャラの立て方、セリフのセンス、ストーリー
ペルソナシリーズはセリフが上手いです。
いかにも高校生って感じの背伸びしてない台詞にいつもクスっときます。
ノリと勢いで流す前半と、
説明や辻褄をちゃんと入れ込んでサスペンスしてくる後半。
仲間と出会って変化する内面の描写もそこそこあって、
終盤のきつい戦闘で、連帯感がより増すあたりのさじ加減!
うまいわーーー!

■ 高精細化したグラフィック
文字がめちゃくちゃ読みやすい。
背景のグラフィックも鮮やかで、キャラの顔アイコンだけでなく、
ムービーまでしっかり高精細化されています。
vita版で追加されたムービーと差があってはいけないから
昔のムービーも手を加える必要があったんだと思うのですが
いいですねーこういう配慮。vitaで良かった!

■ 新キャラ、新コミュ、新エンディングの馴染み具合
旧作になかったのが不思議なほど馴染んでいます。
むしろなぜ旧作になかったのかと思うほど。

2月のバレンタインまで伸びた攻略期間も
新しく増えたコミュ2つを差し引きして
『2月で終わるまでにギリギリ全部MAXできるか・・?』と
緊張感を持てるほどのちょうどいい長さ。
3月まで延ばされていたら長すぎでやる事がなかったし
1月でも短すぎたと思う。

ただ、新エンディング(中盤に起きる方)は・・
ぶっちゃけただのバッドエンドなので、コアなファン向けです。
あのエンディングをみたところであの人が改心するわけでもないし。
後日談もないし。

■ 2周目からの難易度設定
わかってるなー!と膝を叩きたくなる要素のひとつです。
旧作は3段階だった難易度設定が5段階に増えただけでなく、
2周目になるとプレイヤーが自分で難易度をカスタムできます。
敵から受けるダメージ (大きい--標準--小さい)
味方が与えるダメージ (大きい--標準--小さい)
敵を倒して得られる経験値 (多い--標準--少ない)
敵を倒して得られるお金 (多い--標準--少ない)
ダンジョンでのリトライ (利用する--利用しない)
バトルでのリトライ (利用する--利用しない)

↑細かいうえに2周目からしか使えないのがスバラシイw
1周目はオリジナルを楽しんでね、ってことです。

■ セーブ、ロードの速さ。バグ、フリーズが皆無。
セーブとロードはポチっとした瞬間に完了するくらいの速さ。
恐ろしく速いです。
私は4周して全トロフィーを獲得しましたが、
一度もバグやフリーズ落ちに遭いませんでした。
(ペルソナ4の後にプレイしたトトリのアトリエは20回どころではない程フリーズしてほとほとウンザリしたので余計・・)

■ 押しつけではないオンライン要素
同じダンジョンにいる知らない人から救援要請の信号が来たら
定型文メッセを送って応援するだけの機能。
助けて!>頑張れ!とやまびこのように返事をすると
応援された側のHPやMPが微回復します。

協力プレイというほど他人と絡まず、
Wi-Fi版の私が常にオンラインでなくても悔しくない気軽さで(笑)
お礼の挨拶しなきゃ失礼にあたるかな・・、などと
すぐ思ってしまう性格の私でも、
適当に流してちっとも気にならないこの距離感は良かったです。


-----------------悪いところ------------------
■ 思い当たりません。

ないですね、本当に。

人によっては作業感があるかな?
トロフィーの「リセナビ」とか作業感あったかも?
(でも本気で狙ってたらゲーム中の11月あたりで取れたのできつくないと思う)


-----------------総評------------------
■ 完成されすぎて今後が心配なくらいの傑作!

もはやリメイクという枠すら外してあげたいほど溢れる作品愛と完成度。
あんまり傑作なので、私はペルソナ5が心配です。
4Gを超えるのはかなり難しいのでは・・!?

vitaでオススメを聞かれたら
「グラビディデイズ」と「ペルソナ4G」と私は言います。

限りなく完璧に近いです。
満点じゃない理由が必要なほどの神ゲです。

満点じゃなかった理由↓
・ゲームが終わっても時々引っ張り出して遊びたくなるほどの中毒性がなかった
・世界観が唯一無二ではなかった
・・個人的な好みです。
学園モノなので世界観でケチつけたら反則なんですけどね;
私は「あの雰囲気、味わいたいなー!」って
昔のゲームを掘り出したりするので・・。

ゲーム会社の社員はソーシャルゲーを作りたがらない

今日、ネットを徘徊していたら、
ゲーム会社の社員がソーシャルゲームを作りたがらず、
コンシューマーゲームばかり作りたがるという記事を見つけました。

【元記事】
■日刊サイゾー 
「コンシューマーゲーム信仰と嫌儲思考がゲーム業界を滅ぼす!?」
■ニュー速クオリティ
「ゲーム会社 「助けて!時代は完全にソーシャルゲームなのに、社員は誰も作りたがらない!」

この記事では、国内のコンシューマーゲームはもはや
昔の一流クリエイターを信奉して祭るだけの縮小再生産でしかなく、
今年のTGSにXBOX360のマイクロソフトが出展しなかった例から、
海外市場からも見放されつつある現状を指摘し、(今更・・?)
この先、日本は敷居が低いソーシャルゲームやブラウザゲームが主流になるのは間違いないし、そこにしか生きる道がないのに
作り手である社員がコンシューマーゲームを「信奉」しているせいで
ソーシャルゲームを作りたがらない現状があると書かれています。

まあ、要するに
「据え置き機のゲームには未来がないのに、なんでまだ崇拝してるの?」
って記事です。

クリエイターに矛先が向いているので勝手にかかせていただきますと・・
まずクリエイターがコンシューマーに憧れる理由をこの記者さんはなにもわかっていない。

クリエイターになるくらいだから大体の人はゲームが好きでこの業界に就職したと思うけど、
そういう人がコンシューマーが好きで、ソーシャルが嫌いな理由なんてまずひとつ。
ソーシャルは「ゲームとして面白くない」からです。
雑誌に取り上げられないとか、大先生と呼ばれないからなんて理由じゃない。
(なにをトンチンカンなこの記事は・・)

当たり前だよ、ソーシャルよりコンシューマー作りたいに決まってるじゃん!
私はこの記事でまずそう思いました。
以下、私がコンシューマーを選びたい理由です。

理由
自分が好きで憧れたゲームは、「楽したいなら金よこせ」なんて言わなかった。

純粋に創造性の高い、斬新さや面白さで評価される作品を作りたいのであって
友達やお金がないならひとりで時間をかければいいなどと、
ユーザーさんの努力とお金を天秤にかけるようなゲームを作りたいわけでもないし、
使いまわしてゲームを作りたいわけでもない。
かつて自分が名作に出会えたことを感謝したくなったように、今のユーザーさんにも感動してほしい。
システムに最初から金儲けやチートを組み込んだゲームでユーザーさんが感動してくれるわけがない。

理由
ソーシャルゲームをいくら作ろうがゲームを愛してくれるユーザーさんは増えない。

お手軽に作られた暇つぶしはしょせん暇つぶしであって、
ユーザーさんが憧れて、「自分も作りたい」と思ってくれるような娯楽にはなれない。
(若手が育たないのはむしろソーシャルのほうだと思う)
そんなのを量産したらそれこそが業界を滅ぼすんじゃないかと不安。

理由
ソーシャルで技術やスキルを身につけてしまうとクリエイターとして未来がない。
他の会社で再就職できなくなる!!
ソーシャルのバブルが弾けた時、一緒に消されそうで怖い。
(クリエイターは以外と高年齢ですよ・・)

理由
やっぱりAAAタイトルの表現力に憧れる。
クリエイターとしていつまでもそこは目標でいたい。

・・・とまあ、こんな感じです。会社の儲けとかどうでもいいんです。
会社が儲かったところで従業員の私たちのお給料は増えないし(と、よく聞きます)
「次はもっと早く作れ」って言われるのは間違いないし。


以下、記事へのつっこみです。
<引用>「ソーシャルゲームが『メタルギアソリッド』シリーズよりも売り上げが高かったとしても、小島秀夫監督のようにスタッフの名前が出ることはめったにありません。片やコンシューマーゲームは、1タイトル当たりの売り上げが落ちているにもかかわらず賞賛されています。その構図は、文芸の世界のように見えますね。さほど売れなくても“大先生”と呼ばれるような業界で、若い才能が生まれるはずはありません」

文学界を全然知らないんですが、文学界はアイデアを出して世に発売されるまでの開発費が本や作家によって何十倍も何百倍も違ったりするんでしょうか。
小島監督のメタルギアソリッド4はPS3の仕様も固まらない時期から開発した苦労もあって開発期間が4年もかかっているうえ、開発費も50億以上。
それでもシリーズのクオリティを落とすことなくトップに立ってまとめあげて発売した監督が褒められるのは当然じゃないでしょうか。
ソーシャルにはできないことをやっているのだからソーシャルより賞賛されるのは当たり前。
ゲームという娯楽を創造する業界で、
内容ではなく売り上げの数字だけが評価されるほうがおかしいです。
既存ゲームの使いまわしで開発期間が一ヶ月未満の作品が、
売上げの数字程度で小島監督と並べると思わないでほしい。
既存ゲームのパクリのくせに。(2度言う)

しかも小島監督や名越稔洋氏、宮本茂氏クラスの大御所が
若い才能を阻害しているなんて、知ったようなことを書き散らしておりますが。
ふざけないでください。
そういうことは若手が大御所と同じくらいのゲーム性や表現力を生み出してから言ってください。
(表現力はお金かけないと無理だけど、少なくともゲーム性は)
あ。
お金はあるんですよね?
売り上げが自慢なんですからね。
じゃあ表現力も名作クラスに並ぶ作品を作ってみてください。
それができるなら私も喜んでソーシャルゲームを希望します。
(私もただ長いモノに巻かれたい犬なので)

今も昔も、才能のある人が評価される業界なのは変わっていないです。
ただ誰も大御所と同じことができないだけです。

それにこの記者さんは、
若手なら今までとは全く違う、新しいゲームが生みだせると思っているのだろうか。
もはや業界全体でネタ切れで、全く新しいものなんか出したくても出せないんですけど・・。
ベテランも若手も関係ないです。
毎日必死になってる若い企画さんを見てよ、って感じです。

<引用>MMOを制作する時、多くのクリエイターはアイテム課金ではなく月額課金にしたがります。
企業としての利益はアイテム課金のほうがずっと増えるにもかかわらず、です。
世の中全体に金を取ることや、不公平なことへの拒否感が増加していると思います。
そうした中で、ソーシャルゲームは“お金の取り方が汚い”という批判をされます。でも、それは単なるエゴなんじゃないでしょうか。
ソーシャルゲームは、むしろ公平だと思います。課金しなくても、時間をかければ(カードバトルの場合だと)レアカードはちゃんと入手できます。逆に時間がなければ、課金すれば短時間で強いカードを手に入れることもできます。時間か金かどちらを費やすか選択肢があるのですから、従来のゲームよりも公平だとは思いませんか?」


思いませんッ!
ゲームしてる最中、ずーーーっと「お金さえ払えば苦労しなくてすむのに」
って思い続けさせられるのに、どこが公平ですか。

じゃあお金払えと?
イヤです。貧乏なんでこれ以上小銭も払いたくありません。
じゃあ時間を使えと?
イヤです。みんなと同じ条件で遊んで「俺ツエェ」できるんなら喜んで時間も使うけど、
お金を払わないペナルティに時間を使わされるのは、
同じくゲームに時間を使うにしても感覚が全く違うんです。


金さえ払えば有利になるゲームなんて面白いわけないでしょう。
ドーピングを使えばメダルがとれるオリンピックが楽しいですか。
みんな同じ条件で戦ってるから楽しいんですよゲームは。

お金を払わない自由、といいながら、お金を払わないユーザーに屈辱感とプレッシャーを与えるゲームのどこが公平なのよ。
本当に公平というのであれば、お金の代わりに時間を使う人への優遇してくれればいいのに。

【感想】 おおかみこどもの雨と雪 【劇場アニメ】

細田監督の作品が好きで、子育て中の母親としてもかなり興味があったので親子3人で観てきました。
おおかみこどもの雨と雪

『おおかみこどもの雨と雪』
  ★★★★☆☆☆☆☆☆ 40点

※ここから下、期待するほどでもなかった、
という感想が続きます。
すっごい好き!という方、もしくは
まだご覧になっていない方は激しくネタバレしているのでご注意ください。

おおかみこども
『わたしが好きになった人はオオカミ男でした』
物語の冒頭で、父と母が恋をして、
まもなく二人の間に
人間とオオカミの間の子供が産まれます。
オオカミの子供が産まれてしまうのを恐れて産婦人科を使わず自分たちだけで自宅で子供を産み、
病院にかかれないので定期健診や予防接種をうけさせることもできず、
役人には児童虐待しているのではないかと疑惑をかけられ、
近隣住民には騒音で苦情を言われ、
家に押し込めた子供たちによって家の中は常にめちゃくちゃ・・。
誰よりも苦労しているのに誰にも相談できず、
一番相談したい人はもうこの世にいない・・。
都会の中で悲しい孤軍奮闘が続きます。
気分で・・
気分によってオオカミ化する雪と雨。
これのせいで他の子と遊ぶことができない。
(でもめちゃ可愛い)
田舎暮らし生き辛い都会を出て田舎暮らしを始めます。
ほぼ自給自足の生活。
本でいくら調べても失敗ばかりの農作業。
ブンタ最初は遠巻きに眺めていた村人たちも、
“まるでなってない”畑を見かねて
厳しく、優しく、助けてくれるように。
(CV 菅原文太)
小学校すくすくと成長。
すっかり幸せ。
雪(長女:姉)はヤンチャ。
雨(長男:弟)は対照的におとなしい子。
他の子と違うみんなが女の子らしい遊びをしているところで
ヘビを見つけて大喜び。
悲鳴を上げて逃げられる。
人間っぽくふるまっていても、オオカミの本性が隠しきれない描写が多々。
大きくなる
やがて思春期。12歳。
兄弟喧嘩、同級生に攻撃、登校拒否・・。
大きくなった子供たちが“オオカミ”と“人間”どちらの道を選ぶのか。自立するまでの物語。

シングルマザーの苦労や、田舎暮らしの大変さ、
人間でありながらオオカミの血も混じった雪(姉)の心情はそこそこ描けていたと思う。
“母子家庭” “他の子とは違う”
周囲に理解されず、拒絶されることを恐れ、
頼れる人もいないままひとり必死な母親の姿が、
人間の子供を育てているだけでも大変な私には想像にあまりあって、
ちょっと泣けてしまうシーンもありました。
(実らない畑を必死に耕すとこ)

でも、ぶっちゃけてしまえば「子育てって大変だよね!子育てってこうでしょ!?」と、
男視点でみた幻想の母親像を描く映画でしかなかったと感じました。

なぜなら主人公のハナは全ての問題をニコニコ笑うだけで解決してしまい、
母親だから大丈夫、笑う人はすべてを乗り越える、と、
『子育てに起きる問題は笑っていれば解決できるもの』と
現実を突き放しているように思えたからです。

実際の母親はこうじゃないです。
もっと弱いし、悩むし、迷うし、子供と一緒に成長します。
子供を隠す?
バカじゃないの?隠すわけないでしょ・・と私は感じました。
子供のことを思うからこそ、
社会と上手に接して将来辛い思いをしないでほしいからこそ、
隠す部分と隠さない部分のさじ加減を学んでほしくて、
全力で世間と付き合うに決まってます。

「逃げる、隠す」なんて論外です。
子供と一緒に戦うに決まってるでしょ。
ひたすら子供を隠して逃げる主人公をみて、
逃げることをまず子供に教えたいのかアンタは!と怒りすら覚えたほど。
危険ときちんと向き合った上で、逃げた方がいいと判断するならいいけど、
最初から拒絶して逃げる、なかったことにするのは一番ダメだわ。

子供の顔をちょっとだけでも見せてほしいと役人に言われたら
顔を見せて安心してもらい、その後、じっくり味方を探すと思います。
隠すところは隠して、うまいこと世間と付き合うために。
その子にとっての幸せとは何かを一緒に探してくれる人、願ってくれる人は
絶対どこかにいるからです。
攻撃してくる人がいるなら、味方してくれる人だっている。
誰も味方になってくれない!なんてヒロインぶってる場合じゃない。
もっと人間を信じろよ。

それを「都会は冷たくて、田舎は優しい」
「母親はとにかく強い=弱くてはいけない」という見当違いな展開でごまかす展開が
私は腑に落ちなかったです。

そして一番気になったのが映画の後半。
子供達が自立する道を探しだす後半です。

表面的にはとてもいい家族っぽいくせに、
肝心なところは、まるで家族で話をしないんです。
母親ハナはいつのまにか大きくなった子供の変身ぶりにオロオロするだけで、
人間より難しい子育てをする覚悟がある母親には見えず、
山のことを学んだ身のくせに山について無知すぎる行動も含めて、
アンタは今まで何を学んできたの!?と問い詰めたくなる。

それでもかまわず、やたら家族を美化する描写と、
大した意味のないアクション描写。
(雪の中を転げる親子とか)

ストーリー後半は期待する展開がほとんど盛り込まれず、
ブツ切れで収拾されない要素だらけで、
もしかしたら子供育成に失敗した家庭の末路を描いた物語じゃないのか?と疑ったほど。


以下、映画で気になったところ。

オオカミっ子であることが周囲にばれて大変なことになる展開が一切ない。
ひたすら隠し続けてきた秘密を、
いつ誰に言うのかがこの映画の一番の盛り上がる場面だと期待して、
ここの村人なら受け入れてくれそうだけど、
学校の他の子の親なんかは拒絶しそうだとか、
いろいろ想像を膨らませていたのにそういう大々的な展開が全然ありませんでした。
ほぼ身内みたいな相手には漏らしていたけど・・そういうのではなくて・・。
今まで隠してたのは伏線じゃないのかよ!
伏線じゃないならなんで隠してたのよ!と・・。

・途中まで濃密な信頼関係を築いていた村人たちが
小学校入学あたりでほとんど登場しなくなる。
あの交流はなんだったのか。何の意味があったのか。

雪が自分に流れる血で悩んで同級生に怪我をさせたとき、
雨がオオカミの道を選びたがっているとき、
一度も腹をわって話をしない母親。

理解不能。少しは子供のために覚悟きめろよ・・とツッコミたくなった。
作中ではしつこいほど「子供のために奮闘する母親」を演じているにもかかわらず
こんなツッコミを入れられてしまう時点でどうかと思う。

・雪に比べて雨の描写が少ない。
雨だって悩んで選んだ道だろうに、そこに至るまでの経過がない。
これだと勝手な子供ですら思える。
(自然保護センターで働く母を見習って、
自然と人間の仲介役として活躍する展開とかじゃだめだったのだろうか)

・野生に目覚めた雨を徒歩で追いかけ、雪を置き去りにする母。
そこまでの経過を見ている母親で、
かつ、自然保護センターの職員ならば、
本気でオオカミになった息子に山道で追いつけるわけがなく、
追いつけたところでいまさら説得は遅すぎることに気づかないのがおかしい。

山に入るには軽装過ぎるし、
そんな恰好で山に入ったら危ないことも考慮せず・・
愛情が深いというよりただのバカ。
雪を完璧に置き去りにしたあげく、自分の命すら危うくさせる無責任な親と思えてイラッとした。
雪のことは心配しないのかよ?
朝日のシーンもちょっと変。

・傷だらけになるほど激しい姉弟喧嘩をした雨と雪が、
その後、和解したのか、それとももっと溝が深まったのか・・
そもそもそれまで姉弟でどんな話をしていたのか想像がつかない。
同じ屋根の下で暮らし、同じ悩みを持つ者どうしで、
今まで相談や、お互いの観察をしていなかったのか?
また、その喧嘩を止めるでもなく、二人の頭が冷えた後にお灸をすえるでもなく、
うろたえて何もしない母親に違和感しかなかった。

・途中で出てきた、野生のオオカミとの交流がいつの間にか消滅。
仲良くなるかと思ったのになんだったんだ。
代わりに登場したキツネ先生も希薄。

・父親の遺体をゴミ収集車が回収。
しかも、車の中でバーが回って圧縮。
ないない。
ニホンオオカミだよ?!
(絶滅危惧種?物語の中では100年前に最後の一匹になったと言っていた)
犬と間違えてもあんな立派な犬だったら普通、飼い主を探すと思う!
そしてそれを目撃しているのにたいした抗議、抵抗をしない母親。
家族の遺体くらい必死に守れよ。

・小学校の健康診断は?
物語の前半でこれでもかと「健康診断=バレる危険」という法則を
見せつけておきながら後半では、健康診断のけの字も出てこなくなる。
田舎に来たとたん、すべてが都合よく展開しすぎです。

他、
・シリカゲルを飲んじゃった! >なにもありませんでした
・クマに出あってしまった! >なにもありませんでした
・雪の同級生はどうなった? >その後の進捗なし
・菅原文太と仲良くなりました >その語の進捗なし
・野生のオオカミ出てきました >その後の進捗なし

“友情出演”のように、匂わせるだけ匂わせて深く絡まずに消えていくものばかり。
入れ込むんだったら最後まで演出やテーマに絡めたりすべきであって、
できない、しないのであれば最初からそんなものを入れるべきじゃなかった。

↑こんな感じで不満がボロボロ出てきます。

オオカミであることがばれて、学校や今まで仲良くなっていた村人も巻き込んで周囲とのつながりが変化して、そんな中でも自分のアイデンティティを見つけるオオカミの物語だと思っていたのに、フタを開けたらただただ母性を美化するだけの映画でした。

田舎暮らしの育児奮闘記を描きたいだけなら
正体はオオカミという設定はいらなかったんじゃないかと思う。

書きながら最後に気づいたんですけど、
花という人物は最後まで「雪と雨の母」ではなく「ただの母」だったのです。
(散らかった部屋をひとりで片付ける母、寝ないでミルクを上げる母、深夜の公園で子供をあやす母、死んだ父が夢に出て助けられる母・・)
『監督の思い描く理想の母親を演じてくれたけど、
雪と雨のお母さんではなかった』
それが一番、私は納得できなかった部分かもしれない。

【七夕イラスト】 遅筆克服計画

筆が遅い、アイデアが貧弱、絵が古い・・。
いまいち自分の絵に自信がないのです。

イラストの上手な同僚さんと、
楽しげに描いているマイミクさんに触発されつつ、
たまたま見つけたpixivのイベントに参加してみることにしました。
締め切りと、テーマが決まっていたら、
違うもんが出てくるのではないかと思って・・。

テーマは「七夕」。
6月22日から7月8日までのあいだ、
pixivで「七夕2012」TheStarFestival2012」のタグでイラストを投稿するだけのイベントです。
コンテストではなかったはず。
抽選で数名に景品が当たるとか当たらないとか。

七夕
うぁぁぁぁぁ。相変わらず恥ずかしいだけだぁぁぁ!!

んっと、上手いけど普通?・・って感じ。
・・・・ですよね?

自己点数を付けるなら、70点。
2週間でここまで描けたね、という評価。
これで自信が出たかというと全然出ない!ゴフッ。

上手いを超えてグッとくる感じがない。
pixivで評価されている絵はグッとくる感じがあるんだけど、
ああいうセンスはどこから生まれるんだろうな・・・。

締め切りまで2週間しかないから、書き込みができないのはわかってたけど、
書き込みじゃなくてアイデアとか構図とか・・・んん〜〜。
悔しいのでもっと精進します。
つぎもっと頑張ります。

【娘】 稚児行列 【3歳】

パソコンの写真を整理していたら、一ヶ月前のGWの時の写真が出てきて、
あまりに可愛いかったので今頃思いだして書いてみることにします。
うん、そうだ、一応このブログは日記だったんですよ。

御稚児さん1なんだろこの服、って顔してます。

私の故郷の長野県長野市の善光寺では
毎年、5月5日(こどもの日)にお釈迦さまの誕生をお祝いしつつ、子どもの健やかな成長を願う「仏都花まつり」が開催されます。

“花まつり”というと・・
梅まつりとか、あじさいまつりとか、
日本のそこかしこで行われている花の祭りじゃないのかって
感じもしますが、
別名では降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)とも呼ばれる、
お釈迦様の誕生を祝う祭典のれっきとした正式名称でございます。

つまり仏教版のクリスマスですか。
一大イベントですよ。
花まつり、といったらお釈迦様の誕生祭なのですね。

ご存知でしたか?

私は知りませんでした。
てっきり善光寺と長野市が勝手に付けた名前だと思ってました。
しかも『花まつりなんて地味だな』とか
『稚児行列で親子の興味を引かないと地元が辛いんだろう』とか
今にして思うととんでもなく不遜な事を考えておりました。
申し訳ありません。

しかも今年で90回目。

きゅ、きゅうじゅっかい!

声が裏返っちゃうよ。
最初の一回目に参加した御稚児さんが今では90歳だよ!
母が言うには、
母自身も大昔に参加して、
私も4歳の時に参加して、
私の娘も参加する今回で、親子3代の参加になるらしいです。
ひょぉぉぉぉ。

というわけで、
長野市民なら誰でも一回は御稚児さんとして参加してるんじゃないか
ってほどの稚児行列に、
はじめて物心がついた状態で参加してまいりました。
着替える前
←着替える前。
テラスできゃいきゃいしております。
午前8時ごろ。
御稚児さん着付け
つかまえて、お着替え開始。
こんなに本格的な和装をさせるのは初めてなので、
着替え中ですでに傍で見ているウズラ(子の父)の
テンションMAX。
『カメラ!』『カメラどこ!』とうるさい。
朱梨はずっと大人しく着替えてくれました。
今はお着替えしなきゃいけないときだと、ちゃんとわかってくれます。
空気読むんですよこの子は・・。
口紅くれくれー口紅に夢中。
「お薬ちょうだい!」とせがんでいます。
背後霊が
「だめだめ;あとで、あとで!」
「写真撮ったらあげるから」
と言ってます。
リップクリームや、
虫さされのチューブ薬を見るとなんでも
「お薬ぬって!」と喜んじゃう朱梨です。
結局ずーっと、行列が終わるまで口紅をにぎにぎしてました。

この被っている「冠」が鬼門なんですよ・・・。
冠から出ている細い紐4本をあごと後頭部で結ぶだけなので、
子供がうつむいたりするだけでズルズルと位置がおかしくなるうえ、
ずれないようにきつく結んでいるから、ずれると痛いらしい。
3歳児が大人しく被っていられるわけもなく・・。
行列前お寺の境内にて、
冠を綺麗にかぶった瞬間の一枚。

いざ出発するまでの空き時間(20分くらい)で
取ってはかぶせ
取ってはかぶせ・・・。
まるで湯に溶ける砂糖のようにサラサラと冠が
崩れては直し、崩れては直し・・。
朱梨が「お耳、痛い・・」と泣きそうな顔でうったえてくるたびに
紐を直して痛くならないようにしてあげました。
ごめんね、ごめんね、と思いながら。

境内は参加する稚児100人(くらい)とその親でごった返していて、
3歳くらいで泣き叫ぶ子もいれば、
「お母さんお化粧まだー?!」「トイレ行きたい」とお母さんに訴える
小学生くらいの子もいました。

朱梨はいつもと違う雰囲気に緊張気味で、
お母さんとお父さんにずっとしがみついてました。
抱っこされている時だけ安心して笑顔も見せてくれます。

首がガジュマルの根のような高齢の住職さんがにっこり笑って、
黒ずんだ薄い皮膚をこれ以上ないほどしわしわにしながら
真っ白な歯をぎらりと見せるので朱梨が大泣き。(笑)
住職さんと、母と父が全員で
「怖くないよー」「怖くないよー」と呪文のように異口同音に唱えて
朱梨のおでこに殿上眉(てんしょうまゆ)を書きました。
眉毛の上にちょんちょん、と磨呂眉です。

母(かわいい・・・・)
父(めっさかわいい・・・)
住職 「ほら怖くない^^」ぎらり
朱梨「・・・!!!」フーっ(泣)
出発稚児行列が始まりました。

すでにやや疲れてしまったようで、
いつものキラキラの瞳がありません。
だっこ参道の中腹にあるお寺から善光寺の境内までの500mくらいを歩きます。

この日の気温は29度。
狡耕郢坡垢浪篤”とニュースになった日です。
半袖で歩いても汗が吹き出す暑さで、和装の子供には可哀想でした。
すっかり100メートルほどで
「抱っこ・・」とせがむので、
そのあとしばらく抱っこされながら進みました。
オオカミさんだねぇ!
境内に入る手前の仁王門にて。
「オオカミさんだねぇ!」と言って指差して、
隣の見知らぬお姉さんに「ん?オオカミさんだねぇ^^」
と微笑まれていました。
善光寺仁王像強い日差しの下、上半身に濃い影を落とした仁王像は
真っ黒に煤けていて、吼えるように開いた口の歯と、
見開いた目だけが白く塗られています。

たしかにオオカミに見えなくもない。
これは子供にしか発想できないなぁ。
甘茶をかける行列の終着点のクライマックス。
花で飾られた花御堂の下に置かれた灌仏桶、
その中に安置された誕生仏に甘茶をかけます。
これも正式なお祝いの作法です。

甘茶をかけてお祝いしたら、稚児行列は終了。
脇にいるスタッフにお土産を貰って解散です。

衣装と冠を当日のうちに返却すれば、
当日はずっと和装のままでもよいと言われていたのですが、
暑くて可哀想だったので、境内の中にあるスタッフ用テントの影で、
朱梨の冠と衣装を外してあげました。
オムツ姿ですっきりして嬉しそうです。

帰り道、娘はお父さんに抱っこされたまま熟睡してました。
疲れたねー、とおばあちゃんもおじいちゃんもニコニコ。

【PS3】amazonランキング ベストゲーム【21〜70位】

レビュー件数が10件以上あり、かつ、★5評価か★1評価のどちらかが一番多く付けられていて、そのパーセンテージが大きい順、のランキングです。
今回は21位〜70位です。
1位〜10位までのランキングはこちら。
11位〜20位までのランキングはこちら。
画像と文章少なめでサクっといきますよー。

★amazonレビューランキング
PS3ベストゲーム編 21位〜70位★

※廉価版と通常版、国内版と海外版がある場合は
評価の高い方のみ表示します。
※同じパーセントの場合、レビュー件数の多い順に並んでいます。


【第21位】 
メタルギアソリッド4

星5評価66%獲得!
ジャンル:ステルスアクション
メタルギアソリッド4
新規ユーザーには底理解できないであろう小ネタが満載
過去作をプレイしておかなければどう転んでも面白くない、とレビューされる完全な信者向けゲームのようです。
作り手がゲーム世界を大事にしすぎた俺様ワールドが強烈なので、
好きか嫌いかは評価が分かれる所かも。

【同第21位】 
戦場のヴァルキュリア

星5評価66%獲得!
ジャンル:SRPG
戦場のヴァルキュリア

1作目がPS3で、なぜか2作目からはPSPにハードを変えた、
サクラ大戦を手掛けた旧オーバーワークスの作品です。
強いドラマ性を求めた結果、“戦場”という舞台が選ばれ、
実在する国や戦争をテーマにすると、知識や好みで素直に楽しめなくなるユーザーがいるという懸念から、
架空のヨーロッパという舞台設定になり、キャラクターもアニメ調にデザインにされたそうな。(wikiより)

【同第21位】 
428 封鎖された渋谷で

星5評価66%獲得!
ジャンル:サウンドノベルアドベンチャー
428封鎖された渋谷で

弟切草、かまいたちの夜、街〜運命の交差点〜を手掛けた
サウンドノベルの老舗チュンソフトの傑作。
Wii版からの移植で、PS3版はHD出力や5.1chサラウンドに対応し、Wii版には無かった22話目「御法川実」のエピソードが追加。
PC版を除いて、他家庭用ゲーム機からの移植としては初めてのランクイン。
移植でここまで来るのは凄いよ。
前作の、サターンで発売した「街」がべらぼうに高い評価を受けながら、ソニーハードに移植されるのが死ぬほど遅かったんですが、428は移植が凄く速かったですね。
スパイクと合併したチュンソフトの今後が楽しみ。

【同第21位】 
Just Cause 2(輸入版:北米)

星5評価66%獲得!
ジャンル:アグレッシブ・アクションアドベンチャー
ジャストコーズ2
ベスト21位であると同時に、ワースト7位でもある稀有なタイトル。
(ワーストの方はスクエニがローカライズした日本語版)
スクエニのローカライズが酷すぎた反動でオリジナルの輸入版に注目が集まったんだと思う。
最も参考になったと評価されるレビューのタイトルが「やりたかったゲームがここにある!」な部分でも、
いかに日本語版のローカライズに失望したユーザーが多いか察していただきたく。

【第25位】 
モーターストーム2

星5評価65%獲得!
ジャンル:クラッシュ系レース
モタスト2
バーンアウト系クラッシュレースなんですが、
1作目の欠点を改善した名作になっていて、
面白いの一言では片付けられない奥深さがあるそうな。
PS3で買うものが無くて困ったらこれ買えば?!って書かれてます。
グラフィック一辺倒で時代遅れになったグランツ5とは対照的だなぁ。

【第26位】 
コール オブ デューティ4 MW

星5評価64%獲得!
ジャンル:FPS
コールオブデューティMW
出たな化物!
このソフトの前後1〜2年で発売した各ゲーム会社の代表ソフトの売り上げを棒グラフにした図を見た事があるんだけど、コールオブデューティのとこだけ、棒グラフの途中に波線入ってた。
波線入れないと他のソフトが全部1~2ミリの戦いになるそうで・・。
全世界で1400万本を売り上げ「2007年で最も売れたゲーム」であり、
helo3を抜いて世界第一位。

なんなんだこの本数・・。

【同第26位】
グランド・セフト・オートIV
コンプリートエディション

星5評価64%獲得!
グラセフ4
グランドセフトオート=「偉大なる車泥棒」という意味。
バケツを轢いて傷だらけになった車体、>まだ余裕。
電柱に正面から突っ込んでバンパーがくの字、>煙が出てスピード落ちてきた。
宙返り2回でボンネット外れてエンジンむき出し、タイヤもヤバイ>ガタガタプスプスで走れない!
何をやっても自由なのに、プレイ後の印象はたしかに車。

【第28位】 
トトリのアトリエ アーランドの錬金術士2

星5評価63%獲得!
トトリ
メルルとトトリが人気ですね。

【同第28位】
ポータル 2

星5評価63%獲得!
ポータル2
このコンセプトを思い付いた人は天才か!
ゲームデザインが奇抜なだけでなく、細部まで丁寧に作られたパズルが素晴らしい上に、ラストで感動するって噂をよく聞くんですが・・・めちゃ気になります!

【同第28位】 
レゴ スターウォーズ コンプリート サーガ

星5評価63%獲得!
レゴスターウォーズ
実はこのランキングを作り始めたのはこのゲームがきっかけでした。
見てくださいよこのパッケージ。
この(失礼ながら)まるで吸引力の無いパッケージですよ。
レゴブロック。
顔に、丸い目、点々。
いかにもファンか子供向けってパッケージなのに
レビュー読んでると全然、想像の付かなかった熱さなんですよ。

Amazonで偶然発見し、レビューを見て購入しました。おもしろ楽し過ぎでハマってます。ダースモールの登場シーンやエピソード4 のスターデストロイヤーに追われるオープニング、ニヤニヤしてしまいました。レゴでSWを忠実に再現するアイディアに脱帽です。
ライトセイバーでブラスターを打ち返す、フォースで物を動かす、心を操るなど、映画でジェダイがしていた事が出来ます。ゲーム自体はエピソード1〜6まであり、それぞれが6つのチャプターに分かれています。その広大なマップを様々なキャラクターを駆使して進んで行くアクションアドベンチャーですが、そこにパズル要素も入ってきます。もちろん画像は綺麗ですが、映像ありきではなく、昔のファミコンが持っていたゲーム本来のワクワクドキドキ感があります。小学校の頃の純粋な気持ちを思い出しました。これぞゲームではないでしょうか!

このゲームの中に映画スターウォーズが入ってるんでしょう?
そりゃ熱い。熱くないわけない。超隠れた名作ですよ。

【同第28位】
セインツロウ(輸入版:北米・アジア)

星5評価63%獲得!
セインツロウ1輸入
実はこのセインツロウシリーズ、1作目から最新作の3まで全て28位までにランクインしています。MLBシリーズと並ぶ怪物でした。
海外の大作というとアンチャやスカイリム、COD、GOWあたりがまず思い浮かんで目立たないシリーズだと思っていたけど、実はすさまじい評価なのです。
※ただし輸入版に限る?


↓ 30位以下はこちら。

【第32位】星5評価62%獲得
レッド・デッド・リデンプション
私のイチ押し。個人的に歴代ゲームベスト10には入っております。
空気感が素晴らしくて、ただ荒野を走っているだけで気持ち良くなれました。
ゲームの中で本当にそこにいる気分に慣れたのはFF11(MMO)以来でした。

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会
今中古で見かけるとアホみたいに安いんですが実力はRDRと僅差。ぅぉぅ。
メタルギア ソリッド HD エディション
ホワイトアルバム 綴られる冬の思い出
【第36位】星5評価61%獲得
無双OROCHI 2
無双シリーズはムラがあるんですがこれは当たり。
逆に評判が悪いのが真・三国無双5。
キャラモーションが使い廻しと、ストーリーが少ないという理由で。

魔界戦記ディスガイア3
【第38位】星5評価60%獲得
グランド・セフト・オート リバティーシティ
コールオブデューティ: World at War (輸入版)
The Last Guy(ザ ラストガイ)
「レゴスターウォーズ」と並んで、今回のランキングで紹介したかったタイトルその2。
元は500円のDL専用だったものが、人気が出てステージを追加したパッケージ版が3500円(DL版は2000円)で登場。
これの元になった「デモ行進」というゲームは、行列参加者を増やしながら警官を退けつつ進む鬼ごっこだったそうですが(友達談)、今作はヒーローがゾンビから逃げる人々を救うゲームになっているようです。
妙に評判がいいので私も欲しいです。Vitaで出ないかなぁ・・。


【第42位】星5評価59%獲得
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
【第43位】星5評価58%獲得
ModNation 無限のカート王国
PROTOTYPE(輸入版)
マスエフェクト2 ボーナスコンテンツ コレクション
【第47位】星5評価56%獲得
テイルズ オブ ヴェスペリア
ニンジャ ガイデン シグマ
スケート1
【第50位】星5評価55%獲得
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
フォールアウト3
バトルフィールド:バッドカンパニー2 ULTIMATE EDITION
【第53位】星5評価54%獲得
バーンアウト パラダイス
みんなのGOLF5
ブレイドストーム 百年戦争
レビュー数が11しかなくて、たまたま54%ですが、
レビューが100件以上ついた通常版では43%です。

【第57位】星5評価53%獲得
龍が如く3
龍が如く見参!
ゴッド・オブ・ウォー コレクション
コールオブデューティMW2
リッジレーサー7
【第62位】星5評価52%獲得
アンチャーテッド - 砂漠に眠るアトランティス
アサシン クリード2
1作目の不満点をことごとく改善して大評判。
でも2作目以降、じりじりと評価が下がっています。
似たようなシステムで2本3本続けて出しましたもんね・・。

インファマス2
肉弾
私は知らなかったんですが、何だろうと思ったら、
モーコンを使った筋肉痛覚悟(笑)で遊ぶゲームのようです。

レッドファクション:ゲリラ
【第67位】星5評価51%獲得
アサシン クリード ブラザーフッド
ICO
パワースマッシュ3
【第70位】星5評価50%獲得
マッシブ アクション ゲーム(MAG)
ボーダーランズGOTY
エクストリーム・レーシング
NBAライブ10
NBA 2K9

【PS3】amazonランキング ベストゲーム【11〜20位】

レビュー件数が10件以上あり、かつ、★5評価か★1評価のどちらかが一番多く付けられていて、そのパーセンテージが大きい順、のランキングです。
今回は11位〜20位です。更新遅くてすみません。
1位〜10位までのランキングは前回の日記で公開しています。

★amazonレビューランキング
PS3ベストゲーム編 11位〜20位★

※廉価版と通常版、国内版と海外版がある場合は
評価の高い方のみ表示します。
※同じパーセントの場合、レビュー件数の多い順に並んでいます。

※画像クリックでamazonレビューに飛べます。

【第11位】 
リトルビッグプラネット2

星5評価72%獲得!
ジャンル:アクション(プラットフォーマー・クリエイティブ・ゲーミング)
リトルビッグプラネット2
画期的なゲーム性、丁寧に調整された物理演算、可愛くて綺麗なテクスチャの質感、無限の遊びをユーザーが提供できるシステム。
「絶対日本じゃ作れないな」と私がテレビの前で絶望&羨望した、
シンプルで奥が深い、レベルデザインを大事にする海外ならではのゲームが11位。
日本人が作ったら、絶対ここまでユーザー主体にしなかっただろうし、
絶対ここまで楽しそうにならなかったはず。
(チュートリアルステージの背景に、
制作スタッフの顔写真が使われてたりするんです。
・・作ってる人、めちゃ楽しそうw)
2作目は、1作目で足りなかった要素をほぼ詰め込んでくれたと評価されて1より2が人気です。
<レビューの一部引用>
・前作はあくまで2Dジャンプの基本的なゲームシステムから、自由じゃない感じがありましたが、今作ではFPS、対戦格闘、レースなどが自由に作れるようになりました。

・新ツールの追加と、それにおけるギミックや遊びの幅が拡大。
自分的に面白かったのは「クリアエイトギア」ですね。
引き出しのように飛び出たり引っ込んだりする足場に、物体を打ち込むことで固定したり、ダメージ床に足場を作ったり、天秤に重さを付加してテコの原理を用いたり・・・。

・シリーズ「1」の全アイテムを、
「2」に引継ぐ事が可能なのが良かったです。
そのうえグラフィックのクオリティが「2」のスペックで再現されてました。
テクスチャの質感などが向上し、有難いです。

買うならパワーアップした2作目がいいってことですか。

【同第11位】 
R.U.S.E.(ルーズ)

星5評価72%獲得!
ジャンル:リアルタイムストラテジー
ルーズ
2日前に見た時は71%で13位だったのに1%上がったので11位です。
(見るたびジリジリ上がってくんじゃないかと錯覚しますw)
第2次世界大戦の欧州戦線を舞台にしたRTS。戦車や戦闘機のミリタリーものです。
とにかく評価が高い!
レビューから、かなり完成度が高いゲームなのが伝わってきます。
<レビューの引用>
・計略カードによる最後まで分からない熱い駆け引きと、工作部隊による防御陣地設営等ないため、攻撃側不利や長いタイムロス等もなくスピーディーでなおかつ深い戦いができるすごい作品です。これをやればいかにファ○通レビューがいい加減かわかるはずです(笑) 。

・各ユニットにはそれぞれに対する優劣があり、歩兵に強いが戦車に弱い、装甲車に強いが歩兵に弱い、航空機に強いが砲撃に弱いなど、それぞれの特性を理解した上で配置させなければなりません。
オンラインで、相手との読み合いで攻略法は無限です、あなたの思考のすべてを駆使して「謀略(RUSE)」を発動しましょう。
歩兵1に戦車隊が全滅させられるなんてことも・・・もしかしたらあるかも知れませんね、そういうゲームです。

ほぼチュートリアルのキャンペーンモードの出来が素晴らしいという評判もかなりそそられます。
この褒められ方はただ事じゃないですよ。やっぱ買うかな。

【第13位】 
ゴッド・オブ・ウォー III

星5評価71%獲得!
ジャンル:アクションアドベンチャー
GOW3
GOWが13位とは・・。
GOWシリーズ3部作の最終章。
日本ではほぼ無名だったPS2の1作目から、クチコミとゲーム評価で2作目から大きく注目されるようになり、
3作目はハードがPS3になって、宣伝もソニー自ら担当したこともあり、アクションアドベンチャーの金字塔にのし上がりました。
グラフィック、演出、レベルデザイン、爽快感、操作性、カメラワーク、
ギミックの難易度、この作品がきっかけで流行したQTE・・なんでもかんでもちぎっては投げ、ちぎっては投げするハゲた主人公でさえ格好良く見えるストーリー。
(すっかり復讐に燃えるダークヒーローになってました)

完成度から垣間見える、北米のゲーム開発力とセンス。
私はGOW1作目の時に、日本のゲームはもう追い付かれていると感じ、3作目ではもう追い付けないほどの差が開いていると心から思いました。
海外のレビューサイトでもGOW3は超高得点で祭り状態で面白かったです。

ちなみに我が家のPSPは北米製PSP、GOW仕様でございます。裏にハゲの顔w
でも個人的には、3作目は1〜2作目を超えようとする意思が強すぎて、全てのシーンがフルスロットルで激しいメッセージが聞こえてくるわりに、プレイヤーがやってる作業はQTEのボタンポチポチ作業だったり、地味な壁登り作業だったり、・・画面の中のテンションの上がり具合に対して、プレイヤーの操作がマンネリ化しつつあるのに気付いてしまう時があって、1作目の方が好きかな〜。

【同第13位】
スケート2

星5評価71%獲得!
ジャンル:スケートボード
スケート2
1作目から、スケートボードが好きな人には大絶賛されていたスケートシリーズ。
私はその評価の理由がわかっていなかったんですが、今回、レビューを眺めて納得しました。
このゲームにあるのは、リアルなスケボ愛です。
練習した分だけ上手くなる、上達していくテクニック=プライスレスを積み重ねていくゲームで、レベル制やアイテム強化などの記号的なゲーム要素は一切排除。
ただただスケートボーダーが、リアルな世界でも普段こんな地形で滑れたらいいのにと願う理想的なマップと、練習を邪魔しないように丁寧に調整された物理演算があるのみ。
そうそう!スケボってこうなんだよ!と経験者なら小膝を叩きたくなるようなゲーム。
「もはやゲームではなくスポーツ」とレビューする人がちらほら。
<レビューの引用>
・このゲーム、雰囲気はチャラチャラしてますが
反面テクニック至上のストイックなリアルスポーツ系だったりします。
プレイヤーは、トリックなどの入力系は始めから制限がなく全て操作できます。
逆に、レベルアップしてトリックが増えたり、アイテムでジャンプ力がアップしたり
転びづらくなったりは決してしません。
達成感を得たいなら、テクニックとセンスを磨くしかない。

ただ、ゲームバランスは抜群だし操作性もボリュームも申し分ない。
独特の雰囲気に浸る事さえ出来れば難しくても楽しい神ゲーになりますよ、必ず。

・日が経つにつれ、だんだんと自分の腕が上がって行く事を実感します。
『これならオンラインでも並程度の腕前だろう』とワクワクしながらポイントマッチをすると、格上達の信じられない高度な技に腰を抜かします。
そしてポイントマッチ終了後にはまだまだ自分なんてヒヨッコだ。オフラインで練習するぞ!と、またひたすら練習します。
オフラインで練習を積み重ね、オンラインで強者達と競い合う。
強者に合うと刺激を貰い、さらにうまくなろうとチミチミと努力する。
またオンラインの対戦や協力では互いに評価し合ったり、好きな音楽を聴きながらぶらぶらとスポット回りなんかをしたりする。
そんな事をしてる内にスケート友達は自然と増えていき、見慣れた友達と練習したり対戦したり。
この循環が言葉では表せない程、堪らなく楽しいです。
このゲームには現実のスポーツのように『自分を磨く』面白さがあります。

スケボの面白さはこういうものだと、制作者のエゴを一切出さずにスケボと真剣に向き合った愛すべきゲーム。
一種の神聖さすら感じます。
そりゃ絶賛もされますって!

【第15位】
セインツロウ3

星5評価70%獲得!
ジャンル:オープンワールド系クライムアクション
セインツロウ3
2作目はPS版の規制が特に酷かったらしく、XBOX360版と輸入版ブラボー!な状態だったのですが、
3作目では「規制があっても気にならないレベル」まで緩和されたようで、そのおかげで国内版で15位にランクインです。
やれば出来るじゃないかローカライズ!頑張りましたね。
<レビューの引用>
・のっけから激しいのなんの…
糞真面目なオープンワールドも悪くないけど、
やっぱり遊び心が見えっぱなしのセインツシリーズが面白くない訳がない。
ごちゃごちゃ言うよりやればわかるってことです。

その一言に尽きるようです。(笑)
ほんとにいい仕事してくれました。

【同第15位】
THE EYE OF JUDGMENT
(アイ・オブ・ジャッジメント)

星5評価70%獲得!
ジャンル:テーブルカード
アイオブジャッジメント
お!ここに来ましたか。
専用カメラを取り付けて、テーブルの上でトランプのように実際のカードを広げると、テレビ画面の中で、カードの上にホログラムのように3Dモデルが立ち上がって見えるというカードゲーム。
テレビゲームの枠を超えて、カード販売の小売店、トレカ好きな子供達とその親、オンラインで友達家族も巻き込んで触って遊べるゲームにしようと、マルチメディアプレーヤーを目指したPS3ならではのソニーの意欲作。

専用カメラとマットと基本デッキの付いたスターターパックが当時で10000円。
その後も、カードを集めようと本気になればさらにお金を注ぎ込む必要があるので、2007年の当時ではお値段的に敷居が高かったのですが、(グリーやモバゲ、DLC商法が当たり前になった今では良心的に思えますが)
今までにない新しいゲームを提供しようと挑戦した姿勢も評価されて15位です。
残念ながらカードは店頭から姿を消して、オンラインモードも2010年にサービス終了、2作目の噂も出ないまま、PSPで完全版のようなソフトが出てしまったので、このシリーズはたぶんもう新作は出ないでしょうけども・・。
<レビューの引用>
「カードからクリーチャーが飛び出す」に魅かれて、このためにPS3本体から買いました。
やりはじめてみると、、、、オンラインでの対人戦にこのゲームの真の面白さがあり、「飛び出す」はあくまで飾りであることが分かります。
他のカードゲームはやったことがありませんので、比較はできませんが、こんなに面白いとは。毎日寝不足です。

レビューを読むと、わりとこういうライトな感想が目立ちます。
これは新規ユーザーを獲得していた証拠です。

ちなみに私はPSP版をプレイしたんですが、カードゲームとしては軽めで、
他の老舗タイトル(カルドセプトなど)にあるような、後半になればなるほど重くなる攻撃や、ヒリヒリするようなきわどい駆け引きなんかがちょっと足りなくて、カードゲームとして若い印象でした。

【同第15位】
MLB 11 The Show(輸入版)

星5評価70%獲得!
ジャンル:野球
MLB11show北米版
また出た!また。
なんか何度も見ているうちに、ますます愛着わいてきましたが。(笑)
<レビューの引用>
・このゲームは、打撃、ピッチング、守備において
直感的なピュアアナログ操作となります。(従来のようなボタンシステムにも変更可です)
まずは私自身が一番重視するバッティング。
ピュアアナログシステムによる操作が難しく、そして楽しい!

・前作から約1年、
前作で使用していたタイミングバッティングの当り判定がシビアになりました。
このことで駆け引きがまた一段とリアルに近づいた気がします。
読んだコースにストレートが来ても打ち損じたり、
打つタイミングを変えることで打つコースを打ち分けたり、
ここまでベースボールを楽しめるゲームは私は他に知りません。

操作に柔軟さが出て、より実際の野球に近くなったとのこと。

【第18位】
リトルビッグプラネット

星5評価69%獲得!
ジャンル:アクション(プラットフォーマー・クリエイティブ・ゲーミング)
リトルビッグプラネット
思えば1作目からキラータイトルと言われていましたね。
wikiによれば
「2009年、オンラインユーザーは全世界でおよそ200万人、クリエイトされたステージは実に70万以上にものぼる。また、Youtubeには専用チャンネルも開設された。
2009年7月22日には、クリエイトステージ数100万ステージを突破し、さらにこれまでに2億4,400万回プレイされたとPlayStation.blogで公式発表」
すさまじい人気です。
このゲームが“ユーザーが自分でステージを作って、他人と共有して楽しむツール”として優秀だったということなんですが、amazonレビューの感想もほとんどの人がオンラインや協力プレイが楽しいと書いています。
<レビューの引用>
・普段声を出して笑うことはそれほどないのですが、このゲームをやっている最中、何度も何度も声を出して笑ってしまいました。
たとえば、誰か一人がトロッコに乗ってさわやかに走り去ってしまい、
それを他のメンバーが必死で追いかけてみたり。
バネでジャンプして飛んでそのままどこかに落ちていったり。
爆弾のススで顔が真っ黒になってしまったり、などなど。

・オンラインの世界ではやはり英語が一番多く使われていますが、別に言葉がわからなくても全然問題ありません。
身振り手振りやリビッツの顔の表情だけでほとんど意思疎通が図れます。
首を縦に振って「うんうん」、横に振って「いやいや」、指をさして「あっちだよ」。
なんかよくわかっていないヤツはみんなでそいつを無理やり引っ張って行ってどうにか無事に進めちゃいます。
よく小さい子供が言葉が分からなくてもいつの間にかみんな仲良く一緒に遊べちゃいますよね。
このオンラインの世界も同じような感じで、気が付くとテレビに向かってぶぶーって噴き出し大爆笑。
色々なユーザーの茶目っ気溢れるリアクションに思わず脱帽してしまいます。

純粋に動かしてるだけで楽しくて可愛いのも魅力。
それが他人と動かせるとなったらそりゃもう。

【第19位】
メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜

星5評価68%獲得!
ジャンル:RPG
メルルのアトリエ3
デモンズもセインツロウもGOWもアクション性が強いので、ドラクエのような、日本人には馴染みが深い、いわゆる普通のRPGとして一番評価が高いのはアトリエシリーズでした。

PS3のアトリエシリーズは現在ロロナ、トトリ、メルルの3本が出ていますが、
(6月には新作のアーシャが発売予定)
この3本は「アーランド編」と言われる連作で、メルルは完結編です。
前作の出来事やキャラがゲスト出演することが多いこのシリーズで、
メルルはアーランドシリーズの最終回なので、前2作のネタやキャラがゴリゴリ出てきて、ファンの人達が喜んだ結果がこの順位となっています。

ちなみに、ゲームシステムとしては、
しばらくRPG路線だったシリーズが複雑になり過ぎたのを反省して、
元祖アトリエとRPGの中間といったところまでシステムを戻したんだとか。
難しすぎず、簡単すぎずのシステムで、初心者にはうってつけ。(by知恵袋)
<レビューの引用>
お姫様が錬金術で辺境の国を発展させていくというお話なのですが、
全く違うテイストなのに、シムシティやA列車等に通じる都市育成ゲームの楽しさがあります。
魔物を排除し、あらたな土地を開拓して、錬金術を使い施設を建て人口を増やし、国をさらに発展させていく。
その作業に没頭してしまいます。快感です。
正直パッケージのかわいいイラストに魅かれてやってみたのでゲーム内容はあまり期待してなかったのですが、ゲームとしての完成度の高さに驚きました。
ぶっちゃけキャラクター同士のイベントとかどうでも良くなります。

ほほ〜。
正直、個人的に、このシリーズはギャルゲになったと思っていました。
パッケージ絵がこんなだし。
そして昔に完成したシステムを何度も焼き増して、使い古して、
新作のたびに絵師と声優を変えて、ちょいとばかりイベントを追加して
何度でもファンを釣ろうとする、ちょっとセコくて賢い商売だと思ってました。
(あながち間違っちゃいないと今でも思いますが)
レビューを読んでいるうちに、そこら辺も全部やってないから感じる偏見なのかもしれないと思ったり思わなかったり。

【第20位】
魔界戦記ディスガイア4

星5評価67%獲得!
ジャンル:最凶やりこみRPG
ディスガイア4
今、ふと意識したんですが、PS3独占ソフトは評価高いですね。
(R.U.S.E、スケート、セインツロウはXBOX360でも発売中)
・・・・と書き始めてしまうほど、ディスガイアはディスガイアであって、
2003年発売の1作目から味付けが変わっていないにも関わらず
なぜ今さら20位に入ってこれたのかがイマイチピンと来てなかったんですが、
(え?まだ飽きてないの?って思う)
どうも4作目は一味違うらしい。(ニヤリ)
すっごい新化しているそうな。
グラフィックはもはやドットでなくアニメーションレベル。
他ユーザーが作成したキャラがネットを通じてこちら側のアイテム界や議会に乱入してきたり。
(オンラインの遊びが面白い)
アイテム“伝説の木”を持ってエンディングを迎えると、エンディングに変化があったり。
(パロディが秀逸)
特殊技の演出が絶妙。
(今までは長くてテンポが悪かった)  ・・・など。
総合的にサービス精神に溢れているようなのです。
<レビューの引用>
・自分はこのシリーズの独特の癖や自己主張の強いキャラクターがなんとなく苦手だったんですが、今作はマイルドな雰囲気で好感が持てました。
特に主人公があまり偉そうにしてないのが良かったです。

・ここまで進化してるとは…
怒ッキングや二刀流などあげればキリがないですね。
その分システムは複雑になりましたが、そこも心をくすぐられます。

・ストーリーは結構適当です。元々、ストーリーが良いゲームをやりたい!という方には向かないシリーズですが、今作はそれは顕著だったかと。
目まぐるしく変わり過ぎる展開、所々に生じる矛盾、
非常にあっさりとしたED、等々。
また、これは前作位からでしたが、やけにネタに走る傾向にあります。
「ここはおちゃらける所か?」という場面多数です。

・天平さん、歌は御自分では歌われない方が…。

あの佐藤天平さんが歌ってるの?!マジ?
・・・レビューの中で一番面白い一言でした。(笑)

余談ですが、Vita版「ディスガイア3リターン」は、ディスガイア3の移植ではあるものの、リターンという名に相応しく、4の新要素も入れて調整されているんだとか。ちょっと欲しいかも。

【11位〜20位までの感想】
10位までの輸入版無双が落ち着いて、
出てきたのはやはり、その後発売されるゲームの意識を変えてしまうような傑作でした。
リトルビッグプラネット、GOW3。
我を抑えて完璧な調整に徹したスケート、R.U.S.E、MLB 11 The Show。
自分の売り方をよく知っていたセインツロウ3、アトリエシリーズ、ディスガイア4。
残念ながら旋風は巻き起こせなかったけど
意欲は愛されたアイオブジャッジメント。

ここら辺はまだ、金にモノを言わせただけの大作が入り込めない領域なのが最高です。
(マニアによるマニアのための高評価作品はバカスカ入ってますがw)
ゲームはこうでなきゃ・・って正座したくなりました。
ユーザーは正直に見抜きます。
利益のためにいろいろ犠牲にしているような下心ありきの作品だと、レビューが荒れはじめるので。

これより下の順位は、サクッと全部80位くらいまで、画像も無しで公開する予定です。急ぎます;
これ以上時間かけると実際の順位と狂ってくるので。
「2日前は71%だったのに」とかすでに起きてるし。

【PS3】amazonランキング ベストゲーム【1〜10位】

『amazonで一番評価されてるゲームってなんだろう?』
もしくは
『amazonで一番酷評されてるゲームってなんだろう?』
と、ふと思い付いてしまい、調べずにいられませんでした。

ハードはXBOX360かPS3で、どちらにするかで迷いましたがレビュー数の多いPS3で。
(XBOX360版ランキングもいつか作りたいです)

レビュー件数が10件以上あり、かつ、
★5評価か★1評価のどちらかが一番多く付けられていて、
そのパーセンテージが大きい順、のランキングです。
ではさっそく。
★amazonレビューランキング
PS3ベストゲーム編★

※廉価版と正規版、国内版と海外版がある場合は
評価の高い方のみ表示します。
※同じパーセントの場合、レビュー件数の多い順に並んでいます。

※画像クリックでamazonレビューに飛べます。

【第1位】 
Dead Space 2 Limited Edition
(輸入版 北米版)

星5評価92%獲得!
ジャンル:サバイバルホラー
デッドスペース2リミテッド
あまりにグロすぎて、規制の厳しい日本とドイツでは発売を禁止され、
国内版が発売されていないにも関わらず、
バイオハザード以上の戦略性と、質の高いホラー演出が評価を受けて、
まさに“知る人ぞ知る”、本当に好きな人だけが買い求めて評価をする
ハードコアな作品が第1位。
ちなみにこのリミテッドエディションでは13件しかレビューがなくて
たまたま92%なった可能性もあると思われるかもしれませんが、
通常バージョンは60件のレビューで82%、
シリーズ1作目は北米版とアジア版合わせて140件以上のレビューが付いてどちらも80%近い星5評価を受けているのでまちがいなく本物です。とりあえず、多少の英語が大丈夫なホラー好きな人は買うべし。

<レビューの一部引用>
面白さはピカイチ、文句のつけようがありません。一度やってみれば、その操作性に惚れ込むこと間違いなし。
しかし、グロすぎる。
手足がちぎれたり、頭が砕け散ったり、内蔵がはみ出したり・・・第一級のモダンホラーに触れてみたいという方だけにお勧め。単なるホラーゲームという認識のまま手を出したら、トラウマものになりかねません。終始ショッキング映像だらけで、口角がひきつりっぱなしになると思いますよ。気を付けてください。

私はこういう、知る人ぞ知る愛すべきソフトを求めてこのランキングを作り始めたので嬉しいかぎりです。
ホラーは苦手なので自分ではプレイ出来ませんが、声を大にして布教したいと思います。

【第2位】
MLB 09: The Show (輸入版 北米)

星5評価85%獲得!
ジャンル:野球
MLB9show北米版
私はタイトルすら知らなかったこのソフト。
09年版、10年版、11年版と出ていますが全てベスト20位内に入り込んできた怪物。
(07年版、08年版はレビュー数が10件以下なので選考外)
一体何者?とwikiを検索したら、やはりこれも日本語版は発売されていない名作だそうです。
発売がソニーなのでPS3独占ソフトではありますが、
XBOX360版には、MLBシリーズの兄弟のような「MLB2k11」というソフトが出ています。
<レビューの一部引用>
・恐らく多くの人がアメリカ人の物作りとは大雑把だと考えていると思います。この作品はそんな偏見を根底から覆す程の一品です。
ヘルメットに映るスタジアム、遠くに見えるアッパーデッキを歩く観客、剛球を根っこで叩けばバットをへし折られる、アウトにとられてヘルメットを放り投げ不快な表情を見せる等々
全ての球場の細い柱1本1本まで丁寧に描き込まれているため臨場感が凄いです。

・全て英語でわからない事だらけでも面白い、超リアル、ボールパークの雰囲気そのままにこれほどまでにのめり込める野球ゲームは今までなかった。選手の行動にしびれます。買って損はないといった意見にひかれ購入しましたが本当です。野球ファンの全ての方に是非やって欲しいと思います。

おお、このレビュー、やりたくなってしまうでないの!
野球が好きな人なら買って損なし。

【第3位】
うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~

星5評価83%獲得!
ジャンル:サウンドノベルアドベンチャー
うみねこ
「ひぐらしのなく頃に」を手がけた竜騎士07氏の作品。
もともと同人作品だったものがPC版となり、
PC版に4つのエピソードを追加してフルボイス化したものがPS3版です。
ひぐらしが某掲示板ですごく人気だったのでその流れかな。
何度も読んで、隠れた謎を自分で推理する楽しみ方もできる懐の深いゲーム。
<レビューの一部引用>
・アニメ版と同じ声優さんの演技は迫力がありどれも素晴らしいです
フルボイスを全て聞いてると50時間は軽く越えると思います
シナリオ自体はひぐらしを楽しめた人ならば、うみねこも楽しめると思います。

・この商品を購入する前に、予め知っておくべきことは、これは「解答がない物語」だということです。
これは、すべての密室殺人のトリックを含む、作中のほとんどの謎と伏線に、
明確な答えが用意されていません。

・(ゲーム中に解答が用意されていないので)自分で謎解きに挑んでみることにしました。すると前回は見えなかったこと、気付かなかったことがボロボロ出てきます。
再挑戦したがゆえに出会ってしまった新たな謎も出てきました。
2回目のはずなのにもはや完全に別の作品でしかも以前より断然面白いです。
どうも前回の僕はこの作品の楽しみ方を間違えていたようです。

エヴァンゲリオン的な?
自分で解釈すればいいと思うよ、的な?

「ひぐらしのなく頃に」をプレイして、文章の長さとくどさ、女の子の語尾が嫌いで途中で投げた経験があったので、正直、集計途中までずっとこれが1位だった頃、「誰か超えろ!うみねこ超えろ!」って願ってました。(笑)
私は、竜騎士さんの作品は肌に合いませんです。

【第4位】
コリン・マクレー『ダート2』

星5評価81%獲得!
ジャンル:ダートレース
ダート2
輸入版でも、ノベルゲーでもない、普通に他人にオススメしやすい(と言ったらデスペとうみねこファンに怒られますが;)ソフト第1位はなんとレースゲームでした。
現在3作目まで発売されていますが、なんといっても評価が高いのがこの2作目。
<レビューの一部引用>
・まずオープニングからただならぬセンスを感じました。
レースドライバーグリッドでの難易度設定も改善されていて、設定を変えればストレスなく走れました。
オフロードレースを楽しめながらこのリアルな操作感はやばいですよね。

・シミュレーターのようにリアルなドライブを味わう事が出来ます。
オンボード視点ではスピード感が凄く、ドライバー視点では車に起こる様々な現象を体感できます。
衝撃があればガラスはひび割れ、水の上を通過すれば泥と水で視野が奪われ、
夜のレースではパネルの点灯等。
ジャンプ地点では正確に向きを決めて進入しないと着地に失敗する等操作はちょっと難しいけど、車を運転している、レースをしている感がダイレクトに伝わり楽しいし何より気持ちいい!
レースの種類もいろいろあって飽きません。
一人で黙々とタイムアタックしてても、ついのめり込んでしまう楽しさです。
拠点となるトレーラー?も凝ってるし、リアルなエンジン音も心地良く、
細部までしっかりしてます。

グラフィックの美しさ、操作感とバランスの良さ、細部までこだわった、愛を感じるゲームとして評価されているようです。
なぜか次回作の3作目でテンションダウンしているので、
この2作目は、スタッフのスケジュールや狙いがピッタリ決まった奇跡の作品かもしれません。
廉価版もあるので、レースゲーム好きな人は買いやすいですね。

【第5位】
SAINTS ROW 2 (PS3 輸入版)

星5評価80%獲得!
ジャンル:オープンワールド系クライムアクション
セインツロウ2輸入版
車を奪ったり、住人を攻撃したり、何をしても自由が魅力のシリーズであるにも関わらず、
国内版はヒューマンシールド不可(人質を盾にすること)、ミッションが削られまくりという規制が酷く、不満に思う人が輸入版を選んでいます。
グランドセフトオートと比べられやすいソフトですが、こちらの方が難易度が低くて、お馬鹿なノリが多く、GTAよりこちらが好きという人も多いですね。ただしこの輸入版はバグが多い(笑)みたい。
<レビューの引用>
これほどまでにユーザーへの配慮に満ちたゲームは見たことありません。
キャラメイクはいつでも変更可能(性別、声含め全て最設定できる)、車は何台でもストックできる、コーディネート設定をストック可能、カーラジオのプレイリストが作れる、クリアしたミッションにも再挑戦できるなど、GTA4をプレイ時に感じた不満点が殆ど解消されている感じです。
ボリュームの面においても、コーディネートアイテムや車両のカスタマイズの多彩さ、膨大な数のアクティビティとデバージョン、などが他の箱庭系ゲームと比べると圧倒的に充実しています。
ミニゲームの内容もバキュームカーで街中を汚物まみれにするレジスタンス運動、VIPに群がるファンを金属バットで蹴散らす仕事、警官となってカー◯ックスに熱中するカップルを車から引きずりだして警棒でボコボコにするなど、ブラックユーモアに満ちたおバカな内容ばかり。そんな、GTAとは真逆の軽いノリの演出、ストーリーに抵抗を覚える方も多いでしょうが、箱庭型クライム・アクションのファンなら是非ともプレイしておきたい一品。


【第6位】
デモンズソウル

星5評価79%獲得!
ジャンル:アクションRPG
デモンズソウル
出たデモンズ!ソニーの金看板。レビュー900件越え、素晴らしい!
国内で発売されて、今も簡単に手に入る、かつ、誰もが知っている大作系ソフトとして一番評価されているソフトはこれ、と言ってもいいのではないでしょうか。
私もプレイしましたが、死んで何度もやり直す独特なシステムも、今自分が死んだのは自分がミスしたせいだ、次は頑張ろうと素直に思うことが出来る、素晴らしいゲームバランスでした。
他のゲームだったら「難易度がおかしい」ってすぐ言われるところを、それを言わせないというのがいかに公平に、調整されたバランスなのかと思うのです。

見てくださいよ、このレビューの愛を。(笑)
一番参考になったと評価されたレビューのタイトルが
「パンツ一丁で旅に出る壮大なRPG」ですよ。
↓ その本文。
“パンツ一丁は偶然でした。アイテムを回収しようと思い一旦、パンツ一丁になりました。
背後から来た敵に気づかず突然私は死にました。とりあえず置いた装備品がなくなってました。何のフォローもありません。拾ったのは使い物にならないくらい重い盾…
そんなゲームです。
鍛冶屋で強化した武器をかっこよく素振り。まさかの鍛冶屋の親父にヒット。親父は僅かなソウルとなって消えていった。そして親父は二度と復活しなかった。
そんなゲームです。”

これを読んでみんな猛烈に同意(同情)するゲームです。(笑)

これは通常版ですが、廉価版の方のレビューでもトップが「一番大事なこと・・・・それは鍛冶屋の前でコントローラーを置かないこと(R2で強攻撃が発動)」とあって、デモンズユーザーは、なにも言われずとも鍛冶屋の前では借りてきた猫のようになるのが暗黙のルールですww
私が一番好きなレビューは廉価版の2番目の、『まあちょっと聞いてくれよ。』です。
気が向いた方は読んでみてください。変な文章ですが、内容は愛にあふれています。
わかる人にはわかりますw

【同第6位】
ラチェット&クランク フューチャー

星5評価79%獲得!
ジャンル:ステージクリア型アクション
ラチェット&クランク
このシリーズは良作が多いけど、そんなに派手に宣伝しないから地味、というイメージがあって、自分は遊んだことがないんですが、amazonレビューをみると、
「なんで今まで知らなかったのか不思議なほど面白い」など、
買った人のほとんどが期待以上だったという感想で、悪いところがありません。
こんなに高評価だとはホントに知りませんでした。
<レビューの引用>
・クリエイターの思いつくアクションを詰め込んだようなゲームです。
ステージでは、なんだか懐かしいギミックもあれば、まったく新しくなって驚かされる新ギミックも多数登場します。
アングルの使い方や、音楽などの脇をしめる部分もぬかりなく安定したゲームになっています。
ただ、基本は古典的なステージクリア型のACTなので、
そういったゲームが単調であると感じたり、苦手な人には向かないかと。

・今回、もっとも目を引いたのはストーリーの質であるとか、テンポの良さの部分です。
Futureでは、これまで以上にお話が面白い(小芝居的なものを含む)。
初っ端から笑いあり、謎あり、シリアスあり。物語の中に引き込む力があって楽しいです。

買って損がないようです。アクションをやりたい気分になったらやってみようかな。

【同第6位】
Dead Space(輸入版:アジア)

星5評価79%獲得!
ジャンル:サバイバルホラー
デッドスペースアジア版
北米版の方も似たような評価です。輸入版なのにレビュー件数が70を超えるって、どれだけ人気ですか。
<レビューの引用>
素晴らしい作品でした。海外で数多くの賞を受けているのも頷ける内容です。
演出は、私が体感した中でも1、2を争う怖さです。
欧米の映画にありがちな血みどろのスプラッターな演出だけではなく、和製ホラー特有の静寂を利用した演出も多く、また、不気味なオブジェクトや人物たちが、恐怖心をよりいっそう駆り立てます。
更に、体力メーターをキャラクターの背中のライトに、残弾数を銃の部分に、各種情報をホログラムによる立体映像とすることで、画面上に余分な情報を表示せず、ゲームにより一層のめり込める様にと工夫されています。
加えて、BGMは非常に不気味で、不協和音を奏でているかと思うと、次の瞬間には一切の音が鳴り止んでいたりと、場面ごとに様々な変化を見せ、常に新たな恐怖を提供してくれます。
このBGMに関しては、北米の各レビューでも絶賛されており、世界観を盛り上げ、プレイヤーに恐怖を与える重要な要素として非常に高い評価を得ています。
血みどろでグロテスクな演出による恐怖、静寂に包まれた暗闇の中を一人で歩く恐怖、敵のエイリアンに遭遇した際のパニックによる恐怖など、ホラー要素の全てを含んでいるといっても過言ではないと思います。

ホラーゲームとして真のエース。
私は・・・、バイオ1の最初の犬でコントローラー投げた私には・・・絶対無理ぃぃぃ。

【第9位】
MLB 10: The Show (輸入版:北米)

星5評価76%獲得!
ジャンル:野球
MLB10show北米版
化物タイトル再び。もうシリーズにとって80%も76%も誤差の範囲かもしれないです。
メジャーリーグのゲームだと、日本ではコナミが「実況パワフル メジャーリーグ」というソフトを出していますが、このMLB the showシリーズに触れてしまうと、コナミのソフトがいかにもゲーム、ゲームしているように感じてしまうほどの臨場感だとか。
<レビューの引用>
・ハーフスイングして塁審に確認
セットポジションからプレートを外す
タッチアップで送球するのに助走をつけながらフライを捕る
ポールギリギリの打球には審判集合、相談、判定
等まだまだありますがゲームでここまでやるか?ってくらいです。
またチップした打球が審判に当たって悶える姿を見たときは大笑いしました。

・選手の仕草も似ているのにはびっくりしました。個人的にはA・ロッドの空振りしてからバットを手で叩いてから払う仕草は好きです。

もう、レビューを読んでいるだけで凄いゲームだというのがわかります。
PS3に取り込んだ音楽を、打席入場やホームランを打った時に設定で流すことも出来るという事例ひとつでも、いかに作り手がユーザー目線で作っているかがわかります。
なんで日本語版がないんだろう。

【第10位】
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
(シリーズ2作目)
星5評価72%獲得!
ジャンル:アクションアドベンチャー
アンチャ黄金刀
ソニーの誇るキラーシリーズは10位にランクインでした。
2作目のこの作品は「ボス戦に迫力」「未開の地を冒険するトレジャーハント感」「フィールドの雰囲気が良い」と評判でシリーズの中でも一番人気です。
(1作目「エルドラド」にはオンラインが無く、3作目「砂漠」は悪役とボスに迫力が無い欠点があるそうな)
んー、ちょっと意外。
アンチャなら10位内に入るのは想定済みだったんですが、ぎりぎりの10位とは・・。
<レビューの引用>
・B級映画を意識したゲームデザインが印象的だった前作に比べ、
本作はまさに大作ハリウッド映画といったところ。
・ヘリが上空を飛べば地上の草木はさながら実物のような挙動でバタバタと風になびき、
ビルが傾けば中にいるキャラクターも家具もそれに合わせて吹き飛ばされる。
ここまで大局的、かつ自然に物理エンジンを使いこなしているゲームを見たことがない
・このゲームの肝は単なる銃のドンパチでなく、ダイハードの様なおっちょこちょいな主人公が
次々と襲いかかる危機的状況を突破していくストーリーとアクションがミックスされたところにあります。
・戦闘もただ撃ち合うだけでなく、隠れて進むことが出来るというのも面白いです。

グラフィック直球勝負、ストーリーと演出の上手さ、ストレスなく戦えるドンパチ・・・キラータイトルらしい、どの部分をとっても完成度が高いゲームです。
・・といいつつ、私は銃に愛着が持てないのと、やる前からどんなゲームか想像が付いてしまって、
手を出したことがないですすみません。

【1〜10位までの感想】
輸入版、強ぇぇ!!
輸入版を買う人なんて、本当に好きな人だけなので
高評価になるのは当たり前なんですが、それにしてもここまで輸入版無双されるとは思っていなかったです。
デッドスペースとMLBシリーズは国内版が発売されていなくて知名度が低いはずなんだけど、
ここまでレビュー数と評価が高いってのは、口コミで広がったんですかね?

それにしても1位がギャルゲや萌え絵のノベルゲームなどじゃなくて良かったです。

実はレビュー件数が10件に満たなかったのでここには入り込んでいないんですが、
もう少しで星5評価が100%になりそうなギャルゲがあったりしました。
・・・ギャルゲを一番評価されてるPS3ソフトと紹介するのはちょっとイヤだったので良かったです。。

11位から20位まではまた次の日記で書きますね。

【ゲーム】凄まじいクソゲがあった・・・

私は今、amazonレビューで評価が高いベストゲームと、
評価の低いワーストゲームのランキングを作ろうとしているのですが・・、
その過程で凄まじく評価の低いクソゲを見つけてしまいました。

↓ ここに至るまでの前置き
数日前、ふと「amazonで一番評価されてるゲームってなんだろな?」
と疑問に思いました。
レビュー数の多さではなく、レビューしたほとんどの人が
星5評価を入れちゃうような、マイナーでもすごく愛されている
面白いソフトはなんだろうか、と。

ひとくちに「評価」といっても
誰でも書きこめるamazonレビューは
痴漢(MS信者)、妊娠(任天堂信者)、ゴキブリ(ソニー信者)
と呼ばれるゲハ板の連中と、メーカーのアンチが荒らしまくっている
場所なので、単純に星5つ評価が多いから神ゲで、
星1つ評価が多いからクソゲとも言い切れないですが、
それでも普通にレビューを書いている人のほうが圧倒的に多いと思うので、
星5評価を付ける人の割合が多かったら、
やっぱりそれは名作だと思うのです。

amazonが高評価の★5つや、低評価の★1つのパーセンテージが多い順に並べて表示してくれる機能があったら楽なのになぁ。

というわけで、自分でランキングを作ってみることにしたのです。
「amazonレビューで極めて評価の高いソフトと、低いソフトを調べよう」
という宿題を自分に課して、
子供が寝静まった深夜に、私はひとりPCに向かっております。
出来上がったら後日、このブログできちんと発表しますね。

※レビュー数が10件以上あり、かつ、★5評価か★1評価のどちらかが一番多く付けられていて、そのパーセンテージの占める割合が大きい順、のランキングです。
※PS3のソフト限定。
(ハイデフ機のXBOX360かPS3のどっちがいいか悩んで、PS3の方がレビュー数が多いのでPS3にしました)

↑ ここまでが前置き

↓ 本日の日記の本題はここからです。
現在500タイトルほどを調べ終わったところなのですが、
PS3のクソゲ1位は
「フロントミッション エボルヴ」
最低評価★1つを66%獲得!
・ストーリーと世界観が、臭い、寒い、軽いの3拍子。
・オンでマッチできない。始まらない。抜けられない。
・ミッションにより武器パーツの指定。自由がない。
もしくは
「大航海時代 Online El Oriente」
最低評価★1つを69%獲得!
・日本海でなく“朝鮮海”。韓国軍だけやたら強い。
ゲームファンだけでないその他の層から袋叩き。(ざまぁw)
・歴史考証ぐだぐだ。失笑レベル。
・廃人優遇だらけ。もはやソロ不可能。
で決まりじゃないかって思っていたのですが・・

その60%代を遥かに上回る80%のクソゲを発見してしまいました。
そのタイトルはズバリ
「vita版 リッジレーサー」
Vitaなので、今回のランキングからは除外されるのが残念です!
星1評価で80%とか他に見たことないよ!

amazonの検索ってバカなんですよ。
「PS3 ソフト」ってばっちり検索してるのに
なぜかPS2だのPSPだのvitaだののソフトが入り込んできて、
PS3ソフトだけ調べているつもりなのに、
「あ、これPS2じゃん」とか言いながら閉じることが多いんです。

あまりに立派な酷評だったのでつい日記を書いてしまいました。
vita リッジレーサーリッジレーサー
発売 バンダイナムコゲームス
ジャンル 爽快ドリフトレース
ハード PSVita
2011年12月17日発売 3980円

・コースがたったの3コース。
逆走を含めてたったの6コース。
・フレームレートが荒く、滑らかさがない。
・マシンも少ないうえに、レースをして淡々とレベル上げをするだけの作業。
・全部揃えたいなら有料DLCを買うしかない。
コース有料!
マシン有料!
BGM有料!
・しかもそれが配信されるのは、ソフトが発売してから2ヶ月も経ってから。

うわあ・・。
システムやビジュアルに目新しいものはなく、
内容スカスカで遊びたかったら別料金。しかも2ヶ月待ち。
それをやったのが今まで散々DLCで荒稼ぎしている悪名高いバンナム。
バンナムに対するネガキャン祭りとしても、
レースゲームでコースが3つしかないって・・・・ユーザーが怒るのもしょうがない。
マイナス印象の役満です。

バンナムって・・
今まで好調だったエースコンバットシリーズの新作
「エースコンバット アサルトホライゾン」も散々だったし、
「ソウルキャリバー5」もやっちまったし「リッジレーサー」もこの有様。
「ワンピース無双」は絶賛ネガキャン祭りでおかしなことになってて、
ゲームとしての評価が一体どうなのかよくわからないけど、
どちらにしろ、今後バンナムから発売されるタイトル全部がマイナス印象からスタートくらい覚悟しといた方がいいね。
去年の年末から3月までの数ヶ月で、
どんだけマイナスイメージばら撒きゃ気が済むのよ・・。

【感想】Vitaの安くて面白いゲーム達

PSPのUMD版を持っている人には割安価格で、
Vitaのダウンロード版を提供する「UMD®Passport」

というサービスをご存知でしょうか?
Vitaに乗り換えた人がPSPのソフトを遊びたくなった時に、
同じソフトをもう一度定価で買わなくてすむという
一見ありがたいサービスなのですが・・・・・
まるで使えないよ!
私の場合、「フロンティアゲート」「タクティクスオウガ」「ルミネス」「エルミナージュ」他…ペルソナ3とカルネージハート以外全滅でした。
定価で買い直すしかないです。※

UMD®Passportが適用されるのは各メーカーが
対応すると承認したソフトだけなので、
メーカーにしてみれば、人気タイトルなんか
放っておいても定価でガンガン売れるものを安くする必要がないから、

今、適応されているソフトは
評判が微妙だったもの、古いもの、マイナーなものが多くて、
えーと、そのー・・、
平たく言うと「安さがウリのソフト」かなと・・。
中には、え?これがあるの?というソフトもありますけども。
※対応ソフト一覧はこちらのページへどうぞ(現在270タイトルあります)

2月上旬にVitaを買って約1ヶ月。
Vita専用タイトルには惹かれるものが「GRAVITY DAZE」
くらいしかないうえにUMD®Passportもこの有様で・・・。
しょうがないからもう一度、タクティクスオウガをvita用に定価で買おうかと思ったんだけど、(約3000円)
「もうちょっと待ったらタクティクスオウガもパスポート適応されるかも!」などと考えている自分がいて、
待つのもイヤだし、vita用に買い直すのも馬鹿らしい心境で、
もやもやした挙句、
「今までやってなかった安くて新しいソフトを発掘しに行こう!」と思い立ちました。
PSP用にダウンロード販売しかしていなかったようなタイトルや、
気になっていたけどやってなかった安いタイトルをPSstoreで物色しております。
失敗しても安いから痛くない。(笑)

※3月9日、UMDパスポート対応ラインナップが一挙62タイトル増加したというニュースがあり、その中に「タクティクスオウガ運命の輪」がありました!
他にも「モンスターハンター3rd」「ディシディアFF」「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」など。よっしゃー!


じゃあ、いくつか見つけたゲームの感想を。

『ニコリのパズルV 数独』Vita DL専用
★★★★☆☆☆☆☆☆ 40/100

ニコリ数独(株)ハムスター 
2012年2月8日配信 500円 960KB


Vita専用タイトルですが、
Vitaらしい機能といえば、トロフィーと、各問題のスタート時にタッチパネルでスイッチをスライドさせるだけという残念な仕様。
(iphoneでスリープを解除するときのアレです)
DS版のように自筆で数字を書き込んだり出来ないのはしょうがないとはいえ、
仮置きする数字のフォントがやけに小さくて見辛いし、
数独のマスの横に常にあればいいと思う「中断」や「リトライ」ボタンが
なぜか別オプションのように付いている説明書の中にまぎれていたりして、
使いにくい部分がちらほら。
Vitaだから特別に作り上げたという部分がさして無いばかりか、
全体的に作りがチープ・・だけど500円だからまあしょうがないのかな。
どこかのサイトで容量が1MB以下って笑われてたよそういえば。
問題は全部で50問。3段階の難度別に分かれていて面白いです。
色々書いたけど500円でこれだけ遊べるなら満足です。

『ワールドネバーランド 〜ナルル王国物語〜』Vita,PSP DL専用
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10/100

ワーネバ2010年11月18日発売 3,800円

畑を耕したり、結婚したり、家を買ったりする架空生活シミュレーション。
yahoo知恵袋で紹介している人をみて知って、
amazonでも評価がすごく良くて、
私も好きなジャンルだったんだけど・・・なんだこれ!

街の人(少なくとも50人以上はいる)と会話できるといいつつ
会話の種類が数パターンしかなくて、
勝手に話しかけてきて同じ反応をする。

・・・・つらい・・・。

種を植えると3秒で実る農作物を、
4秒目で枯れないうちに○ボタンで収穫するのが
ゲーム中の主人公の仕事かつ収入源らしいのですが、
『種を植えて……(1秒)……(2秒)……収穫(○ボタン)』
リアルタイムに3秒置きに○ボタンを押すだけの作業に
少しも快感がない。
ゲームよりvitaに映りこむ自分の顔のほうが気になるレベル。
・・・・つらい・・・。
カカシに向かってボタン連打するだけのレベル上げ、なども同じ。
連打で“腕力バー”がじりじり溜まっていくだけ。

何をするという目的がなく、
プレイヤーが自分の好きなように動けるタイプのゲームなんだけど、
どこに行ってもボタン連打の作業感で、
その反応がどれもチープ
なのが、私にはどうしても
ソーシャルゲームに毛が生えた程度にしか思えずプレイを断念。
これで3800円という値段も良くなかったし、
「キノコの苗床 300円」とか
有料DLCが大量にあるのも好きじゃなかった。

ゲーム世界を知っていくと愛着がわいてきてハマるゲームだと思うので、
投げずにやっていればなにか見つかるかも。
好きな人は本当にこのゲームを愛してるんだろうなぁと感じます。
草を生やすと動物が勝手に食べてしまうとか可愛いよね。
「疲労、ストレス、性格、武術」のパラメータを持っている住人が、
疲労とストレスが溜まると行動に悪影響が出て病気になることもあるとか、いろいろあるみたい。ふーん。


『スターストライク デルタ』Vita DL専用
★★★★★★★★☆☆ 85/100

スターストライク 2012年1月19日配信 1000円
球体シューティングゲーム。
惑星に向かって隕石や敵が落ちてくるのを撃ちまくるSTG。
ステージが惑星の衛星軌道上なので360度ぐるぐる飛び回れます。

エフェクトが綺麗っぽかったので、勉強のために買ったんですが、
やってみたらめちゃ面白い!
今までシューティングゲームなんてほとんどやっていなかったのに、
これがシューティングの面白さか!」とちょっと目覚めてしまったほど。
STGってアクションパズルみたいな感覚にもなれるんだね。
Vita専用タイトルとして機能も充実していて、
本体を振ると特殊爆弾が炸裂して、
背面タッチでブラックホール、
前面タッチでホーミングミサイルが発動します。

アーケードモードの他にも、ジャイロセンサーやVitaの機能を使ったミニゲームが5種類収録されていて、コストパフォーマンスが非常に良いし、
面白くて綺麗で、さくっと遊べてとてもオススメです。
アナログスティックを倒しっぱなしで弾幕が張れるので指も疲れないし。
これが1000円は安いよ!
(ニコリのパズルもこの姿勢を見習うべし!)

はい。私はこれから、Vitaでオススメを聞かれたら
まずこれをオススメすると思います。


『ピクセルジャンク モンスターズデラックス』
PSP,Vita DL専用

★★★★★☆☆☆☆☆ 50/100

ピクセルジャンク2009年11月1日配信 1000円

タワーディフェンスが好きなので買ってみたんですが・・・
プレイヤーが操作するのはカーソルではなくて、
主人公のモデルになっていて、どちらかというと
「どこにいつ何を建てるか考える」よりも
「どこにいつ主人公を走らせるか」が重要なゲーム。

足のおっそい主人公(!)を移動させて
敵の落としたお金を拾い集めないと塔を建てられないのです。
早く拾わないとお金が点滅しながら消えてしまう罰則付き。

面白くないわけではないんだけど、
ん〜・・・いまいちスピード感がないです。
いちいち何をするにも主人公を動かさないといけないのがちょっと・・。

私がタワーディフェンスに求めていたのは
『どこにどの塔を建てて守備させるか』の、タワーディフェンスのパズルのコア部分であって、鈍い主人公の動かし方ではありませんでしたという感想。
1000円でちょうどいい感じ。


『不思議の国の冒険酒場ポータブル』PSP,Vita DL専用
★★★★★★★☆☆☆ 70/100

不思議の国の2011年7月12日配信 600円
これはオススメ。
料理コンテストで自分の店の評判を上げて、ライバル店を超えて国一番の店を目指すアイテム合成系RPG。

街やダンジョンで材料を仕入れ、
料理を売ったり、食べて成長したりしながら、
定期的にコンテストに参加して、さらにお店を大きく、
評判を良くしていくゲーム。

材料を拾い、料理を作り、料理を売ったお金で、さらに買う。
調理すればするほど、さらに買いたくなる、戦いたくなる連鎖があるので、やればやるほど忙しく楽しくなってきます。(笑)
仲間もちょいちょい増えてきます。

シナリオの展開は非常に遅く、(笑)
シナリオらしいシナリオは「店を大きくしてライバルに勝とう!」
しかないし、
仲間のイベントもめったに起きないんだけど、
自分や仲間が毎日少しずつ成長していくのがパラメーターでわかるので、
(自分が作った料理を食べることで成長します)
シナリオはなくても作業自体が楽しいので、かなり遊べます。
ガストの「アトリエシリーズ」にちょっと似てるかな。



というわけで↑こんな5作品を
「フロンティアゲート」「タクティクスオウガ」と
平行して遊んでおります。

この中で私が他の人にオススメできると感じたのは
「スターストライク」「不思議の国の冒険酒場」かな〜。

【Vita】 PSVita買いました

2月上旬に、PSVitaを買ったのでその感想をば。

前代PSPが充電コードを挿しても反応しなくなって以来、
私は旦那さんの専用機PSPを借りて遊んでいたのですが、
たまたま買った「フロンティアゲート」が楽しすぎて、
旦那さんとアドホックモードで遊ぶためにもう一台欲しくなり、
どうせなら新ハードがいいなとVitaを選びました。
オフライン強化(?)のwi-Fi版です。

wi-Fi版は外を歩きながら常時オンライン接続は出来ないけど、
家やゲームショップの無線LANスポットならオンラインに繋ぐことができるので、もともと外出中にネットをしたいと思わない私にはこれくらいで十分です。

前代PSPでもPSstoreでちょっと買い物をしたり、
カスタムテーマをダウンロードしたりするだけだったし・・。
ゲーム以外では、VitaとPS3ユーザーにメールを送ることや、
音声チャットをすることができるらしいんですが、
私にはPSユーザーにそんな友達がいないですしね。(泣)

買ってから1ヶ月が経過しましたが、
全然後悔しておりません。ニヤリ。

時々、Vita版すれ違い通信の「near」というアプリで
自宅の近所(半径1キロ内)で、他の人が遊んでいるタイトルや、
人気ランキングなんかを見て、
外でもずっと情報集められたら楽しかったんだろうなと思うけど、
3G版が羨ましくなったのはそれくらいです・・。

そもそもVitaってオンラインに常時接続して楽しめるサービスが少ないんですよ。
店頭では3G版を推されたけど。(笑)

■near
他の人が遊んでるゲームを調べたり、
ゲーム内のアイテムを交換できたりする

■ニコニコ
ニコニコ動画を見るためのアプリ
■LiveTweet
ツイッター用アプリ
↑無料アプリだとこんな感じのものがあるんだけど・・
ニコ動とツイッターなんて、やりたい人はとっくに携帯でやってるし、
いまさらVitaで?って感じがする。
音楽や動画プレイヤーとしても同じ感想。

リアルな地図の上でモンスターを探したりするゲーム(パッケージ販売ソフト)はばっちりフルプライスの有料で、
それもソニー製でまだそういうソフトは一本しか出てなくて、
他のメーカーがその手のソフトを出すかといえばたぶん出さないし。
(シリーズもの移植だけで手一杯、新作でも背面タッチパネルとかジャイロ機能のほうが優先される予感)
スマホみたいに自分でもっとアプリを取捨選択したり、
webサービスの提供者が自作アプリを配布できたりしたら
3G版にももっと意味が出てくると思うんだけど、
いまのところVitaのために新規にプロバイダ契をしてまで3G版にしなきゃいけない理由が私にはなかったです。

ちなみにVitaはwi-Fiでもすぐ電波を手放しちゃうと評判のようで、
あまりネットに繋ぐ機器としてお利口ではないみたい。
家でもエラーが時々出るし、ロードは遅いし。
もし外でもこんな調子だったら、すごいストレスたまると思う。

…まいっか、微妙な3G版の話はどうでも。
あ、じゃあVita買って良かったと思った部分を書きます!

【Vitaの良い部分】
・シャカシャカ音がない
UMDに慣れている時は別になんとも思わなかったけど、
ロードも速いし、シャカシャカ音がないだけですごく快適。
「PSPgo」も実は優秀な子だったのかも。
この快適を味わったらUMDに戻れないわ・・。
・ピカピカで高級感
高級感の代償として指紋がキラッキラに光ります。(笑)
最初はそれが気になって、そこらじゅうの紙で拭きまくってたけど
(店のテーブルにある紙とか)
拭けば拭くほど広がってんじゃねぇかってくらい
神々しく輝くのでもう指紋は当たり前ってことで慣れるしかないです。
傷防止フィルターをつや消しタイプにすればマシだったのかな・・。
・今まで見過ごしてきたソフトに出会えた
まだVita専用タイトルが充実していないので(笑)、
PSstoreに出向いてソフトを物色する機会が増えました。
今まで見向きもしなかったダウンロード専用の、
お手軽な値段のソフトをぽちぽちやっているんですが、
「この安さでこの面白さ!」と驚くソフトにいくつか出会いました。
ゲームの面白さと値段とサービス形態について思わず考えさせられます。
・ゲーム中でもXMBに戻れる
ゲーム中でもPSボタンを押すと、
クロスメディアバーが起動して他のことが出来ます。
長いダウンロードもゲームで遊んでいる裏で行ってくれるので
私は時々、DLの進行具合をチェックしに行ったりしてます。
意外にこれが便利です。
・・といってもXMBを起動した時点でゲームは一時停止、
アドホック中だと回線落ちの扱いをされるし、
複数のゲームを起動するのはさすがに無理っぽいので、
PCのように何度も往復するものではないんですが。
・音と画質
音が結構良くなってる・・気がします。
音痴なので気のせいかもしれませんが。
画質は良いです。ええ。すごく。
PSPと比べると彩度がかなり高いです。
・ジャイロセンサーがちょっと嬉しい
もっぱら電車内ゲーマーなのでジャイロセンサーが付いていたところで
本体を斜めにとか、恥ずかしくて電車の中で出来ないんですけど、
時々、ジャイロに対応してくれるソフトがあるとやっぱり嬉しいです。


【Vitaの使いにくい部分】
・○や×のボタンが小さくて押しにくい
PSPよりだいぶ小さくなってます。
・スリープモードにするためのボタンが
これでもかってほどうっかり押しやすい場所にある!

PSPみたいにスライド式じゃないんです。
ただのポチッと押すだけのボタンが1mmくらい飛び出して
本体の上側面(Lボタンより内側)に付いているだけ。
かばんに剥き出しで放り込んでいたらそれだけで何度も押してしまいそう。
・音ボリュームボタンをうっかり押しやすい
ボリュームを操作するボタンが、本体の上側面、
Rボタンの内側に付いているので
本体の上下を掴んで持ち上げるだけでボリュームボタンを押してしまう。
なぜ横側面に付けてくれなかったんだ・・・。
・「start」「select」がめちゃくちゃ押しにくい
スリープと音ボリュームボタンはあんなに押しやすい場所に
ついているくせに、ゲーム中にわりとよく使うこれらのボタンはなぜか
米粒のようなサイズで、膨らんでいなくて表面とフラットな高さなので、
指でなでるとスーっと引っかからずに指が流れて、
見た目も美しい、っていうかキラキラになるんですが(指紋)…
凹凸がなく、小さいせいで目視しないと狙えないし
フラットなので指先をグニっとめり込ませるようにしないとだめ。
時計のリセットボタンかお前!(爪楊枝で押すやつw)
と突っ込みたくなるほど押しにくい。

Vitaでモンハンとかやったら死ぬよ。(笑)
必死にstartでアイテムを使うモンハンなんか死んじゃうよ。
だって死ぬほど押しにくいんですもん。
おいおい・・
ソニーの携帯機がモンハンに嫌われたらVita自体死んじゃうよ。

・背面タッチパネルもやけに大きくて本体を持つ手に邪魔だし、
ゲーム機なのにゲームしにくいデザインです。
なに考えてるんだソニー。
そんなに『ただのゲーム機ではない』というプライドでもあるのか。
バーロ。ただのゲーム機として使う人にも
使いやすいデザインにしてこそ次があるんじゃないのか。

でも楽しんでおります。
PSPの替わりのゲーム機として購入したので満足です。
Vitaはこれからソフトもいっぱい出てくるだろうし。

あと・・、
今、Vitaは気になってるけどいつ買ったらいいか迷っている人がいたら、
私ならこう答えます。
「そのうち絶対値下げされるし、新色も出るから、
今すぐ欲しい理由や気持ちがないなら待ったほうがいいよ。
初期型は不安定だというし、
システムアップデートが進んでからのほうが不安がないと思う」
はい。私も黒じゃなくて
シルバーとかピンクとか欲しかったです・・。
タグクラウド
今遊んでいるソフト
【憂き世の浪士】vita
【DQヒーローズ】PS4

■ 積んであるゲーム ■
【ブレイブストーリー】3DS
【剣と街の異邦人】vita
【PSOノヴァ】vita

■ 最近クリアしたもの ■
【リトルビックプラネット3】PS4
【DAインクイジション】PS4

2015/03/15 更新
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ