こんにちは。

花粉の飛散が多くなっております。
花粉症の患者様は、天気のいい日の外出は十分に対策をしていただきますようお願いします。

今日のお話は、
それって本当に蓄膿症?です。

他の病院で副鼻腔炎蓄膿症と言われて、

ずっと抗生物質痰切りのお薬を飲んでいるけど、

症状が全く良くならない」

そんなご相談をよくいただきます。

症状として

においが分からない
鼻づまりがひどい
などがある場合は注意が必要です。

もしかすると、それは、
好酸球性副鼻腔炎かもしれません。

好酸球性副鼻腔炎とは、
局所のアレルギー反応が引き起こすと考えられる
難治性の副鼻腔炎です。
難病の指定も受けているほど治りが悪く再発を繰り返す病気です。


診断には、
① 採血
② CT
③ 鼻茸生検
が必要となります。

治療は、抗生物質の内服ではなく
① ステロイド投与
② 手術
いずれかが必要です。

当院では、市立四日市病院耳鼻咽喉科と連携して
・好酸球性副鼻腔炎の診断
・治療方針の検討
・難病申請のお手伝い

まで行っております。

治療を受けて頂いて、
においが改善したという患者様もたくさんいらっしゃいます。


是非、上記のような症状でお悩みの方はご相談ください。

1930853