【幡ヶ谷 初台 笹塚 代々木上原 代々木八幡】 整体・腰痛・ぎっくり腰・肩こり・骨盤矯正・交通事故     バランス整骨院 幡ヶ谷 院長:塚本ブログ

渋谷区幡ヶ谷にある「バランス整骨院 幡ヶ谷」の院長 塚本タケオです。
幡ヶ谷 初台 笹塚 代々木上原 代々木八幡の地元の皆様に喜んで頂ける様な整骨院を目指しています。
整体 腰痛 ぎっくり腰 肩こり 骨盤矯正 外傷 交通事故 を得意としています。

基本、勉強は好きで、新しい知識を得て、それを元に実践して trial & error を繰り返しながら成長を感じる事は面白い。

最近ある分野の興味が有るのですが、その守備範囲が広すぎて全容がなかなか見えてこない。

しかし最近はアンテナさえ張っていれば良質なコンテンツをいくらでも無料で勉強出来るいい時代。

YouTubeでも絞ればかなり勉強になる。

最初の入口はそこでも良いのかもしれない。

まずは試しに行ってみて自分に合うようだったら、さらにその先に進めばよいかと思う。

網は広く張っておいて、最終的には一転突破で。

開業以来、院内では幾つかの観葉植物を育てていますが、8月に入り葉っぱの一部が徐々に黒く変化。
観葉植物
何か病気になったかと思い、いつもお世話になっている花屋さんの下に相談に。

何の事は無く、ただ紫外線で葉っぱが焼けてしまっただけでした。

日に当てた方が良いかと思い、水やりの時はいつも出来るだけ日に当てる様にしていましたが、植物も最近の日差はきつ過ぎた様です。

少しショック・・・

昨日、岐阜から東京に戻ってきました。

自宅に帰宅前、院に寄って、今週の準備を軽く行いました

休み明けスタートダッシュを決める為に最近よく行っている事です。

ほんの少しの事なのですが、これを行うだけで休み明けスタートダッシュが随分違います。



当院は本日より通常通りの診療を開始しております。

毎回、長期休みの際は普段なかなか読めない小説を必ず読むようにしています。

今回の夏休みは個人的には大ファンの元外交官:佐藤優さんが推薦されていた小説を。

イモータル
イスラム、ヒンドゥー、様々な宗教観を様々な立場から分かり易く描かれている内容です。



秋頃に インド or 中東 方面の旅を計画しています。

10代、20代の頃の様なサバイバルな旅はさすがにもう飽き、土地の文化を色濃く感じる事の出来る旅にしたい。

その様な土地は日常生活レベルで宗教が密接に絡んでいる事が多い。

以前旅した
ネパールはまさにその通りでした。


各土地の宗教背景を学んでおく事は大切。

その宗教背景を大局的に学べる書籍を探していたのですが、グッドタイミングで素晴らしい小説を読みました。

昨日は久しぶりに岐阜に帰省。

まずは一昨年亡くなった祖母の墓参りに。

墓参りすると毎回背筋が伸びます。

今日は高専の親友とゴハンに。

彼も経営者の為、お互いに考えている事も近い。

仕事の話し以外にも、昔からの仲間故の気にとめないバカ話も。

久しぶりに休日を満喫中。

今日は夏休み前の最後の診療日。

お盆前に体を整えたい患者さんは多くいらっしゃいます。

本日は終日受け入れ体制で治療を行わせて頂きます。




当院は、

8/11(日)~8/14(水)

を、夏休みとさせて頂きます。


ご迷惑おかけ致しますが、ご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。


皆様、楽しい夏休みをお迎え下さい!

昨日は肩関節周囲炎の50代の患者さんがご来院。

3ヶ月程前から徐々に痛みを感じる様になり、今では夜中も痛みで目が覚める程に。



肩関節の屈曲・外転・外旋の可動域制限は全て(++)で痛みも(++)。

十分ひどい状況は直に分かったので、これ以上のテストはあえて行わず。



整形外科の修行時代は肩を専門で診させて頂いており、手前味噌ですが正直一番得意な疾患。

まずは今後の想定される痛みの経過と日常生活で気を付けるべき事を説明。

ご本人もどの様な状態なのか分かり、大分落ち着いたご様子でした。



また今回は夜間痛が強かった為、就寝時に気を付けるべき事も指導。

痛みの有る側の「肩~腕の下」にバスタオルを敷き、肩をバスタオルで下から柔らかく支える様にするだけで夜中の痛みはかなり軽減されます。




そして最後はテーピングと三角筋包帯にて固定。

しばらく経過を見させて頂こうと思います。

今朝は先週一週間の仕事の遅れを取り戻す為に、朝はスタバでコモリング。

To Do リストを一気にやっつけ、明日から気持ち良く一週間をスタート出来る様に準備を。




当院は、

8/11(日)~8/14(水)

を、夏休みとさせて頂きます。


夏休み前は混み合う傾向がございますので、御予約を希望される方はお早めをお勧めします。

ご迷惑おかけ致しますが、ご了承下さいます様、よろしくお願い申し上げます。


夏バテの疲れはお盆前に!

楽しい夏休みをお迎え下さい!

先日はある勉強会に参加。

以前から興味は有ったのですが、全く分からないある学問分野の内容。

そしてその守備範囲があまりに広すぎる為、個人的にはどこから手を付けていいのか手がかりが全く無しの状況でしたが、今回学んだ事で入口の入口は少し見えました。

私の治療にどう活かせば良いのか?忘れない内に原田メソッドを軸に落とし込み。

また、普段は絶対に出会う事の無い様々な専門分野の方々ともお話が出来て、とても有意義な時間を過ごせました。

今日から8月。

気付けば今年の残りは5か月で、既に折り返しています。

来年は色々と変化が大きそうな年。

師匠の言葉
「準備と成果は比例する」

私の場合、ついぞやる事の量に圧倒され投げ出したくなる事が多くあります、一つ一つクリアしていけば、いつかゴールにはたどり着く。

準備を疎かにせず、進めていこうと思います。

ただの白黒写真に色の付いた線を引くだけでカラーに見える面白い技術。
補正画像

拡大してみると確かに白黒の写真。


脳が勝手に補正して本来無いはずの色を付け足している。

ある意味、脳の処理能力の凄さを感じる内容で、逆説的には今見えている世界も大分怪しい。

治療する時もこの様なバイアスがかかっている可能性は十分にあるのかもしれない・・・

先日は池袋で師匠のお秘書の慰労会。

修行時代はどれだけポカしてもいつもお秘書さんにサポートして頂けた為、私の場合は奇跡的にバランスを卒業する事も出来、今こうして治療院を経営する事が出来ています。

仕事が全く思い通りに出来ず・・・、バランスの基準についていけず・・・、どれだけ凹んでいる時もいつも支えて頂けたのがお秘書さんの存在。


2019.7 テルさん慰労会
お秘書さん、師匠、兄弟子達とパシャリ。

この様にあの頃の自分を思い出させて頂ける原点回帰の場がある事は本当にありがたいです!

本日はお母さん、娘さんで通院して頂いている親子の患者さんを治療。

最近は、親子で治療を受けに来て頂ける患者さんが増えており、本当にありがたい限りです。

しかも遠方から来て頂ける患者さんも多く、今回の患者さんは中野からご来院。

今週も出し惜しみする事無く、全力で治療していきます。

今朝は先週の合宿の振り返りを。

今週も結局バタバタで過ぎ去ってしまい、合宿後は何も出来ず。

合宿の内容を軸に今後一年間過ごすので、私の場合このまとめ直す作業はとても大切。

その為の時間を一旦ここで時間を設ける。

さらに今回の気付きを原田メソッドにも落とし込んで、多方向から強固に。

等身大の「自動翻訳ホログラム」をマイクロソフトが開発。

「HoloLens」を用いた「自動翻訳ホログラム」の実演。

現在、日本語やフランス語などに翻訳可能。

熱過ぎる!



「HoloLens」の見た目のごつさも、今後はどんどんスマートになっていくのだろう。

昨日までの合宿のモードが 抜けきらず、今朝は4時に起床。

さすがに早すぎたので二度寝するも全く寝れず(泣)。

まだ脳が興奮状態だったと思うのですが、全く寝れずで、結局諦めて5時には院へ。

今朝はいつも以上に朝の掃除をして脳をクールダウン。

今週も
気持ちよくスタート。

昨日、今日と二日間に渡り師匠主催の経営合宿に参加させて頂きました。

今年も膨大なワークに取り組んできましたが、あまりに多くの内容に取り組んだ為、ブログを書いている今現在、知恵熱なのか? 若干、頭が痛いです(笑)。

この合宿では毎年この後の一年間に渡り行う仕事内容を頭の中から一気に出力する為、なかなかヘビーな時間となりますが、その後はその内容を粛々と行っていくだけの為、私の場合は逆に負担が少なかったりします。

今夜は帰りも少し早かったので、院に寄って明日から行う事を前倒しで少し取りかかり、合宿の勢いを継続させてから帰宅する予定。

明日からは師匠の経営合宿に参加させて頂く為に千葉の船橋に。

毎年この時期に行われますが、ここで考えた事がこの後一年の全てのきっかけになる。

私にとってはとても大切な二日間。

毎年ふらふらになりますが、充実した二日間にしたい。

今年もしっかりと頭を振り絞ってこようと思います。

師匠の新著が届きました!

IMG_20190709_225434
私が読んでも目から鱗の内容ばかりですが、本著は一般の方々に向けて書かれており、どなたが読んでも分かり易い内容となっておりとてもとってもお勧めです!

猫背の悩まれている方は多いと思いますが、本書を読めばその解決法のヒントが沢山!

この書籍についてなにかお聞きしたい事有れば、お気軽にご質問下さい!

先日話題になっていたZOZO前澤社長の心臓病児支援による臓器移植問題。

正直な所、心臓病の子供の為に支援する事の何が悪いのか全く分からなかったのですが、この様な背景があるとは・・・



・死体(脳死や心停止)からの臓器提供の推進
・臓器提供と移植は自国内で賄う
 (移植が必要な患者の命は自国で救える努力をすること)
※ 2008年:国際移植学会


どの国もドナーは不足。

よって自国で移植を出来る体制を作るべき。

それでも海外で移植する人は億単位のデポジットを支払う。



ナルホド・・・

全く知らなかったですが、無知とは本当に恐ろしい・・・

このページのトップヘ