October 19, 2020

春にやってた思い出を辿る散歩をまた再開させようかなと思ってる

何の予定も無い日に何もしないまま過ごすのっぺらぼうな日々が続きがちなのでとりあえず昼ごはんを食べに出かけることにする。池袋あたりに行こうかとも思ったが今日は地蔵通り商店街をずっと歩いてみることにする。何も無い日にお地蔵さんに行こうとまあちゃんが言ってふたりでほてほてと出かけて行くことがよくあった。楽しかった思い出を辿っていくと無性に悲しくなったりするがそれもリハビリってもんだろう。そんなことを思って3月21日に同じことをやってるのだけどそれきりになっていたのでまたぼちぼち再開しようという感じで意識的に思い出の場所を辿るように歩き出してみたが買い食いしながら歩いていくのが難しい御時世なのだった。そんなわけで千成もなかに寄って何かちょっと買おうかというところでもう思い出を辿るツアーは頓挫してしまった。みずので塩大福を買ってみたもののどうも店の前で食べる雰囲気でもないので家に持ち帰ることにする。昼ごはんを食べるということで気分はすっかり「台湾」だったのだが7月5日に行った時は休んでいたしその後もう一度行っているのだがその時はテイクアウトのみで店で食べることはできなかったのでどちらにしろ状況を確認しておかねばと思ったのだった。ちなみにテイクアウトだけだった日のことを探してみたがどうも書いてないっぽい。いつだっけなあ。ともかく台湾は無事営業中でありありがたやと角煮麺を食べる。それからさらに庚申塚の方に向かって歩いていった。巣鴨郵便局の前にある植え込みと憩いのスペースみたいなのがやたら厳重に閉鎖されていた。そこに座るなと書いてあっても皆タムロしちゃうんだろうな。まあそれにしたってこんなに一生懸命封鎖しなくたって良さそうなもんだが。都電の庚申塚の停車場の甘味処いっぷく亭に寄ろうかと思ったがさっきみずので塩大福買っちゃったしなと通り過ぎてどこまで行って引き返そうかと考えながら歩いて行く。すがも商人まつりのチェックポイントなので多分一緒に歩いてきたのはここが北端であろう大正大学まで来たので折り返して帰ることにする。帰る前にすがも観音堂(鴨台さざえ堂)をちょっと見て行く。オクトパス君って一緒に見たんだっけなあ。今日はじめて見たのかなあ。そもそも鴨台さざえ堂は一緒に見たんだったろうか。それ以前に大正大学まで一緒に歩いてきたのは確かな記憶なのか。まあそれは多分大丈夫だとは思うが写真は残ってるけどまあちゃんは写っていないので証拠は無いから自分の記憶に自信がなくなったらもうわからなくなってしまう。記憶が消えていくのが怖い。

家に帰ってちょっとだけ横になったつもりが案の定ガッツリ寝てしまう。結局昼ごはんのついでに散歩してきただけの一日だったが何もしないよりは良いだろう。

takepong at 05:27│Comments(0) リハビる(仮) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔