October 21, 2020

泣きたい気分と泣きたくない気持ちのコンフリクトで感情が戸惑う

授業。火曜日はオンラインで午前中だけなのでちょっと楽だ。帰りに池袋で降りて丸亀製麺で赤タル鶏天ぶっかけを食べる。最近何故かゲーム用のTwitterアカウントの方でタル鶏天ぶっかけの写真が続け様に流れたので食べたくなったのだった。コロナのせいか完全に食券制になっててちょっと戸惑う。ついでなのでイシバシに寄ってピックを補充する。2004年9月24日に書いたその前からずっとFenderのEXTRA HEAVYを使っている。ギターを弾き始めた頃はもっとずっと薄いピックを使っていたのだがだんだん厚めのやつを使うようになりベースを弾き始めたあたりでこれに固定された。何せ割れないのが良い。割れない代わりにすごい勢いでチビていくが16年前に書いた時よりはチビなくなったので多分かなり弾き方がソフトになったのだろう。あと今年はリハの回数が激減してるのでけっこう長持ちしている。一応ライブの時は「おろしたて」のやつを使うので現在は月に1枚ペースだ。

朝家を出る時にあさイチでやってたサーモンのデュクセルソースがおいしそうだったというお義母さんからのリクエストがあったので夕食時にNHKのサイトで調べて作ってみた。まあちゃんはよくテレビでこんなのをやってたのでそれを作って欲しいとリクエストしてきたのでそれまで作ったこともないような料理をすることが多かったがそういうことがなくなってすっかりレパートリーも増えなくなっていた。久々に作ったことがない料理を作りながらそんな日を懐かしく思ったりした。

今日これを書こうとしていたらテレビで「ヨーロッパ トラムの旅」が流れていてブダペストの街が映っていたのでそれをずっと見ていた。トラムの思い出は5月31日にも書いているがブダペストは2回行ったのでトラムもかなり乗りまくっていて思い出深い。懐かしい風景を見ながら不思議な感情のたかぶりがありひょっとして自分は今泣きたいのかなと思ったりする。2006年8月12日にこう書いた。
「懐かしい」というのは恐らく「その時点では存在していた未来」が既に消え去ってしまっていることを惜しみつつボンヤリとした残像になってしまった「過去の未来」を見たような気がする気分のことを指すのではないかななどと思う。
こう書いたということを自分で引用したことがあった筈だが見つけられない。消え去った未来の残像なのだとしたらやはり泣きたいのだろうが懐かしい思い出で泣くことを抑止したい気持ちもきっとあるのだろうと思うしそのせめぎあいがこの方向性のよくわからない感情の元なのだろう。

takepong at 04:43│Comments(0) リハビる(仮) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔