マンガ

2016年01月09日

第1巻の帯は「平安の最強バディ、ここに誕生!!」です。主役は菅原道真と在原業平です。
とりあえず第1巻を読んでみたらおもしろかったので、既刊4巻買ってしまいました。
平安京が舞台のミステリーかと思いきや、それだけではありません。
菅原道真の行く末は歴史上の事実として知ってますが、これからどう描かれて行くのかはわかりませんので楽しみです。




続きを読む

2014年10月27日

昨日ジュンク堂をふらふらしてて最新巻を見つけました。本屋は彷徨ってみるに限ります。
現役さながらな活躍を見せるオド修道士に、事件の真相と結末もさることながら、彼が出家した理由が気になります。いつかその辺りも描かれるのでしょうか。


2010年04月23日

地下鉄御堂筋線梅田駅に、画:車田正美のポスターを見かけたので気になって調べてみたら、映画「タイタンの戦い」とのコラボでした。
私が見たのはペルセウスがペガサスに乗ってる場面とメデューサの首を掲げてる場面の2種類だけでしたが、実際は4種類あったようです。
何故に車田正美?と思ったら、監督が「聖闘士星矢」のファンだからとか。
思わぬところに思わぬつながり?があるもんなんですねぇ。

2008年05月22日

スーパースター男岩鬼が遂に夏子はんと結婚です。
おめでとう\(^O^)/末永く幸せにね!


続きを読む

2007年06月18日

最終回でした。連載開始から24年、休止から12年。再開したと思ったら、前後編での最終回でした。
一言で言えば、「エロイカより愛をこめて」の青池保子さんがカスティリア王ペドロの生涯を描いた歴史大作です。
2月発売号に前編が掲載されてたそうですが全く知らず、昨日偶々書店の雑誌コーナーで見つけ、いきなり最終回後編に遭遇することになりました。
ネタバレになるので畳みます。続きを読む

2006年07月31日

あくまでも原作に拘れば色々と突っ込みところもありますが、映画は映画でおもしろかったです。
主役3人と殿下、俊介はなかなかのキャスティングでした。
演出がどちらかと言えば少年漫画っぽく感じたのと、ガーデンパーティに勢揃いするお嬢様方が余りお嬢様らしくなかったことが残念ですが。(特に桜井敦子様のドレスが、、、)


2006年06月08日

ちょっと情報が遅いですが、ついに映画化。東京では7月、関西では8月公開です。
公式はこちら → http://www.michael-movie.com/

川原泉さんの作品は高校、大学時代に夢中になって読んでました。
「花とゆめ」を毎号立ち読みしてましたし、単行本は発売日を心待ちにしてました。
できれば、連続ドラマ化してほしいくらいです。
前売り券にはダミアンストラップが付いてるそうなので、今度出かけたときに買うことにします。