2017年08月21日

お盆の時 

あれやこれやとバタバタしていて 気がつけば8月も下旬になってしましました。
お盆の時のことを記録しなくっちゃ。

毎年、お正月とお盆のころに義母関係の「無尽」があります。
(※「無尽」とは、甲州独特の「定期的な親睦会」で 決まったメンバーが定期的に集まります。かつては「無尽」の定義通りに 金銭のやりとりをしていましたが 最近は「親睦会」になっているところが多いようです)

義母の兄弟姉妹とその家族がメンバーです。
義母のお兄さんもお姉さんも他界してしまったので 義母94歳が長老、4歳のひ孫も出席したので年の差90歳の集まりでした。

8/12(土)集合場所は富士吉田。
「世界一富士山に近いリゾート」のうたい文句・・え〜と 今風に言えばキャッチコピー・・これも古いか・・
ま、その富士山のふもとの緑の中に集まりました。
48


IMG_1946


富士山がど〜んと見えることを期待して・・

↓レストランの窓の向こうに見えるはず(HPより)
フジプレミアムリゾートimg_restaurant01_01


↓ちょいとお 邪魔な雲たち、富士山を見せてよ
あs-IMGP7183

期待はずれに終わってしまったけれど
おいしいお料理をいただきましょ。
れれれ・・撮ったはずのお料理はほとんどピンボケ。オートがはずしてあったことに途中で気がついてももう遅い。

↓お魚料理
あs-IMGP7184

ま、こんな風、イタリアンでした。

あれやこれやと歓談し 食事を終え 希望者は「パターゴルフ」へ。
私たち一家はみんなで帰ってきました。義弟1,2の家族とね。

ロビーで「発見」! 甲州市に引っ越されてきた「かがみもち(夫婦太神楽)」さん!
気軽にカメラに向かってくださいました。
かがみもちさん170812s-IMGP7189


「きょうはこちに出演しますので よろしかったら・・」と、
↓ これ
かs-IMGP7190


お江戸の芸を見てみたかったけれど 帰らなくっちゃ。
※追加
「かがみもちさんのブログから」
秋には中村勘九郎・中村七之助さんの甲府公演があるはず・・この演目があればいいな。


↓ロビーから見える「プール」 
私は無理だけれど若い(?)人たちは「いいわね〜!!」と
IMG_1947


さ、帰りましょ。
富士山〜
あs-IMGP7196


あs-IMGP7194


河口湖畔のセブンイレブンは 景観に配慮してこの色合い↓
あs-IMGP7198


IMGP7173

長野県でも2店舗を見ていました・・あれは どこだったかなぁ・・
初めて見た時には「まだ開店準備、工事中」かと思ってしまった。

ローソンは普通の色合いローソン。

あs-IMGP7199


東京でピンク色のローソンを見たし、TVでは甲子園近く(かな?)阪神カラーのローソンが写ってたっけ。

おもしろいですね。

さ 御坂峠(みさかとうげ)のトンネルを抜けて 甲府盆地へ・・
この「チューブ」の中はリニアモーターカーが走っています。
あs-IMGP7204


↓甲府盆地は雨みたい。
あs-IMGP7200


まもなく大雨・・写真なし。

でも我が家に着くと雨はなし。ほんとにあの部分だけに降ったみたい。

8/14はお盆さん。

「お山の家」で迎えていたのとは違って 簡単な準備です。
あs-IMGP7205


「お盆の時」2014年

お仏壇から お位牌などを出して リビングの隅っこに盆だなをしつらえました。
この前でみんなで食事をします。
「仏さまのお膳は5人分」・・毎食 用意して捨てずに取り置き 送り盆の日にお持ち帰りしていただきます(って、以前は川に流していましたが 今は土を掘って埋めます)

お線香をあげてからの食事ですので、「煙の少ない」お線香を買ってきました。できたら「香りも少ない」・・なんていうとバチが当たりそう・・。

外の灯篭、
あs-IMGP7207

お山の家では 下の房を引っ張ってON・OFFできましたが 我が家のはローソクを入れなければなりません。
100均で見つけたLEDのロウソクを入れてみました。単3電池2本でお盆中ず〜っとつけっぱなし。長持ちするものだと感心しました。

16日朝にはお盆さんを送り・・

あれれ 忘れ物、馬と牛!!
何に乗って帰られた? 
「きっと タクシーを頼んでいる」と夫。
急いで 穴を掘りました。
忘れられたね170816s-IMGP7237


そうそう この牛と馬。
長野の方では もろこしで尻尾をつけるとか。
そして 私は ついうっかりと麺を広くして「鞍」にしてしまいましたが 最近スーパーでのサービスはもっと細い麺ですので それは手綱かと・・。
スーパーのサービスも以前は平打ち麺だった。

↓こんなの見つけました。イラストの牛と馬・・耳があるし 馬の面がぺったんこ〜〜
みんな違っておもしろい。

page03


お盆のこころえ「盆棚飾り」より

そして 精霊馬も このとおり↓

「ご先祖様もビックリ!・・」

ついでに 
さだまさしさんの『精霊流し』
先日 TVで「灯篭流しのことと勘違いしている人が多い」と・・。えっ?私も勘違いしていた人の一人です



そうそう 
娘がいただいてきたお盆のお餅↓ 黒蜜と黄な粉付きです。
私もお餅をついた(餅つき機で)のに 写真を撮り忘れています。
甲州では お盆にも餅をつきます。
おs-IMGP7232


新潟・十日町出身の方に「お盆に餅をつくなんて知らなかった。もっとも私の方では一年中餅をついていた。餅があれば簡単にご飯が食べられるから」って そっちにびっくり。さすがにお米の産地。
そして 栃木の田んぼの中で育ったという人は
「山梨に来て 一番感激したのは 果物がいっぱいある」って「果物はぜいたく品」だったと・・。

それぞれみんな違うこと!

業務連絡。
画面の表示が違って おもしろい。
ノートPCだと 二つの写真が横並びに 右のiPadだと一枚ずつ表示されて大きく見えます。お刺身も野沢菜漬けもおいしそう・!!
いつもiらしくs-IMGP7208


ん?そういえば いつからお盆にお刺身を食べるようになったんだろ。
お刺身は「生もの」、お盆には出なかったし「ぜいたく品」・・
考えたらスーパーの「お盆特集」でもお刺身の写真が満載されています・・。

昔は「お刺身」といったら マグロの刺身のことでした。
今はね、いろいろありますが・・。
マグロの刺身、消費量・・山梨県は全国第2位ですって。
海なし県でも買いやすいマグロの刺身〜

※参照→「まぐろの消費量・・・」

(業務連絡2)
スマホ画面とiPad画面。実際に見るとスマホの写真がすっきりと輝きがあってきれい。
文字は一行には入りませんね。
これs-IMGP7455


PC画面では見える バンビちゃんも iPad、スマホだと見えません〜
これs-IMGP7457



taketake0402 at 00:36|PermalinkComments(16)clip!あれやこれや 

2017年08月11日

お盆も近く

8月9日5時9分・・。もうすぐ夜明けです。ノロノロ台風も過ぎて行ったみたい。
台風一過1708095時6分s-IMGP4895


と 写真を撮ってPCに向かうと弟のFBに
「昨日の夕方 大きな虹を見た」と。
↓これです。
弟が撮った170808


「昨日」の?、8月8日の夕方か〜!!

私が待ち望んでいた虹!!!
おまけに二重、ダブルレインボーが 弟のカメラにおさまっている。
このところ毎日のように夕立があり、雨が上がると「虹が出ていやしないかと」空を見ていた私のあの日々はなんだったんだろう。
確かにあの夕方は へんに明るいピンク色の夕焼け?を感じていましたが 外に出なければ確認できない我が家・・「あの時に外へでていれば」と後悔することしきり

台風5号(迷走していた台風、長寿台風ともノロノロ台風とも呼ばれた)の影響は山梨県では一部に豪雨を降らせて土砂災害をもたらせました。
JR中央線、富士急行線、中央高速道路も止まり 東京方面には出入りできませんでした。

一部とは「線状降水帯」がかかった「大月市」方面です
あs-IMGP7010


この地帯を除き 被害がなかったようです。
義母は「もう少し降ってくれれば畑のためになったのに」と言っていました。

虹を見ることができなかったのは本当に残念ですが、
さ、気を取り直して・・もうすぐお盆、お墓の草取りに出かけましょ。と。

標高850m「お山のお墓」は 私がいつも行く裏山ウォッチングのところにあります。
↓ここがシロバナフデリンドウ、コアジサイなどを観る「裏山」
あs-IMGP7043

そこをもう少し上っていくと右にお墓
あs-IMGP7047

左に行くと害獣防止柵扉
あs-IMGP7050

扉の向こうには 「ちどりば(血取り場・・馬の血を抜く)、はまいば(破魔射場)があります。恐ろし気なこの名称・・害獣柵が出来る前には行ったことがあります。
確かに矢を射たようなまっ直線の細長い広場(?)と女性が手をあわせてる 小さな石像がありましたっけ。(写真を見つけられない〜)
今はちょっと行く気にはなりません。

お墓の草取り・・(獣避けに)ラジオをつけながら・・よく一人で行くねぇ
せっせせっせ・・。

さて ここで・・この草は残そうかな?
と、迷うのは・・何年か前に墓石の後ろの「キキョウ」は残しました。
それが今はこのとおりに増え↓
あs-IMGP7057


「おいおい やぶせったい、こさになる」と義父の声がきこえてきそう。義父はここに埋葬されました(この共同墓地、最後の土葬かな?)
※あ、義父の言葉、甲州弁ですね。「おいおい うっとうしい、かげになる」
あs-IMGP7061

いえいえ義父はお花好き・・きっと喜んでいることでしょう。

蕾はポン!とつぶしたくなりますね。「ね」って・・

あs-IMGP7054


これは残さないよね「松」・・そして「アマドコロ」「ナルコユリ」はどうしよう。
あs-IMGP7063


これはなんだっけ?確か黄色い花が咲いたはず
あs-IMGP7072


これは・・
あs-IMGP7070


と、一応残してきました。スミレなどもね。

さ、お墓をあとにして この周りのウォッチング。
鳥の声よりもアブラゼミの声が大きいなぁ。

もうタマアジサイの咲く頃
咲き始め。
あs-IMGP7038


蕾の首を高くして もうすぐ咲くのね。
あs-IMGP7040

咲いて
あs-IMGP7039

蕾の殻(なんという表現じゃ)を落とします。
あs-IMGP7042


コアジサイ、ヤマアジサイそしてこのタマアジサイで ここのアジサイは終わりになります。

!!もしかして!! シデシャジン!!
みs-IMGP7020

ほら、と言っても見えませんね、この写真では。

↓これ。一本だけ。
みs-IMGP7018


みs-IMGP7023


種はまだ。道路にはみ出していたので草むらの方へ曲げておきました。そちらで種を飛ばすように・・
みs-IMGP7025


キンミズヒキ
あs-IMGP7100


ミズヒキソウ
あs-IMGP7102


コマツナギ・・チョウはいないか。
あs-IMGP7017


裏山を下りてきたらチョウがいた!!
↓あそこ!水のところに!!
あs-IMGP7109


そうっとそうっと・・
飛んで舞ってまた止まる。
IMGP7150


IMGP7152


ミヤマカラスアゲハかなぁ
だとしたら♂ですね。吸水は♂しかしない行動だと・・教わりましたものuke-enさんに。

お、キアゲハも
IMGP7160


あれはコミスジ
コミスジ170810MGP7141


チョウにも会えた。よかったこと、草取りに行ったご褒美じゃ。

**おまけ***
我が家の前庭のスイセンが咲く場所は・・ミョウガがはびこり困っていたけれど・・。
↓こうなると話は別。「収穫」しましょ。
ミョウガ1708s-IMG_8856


ミョウガ1708s-IMG_8854


今までは塩の中に埋め込むくらいの感覚で「塩漬け」にしていましたが、生のまま冷凍できると聞いて 今は刻んで冷凍しています。
おs-IMGP7013


そのままお味噌汁に入れたり卵とじにしたり・・。

これは「オイキムチ」
昔教わったものはキュウリにミョウガをはさんだ塩漬けでした。冷たくしておいしかったこと。
今は「キムチの素を使い 人参も入れて↓「オイキムチ」
おs-IMGP7015


キュウリは グリーンカーテンになっています。
いs-IMGP7002


人参は買ったもの。

ついでに↓、毎朝のサラダです。
おs-IMGP7011

義母と夫の定番野菜サラダ・・これにタンパク質をのせるか添えます。
サラダナ、ヤーコン、紫玉ねぎ、カラーピーマン、キューリ・・以上、義母産です

私はヤーコンは「効きすぎる」ので食べません。

「ヤーコンがなければならない体になった」と義母。以前は便秘に苦しんでいたのです。
「効くもんだ。ヤーコンさまさま」です。
(※ あくまで個人の感想です

あ、そうそう「お盆の準備」
「スーパー オギノ」の新聞折り込みチラシを見ていたら↓「かとぎ」と「かんば(ぱ)」は
「茅野SC,諏訪店、岡谷店のみの販売」ですって。
何だろう。
スーパーのチラシって その地方地方が覗けておもしろいですね。
おs-IMGP7008


ちなみに 甲州ではお盆にも餅をつきます。で「黒みつ」と「きなこ」の「売り出し」です。
お盆の餅つきも珍しいと言われました。


「おがら」はどこでも使うのかしら??ナスの牛、キョウリの馬の脚に使います。

全国の特売チラシを 覗いてみるのも楽しそう 



taketake0402 at 22:56|PermalinkComments(13)clip!植物 | 生き物

2017年08月07日

かつぬま朝市 2017年8月 

炎天下の朝市へ行ってきま〜す!
(出店している)弟たちの陣中見舞いも兼ねてね。

温度計よ〜し,ミニミストよ〜し、冷え冷えよ〜し、。

何度?11時20分ごろ。
あs-IMGP6972

36.9℃か たいしたことはないか、暑いけれど。
(かつて40.7℃ ※2013年8月10日に記録、を経験しているものね、私たち・・それも百葉箱の中での温度だった。外気温だったらどれだけ暑かったことか)
(※え〜と 現在は「百葉箱」ではないか、なんというんだっけ?・・・ワスレタ)

あとで知ったのですがこの夏一番の暑さだったのですって、(山梨県でのこと)


かつぬま朝市開催日。
用事が済んでから出てきたのでもう11時を過ぎていました。
ささ。

今回は出店者一覧表を見て行きたいところはメモしておいたのに肝心のメモを忘れて出かけてしまった。

朝市会場入口(出口か)で 出店一覧表を見せていただいて・・「思い出せ、私!」
かs-IMGP6945

(※うっかり丸印をつけてしまいましたが 赤丸が覗いてきたきたお店、黄色が行きたかったお店)

「思い出せ!」
お店の名前は忘れているけれど 行きたかったのは長野県関係のお店、一つは諏訪からの「○×▽ファーム」さん、そして「東御の野菜(ここからは金沢の野菜金時草や ○○野菜(名前は忘れたご長寿野菜的な・・)を買ったことがあります)それから「猫やとらじ」さん・・ネットで気になっていたお店の名前です。他は・・・・・ま、時間もないので・。

会長さんが「猫やとらじ」さんまで案内してくださいました。
が、その前に
会長さん
「これ 新作」↓
あs-IMGP6947

お店でも使えるようにって。
おしゃれなお店になりそうですね。会話しながら・・ね。

「猫やとらじ」さん
あs-IMGP6951



「Yさん(私の先輩)のFBで見た 猫やとらじさんなのですか?」
猫やとらじさん
「そうそう、私が撮った猫の写真を本にしてもらったの」

猫ちゃんのかわいらしい小物がずらり。
あs-IMGP6953


あs-IMGP6955


あs-IMGP6952


さ、弟のところへ
ミストだよ。

100均で買った ミストシャワー。
それに「ぼんのくぼ」には「冷え冷え(冷却ジェルパック・・100均)」をおしつけて
「お、違うぞ、マイナス2度」と弟。
あs-IMGP6957

タンクの水が温まっているので冷たい水に入れ替える・・え〜と。どうやるんだっけ。
タンクが外せない。

「下げることばかり考えているからだ」
タンクはちょっと上げ気味にして外せました〜。

で、これはなに?
あs-IMGP6968

ずいぶんでっかく出たこと!

「ピジャージュ」とは、ワイン醸造の用語、もろみをかき混ぜる作業のことですって。。

弟より↓
「ロケットストーブにロースターを付け、葡萄の木を薪にして焙煎した豆を使い赤ワインの醸造,ピジャージュして水出し珈琲をつくります」と。

「おいしい」と、塩山のバリスタさんがお店のメニューに加えられたそうな。
(※甲州市 塩山薬局前のザルツベルクコーヒーさん!)

「撮って、撮って。このボトルも・・これが決めてのピジャージュコーヒー」
いつも楽しげな弟夫婦です。
あIMGP6961


そこへ「木の歯車工房」さん
「夕べのTV 見てくれた?」って。
え〜っ !!
あs-IMGP6970

これ(スマホに一部を撮ってあった)↓

弟のところで録画を見ましょ。楽しみ。

これですね
あs-IMGP6980


あs-IMGP6978


あs-IMGP6983


あ、もうみんなバタバタと撤収作業に!

「こんにちは」三井材木さん
あs-IMGP6974

「おっ、きょうはだんなさん来てないよ」
「きょうは家で仕事中です」
「あれは(最近買ったもの)何に使ったの?」
・・と 会話は・・・割愛・・。

今井さんのところも ほとんど片づけてあって
↓「これ 夫がさがしていて 先日 ネットで買ったばかり」
あs-IMGP6976


おっ、いいですね
あs-IMGP6977


↓いつも写せない(時間切れで)ワインセミナー!
はい、もう撤収
あs-IMGP6985


かつぬま朝市会場入場して左奥特設テント (今度はこっちまわりにしょう)
「かつぬま朝市ワインセミナー」はこちらから。

そうそう諏訪からのお店。「ぜっこうちょうファーム」さん。
看板は掲げてないし売っているものも「ファーム」とは違うみたい・・???
で、 案内所と行ったり来たり・・
でも やっぱり↓こちらでした
あs-IMGP6973

「ファーム」さん?
「野菜はホウレンソウとトウモロコシをもってきたけれど売れちゃた。
あとは大体雑貨」って。そうだったんだ。

お〜お〜、「景色の違う」二人連れ。
(すてきなカップル)
インタビューを慣行いたしました。

「もしかして 今、いらしたんですか?」
「はい」
「9時から12時までの朝市会場です」
「え・朝市?」
・・・
東京からのお客さま、
あs-IMGP6989

(カメラが「下手」。遠慮しないで2,3枚撮らせてもらえばよかった)

ワイナリー巡りをされていたみたい。
「おすすめは?」と問われて ハタと・・
頭の中の地図が揺れている。
近くで「ハラモさん」「池田ワイナリー」丸藤さん・・
すぐそばのメルシャンにはもう行ってらしたって(そのつでに覗いたのでしょう、この会場)

結局は 国道下ってすぐの「中央葡萄酒 グレースワイン」を押し
「縄文人気の今、「釈迦堂遺跡博物館」を見て 
「丸藤葡萄酒 ルバイヤート」もいいですよ」と。

「縄文人気?」と問い直されたけれどひるまず
「土偶女子も来る。土偶はいっぱい、1166体もある」と私。
後ろを向いたら かつての館長さんが笑ってたってた〜

撤収
あs-IMGP6986

↑↓なんか かっこいい
あs-IMGP6990


戦い終わって
あs-IMGP6991


**おまけ**
朝市会場の前の道は、通称「マロニエ通り」
かs-IMGP6930


「マロニエ=セイヨウトチノキ」ではなく「ベニバナトチノキ」の並木ですが・・
実は?
今回は撮ってきました。8/3撮影
実はほとんどついていない・・
かs-IMGP6908


かs-IMGP6909


とちの実笛が作れるかな?

(追加)
※5月の「マロニエ通り」
87c84c81


花「ベニバナトチノキ」

2e451cf2-s


taketake0402 at 23:48|PermalinkComments(13)clip!勝沼朝市 

2017年08月04日

孫と一緒  山梨 2-2

孫と一緒。
 
科学館からの帰り道・・(科学館の続きです)
車の中でお昼寝をして目覚めた孫は
「公園に行きたい。フルーツ公園へ」

運転手じいじは一路フルーツ公園へ。

「初日の出イベント」以外「満車」なんて知らないこと(私にとって)

「下の駐車場でしたら5時まで使えます」と案内されました。

「上の駐車場も満車ですか?」
・・
「上はどうでしょう・・」

「行ってみます〜」
上の駐車場は雲海見物の時に止めるよく知る場所。

空いていました。ここまで来る車は少ないのか。
ここは ばあばが雲海を見物する広場下
雲海を見るところだよ170717IMGP6655


※↓ほら 雲海時↓
甲府盆地は霧の海0001e5e9bc8


しばし 盆地を眺めましょ
↓真正面が「京戸川扇状地」・・・「ばあばが生まれたのは あそこだよ」(と 一応言っておく)ふs-IMGP6658


↓足元を眺めると「ロードトレイン」がやってきた。
ふs-IMGP6657


ふ ロードトレインがやってくるs-IMGP6660

到着 終点です〜。
ふs-IMGP6662


ここで折り返して 本日最終便が出発ですって。
下まで行って戻ってくる・・園内一周しましょうね。
下り出発です。
ふs-IMGP6664


園内図、上にある展望広場から出発です。
mainVisual


↓右に見えるのがフルーツパーク 富士屋ホテル
ここに泊まると(時によっては)雲海見物が出来るよ
ふs-IMGP6665


やがて 噴水広場・・
ふs-IMGP6666


ここは アクアアスレチック
ふs-IMGP6675


孫は ここで「降りたい」と。
このまま園内一周したいのは ばあば。
しょうがない降りましょか。

みんな楽しそうに水遊び。
濡れてもいいから遊んでおいで。

いえ、孫の行きたいところは別にあった。
「わんぱくドーム」
ここです。(出てからポーズ)
s-IMGP6711


中には 滑り台やアスレチック(幼児〜低学年向き)があります。
ふs-IMGP6688


滑るs-IMGP6690


s-IMGP6693


s-IMGP6696


このドームはかつては「世界のフルーツ」を集めた温室でした。
今は風通しを良くして ミストシャワーがところどころにあります。ふ〜
s-IMGP6699


孫ば喜んでいるからいいけれど 私はここに来るたびに
「残念な思い」にかられるのです。

ここは・・世界のフルーツが見られる場所として存続して欲しかった。
維持費が大変なのも理解できるけれど
「フルーツ王国 山梨」の施設として・・

さあ ここからは「常々思っていること」を一気に書いてしまいましょ。
(長くなりますのでスルーしてくださって・・)

***********   *****

そう、この場所はかつては「世界のフルーツ」の温室だったところ。
珍しい花が咲き、珍しい実がなって・・できたら度々きてみたい。年間パスポート券を発行してくれないかなぁ・・と楽しみの場所でもありました。温室のHPでは「今咲いている花」も紹介されていたし・・
それが閉鎖 
たくさんの維持費用がかかっていたかは想像もできますが
「フルーツ王国・山梨」の目玉的存在として残してほしかった。
以前にも書きましたが 知恵者はいなかったのかしら、存続の危機を乗り越えるようなアイデアで
団体バスが来るような所なら維持費用も稼げる・・。
フルーツ公園!
年間を通して世界のフルーツが食べられる(冷凍だって仕方がない・・調理次第)
と・・思っていました。
これだけでは「目玉」にならないなぁ・・

山梨県立美術館は「ミレー」の絵があることで(バルビゾン派の絵画 多数)常設展だけでも 県内外から多くの入場者がきていると聞いています。


ついでに書こう
「山梨県立博物館」のことも
常設展示だけでも人が来るようにならないかしら。
山梨県といえば宝石の県(知る人ぞ知る・・か)
以前に ここに「宝石を集約しましょうよ」と書きました。
甲府の業界(山梨県、というより「宝石は甲府」かな)からクレームが来るかもしれないなぁ・・などとおもいつつ。

でも〜!!
「山梨県立宝石美術専門学校」が移転したと聞いて ここに来ればいいのに!!( ※何年か前まで愛宕山・・科学館へ行く途中にありました)

「防災新館」なんかに(失礼!)に入れちゃった「山梨ジュエリーミュージアム」だって
ここに県立博物館に入れればいいのに・・広いよ〜!

できることなら まわりに「B級ショップ・・わけあり品」もあったり、生徒さんの作品発表の場にもいいでしょ。(売れたら売る?)

来るような気がするなお客様。
私は身につける宝石とは無縁だけれど 様々な「石」には興味があります。
友は「B級品(どこが ダメなのか私にもわかりません)」を「別にこれでいい」と楽しんでいます。本物ですものね

ついでに「印伝」・・印伝博物館は「印伝屋」さんの2階にありますが どうでしょう・・県立博物館内に引っ越してくれないかしら・・・ダメ?
これはそのままでいいか。歴史ある場所ですものね。

そして「武田信玄」にまつわるもの全部の展示。
そのひとつとして「信玄袋」!
(信玄公の絵の中に描かれていたという説もあるので私はその絵をさがしていますが わかりません)
かつて「信玄袋はありませんか?」と問うと
係りの方に「そういうものは 民俗資料館で」と言われてしまったけれど
川越市立博物館には「信玄袋」がありましたよ。
「県立博物館にあってもいいでしょ。信玄袋・・」(と心の中で葛藤)

ま、ごまめの歯ぎしり(歯ぎしりではなく つぶやき、です)

ささ このへんにしておきましょ。

孫が帰ってしまってからは・・静かな日々です  

taketake0402 at 15:58|PermalinkComments(6)clip!あれやこれや 

2017年08月02日

孫と一緒 山梨1-2

8月になってしまいました。

前回のブログの続きです。
岡谷でうなぎを食べて松本入り。
孫を預かってのとんぼ返りでした。

朝が来て
水やりだよ
水やりs-IMGP6599

(※お隣の畑の端っこを借りています。水は松本産の落花生を残しておいて種まきしたものにあげています)

ヒマワリの花を撮りたいって?
ヒマワリ撮るs-IMGP6594

↓はい、これが孫が撮った写真。真ん中の茶色のところを写したかったのですって。
ヒマワリ Ys-IMG_8716


モモも撮って
モモ撮るs-IMGP6596


※↓以下は私が撮ったものです
モモ撮るs-IMGP6598


ん〜 おいしそう。
前日にいただいたから あとで食べましょ。

電柱でカッコウが鳴いているよ。
カッコウないているs-IMG_8715

わっ 飛んできた!
カッコウ飛んだs-IMG_8718

近い近い・・びっくりしたね。

おや こんなところに「コクワ(コクワガタ)♀」
コクワ1707s-IMGP4882


こっちに引っ越しさせてあげましょ(孫、尻込み。私ががんばってつかまえた・)
コクワ1707s-IMGP4884


↓あらこんなところにオニヤンマ(※「オオヤマトンボ」ですって。訂正します。uke-enさんありがとうございました)
色が悪いのはまわりの埃をかぶったためです。
オニヤンマ1707s-IMGP4888


これはじいじが捕まえた・・孫、後ずさり
オニヤンマ1707s-IMGP4889



ちょいとお〜、昆虫図鑑をほしがっているわりには怖がるねぇ

水遊びには大歓声
水遊び1707s-IMGP6603


水遊び170715IMGP6607


このあとは「スッポンポン」になって 水かぶり。
IMG_1885


ささ、行きたがっていた「プラネタリウム」、山梨にもあるよ。
行ったのは7/19(月)・・
どうしてこんなに混んでいるの?
平日だとばかり思っていたら「海の日」だった。ピントがずれているじじばば。

人気の場所は行列、Yくんは空いている場所で楽しんできました。
施設の概要はHP・山梨県立科学館で・・とリンク貼っておきましょ。

入口は二階にあり駐車場からは外の大階段を上がりますが 私たちは一階のこちらから入場しました。
かs-IMGP6644


2017年夏期特別企画展・名探偵コナンの科学捜査展開催中。
(※8/5(土)には「名探偵コナン 握手・撮影会」もあるのですって)
かs-IMGP6648


2階へ 階段の絵模様が科学館へいざないま
かs-IMGP6647


孫が「体験」した 科学館
こういう場所は空いていました。
↓「ちっちゃいYくんになっちゃうね」
ちっちゃい

「へらへらYくん」「太ったYくん」「へん顔Yくん」

↓何?
何が見えるの?何が聞こえるの?
かs-IMGP6627


かs-IMGP6626


↓タッチして答える。こういうクイズも楽しいね。孫はフルーツの問題にチャレンジしていました
かs-IMGP6628


↓メダカ(これは「進化」のコーナーにありました。かs-IMGP6633


↓平気なの?
かs-IMGP6634


回すとわかる関節の動き方
かs-IMGP6635


この骨はどこの骨?
かs-IMGP6636


かs-IMGP6637


さ、プラネタリウムに行ってみよう。
この時間のプログラムは「秘密結社鷹の爪 ジュラジュラジュラシックトラベル」だって。
タイムリーな!
今、Yくんが一番ハマっているのが「恐竜」!
恐竜の時代にタイムタラベルだって。
かs-IMGP6611


前のプログラム上映中。ここで待つのだって
(席の数だけ券を販売しています。ぎりぎりセーフで関確保しておきました)
かs-IMGP6614


階段脇には恐竜の化石が展示されていました。待ち時間はこれを見ていましょ・
かs-IMGP6613



このプラネタリウム、 私は何年か前に「おかえり ハヤブサ 」を見た以来。
(夫はここは初めて)
あの時の感激を思い出しながら・・

お〜、全天周的に大迫力の恐竜の世界。
目の前に ど〜んと恐竜の足が下されます。
館内の右から左いっぱいの恐竜の大きさにクラクラ・・

「こわかったらじいじにつかまっていてね」と言ってあったけれど 怖がることもなく
見入っていました。

「すごかったね。大きかったね」
「○×△サウルスが・・」とYくん。4歳児の記憶力はすごいですよね。

館内でお昼を食べ終わると もう一回展示室に戻りたいと。

あ、あった。これ?
かs-IMGP6617


シャボン玉のところも行列解消していたので いっぱい飛ばしたり ジャンボシャボン玉の中にじいじと入る。
フラフープみたいな輪っかにシャボン玉液がついていてロープを下げると大きな膜の中
≪写真では見えにくいですが・・)
かシャボン玉に入るs-IMGP6640


ささ お昼寝の時間ね。帰りましょ

話はもどって書いておきましょ。
科学館
「どうしてこんなに混んでいるの?」は駐車場が満車だと聞いたからです。
麓の臨時駐車場からバスでピストン輸送をしてくれていました。
これは ラッキーなこと。
科学館は愛宕山にあります。
科学館の駐車場ってゲートから道路沿いにずら〜っと続きます。ゲート近くの駐車場ならかなりの距離を歩くことになります。この暑さの中を・・ふ〜っ

赤いのが駐車場。左端の科学館までてくてくてくてく。
黄色い線は科学館正面につけてくれます。
らくらく


バスの中から富士山をながめ
かs-IMGP6609

↓道路に沿った駐車場 ここから歩くのは「遠いね」
かs-IMGP6651


※孫が持参の「動く図鑑」
動く図鑑

DVDを見ながら「キョウリュウ サバイバル! いきなり○×△サウルスがおそいかかったぁ」と先読みします。Yちゃん劇場 
IMG_1900

以上 ばばばかアップの追加画像

「業務連絡」
オニヤンマ
「通常池にはいない」とネットで見て・・以前ブログアップしていた「オニヤンマ」も心配になりました。
この方のブログで
(辺コメにも書きましたが 「通常」はない時もある・・かも)
特に心配のブログ
以前のブログ

その時の「自分の中ではスクープ写真)↓
オニヤンマ産卵121009のブログ88b3d8a8


taketake0402 at 00:30|PermalinkComments(13)clip!博物館 | 生き物

2017年07月27日

信州 岡谷でうなぎ

7月25日(火)は 土用の丑の日・・スーパーの店頭の特別テントの中では「炭火焼」焼きたてと、煙と香りと試食で誘っていました。
「今年は岡谷で食べてきたばかりだからパス」と言いながら(結局は買ってきたのですが、そのことは後の話にして 「岡谷のウナギ」!
(土用の丑の日に繋げて・・これでお蔵入りブログにならないぞ)

7月14日のことです。
松本の孫を預かるために今回は日帰り信州行きです。

夫が
「岡谷でうなぎでも食べてから行くか」とチョウ珍しいことを言います。
うなぎは苦手だったのでは?おまけに岡谷のウナギ??
私は知りませんでした。
「岡谷のうなぎ」は「有名」だと。

鰻と言えば「浜名湖」とばかり思っていたのに
何年か前に 川越に行ったら「鰻が名産。江戸時代からの老舗が・・」と。
驚いてしまいました。

あの時にも話題になったけれど 夫の実家近くの川でも昔は太いウナギが取れたって。
海から直線100kmもある山の中・・「うなぎ登り」を繰り返しながら 富士川をあがってきたのでしょう
(※「うなぎ登り」の語源を納得したのは この時でした)

さ、前置きはここまでにして。
行ったお店は「隸川魚店」
(お魚屋さんみたいな名前ですよね
うs-IMG_8703

肝は二人で一皿。
うs-IMG_8702


外観は

うs-IMG_8692


入ってみるとショーケースの中はワカサギなどの佃煮類が並んでいました。
鮮魚屋さんではない。

??

左隅っこに「割烹はこちらから」と案内がありました
うs-IMG_8705


もうちょっと写真を撮ってくればよかったのですが 割烹の方は奥には座敷席 手前は椅子席で広さがありました。

↓直前チェックした「食べログ」で「金丸信さんが愛した店」と・・
「政界のドン」と言われた あの、山梨県出身の金丸さんが?
運転中の夫に読み上げると
「高い所は(お値段が)パスだぞ」と。政治家さんのお気に入りなんて なんとなく「料亭」的で敷居が高いイメージです。
「食べログ」を続けて読むと 驚くほどの「高さ」はないみたい。どっちみち「うなぎは高い」・・

金丸信さんの書はパチリ
うs-IMG_8694


うs-IMG_8693



「隸川魚店」「その歴史」をリンク

「うなぎのまち岡谷」パンフ
うs-IMG_8697


おいしく「ごちそうさま」
おなかがいっぱいになりましたが がんばって食べきってきました。
意外に甘くこってりとしたお味付け・・岡谷のかば焼きは「甘い」と どこかに書いてもありましたっけ。

あ〜 夫の気が変わらないうちにありつけてよかった「岡谷のうな重」

と、いうのも・・
どこでもいいぞ、と一任され 決めておいたのが 諏訪市美術館近くの鰻屋さん。
食べログに「身の厚さがすごい」と書いてありました。
おまけにあの界隈はかねてから行ってみたい湖畔・・

でもね。
「いつもの道」を
「そこを右!」と案内すると「あっち岸は混むからダメだ」って。
あわてて ネット検索。
早くしなければ「岡谷」を通り過ぎてしまう。

「鰻 水門」!
ここならわかりやすい。評判も上々。
橋を渡って右・・そのまま 「水門」と名前のとおり水門近くみたい。

ぎりぎりセーフ(直進されたら鰻はあきらめ・・)で橋を渡り右に水門をみて・・

あ、ついた!
広い駐車場は満車?でもお店の真ん前が空いている。ラッキー!!
もうもうと煙が出てきているその香り〜
うs-IMG_8687


満足げなお客様を横に見て・・入店

はい?
「お昼の鰻は完売」だと?
が〜ん 
うs-IMG_8690


夫は「どこでもいい」と言っているのに 途中にあった鰻屋さんを素通りし
「シルク博物館に行く」と・・

かば焼きは???
必死に検索する私 

「そこ! シルク博物館へ行く方にある!」
「金丸信さんが愛した店」・・で
「高い所はパス・・」に話は戻るわけです。

よかったよかった 間に合って。

IMGP6900


おいしくいただいて「シルク博物館」(正式名称は「岡谷蚕糸博物館」ですね)へ。
前に一度見学して その施設、学芸員さんの丁寧な説明に感激したものですが
今回はそんなに時間がとれないはず(孫を保育園に迎えに行きますので)

夫の目的は
「松本クラフトフェアで桑の苗木を売っていた」とタッジーマッジーさんの記事を見て
「枝垂れ桑」の苗を手に入れたい・・情報ゲットのためですって。
↓枝垂れ桑の木
うs-IMGP6576


うs-IMGP6577


「松本にある 日本○○にきいてみればわかる」と情報ゲット。
「あら 日本○○って (神奈川に住んでいた時に)お隣の御主人が勤めていた会社ね」
と話していたら 博物館の女性が走ってきて
「すみませ〜ん、 日本△△」の間違いです〜」って。
松本の会社に問い合わせてみましたが 残念ながら「枝垂れ桑」の苗はない・・とのこと。

ささ 松本へ!

そうそう この日も御多分に漏れずに「不安定な天気」
時間をさかのぼって・・
県境では ものすごい雨
s-IMG_8683


s-IMG_8684


富士見峠を越えると雨もなく 岡谷でうなぎ・・

そして「山麓線」

山麓線14時19分-IMGP6580



孫を連れての帰り道
松本城を横目に一路山梨へ・・
IMG_8709


山麓線をひた走り
IMGP6588


↓あの光るものは・・松本空港方面かと。
IMGP6590






7/25・・土用の丑の日
東京でのランチは中華だったので やっぱり夕飯はちゃちゃっと食べられる鰻で。。

こんなシールが貼ってあるもの選びました。
うs-IMGP4891


うs-IMGP4893


実は・・
お店の中で売られているものは「一品2割引券」が有効なので 外の「焼きたて」は我慢我慢・・。

東京でのランチ?
これはまた次の機会に・・ず〜っと先のブログで。
まだ 孫との生活がアップしていないのですもの・・。 


taketake0402 at 14:58|PermalinkComments(11)clip!信州 | あれやこれや

2017年07月17日

裏山ウォッチング

青山椒(山椒の若い実)を取る時期かと「お山の家」に行ってみました 7/13。
あら まだ早い・・↓
サンショウ17071s-IMGP6543

もう少し膨らんできたほうがいい。
けれど 中の種が黒くなってしまったら それはもう遅過ぎ(好みにもよるでしょうか)
そのまま秋までおいて収穫し乾燥山椒にします。
青山椒は取ったら冷凍庫で保存しています。

ついでの裏山ウォッチング。
コアジサイは終わってヤマアジサイの咲く頃かと・・
↓ヤマアジサイ。今が見頃です。
ヤマアジサイ170713s-IMGP6485


ヤマアジサイ170713s-IMGP6482


半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育しているので別名「サワアジサイ」ともいうと。

毎年同じことを書いていますが・・
ここはアジサイの咲く道。
(コアジサイは右上の方に咲きます)
コアジサイが終わって ヤマアジサイ・・しばらくしてタマアジサイが咲いてきます。
写真左がわ、下には川が流れています。↓
ヤマアジサイ170713s-IMGP6484


タマジサイはまだ小さな蕾
タマアジサイ170713s-IMGP6506



右の擁壁が出来て多くの花を消しました。
残っていた花々も刈り取られ かなりさみしい・・

あらここは草刈りがされていない。
オカトラノオ1本!!
オカトラノオ170713s-IMGP6494


まあ けなげなこと
オカトラノオ170713IMGP6495

オカトラノオは裏山入り口には大量に咲いていたものだけれど ある年に突然すべてが刈り取られ・・
えっ〜っ!!ハルジオン感覚で刈り取ったらしい(ハルジオンさん失礼)
確かに「庭に植えては増えて困る花」のひとつになっているとか・・。
一方では「なかなか増えない」とも

1本・・ダイコンソウのまん丸花もこれ1本。
ダイコンソウ170713s-IMGP6492


コマツナギ
コマツナギ170713s-IMGP6501


この先のコマツナギに「ミヤマシジミ」がいたことがあったけ。
でも害獣柵から外へは行ってはいけないときつく言われていますので ここで引き返し
引き返しs-IMGP6493

こっち側にもコマツナギだって シジミチョウが・・
上を見上げる

チョウ170713s-IMG_8641


確かに飛んでいる。止まってる!
チョウ170713s-IMGP6515


チョウ170713s-IMG_8647

あら これはコマツナギではなくハギ
ナンテンハギにはアサマシジミが来ますよ、と教わったっけ。
でもこれはナンテンハギとは違う・・と思う。

で チョウは ちゃっちゃっと望遠。
ルリシジジミ170713170713IMG_8656

↑はルリシジミ・・。

ちょいと残念な気持ちで歩いていると 先に黒いチョウ。
いつも忙しく飛び回っていて私のカメラには収まってくれなかった。
まあゆっくりとしていること。ここの花が咲き始めたものね。
遠くから一枚
IMGP6525


IMGP6542

近づいても気にしないで吸蜜。オナガアゲハ♀ですね。
オナガアゲハ170314IMGP6536


そういえば 先日 夫がチョウを「飛べないのかなあ・・防水シートの水たまりにいた」
と・・
ナミアゲハ170710IMG_8599

「あ、飛んで行った」
「我が家の『家つきチョウ』かなぁ 大丈夫かなあ」と心配する夫。
次の日に
「あ、来た」と夫・・カメラをもって飛び出すのは私
ナミアゲハ170713s-IMG_8638

「きのうのアゲハか?翅がちぎれているか?」と夫。
「健康体です!」・・ちょっとお、私にそんな心配してくれたことあったっけ?
削除。

話をもとに戻して・・裏山へ。

コアジサイの様子もみてこよう
コアジサイ170713s-IMGP6474


香りは・・しない。
コアジサイがいい香りをすることは今年初めて知ったことなので 来年の開花が楽しみです。でもシカが食べているようで今年のコアジサイはさみしかった・・・。
先日も この近くで小鹿を見たものね。害獣柵の中です。

この下に咲いたフデリンドウは今はなんの姿もとどめていない・・あれも一つのスプリングエフェメラルかと思ったけれど違うのですね。「定義に反する」

あら イチヤクソウ・・!!
イチヤクソウ170713s-IMGP6460


イチヤクソウ170713s-IMGP6476


何年か前に突然のようにたくさん咲き、咲いたとたんに持ち去られ(た と思っている)
消えていたイチヤクソウですが、確か昨年に2,3株が花を咲かせて喜んでいた私です。

消える花あれば やってくる花あり・・上のイチヤクソウもそうでしたが。

畑の隅っこの「ヒメコウゾ」・・いよいよ赤い実になりました。
ヒメコウゾ170713s-IMGP6569


「食べられる」ときいていたので 口の中に入れてみました。
「甘い・酸味なし、野イチゴと桑の実に近いような香り・・」
ヒメコウゾ170713s-IMGP6571

少しだけ摘んで帰りましたが 家人は誰も口にしませんでした〜
この写真ではわかりませんが 一粒一粒から出ているヒゲみたいのが異様だって


オダマキは・・・
「昔っからのオダマキ」・・キバナノオダマキはまだ咲いていました
キバナノオダマキ170713s-IMGP6553


濃い紫色のオダマキは 近年「やってきたもの」・・同じく畑の隅っこに咲きます
オダマキ170713s-IMGP6572


「オダマキ」・・道端にいっぱい増えているオダマキ(園芸種?)はもう種を飛ばします。
オダマキ170713s-IMGP6574


ヤマユリはつぼみが膨らんで もうすぐ開花ですね。
ヤマユリ170713s-IMGP6545


ヤマユリ170713s-IMGP6544


***おまけ***++

「嘆きの雲」と名付けました。
嘆きの雲170705IMGP4854


嘆きの雲170705IMGP4856


「あ〜 嘆いていてもしようがない」↓
嘆きの雲170705IMGP4857


taketake0402 at 23:49|PermalinkComments(11)clip!生き物 | 植物

2017年07月12日

孫と一緒 松本#2

庭のカワラナデシコが咲き ナナカマドが咲き始め・・・
s-IMGP6407


ナナカマド1707s-IMGP4871
s-IMGP6407


7月になって七夕様も終わり きょうはもう7月も12日・・

せっかく書いた「孫と一緒 松本#2」をうっかり消してしまい 意気消沈・・
ブログをさぼっていました。

遅くなってしまいましたけれど 「お蔵入り」にはしないぞ「孫と一緒 松本#2」

「松本#2」は 6/25(日)のこと。

「天気予報通り雨が降っているね。晴れ男、じいじの威力はどうかな?・・」
と 話していた7時ちょっと過ぎ
TV画面、ケータイ、各スマホから「緊急地震速報」の警戒音が鳴り響きました。
ドアを開け 身構えて揺れるのをやり過ごしました。
「長野県南部 震度5強」
松本は震度3・・物が落ちてくることはなかったのですが恐ろしいことです。

この日の子守りは 雨でも行ける館内遊び、「松本市教育文化センター」に行こうと決めていました。
「松本市教育文化センター」の中の科学館は「下見」済み(前回 孫を連れて行ったら着く前に眠ってしまったので 私一人でチェックしてきたのです)

以下 科学館内部のことを 孫、Yくん中心の写真で「紹介」

出迎えてくれるのは この「じゃんけんロボット」
プs-IMG_8375


ちょいと「昭和のかおり」
そう、「ロボット」といえばこのデザインでした。
ゆっくり動作と説明で「じゃんけん、ポン!」のタイミングがつかめません。(大きなボタンを押せばいいのですが・・)

孫Yくんは↓
科学館s-IMG_8373

コロコロと転がり落ちる玉の行方を不思議そうに追っていました。

↓うちわをかざすと音が変わる・・不思議だね。
科学館ss-IMG_8377


↓なんだかわからないけれど一生懸命ハンドルを回す
科学館ss-IMG_8378


↓「パイプホン」
 塩ビパイプを「ハエ叩き」みたいので叩くと音階が・・
これは 変化がわかり楽しそう
科学館ss-IMG_8381


↓不思議な部屋
Yくん、シャツのロゴや靴の模様が光っているよ

不思議な部屋IMG_8393


↓写っていない? 孫と私。
パシャッと写される瞬間にとったポーズが「影」のかたちで残される
不思議な部屋科学館ss-IMG_8384

我が娘たちが子どもだったころ、家庭でも遊べるこのおもちゃがありましたっけ。
私は「レントゲンをとっているみたい」でなんだか不安になった覚えがあります。

お〜「新らしき」ロボット、アイボくん。
この前は「入院中」だったけれど退院してきたんだ。
アイボIMG_8376



アイボs-IMG_8398


せっかくのアイボくんだけれど私には「遊べなかった」
どんな風に反応してくれるんだろ
「こんにちは」
「こっちに来て」
・・・・知らんぷり。
孫は 向こうへ行ってしまった。

私は つくば万博で出会ったロボットを思い出していました。
小さな子が「歌って」というと
ロボット「何を歌おうか」
子「○○△△♪〜」
ロボット「うん 歌うよ〜 ○○△△♪〜 △○♪〜」
みんなで拍手
別の子が なにか悪いことを言ったら 怒って「しらない!」と後ろを向いて行っちゃった。
「大人」の私は どこから覗いて遠隔操作しているんだろ」と 遠慮しつつまわりをキョロキョロ。
不思議でした〜。

私にも一緒に遊べる CDコマ。
CD盤に絵を描いてビー玉をはめてまわします
いっぱい作ったっけ。
「○○コマ」

s-IMG_8380


ついでに・・↓これなどを作りました。今度Yくんと作ろうかな。


私は「下見」の時には 「教育都市 松本」にしては 古めかしい科学館だと感じていました。
佐久市子ども未来館の方がいい・・なんて思っていたのです。(ネットで見たのですが)
でも 孫の様子を見ると これは「科学館」の基本かと・・

「不思議だな」と見る目がいいですね(やっぱり孫、ばばバカか)

そして この科学館にはプラネタリウムもあり
ちょうど 子ども向けの「おおぐまざ・こぐまざ」のお話しをする日でした。
そして「きょうの松本の夜空」も。

始まる前に写させていただきました。
科学館ss-IMG_8388

「はやぶさ」の姿を映し出していました。小惑星イトカワも見えます。
科学館ss-IMG_8389

山梨県立科学館のプラネタリウムで 『はやぶさ』の映画を見た時には 人間は出てこなかったけれど頑張ったその姿に涙したものです。
” オカエリナサイ、そして、お疲れさま、ハヤブサ!! ”

おっと 話が横道に・・

プラネタリウムを出たあとも もう一度遊びたい、と科学館に入る孫。
やっぱり来てよかったね。

お昼はママと待ち合わせて Yくんの選んだ「ビッグボーイ」
ママは「お肉を食べたいのなら別のお店で・・」と言っていたけれど いいの、前にYくんと入ったことがあるから・・。

いっぱい食べて
「誕生月のサプライズ」
・・yくんは6月で4歳になりました。
お誕生日s-IMG_8403

これは もう渡してあったけれど
おばちゃん「め〜め」が ちょっと豪華にラッピングしたもの。
おめでとう4歳s-IMGP6200

プレセントしたものは 戦隊もの・・車が「なんとかジャー」に変身していくものです。
写真なし。

山梨への帰り道は・・やっぱり下道で・・
ファーマーズガーデンうちださんで見ておいた苗を買っていかなければ・・と夫。
あら、残念でした。
もう落花生の苗は「売り切れ」
でも なんだか いろいろな苗を抱えていました。
「ヤマアジサイ」
松本からs-IMGP6298

「サラサウツギ」
松本からs-IMGP6297


↓「瀕死状態じゃあないの?」と言う私に
「これは『真っ赤なルバーブ』かもしれないぞ」と夫。・・お山の畑に植えてきました
松本からs-IMGP6295


↓蔦木宿でもイチイの苗を買っていた夫。
松本からs-IMGP6294


私は
松本帰りs-IMG_8421


「ほぺ落ちソフト」
限定「赤いルバーブジャムとヨーグルト入り」ですって!!これに決まり!!
松本帰りs-IMG_8422


カップの底にヨーグルトとルバーブジャム(真っ赤なルバーブジャム)が入っているというので・・ちょっとかき混ぜて↓パチリ
松本帰りs-IMG_8424

おや あの方も召し上がったのですね
甘くてほどよい酸味・・と〜ってもおいしかったです〜。

往き道で買っておいた「真っ赤なルバーブ」
松本からs-IMGP6301


さて 手に入らなかった落花生の苗のことですが。

私は 昨年ファーマーズガーデンうちださんで買った生落花生を保存して種まきしておきました。
うちださんで買っているときに お隣の女性から「それは 少し残しておいて風通しのよいところで乾かして来年蒔けばいいんですよ」と教わりました。

ほら もう花も咲き・・収穫が楽しみ楽しみ

s-IMGP4863


IMGP4867


↑落花生「おおまさり」・・大きい粒で驚いたものです。
もう少しあってもいいと苗を求めたのですが・・残念。
でも売っていた苗は「おおまさり」ではなかったような・・

送信!



taketake0402 at 18:05|PermalinkComments(9)clip!信州 | あれやこれや

2017年07月03日

かつぬま朝市 2017年7月

「えへへ 梅雨の真っ最中なのに第150回かつぬま朝市曇りしてやったり」
これは 「かつぬま朝市」トップページでの会長さんのことば。
ようやく梅雨らしくなってきていて この日の早朝も雨が降っていたのですがいつのまにか雨も上がり「かつぬま朝市開催中」は「ノーレイン伝説」どおり。

えっ?150回!
あぁ、もう150回!!
月に一度の開催で・・何年間続いているんだろ、え〜とお正月だけはお休み・・それに雪のため開催できなかったこともあったけ・・
算数しているよりHPから。
「平成15年4月四季の里公園にて第1回かつぬま朝市を開催」ですって。
「かつぬま朝市はこんな朝市です」より。

本当に「ありがとう、かつぬま朝市」


↓「囲み取材」を受けている(?)会長さん。
あs-IMGP6357


ゴミ(あ、落とし物)を拾っている会長さん
あs-IMGP6344


「片腕」さん、サポート隊のみなさまも紹介したかったこと。

さて、私は先月のブログで

この「あ」の標識は 通路の番号だったのです。
「あ」「さ」「い」「ち」
(あ、写真がない・・)


で、そのままになっていました標識、今回は撮ってきました。
↓「あ」(もしかして新品標識かも)
あs-IMGP6314

「あ」の通路にはね
↓こういうお店が並んでいます。
あs-IMGP6317


あs-IMGP6318


「あ」の次は「さ」
あs-IMGP6320

「さ」の列のお店
あs-IMGP6319


次は「い」、そして「ち」・・・
そちらに行く前に「さ」から 見ていこうっと。またまた遅く出かけた私には「時間がない」

サポート隊のHさんに会ったのでご挨拶
私「きょうはテーマを決めてきたの。行列のできる店、売り切れのお店を中心に撮ろうと思って。・・・ワインでしょ、日々さんでしょ、パンやさん 餃子屋さん・・」
Hさん「日々さんはお休みですよ。桃でいそがしい。ワインはもう販売しないとこになったし・・」
私「えっ〜!!!?? あんなに人気があったのに?」

↓ワインのお店、テーブルの上に張り紙がありました。
「お知らせ」・・
0P6343


「販売体制の見直し」・・ですか。
会長さんの撮られた開催情報の写真を見たら 早朝からお見えになった方もいらっしゃったみたい。
せっかくの人気ワインなのに残念ですこと。
気兼ねなく飲める「ワイン」・・ではなく 懐かしの「ぶどう酒」(昔、勝沼では一升瓶のぶどう酒が主流、ハレの日には「日本酒」でした。だいたい・・父は下戸でしたが)

で、そのHさんのお店、奥様が売りこをしています。
私「さっき シカのうちわを買ってきたの」
Hさん「それはありがとうございます!!」

さて、「シカのうちわ」とは・・・

↓「イベント限定 シカのうちわ 3本入り500円」
あs-IMGP6333

私なんか
「イベントで鹿のうちわを広げて楽しむの?」なんて解釈してしまった」

あははは
「うちわ」とは「シカのふくらはぎ」とのことで 製品は「アキレス腱からふくらはぎ」まで使った ワン君の「おやつ」だそうです。
買っていった方は「ウチの○○なんて もうそりゃあ楽しんで・・」と・
あれが「リピーターさんというものですねぇ。
私も 義弟のところのジン君のために「シカ肉ジャーキー」や「シカの耳ジャーキー」を買っているのです。ジン君も義弟もそうりゃあ喜ぶこと。
今回は「うちわ」で!

「シカのうちわ」で検索したら このHさんのHPが一番にヒットしました。
「ワンさまニャンさま」これです。
「シカのうちわ」の写真をお借りしました↓
111660190

で、Hさん このHPからもおわかりのように「SatoYama Style合同会社の樋山さん」
東京からやってきた若者です。
(弟の知り合い、で 私も「知り合い」)

「あの十割豆腐」っていうのも気になっているの」と私。
十割蕎麦はそば粉十割、小麦粉は使っていない・・お豆腐って みんな「大豆」じゃないかと・・
樋山さん
「あ、あれは大豆丸ごと全部、おからも出さない豆腐ですよ」
あ、そういうことなの それなら 行ってみてこようと・・
ありがと 樋山さん。情報いっぱいいただきました。

↓十割豆腐 (旗がずれて千割豆腐に見えてしまっていますが)
s-IMGP6337


「十割豆腐」・・こだわりの豆腐のことをお聞きしました。
「国産大豆を胚芽まで丸ごと超微粒子の大豆パウダーに粉砕して・・
以下 ホームページをリンク
十割豆腐

↓(実は苦手な豆乳)・・試飲して
「あ、おいしい!」
あs-IMGP6336

夫と娘は朝は豆乳を飲んでいますが私は苦手・・でも この豆乳なら苦手な独特のかおりは消えコクはあってもさっぱりとしていておいしいいこと。

豆腐は3種類を買ってきました(朝市特別価格だそうです)
肝心の写真がない!

せっかくだから記念写真を!なんてお店の方の写真を撮ってしまいました〜。
あs-IMGP6339



↓楽しそうな会話が聞こえていました。気もちよさそう〜!!
あs-IMGP6323


あs-IMGP6324



ムートンのお店。
あs-IMGP6326


暑い時にもムートンを!
IMGP6325


私は以前に、こちらのお店で小さなムートンクッションとかムートン(端切れ的なもの) それにいつかは ちびっこ店長さんもいて べっちゃっとくっつくおもちゃを買った覚えがあります。
「あ〜 あの子はもう高校生になります」って!

「革屋ですので印伝も作っています」・・甲州印伝(鹿革に漆で模様を付ける伝統工芸)
あs-IMGP6327


もちろんムートンクッションも
あs-IMGP6328


そして 甲斐絹(かいき)の端切れも目立っていました。懐かしい時代の模様です
あs-IMGP6330




次!
あら〜 オートバイ!! 車は売っているけれどオートバイは珍しい(と思う)
あs-IMGP6340


「ハーレーダビットソン」だって!!
あs-IMGP6342


欲しい人、いっぱいいそう・・。

私、今回も集合(夫との待ち合わせ)は11:30。 急がなければなりません。
あと10分。
夫に会ったので 「あと10分あるね」と重い荷物を持っていってもらい
重い荷物
↓「甘夏」・・静岡からの出店で
あs-IMGP6321


あs-IMGP6322


ごつごつして見てくれはいまいちですが 以前にもこういうのを買ったことがあり 懐かしい甘酸っぱさがとてもいい(夏ミカンほど酸っぱくありません)
もっと買ってくれよかったな。

その隣のお店(静岡から・・いつもの「金龍丸さん)で 買った「お買い得」のウナギのかば焼きと蒸しあさり、そして豆腐と豆乳・・
車まで持って行っておいて、お願い。私は 「くわがったん」を見てくるから・・夫の手元の荷物も気になりつつ・・

「くわがったん」のお店。
先に目に入ったのが↓これ
あs-IMGP6376


琉球スズメウリの苗です
あs-IMGP6375


私は蒔くのを忘れていたので「お買い上げ」

さて けん坊くんの作品
アゲハ
あs-IMGP6363

まっ、「父の日のプレゼント」ですって!!
あs-IMGP6364

特別に「何アゲハ」ではなく黒いアゲハのイメージで、ということです。
見事ですね〜。

「マンモス」
切り抜かれた紙だけ見ても仕上がる作品が・・想像できない。いつもの感想ですが・・。

パパさんの説明
切り抜いたものをこうして
あs-IMGP6367


折りあげて
あs-IMGP6369


こう重ねていって
あs-IMGP6370

こうなる
あs-IMGP6371

マンモスの毛一本一本がまたすごい。
この写真では伝わりにくい。

中学生になったけん坊くんです。もう「くん」なんて失礼なような・・
2014年のTV取材の時の写真 ・・これは見なかったなぁ、見たかったこと!
あs-IMGP6365


「カタツムリ」
あs-IMGP6373

「カマキリ」
あs-IMGP6374


夫の「荷物」はまた器・・こうとく窯さんから↓
0s-IMG_8527


以前に買ったものと同じようですが このコーヒーカップは「私、take用に」ですって。
これで「お揃い」になりました。
↓こういう「曜変 窯変、ようへん??」も見えるのが楽しい
0これIMG_8524


最後に「おことわり」
「孫と一緒 #2」を書きました。書いたのですがアップするところで×閉じるボタンを押してしまって 全て消滅
ショックのあまり・・そのまま手付かずで
先に「朝市ブログ」を書きました・



taketake0402 at 23:19|PermalinkComments(12)clip!勝沼朝市 

2017年06月29日

孫と一緒 松本#1

松本に行って 孫の子守り・・・
6/23(金)保育園のお迎えからスタートです。

山梨を早く出て諏訪湖あたりを見物してから松本へ入ろう・・
との計画はつぶれ とりあえずお迎え時間に間に合えばいいと、高速道路ではなくまたまた一般道でゆったりと・・。

山梨県を出たとたんに思い出したおみやげ「信玄餅」!
孫の好物なのです。

「蔦木宿道の駅で売ってたはず」と夫。

売っているのですねぇ・・買いました。
ついでに「真っ赤なルバーブ」も買って松本の家でジャムにしよう(写真なし)

↓蔦木宿(帰り道に撮ったものですが)
松本帰りs-IMG_8420


諏訪湖は タッジーマッジーさんからお聞きしていた通りにほんとに緑色。
諏訪湖170623s-IMG_8187


浄化作戦も大変そうです。

塩尻峠を越え
塩尻峠170623s-IMG_8190


気持ちの良い「山麓線」を通っていきます(前回は どこかが工事中とかで迂回させられ、どんどん狭い道になり不安だったこと)

曇ってはいても いい風景です
松本へ170623s-IMGP6289


雲の間からさす光。光のカーテンのよう。
松本へ170623s-IMGP6290


麦とお蕎麦の花
山麓線170623s-IMG_8196


s-IMGP6287


市街地の渋滞が心配だったけれど まずは「引き取り」いえ「お迎え」
いつも感じるのですが 松本の信号って長いような・・。

お豆腐買ってから帰りましょ。
日本一おいしい豆腐屋さんで。
「ソフトクリームも食べたい」って 孫Yくん。
パパ、ママと来た時に食べたって。

↓お豆腐屋さん
お豆腐やさん?
カフェ?みたいなお豆腐屋さん
s-IMG_8210


あるあるソフトクリ−ムも!
お豆腐170623s-IMG_8209


おいしく食べて
お豆腐170623s-IMG_8205


おいしい水で手を洗い
お豆腐s-IMG_8208


「今夜はお豆腐三昧」
お豆腐170623s-IMG_8212


「富成伍郎商店」
リンクで 店内の様子もわかるブログ
あ、「試食も出来たおとうふメンチカツ。216円」ってありますが 私が買った時には118円。でした。



6/24(土)朝がきて
パパとママは早くから「お仕事」。
お子守りスタートです。

「Yくん どこへ行きたい?」
・・!うっかり訊いてしまったしまったものね
「松本空港!!」
どんだけ好きなの「松本空港!」

ちょっと前のママとの「業務連絡」では
「じじばばと釣りに行きたいって言っているよ。 池田町とか青木湖方面にあるみたい」と。
(内心、それならラーメン屋さんセーブリックさんに行ける、と     http://blog.livedoor.jp/nonko0127/archives/55667718.html勝手にリンク )
釣りはホイホイと釣れる「ゲーム」ではないし、水の事故もこわい(私ら夫婦はカナヅチ同然)

やっぱり
「松本空港へ行こう!!」
早めに出たので 時間つぶしの場所を探してウロウロ。

信州スカイパーク ファミリースポーツゾーンにバッテリーカーを「発見」

あまりの上手な運転にじいじも舌を巻き「ばあばより上手ではないか」と・・
動画ばかりを撮って静止画を撮るのを忘れていた。
空港へ行かなければと 移動しかけて振り向いてパチリ↓ バッテリーカー、一部です。
松本s-IMG_8225

Yくんのお気に入りは↑には写っていなかったスピードがでる車でした。


松本空港
松本s-IMG_8230


きょうは何色の飛行機が来るのかな?
いつもの「当てっこ」です。

じゃ〜ん!
やってきたのは「ピンク色」
松本s-IMG_8255


福岡発10:05 松本着11:35
そして点検整備されて 札幌へ向かいます。
松本発 12:00 札幌着 13:30 
松本s-IMG_8257

その間に小さな飛行機も飛び立ち
松本s-IMG_8271

あちらには ヘリコプターも見えます。

暑い!
干ぼしになりそうです。

帽子を忘れてでかけてきたので 雨傘をさして・・
松本s-IMG_8260


日傘をさす経験はあまりないのですが 
「いや〜、 あるとないのではこうも違うのね
じじばば孫、傘の下、空港を吹き抜ける風を感じながら 整備点検を眺めます。

そうそう飛行機が来る前に土産物屋さんで買いました。
FDAの飛行機モデル。
Yくんはシルバーにするかオレンジにするか迷った結果 買ったのは「オレンジ」
松本s-IMG_8235


休憩室でジュースを飲みながら・・ふと手にした雑誌
松本s-IMG_8245


「大町」特集です。
見どころ食べ処満載・・
あ、そうそう この朝じいじは「黒部ダムに行こうか」とも言っていたのです。
「行きたいけれどダメダメ。真夏の格好しかしてこないかったもの」と私。
黒部も大町市だった。
あら これは↓
以前に行った「わちがい」さんに みさと64さんのブログで見た(?)「松葉ずし」さん
松本s-IMG_8246


さすがに信州 お蕎麦屋さんも満載
松本s-IMG_8247


ささ 松本空港を出たら 朝日村のお蕎麦屋さんへ出発です。
そう、やはり
みさと64さんのブログ 「朝日村のお蕎麦屋さん♪」で見たお蕎麦屋さん、「ふじもり」さんに行きましょ。

f8b3cf3f9ff516337b1d6eec94dd0552

(↑の写真もお借りしました)

築100年の養蚕農家だったとのこのお家、板張りのお部屋で(奥には畳敷きの部屋もあったみたい)ひんやりと気持ちいいこと。
↓これこれ・・
(気持ちいいもんね)
ふじもりss-IMG_8291


↓吹き抜ける風にカランコロンと鳴る竹筒風鈴(?)低い太い音が この家に合っている・・
ふじもりss-IMG_8313


「お待たせしました〜」
がっつくYくん。蕎麦も大好きです。
ふじもりss-IMG_8309


ふじもりss-IMG_8315

あ、カメラはついつい孫に向け・・

この日 食べたものは
私とYくんが「玄そば」(十割そば 細打ち麺)
じいじは「にしん蕎麦」(5日間もかけて ゆっくりと炊き上げたにしんのおいしいこと。
身欠きにしんは夫の大好物、ほとんど毎日のお酒の肴に出します・・最近はソフト身欠きにしんでちゃちゃっと煮てしまう私)

そして 天ぷら
ふじもり てんぷらs-IMG_8306

写真あり、で ほっ。
内容は・・長いのがアスパラ、シシトウ、人参、肉厚なキノコ?それに・・え〜と。

そして 蕎麦がき
つぶつぶ感が残る方をを注文しました
ふじもりss-IMG_8294

蕎麦の香りが口の中に広がり〜〜おいしかったぁ〜

ふじもりさん 
「大切にしていること」
大切にしていることs-IMG_8284

HPにもありますが
「ここは標高800メートル以上ある、昔からお蕎麦が食べられていた山里。
ふじもりは朝日村の休耕田を利用して、そばを自家栽培している、畑とつながったお店です。

無農薬、無化学肥料で栽培。品種は在来種の常陸秋そば。無農薬の畑はきれいで気持ちいいです。春のあぜには、ふきのとう、のびる、のかんぞう、つくし、よもぎなど摘草料理も楽しみます。
草刈りは大変難儀ですが、微生物や虫や鳥たちもいっぱいの豊かな土となってゆきます。
それは、森の動物や、山の環境、海の環境につながる命の循環。
持続可能な生活環境を作りながら、そば畑や野菜畑を耕しております」って

デザートは「お店からです」
そば寒天と蕎麦プリン
ふじもりss-IMG_8332

蕎麦粒がのっている
ふじもりss-IMG_8335


カメラ写りにいいように傾かてくれるYくん。慣れているねぇ
そう、このカメラ小僧のことは あとにおいて
まずは私が撮ったもので ふじもりさんを紹介
入口で見たこの焼き物
ふじもりs-IMG_8281


器類にしてもすてきな焼き物でしたし(と 言いながら写真なし)どなたか 焼き手がいらっしゃるのかしら・・。

ここかしこに懐かしいもの、すてきなもの
ふじもりss-IMG_8301


↓あら「ごんばち(甲州弁か? =「こね鉢」のことです)」に いい色の梅
ふじもりss-IMG_8302


窓辺
ふじもりs-IMG_8286

キラリン〜
ふじもりss-IMG_8288


お店の中の様子はやはり
みさと64さんのブログ 「朝日村のお蕎麦屋さん♪」で ご覧ください。素敵に撮られています。

で 私はここから ばばバカ 写真展。
スルーされて・・いえお時間、御心の許す限り ごらんください。

お庭の写真を撮ろうとしたら Yが「Y(自分)が撮る」って。

カメラマンs-IMG_1726


で、撮ってきたものは 以下。
カメラマンss-IMG_8317


カメラマンss-IMG_8320


カメラマンss-IMG_8321


カメラマンss-IMG_8327


お店を出てもカメラを離しません。

カメラマンss-IMG_8340


稲(?)
カメラマンss-IMG_8339


アヤメかな?
ふじもりss-IMG_8328


スイレン、(訂正)スイレンではなくハスですね。
ふじもりss-IMG_8338



そうだ、ばばバカは孫を撮ります。
カメラマンs-IMG_1727


孫の目線 Yくんが撮ったのは↓です。
カメラマンふじもりss-IMG_8342


次の狙いは
カメラマンs-IMG_1728


↓ツツジ
カメラマンふじもりss-IMG_8343


↓次は?
カメラマンs-IMG_1731


↓あぁ これ? 石臼の中から・・
カメラマンふじもりss-IMG_8346


↓次は何?
カメラマンs-IMG_1730


↓石! 接写ですねぇ
カメラマンふじもりss-IMG_8345

へぇ こんなに近づけても写るんだ(今さらの私)
御影石でしょうかねぇ

ささ、これにて 帰りましょ。

 



taketake0402 at 14:39|PermalinkComments(8)clip!信州 | あれやこれや