2018年02月22日

バレンタインデーの夜に

遅れ遅れのブログです。
今さら「バレンタインデー」でもないけれど・・・・。

バレンタインデーの夜に「野の花の会」の新年会がありました(これも遅いけれど)
石和温泉「民芸風旅館 大棟苑」にて。
2


のs-IMG_1010


のs-IMG_1011


会が始まる前に温泉であたたまって・・おいしいお料理をいただき歌って踊ってゲームして・・。

我が家の近くのスーパーでは たま〜にしかお目にかかれない「サザエ」さん。
(多分 買ったことはないような・・)
のs-IMG_1014


タコしゃぶもあるでよ(突然名古屋弁?)
のs-IMG_1015


牛の朴葉焼きもね(上の方にチラッと写っています)
のs-IMG_1012


これに ゆかりご飯とお吸い物、デザートはメロンでした。
のs-IMG_1013


これはYさんからの手作りチョコ。いつもおいしいスイーツをいただきます。
さすがだね、今夜はバレンタインチョコ。
マシュマロで「生チョコ風に」ですって。おいしかったこと↓
のチョコレーs-IMG_1016


バレンタインチョコレート!
我が家のチョコのことはあとにまわして・・

その新年会での話の中で
「今、根津記念館でやっている梅花展に山野草も出した」
「今年は寒さのため山野草の開花が間に合わなかくて少ないけれど」とも。

次の日 行ってみました「根津記念館」
ね根津記念館180215s-IMGP2251


あ、ほんとに少ない・・。
ね初春の山野草展s-IMGP2259


いつもは春の野の花がいっぱい見られるのです。今年は寒すぎたって・・。
ねs-IMGP2272


ねs-IMGP2268


アカメヤナギですって。
ね赤芽柳s-IMGP2265


クリスマスローズも!
s-IMGP2267


梅花展会場へ行く前にお庭を見てみましょ。
セツブンソウが咲いているはず・・

めっけ!! (※間違いです)
aねめっけs-IMGP2281


ね ミスミソウs-IMGP2284

↑ミスミソウでした。

池のほとりに「タコノアシ」があったはず、そちらに行ってみましょうと。
ここでお会いしたのが このお庭に「種まく人」・・各地の野の花の種を蒔いて育ててくれています。

「セツブンソウとタコノアシの枯れた姿を見に来ました」と私。
セツブンソウが咲いているのを見たことがなかったのですが 今年はまだ間に合うかしら?と。
「あっちに咲いていたのがセツブンソウですか?」
「いや、セツブンソウはむこう」・・の会話から 先ほどの間違いがわかった次第です。

「タコノアシ」
↓う〜ん スルメの足みたいだ・・
タコノアシ180215s-IMGP2291


種は・・「もうないね」と見せてくださった。
タコノアシ180215IMGP2297

↑ちょっと大きめの干からびたのが種らしいのですが よくわかりませんでした。ありがとうございました。

セツブンソウはこっち・・と。
セツブンソウ180215s-IMGP2310


鉢植え以外では初めて見たセツブンソウ。
種を蒔いて一年目、二年目・・そして三年目に咲くのだそうです。1,2,3・・↓
セツブンソウ180215s-IMGP2313


↓なんとかタンポポ(せっかく教えていただいたのに 覚えられない私)
ね タンポポs-IMGP2303


↓こちらは白い花が咲くショウジョウバカマですって。もうすぐですね・
ショウジョウバカマ180215s-IMGP2288


他にもあちこちで「♪〜はよ咲きた〜い」と待っていました。

フクジュソウは 在来種と園芸種が咲いていました。その違いをおききして・・

↓2/15撮影
我が家のフクジュソウは園芸種だったのか!と・・(お山の家の庭から持ってきたはずですが もうすでにそこのところから「園芸種」だったのですね〜)
フクジュソウ180215s-IMGP2250


で チョコレートはと・・
松本に住む 孫Yくんには 私と「め〜め(おばちゃん)」から Yくんがはまっている恐竜の形をしたチョコ、それにレーシンガーチョコ。
生協のカタログで見て「これがいい!!」
 レターパック500で送りました。

生協のカタログをパチリしておいた・・
恐竜の缶も喜んでいたYくん
チョコレーばIMG_1000


そして夫には・・お酒好きの夫にはこんなチョコレートを贈りました〜
チョコレーばIMGP2342


娘は気遣って「ニシン蕎麦セット」 千鳥模様の手ぬぐいもついています。
千鳥足?勘繰りすぎだよ私。
チョコレーばs-IMG_1003

えっ?包みには何が入っていたの?チョコレートは?
問い詰める私。

「○○(娘)に こっちはお母さんに食べられちゃうから見せない方がいいかな、ときいたら頷いていた」と・・ん?
チョコレートなんか食べられないくせに何をおっしゃる夫くん。
出してきました。
有名チョコ(4個入れ!!)とおつまみ豆、それにメッセージカードです。
(メッセージカードには父泣かせ?のメロメロ文が・・)
チョコは娘と「いただきました」

チョコレーばs-IMG_1005


私ら母娘はその他に生協カタログからこれもチョイス
チョコレーばs-IMGP2334

おいし〜くいただきました。

↓ちょっと前にいただいたこれ メリーチョコ。
どうする?あっという間に食べちゃいそう・・一日何個か限定にしないとね。
「あっ!」
チョコレートメリーチョコレートIMGP1930


↓コンビニで見たチロルチョコの信玄餅バージョン!!
これは信玄餅大好きなYくんに送ろうと思っていたのに 送り忘れ・・
これも母娘はぱくりと・・Yくんには、また今度ね。
チョコレーばs-IMG_0902



taketake0402 at 23:29|PermalinkComments(13)clip!博物館 | あれやこれや

2018年02月18日

山梨県立博物館 「甲府道祖神祭り」展へ

山梨県立博物館newbnr (1)


「よみがえる 甲府道祖神祭り展」に行ってきました。
「幻の道祖神祭礼用具 146年ぶりの公開」ですって。

私が知っている「道祖神祭り」=「どんど焼き」のイメージとは まったく違う江戸時代の甲府道祖神祭り。

江戸時代の「甲府道祖神祭り」のことは常設展示コーナーの「幕絵 ※」で見ていましたが
その道祖神祭りの折に使われた用具が146年ぶりに日の目を見た・と。

明治5年に山梨県令・土肥実匡により「道祖神祭礼取締」の通達があり 突然に消えた甲府道祖神祭り・・・。
(禁止の理由は → 神道の国教化や文明開花をめざす政府の意向によって、だそうです。説明文から)
道具などは散逸、処分され(甲府空襲も含まれるそうです)このような用具類は見られなかったそうです。

現在の甲府ではどのような道祖神祭りがおこなわれているのか知らないのですが
義母の集落では 現在でも「おやまたて」から「おやまころばし」そして「どんど焼き」と続く「道祖神祭り」関連行事が続きますが あれは「禁止」されずに残っていたのか それともあの山の中までは禁止命令は出ていなかったのか ここのところは・・わかりませんでしたが・・

さて 発見された「幻の道祖神祭礼用具」へ。

写真撮影OK!

展示は その道具類が収められていた箱から。 
けs-IMG_0767


野口家s-IMG_0933


これらは平成27年に博物館が かつての大商家「十一屋」の資料調査を行っての発見だったとのこと。

「十一屋」・・どこかで聞いたことがある・・

そうでした!!

昨年、県立美術館で見た↓ 女流画家「野口小蘋」展
201701_top


この画家の嫁ぎ先が十一屋・・野口家でした。
けs-IMG_0770


拡大。野口小蘋が写っています。
IMG_0771


出てきたもの一覧。↓

錫製御神酒徳利         一対 2点   
紙垂製作用具(包丁、和紙、麻) 一式 3点   
登り龍・降り龍木彫       一対 2点  
四猿木彫            一式 4点   
鶴木彫             一式 4点   
風神・雷神木彫         一対 2点   
獅子木彫            一対 2点   
松竹梅と波千鳥         一式 5点   
四神木彫            一式 4点                    
計28点 ですって。

それぞれに興味深くみてきました。

四猿木彫・・って?
普段に聞くのは「三猿」・「見ざる・聞かざる・言わざる」、でしたが。

↓四猿
四猿ss-IMGP1859

???
四猿目は「まとめの猿」というものでした。

三猿にしてもどこか違う・・ユーモラスなのです。
意味深なのか?
↓「見ざる」
四猿見ざるss-IMG_0971

↑見ざる、とか言いながら 子ザルが見ている
それとも「親はみてはいけない?」・・まさかね。
子ザルの澄んだ目で見るように・・?いえいえ深読みし過ぎか。

↓聞かざる? 片耳で聞いているじゃん」
四猿きかざるss-IMGP1867


↓「言わざる」らしいのですが 口を押えていませんね〜。
あ、栗を食べれば喋れないか・・。
四猿言わざるss-IMGP1870

さて どうなのでしょうねぇ。

↓「まとめの猿」
四猿ss-IMGP1872

↓その説明文
a四猿 まとめIMGP1871

そうか・・。

これらの作者は小山正作・・
ネット検索したら 信州小諸生まれの大工の棟梁、とでてきました。
どんな人柄なのでしょうね。ちょっと斜に構えている?洒脱?
あ、注文者がそうなのでしょうかしら・・

風神・雷神にしても どっちがどっち?よくわかりません
(普通は)風の袋とか小太鼓とか持っているでしょ?
風神・雷神s-IMG_0966


風神・雷神s-IMG_0967


風神・雷神s-IMG_0968

「わかるひとにはわかる」・・ですね。よく見なくては・・

ここで思ったのは 学芸員さんとか「ボランティアガイド」さんがいないかなぁ・・
です。
気軽に案内される方・・
豊富郷土資料館では 「まゆこ」さん(多分 学芸員さん)、韮崎市民族資料館の「にらみんちゃん」(多分 学芸員さん)そして 諏訪シルク博物館の学芸員さん
それぞれに丁寧な説明をしてくださって夫ともども大感激をしていました。
するりと眺めてしまっていたのが もったいない。

他の発見された資料はおいといて

※幕絵 です。
↓ 甲府道祖神祭りでは 街の通りにこういう幕絵が張ってあったのですって。
通りにこれがずらり・・知らない土地を旅して見学しているみたいだったことでしょう

幕絵s-IMG_0980


これは「目黒不動尊」あたりを描いたもの。作者はあの歌川広重と・・
幕絵s-IMG_0981


幕絵s-IMGP1878


甲府道祖神祭り・・城下では町ごとにこの10mほどの長い幕が数十枚も用意され 全体では数百枚を数えられたとか。(現存・・3枚だけと)

見たことのない全国の名所旧跡を「幕絵」でゆっくり楽しめたのですね〜。

街中、人があふれ幕絵を楽しんでいる、その様子は「常設展」のジオラマで見ることができますが・・

そうです、私は常設展示のジオラマで見ていたので道祖神祭りの雰囲気をつかめますが
今回のこの展示!
 その様子を伝えるためには せめてジオラマの写真を一緒に展示すればいいのに・・と 思った私です。

そして
帰宅してから思い出しました!
私には これらに関するガイドブックもあるはず・・!

↓ありました。
s-IMGP2337


2009年発行の『ジオラマの楽しみ方』
2011年発行の『甲府道祖神祭りの楽しみ方』

まだ十一屋さんの資料は載ってしませんが
「甲府道祖神祭り」に関しては おもしろいあれこれが載っています。
「あ〜 そうだったんだ、そうでしたか」と・・心の中で「へぇへぇボタン」を押しながら読み返しました(つまり 忘れていた)
もう一度 博物館に行ってしっかりとみてきたくなりました。

楽しんできたもの↓
「個人蔵」の「東海道五十三次画稿」・・・
幕絵の下書きがずらり。
京都から日本橋まで「旅」してきました。
東海道五十三次画稿s-IMG_0945


東海道五十三次画稿s-IMG_0944


おや「亀山」
東海道五十三次画稿s-IMG_0947

亀山といえば「シャープ」と「亀山城」しか知りません。

ズーム。 ありますね、亀山城
東海道五十三次画稿s-IMG_0948


シャープはありません・・当然です!

旅話も横道にそれるこのブログ。

五十三次・・次々と出てくる気になる場所
長くなりますので あとひとつふたつ・・。

大井川を渡ります
東海道五十三次画稿s-IMG_0953


東海道五十三次画稿s-IMG_0954


渡銭を払ってるのかな?
東海道五十三次画稿s-IMG_0956


昔、「ゆすりたかり」の語源を教わったのは 大井川を渡る場面だったかな?

次!

品川はこうだったんだ↓
東海道五十三次画稿s-IMG_0959


↓日本橋!
東海道五十三次画稿s-IMG_0962

「♪〜お江戸日本橋 ななつだち〜♪」
あ、この画稿では「終点」上がり!ですね。

「すごろく」もありました。
↓「諸国祭礼尽双六」歌川広重筆・・
けs-IMG_0786


↓(拡大)「甲府道祖神祭り」が選ばれています。
a諸国祭礼すごろくIMG_0786


「あがり」は神田明神祭礼でしょうか。「あがり」と読めるような・・大きく描いてあるし・・。
へぇ〜、浅草の三社祭より こっちが「あがり」。

その他 見どころ満載。
四神の木彫もすごかったし
せっかくだから「みんなにお知らせするね」
けOKs-IMG_0765


四神=天の四方を司る聖獣。

白虎・・「西・秋・午後」
四神s-IMGP1897

玄武・・・「北・冬・夜」
四神s-IMGP1899

「青龍」・・・「東・朝・春」
四神s-IMGP1885


朱雀・・・「南・夏・正午」
四神s-IMGP1881


そして ↓ 「祭具制作用具」へ・・包丁、紙垂、麻
a祭具製作用具切板はs-IMGP1909


そういえば 昔は紙垂を作るときなど(義叔父は七夕人形を作るときも)専用の包丁(?)と専用の「きりばん(切り板)」を出してきていました。
十一屋さんでも きっとそうだった思います。「板」は見つからなかったのかしら・・。

興味深い「甲府道祖神祭り」展示でした。


追加=今 別のコーナーで「ふるさとやまなし郷土学習コンクール」での優秀作品が展示されています。
ふるさとやまなし郷土学習コンクールIMG_0932


子ども達ってすごいですね。「心」と「目」と「探求心」
どれもじっくりと読みたいところですが そうそう時間が取れません。
せっかくの研究・・冊子にして図書館にでも置いてくれればいいのに・・
(ネットでも見られるかも、と検索してみましたが・・・・優秀作品の代表格ならが出てきましたが・・ 検索続行中)

その中でひとつ、タイムリーな「雨畑硯」について・・

なぜタイムリーかというと 先日 羽生善治さんと井山裕太さんに贈られた「国民栄誉賞」の記念品が 山梨県の雨宮弥太郎さんが制作した「雨畑硯」だと 新聞で見ました。

中学生の発表です。
このままでは読めませんね。ネット配信してほしいと思います。
あ、「優秀賞」・・見られるかも。
あ雨畑硯s-IMG_0910


その新聞
 2018年2月15日付け 山梨日日新聞

「国民栄誉賞の記念品 雨宮弥太郎さんが制作」
新聞記事を貼り付けたらいけないのですよね。





taketake0402 at 23:22|PermalinkComments(16)clip!博物館 

2018年02月12日

雲海・・ 

久しぶりに雲海を見ました。2018年2月11日(日)11:14
雲海180211うs-IMGP2237


たっぷりの雲海
うs-IMGP2242

前回のブログ、フルーツ公園から甲府盆地を眺めています。

「盆地が見えないねぇ」と聞こえてもいました。

ん?

私は 女性ばかりのグループの方に話しかけました。
「もしかしたら、盆地の景色が見えないとお思いでは?」と。
「これは雲海、今の季節に下のほうに発生する盆地霧がここから眺めれば雲海・・。珍しい景色です」とおせっかいをやきました。
「かすかに富士山も見えるでしょ」とも。

「ほんと〜、富士山も見えている」と(喜ばれました・・かな?)

さて、フルーツ公園からの「雲海ウォッチャーおばさん」の私、この時間に雲海見物をするのは初めてです。

いつもは朝、

「夜半まで雨が降り続き、翌朝の天気予報は晴れ。しかも予想最低気温が十分低い。そんな朝はたいがい甲府盆地に深い霧が発生します」
「雲海は概ね標高500m以下に発生します」 
        ・・・「勝沼ねっと・雲海を見てみよう」より

何回も引用してきたこのフレーズ。

↓夜中まで雨だった。あら、みぞれだったのかしら。
38


そう、いつもは朝一番に見物に行っていました。

いえ、この日だって朝一番に上っていきました。

でも〜 着いたとたんに霧に囲まれてしまいました。

6:45 霧の中
う1802116:45s-IMGP2128


あ〜あ
それでも 霧の動きが見えるのでちょっと待ったらまた霧が晴れてくるかもしれないと。
盆地をにらんでいましたら・・
ほら かすかに雲海が見えてきました。
うs-IMGP2138


やがて陽が昇り
うs-IMGP2176

陽が昇り
うs-IMGP2195

陽が昇り
うs-IMGP2205

ちょいと空の雲さん どいてよ。
富士山が見えないじゃない
と・と・
富士山?これ?
富士山うs-IMGP2208


どうしましょ。
帰るか。

下界はやっぱり霧の中
うs-IMGP2220



帰って、朝ごはんを食べて(支度をしてから出たのです)
オリンピックを横目に、洗濯、掃除・・家事をして・・まだ晴れない霧を気にかけながらね。

そうだ もう一回 行ってきましょ。買い物ついでに・・。

薄い霧がかかっているけれど・・

↓ 展望広場の下には「雲海」が広がっていました。
うs-IMGP2231


うs-IMGP2239


それにしても大勢の見物人・・さすがに三連休の中日!
朝一番の駐車場に珍しく車が止まっていました。
松本NO.の若者に話しかけました。
「松本」!娘一家が住んでいますもの。

諏訪湖の御神渡りのこともお聞きしたり
「こっちだけ凍ってもダメ(え〜と 地名は・・)
あっちだけ 凍ってもダメ(え〜と地名は・・)」

「御神渡りできないものね」となんともないウケで・・。
ほか・・はしょって
「さすがに日曜日、ほったらかし温泉にでも行くのか車が通る」と私。
「えぇ、三連休の真ん中でもあるし」
「えっ?三連休???」・・忘れていた!!

この日、二度目のフルーツ公園フルーツ公園駐車場・・第一駐車場は満車です。
次から次へと入ってはあきらめて出ていく・・

うs-IMGP2227


こっちを開ければいいのに・・。↓
うs-IMGP2228


うs-IMGP2229


私は上の展望広場に行くので・・こちらは大丈夫。
うs-IMGP2230


一応、「下の駐車場は満杯でしたよ」、と 関係者らしい方に報告しておきました。

望遠で見たもの・・「富士山」!のポスト。
ポストうs-IMGP2209


上から見るとこんなに「立体」だったんだ。正面からだったら平べったかった。
ポストうs-IMG_0995


・・!


taketake0402 at 23:43|PermalinkComments(11)clip!雲海 

2018年02月10日

フルーツ公園展望広場・ぶどうの丘展望台

このブログでは毎度おなじみ フルーツ公園。。

展望広場です。
ふs-IMG_0819


ふs-IMG_0820


カメラ台も設けられました
ふs-IMG_0821


盆地をひと眺め
ふs-IMG_0822


富士山
ふs-IMG_0823


展望広場には 売店↓
s-IMG_0840

それに 足湯、バーベキュー広場もあります。
バーベキュー広場には こんな看板も↓
s-IMG_0839

※『ど根性ガエル』の作者、吉沢やすみさんは山梨市のお生まれ。

広場の上には「ぷくぷくの湯」
ふs-IMG_0835


盆地を眺め・・夜景もきれいです。貴石も使われ・・時には「雲海」もながめながらの入浴で人気があります。

ここからもっと上がっていくと「ほったらかし温泉」があるわけです↓
ふ1802s-IMG_0815


あ、まだ月が見える・・つい先日に満月、皆既月食を見たばかりだと思っていたのにもうこんな。
↓2/7 7:24の月(月齢20.85ですって)
s-IMG_0818


この日・・用事のついでにあちこちパチリ。

えっ?別府温泉みたい?(大きな画像を入れました。雰囲気がわかりやすいかと)
煙1802080954いぶっくさいIMGP2080


そういえばフルーツ公園で観光客の方から
「あれは石和温泉の湯煙ですか?」と聞かれたことがありましたっけ。

あれは・・
盆地の東側、果樹地帯で剪定枝を燃やしている煙です・・・。

富士山の左側が特にね。
かs-IMGP2076


s-IMG_0877


そしてこの日の夕方にぶどうの丘の麓にあるお店に行きました。
↓見上げれば「ぶどうの丘」
かs-IMGP2125

用事も済んだし ぶどうの丘から夕焼けでも見ましょ。っと。

ぶどうの丘 噴水広場
かs-IMGP2085


寒そうですね
かs-IMGP2082


あちら側にJR「勝沼ぶどう郷駅」が見えます。
かs-IMGP2084


↓売店に入ってみます。
かs-IMGP2086


入口にはシンボルのお二人※のシールが
かs-IMGP2089


地元産のワインがずらり
かs-IMGP2097


一升瓶ワインもあります。
一升瓶入りは「ぶどう酒」と呼んだ方が似合います。
かs-IMGP2100

その他 多種の「勝沼らしい」お土産がぞろりとそろっています。

ワインカーブ、地下貯蔵庫への入口
かs-IMGP2099

ここは 「タートバン」を買って 好きなだけ試飲を楽しめるところ・・
かつて「飲めもしない私」は「いける口」の長女と試飲したことがあります。
でもメモしておいた「これが好き」は一致してびっくり。

さて展望広場に
かs-IMGP2104


かs-IMGP2105


夕焼けまでにはちょっと時間がかかりそう
かs-IMGP2106


雲を見てましょ
かs-IMGP2109


「塩の山」も
かs-IMGP2116


夕焼けまでは待っていられないので帰ってきました。
ん?駐車場に動くものが・・
あっちの茂みに飛びこっちの枝に止まる鳥。あの鳴き声は・・???

ようやくパチリ。
babityou1802IMG_0892

なんだガビチョウ・・。
「美しい声」を忘れていました。こんなところまで来るようになったんだ「ガビチョウ」
「お山の家」あたりでは この鳥のおかげで他の鳥たちがこれなくなったような・・

↓そしてこれは・・
我が家の隣で見た「キジ」
大歓迎ですが 撮らせてはくれないキジ。
(近づくと近づいた分だけ逃げる・・まるで「ここまでおいで」とおちょくるように)

ここからパチリ。ほらキジ
キジだ180205IMGP1928


↑を拡大で
キジ180205IMGP1928


あら行ってしまう。
キジ行っちゃった180205IMGP1929


ここでカメラのバッテリー切れ!おしまい。

taketake0402 at 23:23|PermalinkComments(6)clip!あれやこれや 

2018年02月06日

かつぬま朝市 2018年2月

かつぬま朝市会場・駐車場
あs-IMGP1754


いいお天気。
大丈夫、ぬかるんでいません。
(先日の雪がとけて凍ってまた地表面だけ融けると 滑ること滑ること!)

前日の「かつぬま朝市」HPで「足元情報」も発信されていたので 準備しておいた長靴はおろして出かけました

その画像をお借りして・・前々日は↓
IMG_5964_512


そして前日↓
「もう雪は会場にも道路にもありません。
明日やります♪」

と↓
IMG_5965_640

うん、これなら地面も乾いていそう・・出かけました!!

今回も短縮かつぬま朝市見学で・・
会場に着いたのが11時ちょっと前、そして11時50分には集合(夫と)
その足で夫たちのクラス会場、石和温泉駅方面に出発です。

さ、駆け足で・・

入口にね。新しいお店。なんだかニッコリしています↓ ほら
あs-IMGP1761


入口のここ
あs-IMGP1757


あs-IMGP1762


そして 「案内所」にて・・
もうすぐフットパス組も帰ってくるころ(この周辺の町歩き・・フットパスが行われているのです)
→HPへ「勝沼フットパス」

↓こんなにガイドブックも出ていて・・
私の実家周辺のも発行されている! 

あs-IMGP1763


「釈迦堂遺跡博物館〜」と「勝沼宿」を買ってきました。
s-IMG_0810

興味津々・・あら 実家の近くのことごとが「へえ そうだったんだと」と知らないことばかり。今度参加していみたい・・


「きょうは Oさんが案内ですか?Mさん?」
別の方の案内でした。
・・「Mさんなら後ろにいますよ」
「えっ?Mさん」
うしろでにっこりMさん。

さ、駆け足で・・
と言いながらここでつっかかってしまいました。

私はMさん?なんて呼ぶほどに面識はないのですが
絶好の機会、Mさんに質問、聞いてみたいことは山ほどあるのです。でもひとつだけ・・。

私が小学校のころ 「御手洗川(みたらしがわ)扇状地」と教わっていた 扇状地の名前が「京戸川扇状地」と変わっていたのですが、変わった時代、変えた人、
それは・・このMさんが関わっていたのでは??と推測していたのです。その時のブログ・・。

「手洗川扇状地・いつ名前が変わったの?」

結果が出ました。
「いやいや 僕ではありませんよ」・・
ほほほ 9年越しで・・・。

思い出しました。
この時、国土地理院に電話してことを・・
1 ブログに画像を使っていいのか(制限付きでOK)
2、名前が変わったのはいつのことか・・「メールで質問してくれれば調べます」と。
あのままだったなぁ・・。
かつぬま朝市でアンケート調査をしたとき(このブログは見つからず・・)
ある年代の上の層は「御手洗川扇状地」だったことがわかったけれど だいたい「扇状地の名前なんか教わっていない」組が多かったこと!!

そして案内所にいらした方(県外からの引っ越し住民)と 今は亡き「勝沼ネット」のHP管理人さんのこと 雲海の話などをしていたら時間が過ぎること・・

さ 駆け足!
と・・言いながら(またか!とお思いでしょうが)

今回はiPad持参で 前回撮らせていただいたお店へ・・(入口付近の2件だけへ)


「花茶園」さん
この前はフクロウに気を取られていて気が付かなかったけれど・・家に帰ってから写真をみると ここは「薬剤師さん」がブレンドされているんですね〜、とパチリ。
あs-IMGP1764


あら 今回はフクロウさんがいない。売れちゃったのかしら?↓
あs-IMGP1765


次、 EN カフェさんへ。
同じくブログを紹介
「ありがとうございます」って言われてしまいました

今回も ほとんど売り切れ状態でした。
あs-IMGP1777


あs-IMGP1778


ん?・・何か動いている
あ、
♪〜〜鬼のパンツはいいパンツ〜
ワンくんがコスプレ? 昨日は豆をぶつけられたのかな?
あs-IMGP1766


あs-IMGP1771


かわいいこと。

次と・・
ん?3年B組ウメ吉くん?
「4年B組」になったのでは?
(前回、そう教わっていましたもの)
もしもし〜〜
あs-IMGP1780


あs-IMGP1781


飼い主さん
「あ〜、さっき泥にしてしまったので着替えたの」ですって。
持ち歩いているんだ「着替え」も!!

・・そして ワンさま さくらちゃん
あs-IMGP1797

ここは
ワンさま ニャンさまのためのごほうびおやつのお店
あs-IMGP1799


夫の弟のところの「仁(ジン)くん」に買っておいてあげようっと。
今回はシカレバー
あs-IMGP1801


あそこは・・
「甲斐大和(かいやまと)ファンクラブ」ですって
あs-IMGP1789


甲斐大和・・武田勝頼終焉の地。
あs-IMGP1790


あs-IMGP1791

(甲州市大和の良いところの紹介!)
そう、
ブログアップしていなかったか・・
私は 昨年、甲斐大和で行われた平山優さんの講演会をききにいきました。

ここで、あの時「若い女性がいっぱいきてたね」の話で盛り上がりました。
「歴女」たちが平山優さんの「おっかけ」でね、と・・。
※平山優・・歴史学者。大河ドラマ『真田丸』で時代考証も。ご両親が甲州市大和町のご出身

待ち合わせの時間がせまって・・

↓ここは 春みたい
あs-IMGP1785


あs-IMGP1786


あs-IMGP1786


時間切れ!
夫を送った足で県立博物館へ行こうとしている私なので・・
お昼は このパンでと↓
あs-IMGP1793


あs-IMGP1795


あ、おいなりさんもいいな↓
あs-IMGP1803


クラス会会場までは夫の運転で石和(いさわ)へ。
あs-IMGP1807

正面に甲斐駒ケ岳。
ん?前の車は・・
あs-IMGP1811


富士山ナンバーの前の車はオープンカー!
いくらポカポカしていたからって この寒さの中を?
あs-IMGP1812






夫たちがクラス会を終えるまで私は県立博物館へ




迎えに行って 夫の友二人を送り届けました。
(お二人とも 私の部活の先輩でもあります)

私の運転でいいのかしら?
ま、酔っ払っているのでわかりゃしない私の下手運転。

着きましたよ〜
標高750m まだ雪が残っていました。
あs-IMGP1922


私が気にしたのは 畑の白菜。
新聞紙で包んだまま 畑に残してある・・きっと凍ったままなので大丈夫なんでしょう。
我が家では 初めてこの方式にしましたが 凍って、昼間にとけて凍るそしてまた融ける・・これがいけなかったのかどんどん腐ってきているのです。
作っている方に保存方法をおききしたくても我が家のまわりは果樹園が多く野菜畑はあまりないのです。



taketake0402 at 23:28|PermalinkComments(7)clip!勝沼朝市 

2018年02月04日

二度目の雪降りで・・

2月2日(金)朝
東の桃畑 
雪1802020744s-IMGP1708


雪1802020732s-IMGP1704

 
北の「桃畑だった」ところ
雪1802020731s-IMGP1702


予報通りに2/1の午後から降りはじめて

s-IMGP1698


↓真夜中
雪1802020209s-IMGP1701


いっぱい降りました。積雪9cm
雪1802020755s-IMGP1713


さて雪かき
まず 家の入るところを確保(前回はここを踏み固めてしまったので 最小の動きで)
雪1802020744s-IMGP1709


↓これも一つの「雪形・ポジ型)
雪形180202s-IMGP1711


今回は出かける予定がないので雪かきは必要最低限(娘の車が出られる範囲)だけ雪かきしてあとは様子を見ました。
11;30頃の道路・・・日当たりのよいところの雪は消えました。
雪1802021153s-IMGP1720


↑我が家の陰に残っている雪もザザット簡単に雪かきできました。

畑の雪も・・こんな具合
雪1802021512



そして午後
そうだ 雪うさぎでも作っておこうっと。
↓以前に買った チキンライス型
s-IMGP1721

不器用な私は 雪うさぎ作りのためにこれを買いました。「干支鍋」を作る姪っ子なら不要な品ですが)
ナンテンの実もまだ残っています
ナンテン180202s-IMGP1725

さて
s-IMGP1726


二女に写真を見せました。
「やせ形?雪ネズミ?」・・ほほほ

太陽光発電システム
雪1802021511s-IMGP1727

↑今回は雪下ろしも不要だったようです。

ちょっと横から覗いてみたら

暖かそう1802021513s-IMGP1735


暖かそう〜。青々としていますね。
これなら ここで葉物野菜でも作れそう

ホトケノザ・・ここも「敷き藁」してあるみたいに元気です。
暖かそう1802021513s-IMGP1730


この枯れ草は え〜と なんだっけ。
名前は度忘れ・・困ったものです。
あとで直しておきましょう。
(ここまで書いてきた)せっかくだから このままアップ!!

taketake0402 at 00:38|PermalinkComments(8)clip!あれやこれや 

2018年02月01日

甲府盆地をひとながめ+皆既月食

1/30
高速バス停近くで南アルプス方面を眺めると
↓甲府盆地の向こう側、南アルプス方面には陽がさしています。
(手前はまだ「日の出前」)
1南アルプス18013s-IMGP1622


望遠に。
↓甲斐駒岳。白さが目立ってきています。
(手前は大蔵経寺山)
1甲斐駒が岳180130s-IMGP1627


↓櫛形山の向こうの白い山・・右が北岳、左が間ノ岳(あいのだけ)
北岳間ノ岳1813s-IMGP1626


↓北岳荘は見えるかなと ズーム!
1南アルプス北岳s-IMG_0599


↓後ろを向けば 釈迦堂遺跡博物館方面。まだ薄暗い・・
1釈迦堂遺跡博物館同180130 7時30分s-IMG_0608


そうだ、あそこまで行って盆地をひと眺めしようっと。

釈迦堂遺跡博物館
釈迦堂遺跡博物館180130-IMGP1628


広く見渡せます。南アルプス方面。
手前は中央高速道路下り・釈迦堂パーキングです。正面には 御勅使川(みだいがわ)扇状地が見えます。
IMGP1632


少し望遠。
悪沢岳(右側)もよく見えます。白くなるとわかりやすいこと。
 s-IMGP1647


カメラを右に振ってズーム。
フルーツ公園です。
フルーツ公園180130s-IMG_0602


もっとズーム・
フルーツ公園180130s-IMG_0606


↓フルーツ公園展望広場。私はいつも赤印をつけたところから こっちを見て居るのです。
フルーツ公園180130s-IMG_0605


そしてもっと右を見ると 甲州市、前回のブログで話題にした「塩ノ山」が見えます。
塩ノ山釈迦堂遺跡s-IMGP1640


そして もっと右に回せば 「勝沼ぶどうの丘」
ぶどうの丘180130s-IMGP1641


そして後ろの山々・・ぐるっと山々。
県外に住む夫の弟たちが運転して甲府盆地を走ると
「ほんとに山に囲まれているね、山なし・・は」と言います。
そう 生まれた場所は「山に挟まれて」いる感じですから・・。

実家の弟に電話しました。
「ちょっと寄っていって リフォームした「離れ」を見てくれと・・。

車で3分。
実家に着いたら陽が上がってきました。
上の家から上がる太陽(7:56・・我が家でしたら 7:20)遅いです。
日の出180130s-IMGP1651


陽が上がれば影ができる〜。
日の出180130s-IMGP1652


「影」と言えば「皆既月食」
2018年1月31日


「今夜は皆既月食」より↓

【関東甲信・東海】
雲が多くても、雨雲や雪雲ではありません。雲の薄くなる時間もありそうですので、時々空を眺めてみてください。

と。

夜。「曇っていて見えないのかしら?」と外へ出ると
あら〜「見えるじゃん 満月」と。6:42

2040IMG_0642


ここで泥縄・・「月を撮る方法」検索。
でも一眼レフは望遠レンズを受け付けず(???)
 仕方がないので 「一気に望遠!」とほめているコンデジで撮影。
以下 ちょこちょこ撮ってみました。定点にしておけば「大きさ」もそろえられたのに、と反省。

欠けている・・20:56
2056IMG_0646


21:19↓
2119IMG_0662


21:46↓もうほとんど欠けている状態。右上だけが明るいのです。
2146IMG_0674

赤銅色の月って これでしょうね。

そして 「21時51分には完全に欠けて皆既食」だったようですが
↓21:56 ・・手ぶれでボケボケ写真だけれど記念に・・
2159IMG_0701


「赤い月」・・ずいぶん高く上がりました。
2204IMG_0714


(追加)
・・そして夜中・・
雲が月を隠しているような。
皆既月食180201s-IMG_0722


それでも 月にズームしてみると・・あら満月の姿「元に戻った満月」が見えます。見えました。
皆既月食1802010220s-IMG_0730


おりこうさんなコンデジくん。
「一眼レフ」・・勉強不足でごめんなさい。でした。



taketake0402 at 23:26|PermalinkComments(4)clip!あれやこれや 

2018年01月27日

雪のあと

陽はたっぷりと射しているのにこの寒さ冷たさ。

先日の雪で富士山はどのくらい白くなっているかしら。

1/25
富士山もすっきりと見えている※

買い物に出たついでにフルーツ公園まで上がってみてきましょ、と。
展望広場まで上がらずに第一駐車場からの富士山で↓
富士山180125IMGP1595


富士山180125s-IMGP1594


思ったより真っ白ではなかったけれどすっきりと見渡せる甲府盆地を・・。

真正面には京戸川扇状地。
京戸川扇状地180125s-IMGP1596

↑あの扇状地の中に釈迦堂遺跡博物館や我が実家があります。

ちょっと左に振ると 勝沼ぶどう郷駅方面
勝沼ぶどう郷駅方面180125s-IMGP1599


もっとズーム!
「勝沼ぶどうの丘」が見えます。
勝沼 天空の湯180125s-IMG_0582

望遠だと後ろの景色がすぐ近くに見えますが

(2018年1月2日撮影)↓ぶどうの丘の向こう側、勝沼ぶどう郷駅から眺めると 独立した丘だとわかります。
「天空の湯」はここにあります。甲府盆地に霧がかかると「天空の湯」は霧の上に見える(ことがあります)
勝沼ぶどの丘82551caf



そしてカメラをもっと左にふると 甲州市塩山方面が・・
あれ?「塩ノ山」の右上に「武田菱」みたいに雪が残ってる!!
IMGP1602


「塩ノ山」に「武田菱」をおもしろがったわけは・・
昔々、上杉謙信との戦いのときに 武田信玄が「我が甲斐の国にも塩の山がある」と言ったという逸話から・・
ちょいとネット検索してみましょ。

ん?そんな話は出てきません。
「甲州市塩山の地名由来と・・・」
では、
「もちろんNaclの意味ではなく・・・・」と!!

「ぐるり甲州市」では
「古今和歌集」
「志ほの山 差出の磯に住む千鳥 君が御代をば 八千代とぞなく」と詠まれており、「四方から見える山」の意で「しほうのやま」が「しおのやま」と呼ばれるようになったと考えられます。
ですって!

誰が私に教えてくれたのでしょ「塩ノ山」のこと。
「塩ノ山」・・私たちは「えんざんやま(えんざんやま(塩山山)」と呼んでいます。

ま、いろいろな説はそれなりにおもしろいけれど「私は真実を知りたいのです」(ムリですね)


うっ、寒い。手も凍えて・・陽もあるけれど風が冷たく我慢できないくらい。
↓ここの気温は?えっ、-1℃? 寒いはず。(スマホ画面右下に表示されます)
フルーツ公園新f5de0dac7

来るときに渡ってきた橋が濡れていたっけ。早く帰らなくてはあれが凍ってしまう。
展望広場(↑の画像に黄色い道で行く)まで 行かなくてここで引き返しましょ。

さ、「雪のあと」
パンジーも元気
パンジー18125s-IMGP9938


ホウレンソウも元気。
ホウレンソウ180125s-IMGP1585

ホウレンソウ・・食べたいけれど土が凍っていて収穫できませでした。

ナナカマドの芽もふいて
ナナカマド180125s-IMGP9942


ウメは?と見ると・・ま、余計なものがくっついている
ウメは180125s-IMGP1589

(昨年、こいつ、イラガの幼虫、「サコケ→地方名)に刺された!)

↓そうそう、今は太陽光発電所になってしまった桃畑を見るのが楽しみでしたが・・。
太陽光発電所の「雪のあと」は、雪下ろしの作業が必要なのですねぇ。
雪下ろし180125IMGP1581


この窓からフルーツ公園が見えるのですが、そのフルーツ公園のちょっと上にも太陽光発電所があります。
IMG_0557


あそこは「雪下ろし」がしてないなぁ・・と、眺めたのです。大変な作業ですよね、雪下ろし。
IMG_0560


最後に・・
冒頭の「1/25 富士山もすっきりと見えている※」
の※の説明をば。

我が家の2階から富士山がどんなふうに見えるのか軽くチェックできるのです。
えっ?どこに??の、見え方ですが私には見えます。
富士山180125s-IMG_0565


↓ここ。グ〜ンと望遠にすれば 御坂山塊の右肩上にちょこっと見える富士山です。雲がかかっていれば見えません〜。
富士山180125s-IMG_0569


富士山のてっぺん、剣ヶ峰の3776m地点です。

フルーツ公園で見たその「一部」になります。
IMG_0578


富士山180125s-IMGP1594


taketake0402 at 13:42|PermalinkComments(12)clip!あれやこれや 

2018年01月23日

初雪

平年に比べて29日、昨年より59日遅いという「初雪」

昨日の午後から降り出しました。

パンジーは凍えそう。
いs-IMGP1502


桃畑に雪積もり(16:38)
いs-IMGP1509


暖まっっている道路にはまだ積もらないけれど 
いs-IMGP1506


我が家の陰になる道路には積もり始めたので箒で掃いてみました。が、次々と降り積もる・・
いs-IMGP1510


どれだけ積もるのよ。
義母は恵みの雪(畑への水分)と言い、夫は上京予定があるので「困る」と・・

夜の9時・・降ってる降ってる・・
いs-IMGP1525


天気予報通りに雪は夜中には止んで・・

5時半ごろ。
いs-IMGP1530

新隣人さん、出かけるために歩く一本だけ雪かきされている。

↑写真を見てわかったこと。
ふむふむ次女のタイヤ痕のあとまだ少しの雪が降って・・止んで、お隣さんが雪かきされたんだ・・夜中の仕事。(ごくろうさま)

我が家は車で出るためにもう少し雪かきしなくては。
いs-IMGP1532

ま、ひとまずこうしておけば陽が出て道路の雪は融けるはず。

報道では東京は23cmの「大雪」で大混乱したと。昨日の帰宅時間には駅によっては入場規制まであったと。
朝になっても首都高もストップ、東名高速道路もストップ・・等々。

中央高速道路はチェーン規制で通行可。甲府からの高速バスも運行していると。
次女の運転で夫を送って出発。

ほとんど除雪してあって道路に雪はないけれど橋の上になると凍っているよう。

高速バス停にて、次女。
「お父さん、滑らないように気をつけてね。横断歩道の白線は踏まない、マンホールの蓋も排水溝の蓋も滑るって、歩くのはペンギン歩き!!」と檄を飛ばして見送り。

さ、戻りましょ。
正面に一宮浅間神社
雪の神社もいい風情ね、と次女。
助手席の私はパチリ
いs-IMGP1538


いs-IMGP1546


霧だね
いs-IMGP1549


このままフルーツ公園に上って雲海チェックをしたいところだけれど道路が凍っているとあぶないのでやめておきました。残念ですが。
いつかの「青空・富士山・雲海・雪景色」の景色が見られたのかどうか・・。

帰宅して もうちょっとしっかりと雪かき。

ここで気がつきました。
歩き固めたところは雪かきしにくい!
あらら 私が昨夜から早朝、カメラをもってうろちょろと歩いたからだわ。
いs-IMGP1556

次女よごくろうさま。雪かき上手よ。

パンジーは雪をかぶってもへっちゃらなことは あの「想定外の豪雪」だった時にわかりました。1m以上の雪の下から元気な姿をあらわしていましたもの。
いs-IMGP1571


で、出かけた夫。
ネット「高速バス位置情報・ハイウェイバスロケーションシステム」から (峠越えして)相模湖あたりまで順調に進んだことを確認して安心していたら その後ずいぶんたってから「バスが止まったままだ。渋滞としても少しは動くはず」と電話。
あわててチェック。あらら・・
いs-IMGP1563

9時前には着くはずのバスがまだまだ・・調布あたり?

1時も過ぎていたでしょうか 結局 通常の停車バス停ではない「調布」で下りてあとは歩いて電車の駅へ・・2時ごろには現地に到着できたと。

帰り。
迎え頼む、のメールに
「またバスで帰ってくるの?」とあきれ顔の娘。
でもまあ、こちらは30分遅れくらいで無事到着。

帰りの車の中
「どうしてバスで行ってしまったんだろう」と・・父母娘で猛省。
「首都高も東名も止まっている。中央道は動いている、それっ、と勢いで行ってしまたのかしら」と私。
「そう、勢い。変な勢いだったような」と娘。
「こんな時には いつもだったら電車を選んでいるのに」と夫。
 
いつも「山梨は雪深い」と勘違いされているので
「東京より少ない!」と 見せどころの「勢い」だったかと ん?

taketake0402 at 23:30|PermalinkComments(10)clip!あれやこれや 

2018年01月21日

霜が降り(松本に行ったときのことも)

今朝のこと。
カーテンを開けたら なんだか白っぽい。
霜です。
乾燥が続いていた日々には目立っていなかったのですが 今朝はあちらもこちらも一面の霜。
太陽が出てくるとキラキラ〜。

今朝の日の出は7時18分。
朝も早くなりました。
20180121 7時18分IMGP9879


ホトケノザ↓
かわいい動物がキラキラ氷をまとっておしゃれをしているような・・。
IMGP9902


ホトケノザの霜は針のよう。
IMGP9899


この葉は?
IMGP9889


あらもう霜は水玉に
パンジー180121IMGP9914


パンジー2 180121IMGP9914


さ、
孫を送って松本まで・・13日(土)のことです。
あれからもう1週間もたってしまいましたが、ここに記録しておきましょう。

あの日は いいお天気。
それでも今の季節、道路が凍っていたら困るので 早朝の出発は控えて陽が十分上がってからの出発。
孫を送って 一休みしてのとんぼ帰りの松本行きでした。
孫と話をしながら車窓から写真を撮って・・

今回は車の中から撮った写真ばかりですが・・
↓南アルプスは真っ白
180113IMGP1344


甲斐駒ケ岳
180113IMGP1345

(「慶山」が写っています。石和温泉・・です。まだ出発して間もない)

日帰り松本なのに県内で寄り道・・
前回のブログで話題にした「食玩」を買うために 「イオンモール甲府昭和」へ。
屋上Pから見た 八ヶ岳。
八ヶ岳180113s-IMGP1356


八ヶ岳はこの先々、見る角度で表情を変えます
松本へ八ヶ岳180113s-IMGP1364


八ヶ岳180113s-IMGP1369


甲斐駒ケ岳は もっと山姿を変えますが窓の左側・・孫がいるので写せません。
窓の右に見えているのは 七里岩・・
七里岩180113s-IMGP1363


七里岩については帰り道のところで書きたいと思います。

長野県に入って・・蔦木宿。
今回は雪はありません(前回、12月にはこのあたりから雪景色に変わったいました)

富士見峠を越え 諏訪湖。
諏訪湖160113s-IMGP1397


ん?凍っていない・・。
てっきり凍っているとばかり。帰り道にまたよく見ましょ。

塩尻峠を越えて山麓線へ・・
窓の外には きれいな景色が展開されていますが これも「左側」
ま、帰り道に撮りましょ。
右に 畜産試験場を見ながら松本へ
諏訪湖から130113s-IMGP1377


松本に着き、お茶して帰るの。
「飴市だよ、泊まっていけば」
「ばあば、飴もらえるよ」とYくん。(ありがとうよ 涙)

じいじ「明日は用事があるから ばあばだけ置いていくか」(うんうん)
でもね、帰って来たのです、私。

お茶うけのこれ↓ いただきものなのですって。
松本で180113s-IMGP1381

おいしくいただいて なんだか ほっこり、満足。

じゃあね、またね。
飴市も覗いていきたいけれど(次の日、日曜日が盛大に行われる日だけれど 13日14日が開催日) そっと帰ってきました。

帰り道
いつも寄ってくる
ファーマーズガーデンうちだ
fg_title_uchida


前回は この店頭には長芋がどっさり。
驚きました。長芋の産地でもあったのですね〜。

今回は長芋は奥の一列に。
前面には みかんとリンゴ。
リンゴをいっぱい買って、店内でワサビ漬け、あとなんだっけ?買ってきました。
まs-IMGP1392


帰りましょ。
この日はどんど焼き(松本では「三九郎」と呼ぶそうですが)をしているらしい煙をみました。
松本の川原ではダルマさんをてっぺんにした緑の櫓が見えていました(写真なし)


あの煙 人だかり
まs-IMGP1387


ここも↓
まs-IMGP1394


まs-IMGP1395


諏訪湖まで戻ってきました。
新しい道ができて 木々が伐採されたようで このあたりからも諏訪湖が眺められるようになりました。カメラを向けたのが遅かったのですが ここ。
諏訪湖180113s-IMGP1375


諏訪湖
やはり凍っていないようです。
諏訪湖160113s-IMGP1401



お〜 あれが釣り船「ドーム船」か
諏訪湖180113s-IMGP1399


あの中で釣りができるのですね。寒い今、冷たい風もよけられていいですね。

山梨、昔は河口湖も全面結氷して 厚い氷に穴をあけ釣り糸を垂れていた姿が「冬の風物詩」だったものです。
今はその姿はなし。「温暖化」という言葉がしっかりとわかります。

帰りましょ。もう夕方近く。
塩尻峠を越え、富士見峠を越えて・・
富士山が見えてくるはず・・カメラを構える私。
ほら!
まs-IMGP1407

おっ、「紅富士」か。

ただ今の気温・・0℃ですって!
まs-IMGP1410


富士山はまた山の陰に隠れて・・見えてくるころには もう 夕暮れが迫り過ぎて紅富士とは言えませんが、きれいでした。

 まs-IMGP1411

左に続く千里岩


七里岩180113s-IMGP1414


七里岩180113s-IMGP1413


この断崖の上、細長い台地に韮崎市民俗資料館があります そのブログ

韮崎、という地名は この断崖の地が「ニラの葉」のように細長いからついたということです。
長く続くこの岩を見ていていると「ブラタモリ」さんにはちょうどいい、来てほしいな、といつも思うのです。
風の便りには 取材班が下調べに来ているとも・・楽しみ楽しみ。

七里岩について書いていると 長〜くなってしまいます。
説明はWikに任せましょう
「七里岩」

韮崎地点。 もう暗くなってきています。
カメラの眼って こんなに暗くなっても写すのですね〜。実際にはこんなに見渡せません。
まs-IMGP1415


明日から 今年一番の寒波が押し寄せてくるそうな。雪も降ると・・
スコップよ〜し、長靴よ〜し。



taketake0402 at 23:48|PermalinkComments(10)clip!信州 | あれやこれや