2020年05月29日

我が家の庭で

バイカウツギが咲き いい香りを漂わせています。
バカウツギ202005IMGP6776


バイカウツギ202005IMGP6864


そして咲き始めて何の花かとわかった この花 ↓
ササラサラサウツギ」かと。(
サラサウツギ20200525IMGP6817


今は亡き義従姉(義母の姪)の思い出の花。

何年か前に 挿し木にしておいてくれたものですが
今年初めて蕾をつけていました。
蕾をみても「何の花だっけ?」
サラサウツギ20200510IMGP6641

昨年、伸びている枝を上半分切っておいたのも土にたてておきました(挿し木状態)
茎の中は空洞・・ウツギの仲間だね
サラサウツギ2020s-IMG_3874


昨年の強い剪定がよかったのか 今年は花が咲いて・・
調べてから思い出しました「サラサドウダン、珍しいでしょ」と義従姉が言っていたっけ。

ヒメウツギも彼女からもらったもの。
コゴメウツギ202005IMGP6644


小さな背丈
コゴメウツギ20200510IMGP6642


お山の家で見ていた各種のウツギ※も気になりあらためてにきて検索しましたら、
花や葉のかたちからヒメウツギではないかと思った次第です。
6月には「フジウツギ」も咲くので「ウツギ」四種になりました。

ハタザオキキョウも咲き始め
IMGP6858

初夏の感じになってきました
IMGP6859


IMG_20200530_055345_8~2


ちょっと前はアヤメとジャーマンアイリスが咲いていました。
チェリーセージはず〜っと咲いています
IMGP6573


はびこりすぎるドクダミはさっさと抜かなければなりません
よくみれば綺麗な花なのですがね
ドクダミ202005IMGP6813


ラジオで「五弁のはなびら、厳密にいうと花びらではないけれど 五弁のものがみつかったら それはラッキードクダミ、きっといいことがあるでしょう」ですって
めっけ! ↓
ドクダミ20200528bIMGP6844

なにかいいことあるかしら?
IMGP6850


ひっそりと咲いていた白花ツツジ・・咲き残り
IMG_4370


目の前にセンダンの花
センダン20200525IMGP6824


これは・・我が家の庭には大きくなりすぎるセンダンの木。
何年か前にてっぺんを切りました。
次の年には幹から多くの手をのばしてきて 空恐ろしい姿になりました。

今年は花を咲かせてる
センダン20200525IMGP6821


ホオズキ
なぜか背丈がのびないまま花を咲かせています。
背丈が低い下向きな花。う〜ん 撮るのがむずかしい。
カメラを差し入れて適当にパチリ
ホオズキ2020525IMG_4357

強引にこっちを向かせてパチリ
ホオズキ202005IMGP6750


ユズの花も咲き
ユズ20200526s-IMGP6756


カリンの花は撮る間もなく 今は実が大きくなっている
カリン02005MG_4391


甲州小梅は鈴なり(5/25収穫済み)
甲州小梅20200525IMG_4365


そして少し実家に届けました(5/26)
気になるシャクヤクを見ることも忘れずに・・。
私は子どものころ、シャクヤクはボタンに比べて小ぶりで地味(?)・・ボタンが女王様ならシャクヤクは侍女、などと思っていました。
が、今年はran1005さんのブログを拝見して「シャクヤクもいいものだ」と半世紀以上もたって見直しました。

そのシャクヤク。
盆地を眺めて咲くシャクヤク・・のはずでしたが すでに散り・・
シャクヤク20200526IMGP6833


シャクヤク20200526IMGP6832


シャクヤク202005IMGP6834


ま こんなこともあろうかと 義妹に撮っておいてもらいました
1589862747774


1589862757543


う〜ん 記憶の中ではもっと「地味」な花だったのですが 単に「地味」だけでお花の様子は思い出せない・・並びに「イチハツ」ではない、と母が言っていたっけ・・あれは・・記憶をたどって検索してみましたが よくわかりません。白くて大きな花、じゃジャーマンアイリス的な花。昔から咲いていたという・・わからないまま おしまいにします。
そうそう タイムリーな花束。
娘がもらってきたものですが
1590330362577~2


IMG_20200521_010637_9~2


IMG_20200524_005830_9~2


咲いてわかった「シャクヤクだわ!!」
1590562692544




「ウツギ(空木、卯木」といっても同種,同属ではないのですねぇ・・」
せっかくの記憶と記録から掘り起こしで・・



☆ウツギ 
 ユキノシタ科ウツギ属
 別名 ウノハナの方が有名?
 ♪〜卯の花の匂う垣根に〜♪


☆ノリウツギ
 ユキノシタ科アジサイ属

☆ミツバウツギ
 ミツバウツギ科ミツバウツギ属

☆マルバウツギ
 ユキノシタ科ウツギ属

☆フジウツギ 
 フジウツギ科フジウツギ属
 ※ 有毒植物だって。崩された石垣の間から出てきたものを我が家に植えました。


☆ツクバネウツギ
 スイカズラ科ツクバネウツギ属


☆ハコネウツギ
 スイカズラ科タニウツギ属

そして我が家
 ☆ヒメウツギ ユキノシタ科ウツギ属
※高さは1〜1.5m程になるそうですが‥我が家ではほんの20cmほど。パピルスもどきがはびこっているので大きくなれないのかなぁ。

☆サラサウツギ
 ユキノシタ科ウツギ属 ウツギの園芸品種
 園芸品種だったんだ



taketake0402 at 23:31|PermalinkComments(9)clip!植物 

2020年05月23日

キジのこと畑作業のこと

モズに続いてキジのことも記しておきましょう。

今年は キジもフレンドリー(?)

4月2日のブログ「桃畑」以来 ず〜っと我が家の周りに来ているキジ。

あ、鳴いて私を呼んでいる(・・ような
2階からパチリ。
BlogPaint

桃の木の下にいる黒い鳥がキジです。
ん?モズが写り込んでいました。
BlogPaint


隣の桃畑ね、
はいはい 下に行くからちょっと待っててね。
はい。おまたせ。
202004260723キジs-IM4260723G_3373

昨年までのキジは近づくと近づいただけ遠のいて行ってしまったけれど
「撮って!」と言っているのかしら ずっと「そこ」にいます。
ならば動画で


↑ 突然鳴くのだもの驚いて手元がくるってピンボケになってしまいました。
こうして鳴いてお相手を待っているのね。

※「取りつくしまもないさま」のことを「けんもほろろ」といいますが キジのこの姿、ケーンケーンと鳴き「母衣(ほろ)を打つ様子」からきているそうですが・・・う〜ん わかったようなわからないような。。)
↑7時30分
↓10時10分
ここは巣作りにちょうどいい草むら?
202004261010キジs-IMG_3381


202004260853キジs-IMG_3375
 

私は出かけなければいけないので このまま見ていてはあげられない。(
夫が言うには12時ごろまで ここにいたみたいです。
でもねえ、この状態の畑、そろそろ草刈りされちゃうよ、きっと。

あらら 次の日にはほんとに草刈りされてしまっている。
202004261642キジs-IMG_3421


別の日に雌鳥が姿を見せていたのに・・5月6日
20200506s-IMG_3883


2020056s-IMG_3884


2020050s-IMG_3885


この雌鳥は 私の目の前を低空飛行していった鳥。
キジが飛んでいるのを見たのは初めてのこと。
瞬間の出来事なので写真なし。残念。

別の日
「ケーンケーン!」↓
鳴いてもここでは誰も撃たないものね。
a20200502IMG_3640

待ち人(鳥)来たらず、か

桃畑とぶどう畑の間 
s-IMG_3634


20200502IMG_3643

缶コーヒー飲みながら・・まさかね
↑6時20分
↓6時40分(畑の様子をみただけで帰路)
まだ待っている・・・
s-IMG_3645

私は朝ごはんの支度があるから帰りますよ。

☆☆☆
私は 何だか毎朝のように呼ばれている気分。
はいはい、隣の畑ね
s-IMG_3799


ゆっくり草を食べていて。
s-IMG_3804


私は庭のモズっこちゃんも気になるの。

☆☆☆

キジの写真を見ながら思い出しています。
私は何年か前に草刈り鎌で「キジっこちゃん」を・・・
「お山のフキ畑」で草取りをしていたら 鎌になにか当たりました。
固くもなく柔らかすぎるでもない・・なにか生き物的な皮膚感触。
鳴いたような・・ごそごそごそ・・鳥肌立つ私
遠くに行ってから 鳴いています。
「こわいおばさんに叩かれた。はやく助けて」というよな鳴き声
↓ キジの赤ちゃんでした。だいじょうぶ血は出ていませんでしたよ。目で追いかけながら体中を見ていましたから・・。


ついでにアップ。
我が家にはモズが来るのでツバメが来ない・・と結論付けています。

何年も前の写真が出てきました。
2005年、まだブログを始めていないときです。

我が家の前の水たまりにツバメが泥を取りにきていました。
我が家の軒に作ればいいのに どこかへ運んで行ったり来たり
ツバメ2005DSC00132


泥をすくうための小道具をくわえてきています。
ツバメ2005DSC00212

↑見えにくいですね。
左のツバメが「ちっちにくわえて」います。
(※「チッチにくわえる」・・甲州弁? おさなごがスプーンとかフォークを縦に使うとあぶないので「チッチにくわえて」という・・)

これも止まり木?
ツバメ2005DSC00146



↓お蔵入りブログ
2020年4月9日
ヤーコンの芽出し作業をしていたら キジが目の前を歩いていきました。
::以下削除
※ヤーコンの芽出し作業は4/9(記録 )
この日付を記録しておきたかった。
ヤーコンの芽出し作業については ↓
>http://blog.livedoor.jp/taketake0402/archives/2014-04-10.html





taketake0402 at 22:26|PermalinkComments(8)clip!植物 | 生き物

2020年05月18日

モズっこ

我が家の庭で育っていたモズっこちゃん、このところ姿を見せません。
上手に飛べるようになったし 自分で餌をとることができるようになったので
涼しい高原や北の地方に移動していったのでしょう。

モズっこちゃん。
4/12
20200412G_2673


4/20 尾羽もちょっぴり伸び、
庭で木から木へと飛ぶ練習をしていたモズっこちゃんも電線まで飛んで行きました。
高いところから見る景色はどうだったかしら?
20200420aIMG_2977



↓『モズっこ』総集編です。

3月11日
我が家の前の電線に餌を咥えたモズが止まっていました。
20200311IMG_2060


今になって考えると
雛が孵って(かえって)いたのでしょう。
私が庭に出ると警戒音で鳴いていましたっけ。

巣の中で餌をいっぱいもらって育っていたのでしょうね。

4月11日
ヒウガミズキの中でこっちを見ている・・・ヒナ?
20200409あIMG_2565


巣立って飛ぶ練習をしている雛のことを 「たちっこ」と呼んでいます(=甲州弁かと)

4月12日 出てきました。モズのたちっこ、「モズっこちゃん」です
20200412G_2673


「巣立ち」までの期間は2週間程度ときいています。
きっと 以前からこの木々の中で育っていたのでしょうが モズっこの姿に気が付いたのがこの日です。

「どう猛な」といわれるモズですが かわいらしい姿に目が離せません。

「ステイホーム」の中でしたので居間からの見守り・・いえ「お楽しみ」です。

モズっこは2羽
20200412IMG_2697


ママ(かな?)が餌をとってきてくれます。
20200414IママMG_2724

(※目の周りが黒いのが雄鳥だそうですので・・)

4月17日
柿の小枝にしゃがんで待つ(この小枝がお気に入り。止まりやすいのでしょうか)
20200417IMG_2807

でも こんな「うずくまったしゃがみ方」を長い時間(10分間ほどかな)していたので具合が悪いのかと思ってしまいました。

大丈夫、電線の上ではパパ鳥が見守っています。
20200417IMG_2812


4月18日
網戸の向こうでよく見えませんが 餌をもらっているようです。
20200418MG_2852


4月19日 さかんにアピール
20200419IMG_2872


パパとママは遠くにいます。
20200419IMG_2925



20200419IMG_2931

 
4月20日 
20200420MG_2904


電線に
20200420aIMG_2977


飛ぶ!
20200420IMG_2974


遠くまでも飛んで行きました、
あの家の屋上に
20200420s-IMG_2982


20200420IMG_2979


20200420bIMG_2979


お帰り。
20200420bIMG_2990



4月23日 堂々と
20200423IMG_3236


4月24日 ビワの木の上で呼んでいる。
20200424IMG_3285



パパさんと何か話してる?
20200424IMG_3299


4月25日 なんだか凛々しくなっています。
尾羽も長くなっていますね。
20200425bIMG_3314


枝に虫でもいたのかしら?
20200425aIMG_3318

上手に食べることができたかな?

4月30日 「特訓」の様子を見ました。
「パパ〜!」と呼んでいる(画面右下)
BlogPaint


動画にしました。

餌を運んできた親鳥。
でも 餌を見せるだけで飛んで行ってしまった親鳥。
呆然とするモズっ子たち。
きっと「ここまでおいで」と飛ぶ練習をさせていたのですね。
※網戸がしてあったのではっきりと見えないのが残念。





(追加= これは木の上に出てきた時の動画です)


5月6日 大型連休も終わり 
我が家の庭の緑も濃くなり モズっこちゃんの姿は葉っぱの陰でよく見えません。

木の上に 
20200506IMG_3907


遠出をしては戻ってきているようです。

いよいよ旅立ちかな?

あら
5月8日
止まり木用にと置いといた物干しに ちょこんと止まってくれました。
ここまで下りてきたのは初めてのこと。
旅立ちのご挨拶だったのかしら
20200508旅立ちのご挨拶かs-IMG_4004


5月
ここ2020508s-IMG_4007



モズっこが旅だったあと・・
電線には以前のようにキジバトやヒヨドリがきています。
モズがいなくなったから?
(※この電線に来る鳥は・・これからはカッコウ、オナガなど)
モズが怖かったのかしら?
スズメも庭で虫を食べているし、テラスにも上がってきたりして・・
そして雀がきた20200509s-IMG_4033


そうっだ
我が家にツバメが来ないのはモズのせい?
過去の画像をみてみると意外と撮っているモズの姿。
今年はじっくりと眺めていました。
かわいい姿にも癒されて・・

ん?そういえば
モズっこたちはユズの木の中にも入っていたっけ。
アゲハは毎日飛び回っているのにユズの葉は食べられていない!
幼虫たちは・・・ですね。

自然界。

業務連絡=2016年7月20日のブログです ↓
http://blog.livedoor.jp/taketake0402/archives/2016-07-20.html
※遅れ遅れのブログとはいえ 時季がずい分違います・・



taketake0402 at 15:41|PermalinkComments(9)clip!生き物 

2020年05月11日

5月なって

5月になり 真っ赤なバラも咲き始め
IMGP6606


誰も来ない。
どこにも行かない日々・・。

大型連休も終わりました。

庭のモズっこちゃんの成長を見守り楽しみ、
毎朝私を呼ぶ(?)キジも一つの楽しみ・・
このことは、あとにまわして・・。

5月7日の月、「フラワームーン」と呼ばれている満月を楽しみました。

台所の窓をあけ 月の出を待ちました。
6:45 桃畑の向こうに上がる月
モモ摘果20200507s-IMG_3962



上ったばかりの月は黄金色
モモ摘果20200507s-IMG_3961

ズームすると周りは真っ黒になりますねぇ・・。

2階に行って眺めました。
明かるいこと!
モモ摘果20200507s-IMG_3959


そして真夜中
2階の出窓のブラインドに月あかり(南中か)
ならば 「御簾をあげて」・・

月明かりにIMG_3977


なんだか絵になるシルエット。

満月を見上げる二人は(ほんとは私の方を見ているのだけれど)
20cmほどの土人形

↓ 朝
月明かりにs-IMG_3987

右の岩のシルエットは「かつぬま朝市」で買った石と「砂漠のバラ」
月明かりにs-IMG_3989



そして次の夜は「十六夜の月」
月の出は 前の晩より1時間ぐらいは遅くなるだろう・・
台所の窓を開けてまだかまだかと待ちました
遅い・・先月のように雲で見えないだけか。

いえいえ、NHKお天気キャスター 伊藤みゆきさんは
「きょうの天気は 『1円の空』」と
???
「崩しようのない天気」だと
まあ びっくりの表現。
「お前の奥さんは1円のような奥さん」
という漫才がはやったのはいつのことだったか・・

出ました!!
桃畑の向こうに「十六夜の月」
1 2006IMGP6623


望遠にしたら何やら恐ろし気な・・
1 IMG_4040


a053579c4 (2)


↓2階から。
もう8時過ぎですのであたりは真っ暗ですが 雲は見えません。
遠く山の麓の灯りは勝沼方面です。
1 20IMGP6627


十六夜の月
1IMG_4053


そして 夜半の空は 明るい月に白い雲が(あれはなんという雲なのか、幾筋もの雲)月の光を浴びてすご〜くきれいでした。
写真には撮れませんでした。

が もっと遅く
・・雲の形はすっかり変わっていましたが輝く月は雲を照らします。

なんと娘のスマホは撮れるのです(午前2時
これ↓
1588983860042


「3秒なんたらかんたらって表示が出ている」と娘。
わっ、さすがのiPhone。
シャッタースピードも自動で撮ってくれるのですねぇ。オドロキです。
1588983875289

(※私のチビカメラだって一眼レフだって「設定」さえすれば 写せるのですがね  

そうそう、伊藤みゆきさんは「ブルーモーメント」が見られるかもしれないとも言っていました。
「夕焼け後のわずかな時間にあたりを包むブルー」と。

「一番星 み〜つけた」と撮ったあの時間
2 IMGP6620

陽は沈み、月の出はまだだった・・
これが ブルーモーメント?
「ブルーモーメントは夜明け前と夕焼けの後のわずかな隙に訪れる、辺り一面が青い光に照らされてみえる現象。Wikより。
(画面右上の方にみえる白い点が金星です)

そうそう、伊藤みゆきさんは(何回も出しますねぇ)
満月は朝方まで楽しむことができます」とも言っていた・・
えっ? 朝って? もう月の入りは終わってしまうのでは???
日の出も早くなっているし・・

わかりました。
伊藤みゆきさんは 朝(?)3時のご出勤。
それならまだ月が見られることでしょう。

Screenshot_20200509-012518



おまけ
=以前に見た「月の入り」
1589158333526


満月の時くらいしか気にしない月

あ、それでも伊藤みゆきさんに言われて(#4
「月と金星大接近」の夜には月を見ていました〜。
♪〜 おくらからひっぱりだしてブログにしましょ

4月25日 大接近前日。
月をさがしました
あったあった西の空・・月は限りなく細い
924b15f6


月と金星
d67dfcbc



大接近は26日だと。
曇り空が一瞬ひらいて・・

確かに月と金星が近い位置にある
81c9a41c


月は少し膨らんで
48029694


大接近を見た、と安心していたら
28日の夜に宙女(そらじょ)の友から「月も金星もきれいに見える」とライン。

見てみましょ

月はすぐ見つかりましたが金星はどこじゃと探しました。
あぁ 金星はずっと下。
位置関係が逆転していました〜
ba492f05



月と金星大接近20200428 20時ころIMG_3500


娘は「この月は花王石鹸の月」だと
私はバナナだと思いました〜。


taketake0402 at 15:36|PermalinkComments(8)clip!あれやこれや | 植物

2020年04月30日

目に青葉 そして。

青い花
アヤメが咲き始め
アヤメ20200430朝IMGP6464


シシリンチューム
シシリンチューム20200426IMGP9485


シラー
釣り鐘20204IMGP9501


道端のカキドオシ
カキドオシs-IMG_3482


ヤグルマギク
ヤグルマギクs-IMG_3544


我が家のシラン
シラン2020040IMGP6471


ジャーマンアイリスも咲き始めの一輪
IMG_20200501_111451_2


実家の藤の花も咲き始め
藤の花IMG_3613

(※実家に行ったのはお正月以来。今回は亡き父が使っていた車いすをもらいに行ってきたのです・・と断りを入れながらのブログ書き)


なんだか 青系の花・・「青の時代」が来ているねぇ、と

桃も桜も今は新葉の緑が輝いています。


久しぶりに「お山の家」の畑に行ってきました。
お蔵入りになりそうだった この日のことをここに続けます。

4/26
まわりの山々を見ると山の緑もやわらかい緑色
新緑の中20200426IMGP6372


標高が上がっていくと この色は、芽吹きの色
春s-IMGP6445


春s-IMGP6446



季節をさかのぼってきたようです。
毎年 盆地の桃の花が散るころには「 お山の家」(標高850m)までの道は『季節のさかのぼり街道』と名付けて楽しみにしています。
今年は出遅れましたが・・
途中、桃も咲いていて。(標高750m)
桃も桜もs-IMGP6375

↑桃の向こうに咲いているのはヤマザクラかしら。

「お山の家」のまわりの桜は 咲き残っていました(標高850m)
エドヒガンザクラ
桜s-IMGP6441

その向こうに見えるのはミツバツツジ
桜と三つ葉つつじ20200426s-IMGP6388


桜20200425s-IMGP6391


あそこに咲くのは なに桜かな?
桜20200425


さ、畑へ。
フキ、ルバーブ、ヤマウドなどを取って少しの草取り。
「トウブキ」畑↓
フキ20200425s-IMGP6402

ここに出ている厄介者は「オヤブジラミ」と「ソロリア」
ソロリア20200425s-IMGP6401


かわいい花たちだけれど恐ろしいほどの繁殖力。
せっせと抜いておかねば・・。

フキの手前に植えておいたイチリンソウやニリンソウも草の中・・

イチリンソウ2020s-IMGP6400

ニリンソウ20200425s-IMGP6399


アマドコロやナルコユリ、オオナルコユリもここに植えておいたはず、

ナルコユリs-IMGP6415


咲いてくればどれがどれだかわかることと

フキは煮物にとって
 IMG_20200426_164607_1


ルバーブはジャムに・・・
あれれ こんなに花が咲きそう。
株分けしなくてはいけないのに これもほったらかしておいたからいけない・・
IMG_20200426_120722_8


茎は全部切り倒しておきました。

タラノメ
IMG_20200426_115130_3

......ここに出てきては困るけれど 今回は天ぷらにして
次にはきりたおししょ。
痛い!
タラノキ20200425s-IMGP6419


我が家・・
トンボがミツバの葉にしがみついていました。
トンボIMGP6455

何トンボかな?

モズっこたちは元気に飛ぶ練習と餌取りの練習中
こんなに大きくなりました(4/29)
モズっこ20200429IMG_3571


(↓4/12 撮影)
s-0モズ202004IMG_2673


モズっこたちのことは またあらためて・・

大型連休


taketake0402 at 09:17|PermalinkComments(10)clip!