本当の強さとは何か?



2016年4月27日
WBAスーパーフェザー級王者 内山高志が
2RKO負けで王座から転落しました。
uchiyama4



もう1年以上前の試合ですが
この試合から
「本当の強さ」と言うことを考えていきたいと思います。



世界のトップ同士になればなるほど 様々な要素が試合結果に絡んでくると思います。 本人同士の体調や精神状況はもちろん、
世の中の流れや空気、タイミング、そして運。
それは本人同士がもはやコントロール出来ないものでさえ絡んでくると思うんです。

02-b58dc

なぜこの試合、
神様は内山に微笑んでくれなかったのかなと。


内山本人がこの試合どうだったか? 正確には私にはわかりません。

ただ試合後の会見で渡辺均会長が話した通り 陣営には
「驕り、慢心」があったと。 それが知らず知らずのうちに
内山本人に感染した可能性はあると思っています。 陣営の責任は本当に重大ですね。
201604280009-spnavi_2016042800034_view

ワタナベジムの渡辺会長は「慢心」という言葉を使いましたが、
「慢心」の正体はなんなのでしょうか?


内山高志が防衛を続けるうちに傲慢になってきたのでしょうか?

私にはどうしてもそうは思えなくて
この「慢心」の理由を考えてみました。
慢心とは無くそうと思って無くせるものなのか? もっと言うと、持とうと思って持つものなのか?
そもそもなぜ慢心が生まれるのか?



それは・・・

「ボクシングで毎試合自分の命を懸けて戦う」
というのは
人間にとって
「異常なことであるから」ではないかと思うんです。 それに耐えられなくなったときに自己防衛のために慢心が生まれるのではないか? そう思います。
では
「強い」とはどういうことなのか? それはつまりこの「異常なことに耐えること」なのではないかなと。 この「異常なこと」に
無心で耐えることが出来る人間だけに
最後神様は微笑むのかなと思うんです。




重ねて言いますが
慢心とは「傲慢さ」から生まれるものではないんです。



そして
本当の強さ
とは
慢心と引き換えに手に入れるのもの
つまり
「異常なこと」に無心で耐えることが出来る人間だけ
神様がプレゼントしてくれるものなんですね。



エンターテインメントランキング 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村