2018年 総決算!めんたいぴりり

2019年01月03日

映画出演のこと。


2019年になったので情報解禁!

【映画めんたいぴりり 出演します】

49490995_2062175093850772_4762174310905282560_n

去年、こっそりと丸刈りになり、
1ヶ月間 無精髭を伸ばしっぱなし、
暇さえあればスポーツジムに通い
1ヶ月で7kg 体重を落とし撮影しました。

けっして健康的な減量方法ではなかったけど…
これが、とにかくツラかった…^^:)))))

でも、この作品に
『少しでも関われるなら』って気持ちと、
何よりも"役作り”ではなく 当時の人は
本当に『痩せざるを得ないような
過酷な状況で耐え忍んだ』と思ったら、
泣き言なんて言うてられません。
それだけで頑張れました。ᕦ(o_oˇ)ᕤ

…その甲斐もあって、撮影当日は
減量成功の“げっそり"な出演者たちと

“立ち上がるのが ツラいねぇ…”
“筋肉から 落ちるんだねぇ…”
“風呂入ったら、べこん!って水圧で
お腹がペシャンコのままだねぇ…!”
と、
体験を共有して一致団結できました^^:)))

…と、減量ネタを書いていても、
僕の出演シーンは、
気付かれないかもしれないくらい一瞬です。

むしろ、気付かれない方が良いのかも。
ぶ厚い台本の “たった数行"の出演。


『台詞はありません。』


でも、とてもとても大切な役でした。
博多華丸さん演じる海野俊之さんの戦友役。
 
49212938_2069400606461554_3457631183620276224_n

ほのぼのとした「陽」の映画の中で、
出演しているのは「陰」の部分。
銃声音が鳴り響き、僕は倒れます。
華丸さんが駆け寄り 僕の身体を抱えるけど…
という場面です。

演技ではなく、本当に当時、
引き金を引いた人がいることを
ずっと頭において、無念さを込めて、
本番では引き金を引きました。

映画をご覧になった方は
華丸さんの気持ちが
痛いほど伝わってくる場面だと思いますが
僕の身体をずっと抱えていた華丸さんの…
「握力」も凄かった。

…華丸さんの無力さとか、戦争の凄惨さとか、
溢れ出る気持ちが僕の腕に「痕」として残ってました。

50872807_2097474293654185_8981213396930134016_n

撮影後日、江口カン監督に、
「リアルな芝居にしびれました!!」
と言っていただけたことが
この映画に出た 最高のご褒美となりました。


*後日追記(映画公開後)

 「メガネの戦友さんよね!?
たけちゃん、映画で見たら、
別人みたいだったよ〜!

何人もの方が、
メッセージをくださるのですが、
それ…別人です(笑)
(だから僕は台詞、無いんだってば:笑)


taketalk at 17:36│Comments(0) ◯◯のこと。 

 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年 総決算!めんたいぴりり