どるふ@浜松ボードゲームの会

浜松でボードゲームのオープン会を主催しています。 月1回土曜日に活動中!一緒に楽しみましょう。

 
渋めのゲームを3人でプレイ。 


『ランタン収穫祭』


先日2人でプレイして、まずまずだったランタンを3人でプレイしてみました。


序盤からタイル引きが悪く、カードを2枚しか貰えずジリジリと離されて行く。

願っても願っても望みのタイルが引けず、最下位w

効率よいタイルを置いてカード稼ぎの良かったy子さんが勝利。

…まぁこれはタイル引きゲームさっ
ハイ次。



『ボラボラ』

さてさて、棚で熟成してあったボラボラ、やっとのことでプレイ。


複雑なルールのインスト40分の講座も終わりスタート。


各アクションタイルの上に乗せるプレイヤーダイスはより小さい出目しか置くことが出来ないのです。

その辺、後手番のたけっちはかなり厳しい立ち上がり。ミスってスタートプレイヤーも取り損ねるw

その間にQさんとy子さんは良さげなタイルをドンドン取っていく、、。


2人がリソースに走るのなら、自分は移動系だい!とタイルアクションで島中に駒を置きことに。


島制覇と目的タイル全クリアでたけっち勝利。


これは疲れるけど面白い!
やりたい事多過ぎ!これがフェルトだw



『モニュメント』


最後は箱絵がやたら地味なモニュメントw

しかし、カードはなかなかキレイで素敵です。


このゲームは一言で説明するのが難しいですが、最終的に1つの建物のカードをより多く持っているプレイヤーが多くの勝利点を得るゲーム。

ですが、冒険家がなぜかその建物カードを取り上げて得点してしまうのです。

でも取られるとその建物の価値は上がるので、利点もある。


なので最初は建物を多く建てるゲームかと思いきや、途中で取られまくって、皆が1枚だけになってしまうw(最後の1枚は取ることが出来ない)

『なんじゃコレ?』
とゲームの流れが全く見えないw

むしろゲームが破綻してるかのようにも感じるぞ。


と、分からないままゲーム終了。

ほとんど1枚しかない建物カードがなかったので、カードの数字勝負!


ほとんど負けて、全然得点伸びず。

勝ったのは最大値9のカードを沢山並べたy子さんの勝利!

結局、9引いたら勝ちじゃないの?w


なんとも不思議なゲームでしたが、もう1回やってみたいですね〜



と言うところで時間終了。

3ゲームでしたが、どれも面白かったです。(いろんな意味でw)

ボラボラもうちょっとスッキリしてたらかなりいいゲームになったんじゃないかな〜?でもこの雰囲気は大好きです!
ゴチャゴチャしたフェルトが好きな方はオススメです。



では、また。



◎テーマ
収穫祭で宮廷湖を飾る職人となって名誉を獲得しよう!


◎ゲームの概要
タイル配置ゲームで、タイルの色を揃えるとその色のカードを貰える。

少し変わったところは置いたタイルの各四方のプレイヤーは自分の向きのカードを手番プレイヤーじゃなくても受け取ることが出来るのだ。

貰ったカードを支払い、得点となる奉納タイルを獲得することが出来る。

そのタイルは早く取ればより得点が高くなる。

最も得点を獲得したプレイヤーが勝利!



◎感想

2人でプレイしてみました。


色を合わせるだけのシンプルなタイル配置ゲームです。

しかし、置いたタイルで相手もカードを受け取ってしまう。
なので基本「あげたくない! 」というちょっと意地の悪いゲームw

というのも、
・同色4枚のカードで貰う奉納タイルが1番コスパが良い。

・カードの枚数は少な目で、手札カードの所有上限がある。

・手札カードはオープン。

ということで、必然的にカードはし烈な争いになります。


2人でプレイした感じだと、1点が重いゲームでヒリヒリ感が味わえます。

宝石の煌きとプレイ感が似てますが、タイルの引き運が強いですね。


3〜4人になると、意図的にカードが貰えない人が出ると思うので、その辺はトップ叩きになるのかな?


パッケージとデザインは惹かれます。


満足度 6/10