2007年02月07日

健全の中身

柳沢大臣が再び舌禍。
未婚の若年層が「結婚したい」「子どもは二人欲しい」と考えており、そのことは「健全」だといってという。そこで、一人は健全でないのか?とお怒りの女性たち。センスのない大臣が責められている。あの年代の人たちは、もう仕方ない。生まれ変わらないと染み付いた考え方はかわらないのだ。

女に学問は必要ないと考えた世代。大学にいく女に「嫁の貰い手がなくなるぞ」とか「(嫁に)いき遅れるぞ」とか言った世代。あるいは働きはじめた女の部下と意見がくい違うと「君等は子宮で考えるからかなわんな」などと言った世代。ともかく、散々女を劣等のように言い散らしてきた人たちだ。その人たちが、子どもを産もうとする女を健全というのは当たり前。彼らはほんとによかれと思っていっている。まったく困ったもんだけども、そういうものをぎゃーぎゃー責めても仕方ない。

そのヒステリーの陰で事実を見誤る方が問題ではないかと思う。

竹薮は、結婚して子どもは二人というのは、スチュワーデスになりたいとか、野球選手になりたいというのと同じで実態のあるものではないと考えている。おおくの若者にとって子どもというのはリアリティを持ったものとして考えられていないのではないか。ほんとに結婚して子どもは二人と思っているのなら、さっさとそうすればよい。不妊などの問題を考えて子どもが生まれないにしても、結婚だけはできるはずだ。なんで晩婚化する?

「健全」な希望説では、そこが説明できない。

負け犬/勝ち犬と女を分類した「負け犬の遠吠え」いう酒井順子のベストセラーの前に、小倉加代子の「結婚の条件」というのがあった。この二つは立場は違うが、状況分析の基本線はおなじだ。

<運命の人との結婚なんてあり得ない。近代のロマンティックな恋愛→結婚というルートはもはや成立しない>

負け犬の遠吠えは、キャリア女性の成れの果てだ。「女は子宮で考えるからなあ」とバカにされながら必死ではたらいたキャリア。でもどんなにがんばっても、負担は増えるばかり、結婚して子どもでも生んだ日には、非常に高収入で、育児や家事を外注にだせないかぎり、キャリアは維持できない。仕事が終わらなければ、シッターを延長あるいは手配し、仕事が終われば、疲れた身体で満員電車ではなくタクシーにのって、ケータリングに電話してそれで夕飯というようなことでもできない限り、そうでなければ「おばあちゃん」というもう一人の女に頼らない限り、キャリアなんで維持できないのだ。

だから、結婚なんかできない。
はっと気がつけば
どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです。(酒井)

負けがあるかぎり、勝ちがある。勝ちは価値であるから、ロマンチック幻想は獲得目標ではなく、幻想として維持されていくのだ。したがって次の世代にとって結婚はカタログをめくるようなものになる。「結婚の条件」は、年収が600万以上、育児休暇とれる会社につとめてて、家事能力があって、あんまり残業のない仕事で、車はベンツ、次男以下で自分の実家に近くに住んで、お婆ちゃんを当てにできて、なんてことになってくる。つまり、自分も無理せず、余裕しゃくしゃくの生活をしたいということだ。育児雑誌にのっかってるみたいに。綺麗なママでいたいから、月に一度は美容院にいきたいし、子どもには手作りおやつを食べさせたいし、お稽古事にも通わせたい。その送り迎えもしなくちゃいけない。だから、忙しいけど、手抜きはしない、充実したママライフみたいな(笑ってしまうが)これを、新・専業主婦志向というらしい。シロガネーゼとかコマダムとかいうのがそれだ。VERYとかの新雑誌はその次のステージをしめす勝ち組の雑誌だな。

そんな結婚どこにある?
だから、結婚はしない。したいけどできないの。

柳沢大臣が「健全」だといってることの中身がこれです。
まったくリアリティーを欠いている。
そういうことを認識しないで、せっせと保育所つくっても、わずかの育児手当だしたって、全然ダメよ。
わかってんのかなあ?
かなりあやしい。。。。

国会議員の女性たちもそういうことわかってますか。
今必要なのは子どもの頃から、子育てのリアルなイメージを持たせること。大変さも楽しさも丸ごとみせていくことなんだよ。バカみたいに商品化あるいは象徴化された結婚幻想を砕く。そういう女モデルを示すことなんだよ。

ああ、じれったい!!


takeyabu31 at 17:42│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 問題主婦の主婦論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by キャロ   2007年02月08日 03:39
あいつ 頭わるすぎるよ〜〜
たとえをだすにしても
もっと考えろっつーの
2. Posted by LEIKO   2007年02月10日 12:03
あたしが今からコマダムを目指すなら、年収1500万円以上を探します。600万じゃむりぃ〜。
3. Posted by 北極星   2007年02月10日 19:44
少なくとも、大臣するぐらいの人やから、何事も考えて喋らんかい!と言いたなりますわなー(後で訂正しても、今いち‥で)。しかも厚生大臣やからねえ。しゃれにならへんわー。当節のせちがらさ、子育てのしんどさ、ホンマのとこ、偉いさんらには理解できんのやろねー。一連の騒動見ていると、この国の為政の低次元しかわからへん。ああ、アホくさい。と、地の関西弁でまくし立てて、申し訳ありません。

4. Posted by 竹薮みさえ   2007年02月11日 18:26
>キャロ
烈しく同意。でも限界なのよ。何がいかんのかわかってないもん。

>LEIKOさん
実は書きながらそうおもったの。600万じゃ無理じゃん。
ほんとにね。でも結婚対象年齢んあら600万でもかなりハードル高いよ。それだって結婚できないよね。

>北極星さん
まったくほんとに情けないです。
都知事選の石原の対抗馬どうなるんだろ。
今日、田原総一郎が土井たか子はどうだとかいってました。冗談だろうか本気だろうか。それにしても田丸美寿々はやだなあ。蓮舫も。土井たか子が一番ましなような気もするが、先祖帰りみたいだし。民主党はほんとにコマがなさ過ぎですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字