2013年06月16日

医療事務と調剤薬局事務の違い

医療事務と調剤薬局事務の違いはどのような内容でしょうか。

医療サービスの職場で、医療事務と調整薬局事務の資格が人気があります。
どちらの資格も医療保険制度に関係する資格です。

高齢化社会が進むとともに需要が高まる資格として注目されている資格になります。
どちらの資格も通信教育機関を利用して勉強できます。
働きながらでも、学校に通う時間がなくても取得できる資格です。

医療事務の通信講座のサイトを覘いてみませんか。
自宅でシッカリ受験勉強できる通信講座が紹介されています。

研究開発された通信教育教材で、効率よく知識と技能を吸収できます。

次に、医療事務と調剤薬局事務の違いの概要を紹介します。

1)医療事務とは?

医療事務と調剤薬局事務の違いを紹介する前に、医療事務の概要を紹介します。

医療事務は公的資格や国家資格ではありません。
民間の団体が認定する民間資格です。
民間資格なので、10種類以上の名称が存在します。

医療事務は、診療報酬請求明細書(レセプト)作成が主な仕事になります。

医療事務の資格を取得する時には、少しでも医療機関や公的機関に認知されている資格を選ぶことが大切です。

医療事務管理士検定は、医療機関に広く認知されている資格です。

診療報酬請求事務能力検定は、厚生省が認可する唯一の国家認定試験です。

保健請求事務能力検定は、ハローワークや職業訓練校が推奨する資格です。

認知されている試験は合格率や受験資格が厳しいですが、取得すれば就職にも有利になりますね。

医療事務管理士検定・診療報酬請求事務能力検定・保健請求事務能力検定に挑戦しませんか。

2)調剤薬局事務とは?

医療事務と調剤薬局事務の違いを紹介する前に、調剤薬局事務の概要を紹介します。

公的資格や国家資格ではありません。
民間の団体が認定する資格なので、複数の名称が存在します。
国が進める医薬分業から発生した資格です。

調剤報酬請求書作成(レセプト)作成が主な仕事になります。

調剤薬局事務関連の資格名称には、医療保険調剤報酬事務士・調剤報酬請求事務技能認定・調剤事務管理士・調剤事務実務士他の資格があります。

3)医療事務と調剤薬局事務の違い

医療事務と調剤薬局事務の違いは職場になります。

医療保険事務は、病院などが職場になります。
調剤薬局事務は、薬局(調剤薬局含む)や調剤部門がある病院が職場になります。

医療事務は診療報酬のレセプトを作成するのに対して、調剤薬局事務は調剤報酬のレセプトを作成します。

医療事務と調剤薬局事務の違いは、病院と薬局が職場になることでしょうか。

医療事務の通信講座で、医療事務関連の受験対策ができます。

「がくぶん」のサイトには、調剤薬局事務関連の受験対策の通信講座もあります。







taki08000 at 16:32 
仕事内容 

医療事務の通信講座

医療事務の通信講座を紹介します。

医療事務の通信講座を探しているなら、「がくぶん」にしませんか。
「がくぶん」のホームページには、受講生の声が紹介されています。

医療事務は、自由な勤務スタイルが選べる資格として人気です。

医療事務の資格取得を目指すなら、医療事務の通信講座のサイトを覘いてください。
「がくぶん」の通信講座が紹介されています。

「がくぶん」の通信講座を修了して、技能認定試験に合格すると医療事務管理士の資格を取得できます。

次に、「がくぶん」の医療事務の通信講座について概要を紹介します。

1)がくぶんの通信講座

がくぶんの医療事務の通信講座の内容を紹介します。

・病院の概要
・医療保険制度のしくみ
・請求事務の基本

・診療報酬明細書(レセプト)の基礎知識
・外来の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成
・入院の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどです。

2)がくぶん医科コース

がくぶんの医療事務の通信講座には、医科コースと歯科コースがあります。

医科コースの標準受講期間は6ヶ月です。

通信教育教材は、

・医科メインテキスト1~3
・医科ワークブック
・医科サポートブック

・診療報酬明細書
・医科レポート集
・医科コンピュータの基礎

・質問用紙
・ガイドブックなどが揃っています。

3)がくぶんの歯科コース

がくぶんの医療事務・通信講座の、歯科コース・通信教育教材を紹介します。

通信講座の受講期間は4ヶ月です。

歯科コースの通信教育教材には、

・「歯科医療事務の実際」(基礎編・応用編)のテキスト
・歯科助手の基本知識
・学習サポートブック

・点数早見表
・練習問題集(学科・実技)
・練習問題解答

・学習レポート
・学習ガイドなどです。

がくぶんの医療事務の通信講座の特徴は、医療界の評価が高いソラスト(旧日本医療事務センター)と提携していることです。

講座終了後はスタッフ登録や就業マニュアル提供などで、就業をサポートしています。

がくぶんの医療事務の通信講座を知りたい人は、医療事務の通信講座のサイトを覘いてください。








taki08000 at 16:30 
資格取得方法 

医療事務合格率・合格ライン

医療事務合格率・合格ラインは、資格試験によってことなります。

医療事務関連の資格は民間資格なので、合格率や合格ラインも資格試験ごとに異なります。

民間の団体が認定する資格なので、団体が主催する資格によって合格率や合格ラインは異なります。
医療機関に人気がある資格や、ハローワークや職業訓練校が推奨する資格は合格率や合格ラインも厳しいようです。

合格ラインが低い資格は、取得しやすいですが就職時の効果が劣ります。
合格ラインが少々高くても、頑張って取得しませんか。

医療事務の通信講座のサイトを覘いてください。
効率よく短期間で受験対策ができる資格が紹介されています。

次に、医療事務合格率・合格ラインの概要を紹介します。

1)保健請求事務技能検定の合格率

保健請求事務技能検定の医療事務合格率・合格ラインを紹介します。
他の民間資格とは違って、ハローワークや職業訓練校などの公的機関が推奨する資格です。

受験資格に指定講座の履修があります。

受験資格のための講座履修を考慮すると、受験期間が1年程度必要になります。
ただ、指定講座でシッカリと学習するので合格率は高くなります。

保健請求事務技能検定の合格率は73%程度です。

2)診療報酬請求事務能力検定の合格率

診療報酬請求事務能力検定の医療事務合格率・合格ラインを紹介します。

診療報酬請求事務能力検定は、厚生労働省が認定する国内で唯一の国家認定の医療事務関連の資格試験になります。
医療機関からの人気も高く、医療事務関連の資格試験では注目されています。

受験資格がないので、頑張って勉強すれば短期間で取得できます。
診療報酬請求事務能力検定の合格率は30%です。

通信教育教材や通信講座を利用して効率のよい受験対策をしましょう。

3)医療事務管理士の合格率

医療事務管理士の医療事務合格率・合格ラインを紹介します。

医療事務管理士は、一般的な民間資格ですが全国の医療機関にも認知されている資格です。

受験資格がないので、シッカリ受験対策すれば短期間で取得できます。

医療事務管理士の資格試験がお得なのは、1年間に6回の試験があることです。

医療事務管理士の合格率は、医科と歯科でチョッと差があります。
医科の合格率は41%超です。歯科の合格率は64%程度です。

医療事務合格率・合格ラインは、資格試験の名称によってことなります。
試験の基本的な内容は同じなので、受験勉強対策が合格のポイントになります。

医療事務の通信講座のサイトを覘いてみませんか。
効率よく勉強できる通信教育教材と通信講座が紹介されています。







taki08000 at 16:27 
資格取得方法