帰りは歩いて帰るのもメンドクサイのでバス・・・と思ったが、どれに乗ればいいか分からないので結局タクシーで帰った。

駅の上にあるホテルだから運ちゃんも迷わず到着。

ちょっと小腹が減ったので下のコンビニでタイガービアとつまみを買って部屋に戻った。

さて、今夜はいろいろと疲れた夜だった。
って、一人でドキドキしまくりで疲れただけだけどな。

明日は早起きだからもう寝よう。

そして翌朝。
隣で寝息を立てているオンナは・・・もういいかこの件りは。(^^;

元々荷物はほとんど開いていないのですぐに支度は完了。
さて、チェックアウト・・・と思って、ふとスマホを見るとアムからすごい数のラインが来ていた。

あーそういえば昨日電話するって言って忘れてた。

一応電話をかけてみるが早朝だし時差もあるのでもちろん出ない。
着信だけ残しておけばいいか。

チェックアウトを済ませ下のMRT乗り場へ。
ん?・・・始発はまだなのか・・・

以外に朝の始発は遅いらしい。
まぁ、時間はあるからマイペンライ。

20分ほど待つと始発電車が来た。
途中空港線に乗り換えたが、結構込んでるな。

シンガポールのタクシーはちょっと高いからな。
みんな電車で行くんだね。

さて、帰りのヒコーキはB787だ。
当初の目的はこの最新機材に乗るためだったんだからな。(かれこれ4年くらい前の話です)

ゲイランに行ったのはあくまでつ・い・で(^^;

さっさとチェックインを済ませ、イミグレもスムーズに通過。

そういえば前にこのイミグレでインネンつけられたことあったっけ。
そんな事も今はいい思い出・・・でもないな。

JALのラウンジをさがすのに少し手間取ったが、ようやく見つけて軽く朝食タイム。

スマホにWifiをつなげると早速アムからラインが山のように入ってきた。

適当に返信をしていたらすぐに既読になって電話がかかってきた。

アム「何で昨日電話くれないの〜」
おいら「あー、ゴメンゴメン、疲れて寝ちゃったんだよ」
アム「いつ戻ってくるの?」
おいら「ん?おいらこれから日本に帰るんだよ」
アム「え〜何で〜」

いやいや・・・何でって・・・
まだシンガポールにいるって言ってなかったっけ?

アム「帰ってくると思って待ってたのに・・・」
おいら「またすぐタイに行くからさ」
アム「いつ?」
おいら「まだ分からないよ。帰ったら連絡するね」
アム「うん・・・早く来てね」

おお・・・
何かこんなやり取りがやけに新鮮だ。(^^;

しばらく無かったやり取りだもんな。

おっと、そろそろ搭乗時間だ。
アムに「それじゃあ・・・」と電話を切って搭乗口へ。

さて、新しい機材(※しつこいですが4年ほど前です)のビジネスクラス・・・楽しみだ。