嗚呼!!タイランド

タイ、バンコクを中心にタイ地方都市(主にナイトライフ)で、たまに他の国もありの節操の無いブログです。 また部分的に性的描写が含まれますので18歳未満の方は見ないでネ!(初訪タイからの旅日記形式になってますので、初めての方は右下のカレンダーの07年9月8日から順番に見ると話がつながります。) ※尚、掲載されてる記事は実際に体験したことなので基本的にノンフィクションですが、記憶違いなどで間違っている場合もありますのでご容赦下さい。  最初から読む方はコチラ

MP

ひとっ風呂

そしてハラが減って目が覚めた。

しかし、二度寝して起きるとカラダがダルくなるのはなぜだろう。

この気だるい中、隣にちょっかい出すオンナがいればサイコーなんだけどなぁ・・・
このままヨコから挿れたりして。(^^;

おっと。
こんな妄想をしていたらただでさえ昨日不発で聞かん棒だったジュニアが暴れん棒になってしまう。

時間は昼近くか・・・
メシ食ってテキトーに時間を潰せばMPが開くかな。

支度をしてホテルを出た。
そうだ、両替しとこうかな。
VASUに行ってからアソーク方面に戻る。

そうそう、最近アソークにBTS駅直結のショッピングモールが出来た。
ずっと工事してたんだけど、いつの間にか完成してオープンしていた。
まぁ、メシ食って時間つぶしくらいできるだろ。

ターミナル21ってのか・・・
どうやら館内は空港の出発ロビーをイメージしているらしい。

※何度も書いてますが、このブログの記事は2〜3年前の出来事を書いてます。

テキトーに館内を見て回って一番上のフードコートに向かった。
こういうところはオトコが1人で来ても特にオモシロくないもんだ。
とっととメシ食おっと。( ̄‥ ̄)=3 フン

さて、フードコートは・・・昼時なのに意外と空いているな。
あんまりウマくないのかな?

無難にカオマンガイを注文。
うん・・・ビミョーな感じだ。((=゜エ゜=))

同じフロアにレストランや日本のチェーン店なんかも結構あるから次はこっちにしよう。

さて、そろそろひとっ風呂行くか。

MRTに乗ってホイクワンへ。
おお、このMPの看板が立ち並ぶ景色も久しぶりだな。

でも今日はまっすぐ「ナタリー」へ。
こんな時間に他の店行ったってロクに姫が揃ってないだろうからな。

そしてナタリーの扉を開けると・・・
ほらやっぱり。キタ――(゚∀゚)――!!

ひな壇は数人しかいないけど若いイスチームがざっと30人くらい。
しかも・・・グフフ、ええ娘が揃ってまんな〜(^^;

早速コンシアが寄ってきて、こっちはオッパイがデカイだのあっちはサービスがいいだのと始まった。

昼間っからこんなに目移りする姫たちから選ぶことになるとは思わなかった。
さてどうするか。

じっくり選ぼうかと思ったけど、そろそろおいらの聞かん棒が暴れだしそうになってきたので(確か)アイドル顔のロリ系を選んだような気がする。

あんまりよく覚えてないのは多分プレイ自体はフツーだったんだろう。
こういうのも回数を重ねてくると印象に残っていない姫なんかは顔も思い出せなくなってくる。

以前は名前から性格から好きな体位や性感帯まで全部覚えてたんだけどな。(^^;

ひとっ風呂終え、ようやく暴れん棒がおとなしくなったところでスマホを見ると、アムからラインが来ていた。

そっか、今日店に行く約束してたんだっけ。
ゴーゴーバーは昨日行ったから今日はアムのところに直行するか。
「20時くらいに行くよ」と返信しておいた。

すると、明日シンガポール行きの予約をしてあるCXからSMSが・・・

「Your Booking Flight Cancellations」

何だ?
この不吉なタイトルのメッセージは。

熟女の癒し

おいらが選んだ泡姫がひな段から出てきたので近くで顔を見てみた。
うーん・・・・思ったよりは歳は食ってなさそうだが・・・・どちらかと言えば年増だな。(; ̄Д ̄)

まぁオンナの見た目なんかメイクである程度ごまかせるからな。
ここは歳は聞かないでおこう。

キャッシャーで金を払うと腕を組んで上の部屋へ。
部屋でドリンクを注文するとバスタブにお湯が溜まるまでしばし雑談。

泡姫 「バンコクはホリデイですか?」
おいら「うん、そうだけど・・・・日本語分かるの?」
泡姫 「はい、スコシだけ」

こりゃあ昔はタニヤ嬢だったとかそういうオチが濃厚だな。
別に今さら気にしてもしょうがないが。

少し話していて分かったが、思った通りこの姫はタニヤではないが以前日本人カラオケで働いていたらしい。

てっきり子持ちだろうと思っていたが子供はいないと言う。
まっぁホントかどうか分かりゃしないけど。

続きを読む

チェンライに行きたい

姫はベッドに来ておいらのバスタオルを剥ぎ取ると、すぐにちんこをしごきだす。
少しスモークをした後、ゴムを着けて騎乗位で挿入。

おいおい、いきなり挿入かよ。( -д-)ノ

しかしこの一連の流れ、全く教科書通りの動きだ。
MPの教科書なんて見た事ないけどな。

それにしても・・・・こう上で一生懸命揺れているのを見ていると、何だかちょっとイタズラしたくなっちゃうのが男ってもんだよな。(^^;

上下交代しておいらが上になった。
首筋や脇などを丁寧に舐めまわすおいら。

フッフッフ、姫が一生懸命我慢しているのが分かるところがすごくソソられる。
それが気持ちいいからなのか、くすぐったいからなのか分からんけど。

そのまま正常な位置でフィニッシュ。

おいらが大の字になって寝っころがっていると、姫はテキパキとちんこからゴムを外して後始末をしている。
するとシャワーをするからこっちに来いと言っているようだ。

何だよ、少しくらい余韻を楽しませろよ。
ってなタイ語はもちろん知らないので、しょうがないから姫のところへ。
姫はおいらの体をこれまたテキパキと洗うと、おいらにバスタオルを渡した。

続きを読む

いい湯だな♪

気が付くとおいらはホイクワンにいた。
言わずと知れたMP銀座だ。

おかしいな。
ちょっと1杯飲もうと思ってただけなのに。(^^;

ま、いいか。
ひな壇を眺めながらのビアシンってのもオツだ。

ホイクワンに来たとなるとまず行くところは・・・・
そう「シーザー」だ。

店の中に入ると・・・・おお、姫がいっぱいいる〜(☆゚∀゚)

このままひな壇の前に行くとうっかり姫を選んじゃいそうなので、ひとまず後ろのテーブルに行ってビアシンを注文。
うーん、ひな壇の姫たちをガン見しながらのビアシンは格別だね。

それにしてもシーザーでこんなに姫がイッパイいるのを見るのは久しぶりな気がする。

タマダーでも十分カワイイ娘がいるぞ。

しかし、のんびりビアシンを飲んでいたのもつかの間。
次から次へと来る客が、良さげな姫をどんどん指名していってしまう。
こりゃあふんぞり返ってビアなんか飲んでる場合じゃないな。ε=ε=(;´Д`)

ビアシン1本飲み切ったところでおいらもひな壇の前へ。
するとすぐにコンシアが寄ってきた。

続きを読む

不発・・・いや不覚

ワンがタクシーに乗って行った後、おいらはホテルからプロンポンの駅まで歩いた。
今日の約束はプラカノン在住の方と会うので近くまで行く事になっている。

BTSに乗りながら少し考えた。

多分おいら、ワン相手に大きな声を出したのって初めてだと思う。
元々タイ姫との付き合いなんて滞在中の数日間で終わるから、金のトラブルでもない限り、そうそう本気でケンカするような事にはならないはずだ。

そりゃあ、いちいち電話をかけてきて起こされるのもムカついたけど、ホントはそれとは別にイラついていた理由がある。
うーん・・・・でもまさかな・・・・(-д-)

さて、プラカノンで約束した方と会い(念のため、お会いしたのは男性です。バンコクである事業をされている方です(^^;)、次は夜の街をご一緒する事を約束してその方とは別れた。

おいらはそのままタクシーに乗り、ぺプリ方面へ。
着いたところは・・・・「メリー」(^^;

だって昨日ヤラずに寝込んでたからね。
MPでさっぱりしたいじゃん。

早速店内へ。
ひな壇には・・・・ロクなのがいない。('A`|||)
サイドにはまぁまぁカワイイ姫がいるが全部ブッキングだという。

続きを読む

初指名

2階に上がって行きひな壇の前へ。
あれ?姫が1人もいない・・・・(・ε・)

コンシアが寄って来て「今支度中だから少し待っててくれ」と言う。
フツー2時から営業って言ったら、姫は1時半くらいにはスタンバってるもんじゃないのか?

まぁ、タイ人の営業時間なんてこんなもんなのかな。

T氏と2人、イスに座ってしばらく姫が出てくるのを待った。
ウエイトレスが注文を取りに来たので、しょうがないからコーラを注文。
こういう余計な方はきっちり営業してやがる。

しかしなぁ・・・男2人でバカ面して、ガラガラの店内でボーっと泡姫を待つってのもむなしいもんだな・・・・(-_-)
スケベヤローが2人しておあずけ食らってる様なんざ、滑稽以外の何者でもないよな。

そんなおいら達のココロを察したのか、コンシアが姫たちを急かしに行ってくれた。

ここんち、ひな壇の横にタイムカードが置いてあるから、出勤してきた姫たちタイムカードを押しに来た時にチラッと顔をチェックすることができる。
ホントに一瞬だからよくは見えないけど、まぁまぁカワイイ娘もいたような気がするぞ。( ̄ー ̄)ニヤリッ

さらにしばらくすると、ようやく5人ほどひな壇に出てきた。
サイドの席にも3人くらい座ってる。
この中から選ぶようか・・・

続きを読む

ハジメの一・・・発

朝起きたら大変なことになっていた。Σ(゚д゚;)

何が大変って、昨日は結局ヤらなかったもんだからおいらのジュニアがエライ勢いで抗議をしている。
それはもうカッチカチで。(^^;

うーん・・・こりゃあ夜まで待ちきれないな。
いや、おいらがじゃなくてジュニアの方がね。(^^;

とは言っても、さすがにこんな朝っぱらからやってるとこなんてMPでもエロマッサでも無いよな。
やっぱり昨日無理してでもお持ち帰りすりゃ良かったかな・・・・('A`|||)

とりあえず朝飯食って、T氏は・・・・まだ寝てんだろ。
サッカー見に行くのは夕方からだから後で電話してみよう。

そうだ、その前にどうやって行けばいいのか調べてなかった。
部屋に戻ってネットで検索してみると・・・・どうやら結構日本人サポーターが行くらしく、スタジアムの場所や行き方の解説なんかが載っていた。

周辺道路は込みそうだからボートで行くのが良さそうだな。
あとは帰りの足か・・・・
多分タクシーなんか捕まんないだろうからな。
ま、その辺は後でT氏と相談するか。

今は夕方のサッカー観戦より目の前のオンナだ。
目の前にはいないけど。

確かぺプリのMPは昼間の2時からやってたな。
よし、サッカーの前にひとっ風呂やってくか。

続きを読む

来るの?行くの?

さっきからYちゃんは、一生懸命おいらに何かを話してるんだけど何を言いたいのかよく分からない。( ̄ロ ̄|||)

Yちゃん「&*!+・・・仕事・・・○×&%・・・終わる・・・¥#%$」
おいら 「ちょ、ちょっと待って、えーと・・・・おいら・タイ語・分かる・少しだけ・話す・ゆっくり」
Yちゃん「△×&・・・あなた・・・#$%・・・ホテル・・・&%$・・・いっしょ」
おいら 「うーんと・・・仕事終わる・おいらのホテル・来る?」
Yちゃん「違う・・・仕事・・・○×&%・・・終わる・・・¥#%$」

マイッタな、よく分からん。

どうも仕事が終わった後にどうにかしたいみたいな感じだが・・・・
おいらが遊びに行こう(これは通じてたみたい)ってトコからの会話の流れだから、どこかで待ち合わせしようってことかな?(・ε・)?

おいら 「えーと・・・おいら・Yちゃん・待つ?」
Yちゃん「(うなずきながら)仕事・・・○×&%・・・12時終わる・・・・¥#%$」
おいら 「12時に・仕事・終わる・遊び行く?」
Yちゃん「(うなずきながら)あなた・・・#$%・・・ホテル・・・&%$」
おいら 「ん?おいら・ホテル・待つ?」
Yちゃん「違う・あたし・アパート・・・$%&」

アパート?一緒に来いってことか?

続きを読む

ワカラナイ

おいらが選んだ姫は色白美人で、ちょっと細身だけどスタイルはいいYちゃん。

手をつないで部屋に入ると「ドリンク?」と聞いてきた。
さっきコーラ飲んだから水でいいや。
Yちゃんも水を頼んだらしく氷の入ったグラスと水のボトルが2つずつ運ばれてきた。

風呂にお湯がたまる間、しばらくソファーで談笑。

おいら 「Yちゃんって何歳なの?」
Yちゃん「・・・・22歳」
おいら 「ふーん、若いんだね」
Yちゃん「・・・・・」

ん?何か反応がおかしいな。
一応ここまでは簡単な会話なのでタイ語(少し英語交じり)だったんだが・・・・ひょっとしてタイ語しか分からないとか?Σヾ( ̄0 ̄;ノ

おいら 「Yちゃん英語分かる?」
Yちゃん「・・・・・」
おいら 「もちろん日本語なんか分かんないよね・・・」

まぁ、ラチャダーの風呂屋に行ったってタイ語しか話せない娘もいるしね。
いいさ、ここはMPだ。
コミュニケーションは体で行う、まさにボディランゲージの場所だ。(^^;

続きを読む

暇つぶし

リベンジに来て、軽ーく返り討ちにあっているおいら。
だがこんな事でくじけるおいらじゃないぞ。
別にMPはここだけじゃないんだからな。( ̄‥ ̄)=3 フン

一回外に出た。
すぐ道向かいに「メリー」があるんだけど・・・・せっかくだから違うところに行ってみよう。

ペチャブリ通りを少し戻る感じで歩いていった。
こっちには「バンコクコージー」があるはずだ。

あーあったあった。
入り口はどこだ?(゚Д゚≡゚д゚)

向こうでおっさんがイスに座ってたたずんでいたので、そっちに歩いていってみた。
おいらが近づくとおっさんは横のドアを指差した。
ここが入り口なの?
すっげー分かりにくいな。
何かの事務所の入り口みたいだぞ。(; ̄Д ̄)

中に入ってみるとまず小さめのひな壇が・・・・こっちはサイドかな?
奥にでかいひな壇があるので行ってみた。

ひな壇には姫は5、6人くらいしかいない。
うーん、どうしようかな。
と考えていたらコンシアが寄ってきた。

続きを読む
管理人プロフィール
QRコード
QRコード
PR
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
PR
管理人へのメールはこちら
PR
  • ライブドアブログ