嗚呼!!タイランド

タイ、バンコクを中心にタイ地方都市(主にナイトライフ)で、たまに他の国もありの節操の無いブログです。 また部分的に性的描写が含まれますので18歳未満の方は見ないでネ!(初訪タイからの旅日記形式になってますので、初めての方は右下のカレンダーの07年9月8日から順番に見ると話がつながります。) ※尚、掲載されてる記事は実際に体験したことなので基本的にノンフィクションですが、記憶違いなどで間違っている場合もありますのでご容赦下さい。  最初から読む方はコチラ

イサーン

突然バンコクに

おいらのケータイが鳴っている。
誰だ?タイまで電話かけてくる奴は。(`ε´)
・・・・T氏だ。

T氏 「おー、何で電話出ねーんだよー」
おいら「あースイマセン。折り返すの忘れてました(^^;)」
T氏 「ったくよー、相当楽しんでやがんな?」
おいら「まぁボチボチっすよ・・・それよりどうしたんすか?」
T氏 「俺、今香港だから夕方バンコク着くよ」
おいら「はー?香港?、夕方バンコク?何で? ('◇'*)エェッ!?」
T氏 「ったく・・・とむやむ君電話出ねーからメール送っといただろ」
おいら「メール?・・・・」

後で見たら、おいらが1人でタイに行ってるのが羨ましくって、仕事なんかしてらんねーっつう訳で急遽タイ行きを決定したとか。
で今、直行便じゃないから香港でトランジット中らしい。

自由というか、アホっつうか、この人のやる事にゃあおいら適わんよ。
でもこういうことが出来るT兄貴!!
あんた男前だぜ。川 ̄_ゝ ̄)ノ

ってそれどこじゃない。
T氏はおいらがウドンにいる事なんて知らないから、このままだと1人でバンコクに着いて、おいおいって事になっちゃうじゃん。

まぁあの人は1人で放っといても大丈夫だけどね。(^^;)

続きを読む

国境へ

翌朝突然の電話の着信で起こされた。
何だ?誰だよこんな時間に。(`ε´)ムカー
ん?Sちゃんのケータイか・・・・
何事か話すとSちゃんは服を着だした。

しばらくすると部屋のチャイムが鳴り、Sちゃんは「バイバイ」と言って去っていった・・・・
一体何が起きたんだ?(゚Д゚≡゚д゚)
起きぬけの一連の出来事に、おいらまだ思考がおぼつかない。
しばらく考えてから・・・・そうか!!朝までって事だから迎えが来たのか。
なーんだ、つまらん!!

朝の一発が出来なかったじゃないか。
おいら起きぬけのイチャイチャから、そのままエッチっていうのが好きなのに。(^^;)

まぁ、ある意味イサーン娘はすれてないって事だね。
良く言えばチップくれとか言わないし、素朴な娘って事なんだろうけど、悪く言うとサービス精神とかリップサービス(スモークじゃないよ)が無い。

もうちょっと積極性というか売込みがあった方が「じゃあ今夜も・・・」って客は思うんじゃないかなぁ・・・・
まぁ、どうでもいいけど。

時計を見るとまだ6時だ。
おいおい、日本じゃあるまいしこんなに早起きしたってショウガナイじゃないか。
という訳で2度寝。

続きを読む

若さって素晴らしい・・・

Sちゃんのバスタオルを取ると・・・・なかなかボリュームのある形のいいお椀型のオッパイが・・・・
残念ながら乳首が少々デカイが・・・まっ、ご愛嬌だな。(^^;)

キスは?・・・・やっぱりダメなのね。
それなら・・・と、あっちこっちと揉んだり吸ったりしてると

Sちゃん「くすぐったい(多分)」

と言うような仕草をしてる。

でもそんな事じゃおいらも許さないよ。
おらおら、足開かんかい・・・とアソコを覗いてみると・・・・うおー、うっ薄い・・・。(*゚▽゚*)
ほとんどパイパン状態だ。
うーむ、なんかイケナイ事してるみたいな気になってくるな。(^^;)

Sちゃん「コンドーム・・・・」

いつも思うんだけど、どうしてタイ姫は自分で用意してないんだろう。
客が持ってなかったらどうするんだ?
まさか生でやってるんじゃないだろうな。
自分の身は自分で守らないとダメだぞ。
少し説教してやろうかと思ったけど、今日のところは勘弁しておいてやろう。f(^^;)

続きを読む

イサーン娘

篠原涼子似(仮にSちゃんとします)と2人で部屋に向かう。
エレベーターの中などで話しかけるが、おいらのタイ語が分からないのか全然しゃべってくれない。(T_T)
ようやく名前(忘れた)だけ聞けたけど・・・・大丈夫かな?

おいらが話しかけてる時は、おいらの方を向いてただ聞いてるだけって感じ。
うーむ、緊張してるって感じでもないし・・・・愛想が悪いって感じでもないんだけど・・・・何だかな・・・・(+_+)

部屋に入るとケータイのカメラでそこら中を撮りだした。
おいらにケータイを渡して自分を撮ってくれと言ってるようだ。

おいら 「なんだ?君を撮ればいいのか?」
Sちゃん「○×△■&%・・・・」

おかしいな、おいらのタイ語が全く通じない。
ひょっとしてこの娘タイ人じゃないのかな?(; ̄Д ̄)

※ウドンタニはラオスとの国境が近い為、置屋にはラオス人がいることがあるみたい。
その他にも、元々ラオスに住んでいて移住してきた人なんかも多いので、ウドンの人達はラオス語を理解する人が多い。
そのせいでタイ語もかなりなまってるみたい。
イサーン語なんて呼ぶ人もいるほどだ。

続きを読む

やり手ババア

おいらを乗せたトゥクトゥクは10分ほど走ると道路の脇に止まった。
運ちゃんがどこかに電話してるけど・・・・
するとまた走り出し、今度はコンビニの前に止まった。
そこにはバイクに乗ったおばちゃんが待っていた。
どうやらこのおばちゃんがやりてババアのようだ。

オバチャン「あんたのホテルはどこだい?」
おいら「チャルーンホテルだよ」
オバチャン「じゃあ女の子連れて行くからホテルの入り口で待っててちょうだい」

とだけ言い残しさっさと行ってしまった。

あれ?置屋に行って自分で選べるんじゃないの?堯( ̄0 ̄;ノ
どういうことだ!!とトゥクトゥクの運ちゃんに言うと

運ちゃん「大丈夫だ、あいつが連れてくる女は若い、かわいい、オッパイでかい」
おいら 「そ、そうなのか?・・・でももしおいらの気に入らない女だったらチェンジするぞ」
運ちゃん「ああ、問題ない。」
おいら 「ホントかな・・・・(`・ω・´)」

ここはとりあえず、おばちゃんとこの運ちゃんを信じるしかない。
再びトゥクトゥクは走り出しホテルに着いた。

おや?さっきのおばちゃんがもう来てる。
やけに早いな。
んで、肝心の女はどうした?
そういえば後ろにやけに若そうな女が乗ってるけど・・・・

オバチャン 「この娘でどうだい、この娘は若いし人気があるんだよ」
運ちゃん「ほらな、かわいいしオッパイでかいだろ」
続きを読む

ウドンの街

何かタイトルが「うどん」の街みたいになってしまったけど、これは正真正銘タイの旅行記です。(^_^)

さてホテルから出てみると・・・・通りには車がほとんど走ってないし人気もない。
うーん、大丈夫かなぁ・・・と考えつつロビンソン方面へ歩いてみた。

5分ほど歩くとバスターミナルらしき場所についた。
ちょうど夜行のバンコク行きなんかが出る時間帯らしく、この辺りは人も多くてにぎやかだ。

よかった、ちょっとホッとした。
だってほとんど人影が無いから、どこに行けば酒とメシ(と女)屋があるか不安だったよ。

さらに少し進むとロビンソンが見えてきて、隣が本当はおいらが予約したと思ってたチャルンシーグランドホテル。
このロビンソンにはシネコンなんかも入ってて、こんな片田舎には似合わないビルだ。
んで、その道向かいに何やら怪しげな店が何軒も軒を連ねているぞ。

近づいてみるとマッサージとかネットカフェとか・・・・ん?、あっちは・・・ゴーゴーバーか?(☆゚∀゚)
入口におねーちゃんが立ってたので聞いてみるとやっぱりゴーゴーだ。
へー、ウドンにもゴーゴーがあるんだ・・・・
でも肝心の女は・・・・ちょっと覗いた限りではステージは動物園状態だった。(´−д−;`)

続きを読む

お誘い

チェックインを済ませるとボーイが部屋に案内してくれた。
部屋は・・・・やけに広い・・・・真ん中にダブルベッドが置かれていて、その向かいに机があり、テレビや電話などが置かれている。
まぁ一般的な日本のビジネスホテルと同じ造りだ。

どうせ今日1泊だし、さっさと切り替えよう。( ̄‥ ̄)

ボーイがおいらの荷物を置くと話しかけてきた。

ボーイ「サー、今晩はどのようなご予定ですか?」
おいら「うーん、特に決めてないけど・・・ちょっと1杯飲みにでも行こうかな」
ボーイ「それでしたら・・・・私は女の手配が出来ますけど後でいかがですか?」
おいら「え?女?(☆゚∀゚)」
ボーイ「はい」

まさかホテルのボーイに女を勧められるとは思わなかった。
でもそれってホテル公認で女を連れ込めるってことだな。

でも知人に聞いた話じゃクスリとか勧めてくる悪いやつもいるみたいだから気をつけよう。
今回だけだからな、話を聞いてやるのは。(^^;

続きを読む

Miss Take

どうにかこうにかウドン到着ですが、ウドンタニってどんなとこなのかというと・・・・

19世紀末、ラオスを植民地にしようと企んだフランスとの間に、メコン川以南に緩衝地帯を設けるという、タイ・フランス条約が結ばれてできたのがウドンタニという街だという。
時は進み、ベトナム戦争当時に米空軍の最前線基地が置かれたのもここウドンタニ。
そして基地の町として急激な発展を遂げたが、ベトナム戦争の終結と米軍の撤退で、街全体の賑わいも無くなってった。
すでにその頃の面影は残っていないが、大きくなった街だけは残った。

ってな感じの歴史があるらしい。

さて、迎えの車は空港の駐車場を出て走り出すが・・・・何だ?この寂れようは。
いきなり暗い夜道を走り出した。
10分ほどで街中らしき所まできたが人気はおろか車もロクに走ってない。
イサーンってどこもこんななのかな?(; ̄Д ̄)

しばらくするとホテルに着いたようだが・・・・ん?ガイドブックに載ってる写真となんか違うな・・・・

周りのロケーションも書いてあった様子と違うぞ。
フロントでチェックイン手続きをしたが、確かにおいらの予約は入っていたので間違いないみたい。
おかしいな・・・・

続きを読む

遠いウドンタニ・・・・

皆さんは空港で待ち時間4時間って言われたら何しますか?

〇┿錣任眷磴辰篤表顱
▲魁璽辧次碧瑤魯咫璽襦飽みながら人間ウォッチング。
0嫐もなくそこらをウロウロ。
た欧襦

おいらは・・・・全部やった。(´−д−;`)
でもまだ2時間近くある。

くっそー、何でウドンタニに行くのにこんな目にあわなきゃならないんだ?
思えば昨日チケットを買う時からつまづいてばっかりだ。
・・・・ひょっとしてウドンには行くなっていう何かの暗示なのかな?

でも今更引っ込むほど、おいらは諦めのいい男じゃないぞ。
何たっておいらにはウドンに行かなきゃならない重大な使命(?)があるんだから。
きっと今頃、おいらみたいな白馬の王子様が現れるのを心待ちにしている女達が、ウドンにはごまんといるに違いない。(^^;)

待ってろよウドンの女ども、おいらとおいらのジュニアが大暴れしてやるからな。(なんのこっちゃ)
・・・・それにしてもヒマだ。(-_-)

※おいらが行った時は国内線も全線がスワンナプーム空港発着だったけど、現在は一部の便を除いてドンムアン空港発着になってます。
何でも手抜き工事が次々と発覚して補修が間に合わないのでドンムアン空港が再開したとか・・・・
まぁ、タイらしいっちゃタイらしいけどね。(^^;)続きを読む

欠航

朝、ケータイの着信で起こされた。
誰だこんな時間に!!(#`皿´) ムキーーーー!

もう10時過ぎだった。f(^^;)

電話はT氏からだったみたいだけど、出る前に切れちゃった。
まぁいいや、どうせたいした用じゃないだろう。
おいらが今回1人で来たもんだからヒガミの電話に違いない。
放っておこう。(^^;)

ウドン行きのフライトは15時頃だから、ホテルは昼過ぎにチェックアウトすればいいか。
フロントにチェックアウト時間を確認したら14時までオッケーと言われた。

Rちゃんにも電話してみよう・・・・あれ?出ないな。
仕事中は電話出ないのかな?

トンキーで遅い朝飯兼昼飯(カオパット)を食ってるとRちゃんから電話がかかってきた。

Rちゃん「ごめんなさい、さっき電話くれた?」
おいら 「うん、Rちゃんの声が聞きたくてね」
Rちゃん「ウフフ、今どこにいるの?」
おいら 「まだバンコクだよ。もう少ししたらエアポートに行く」
Rちゃん「そう、気をつけてね。帰ってきたら電話して」
おいら 「ああ、わかった。じゃあね」

部屋に戻って荷造りを済ませるとチェックアウト。
フロントでは日本人の女性スタッフが対応してくれた。
聞くところによると、フロントには日本人女性スタッフが24時間常駐してるとのことだった。

ひょっとして・・・・昨晩Rちゃんと帰ってきたの見られてたのかな・・・・
女性スタッフはにこやかに対応してくれたが、心の中では「淫売連れ込みやがって、死ね!このオ●コ野郎!!」とかって思ってんのかな。(  ̄っ ̄)ムゥ

続きを読む
管理人プロフィール
QRコード
QRコード
PR
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
PR
管理人へのメールはこちら
PR
  • ライブドアブログ