今回は前回の「こんな事も・・・(T_T)の巻 その1」の続きです。
まだ読んでいない方は先に をクリックして読んでからどうぞ~
さて、「その2、これから読むよ~!」と言う方は、まずはポチっとしてから読んでくださ~い
あっ、更新していないから帰ろ~って方は、せっかく来ていただいたのですからせめてポチッとだけでも~  
下のバナーをクリックすると、当ブログにポイントが入ります
一日一回の応援クリック(これから読むよクリック)をよろしくお願いしま~す 
   
にほんブログ村    自動車 ブログランキングへ 

もちろんお客様は埼玉県からお越し下さったH21年式 スズキ エヴリィワゴンさん(DA64W)
DSC03160
オイルパンはきれいになったので、続いてはストレーナーの交換をご紹介。
ストレーナーを外していきま~す。
DSC03172
ドボドボとストレーナーから出てくるオイルも結構黒いね・・・

さて、こちらはストレーナーの新旧比較。
DSC03179
ストレーナーの周りにはスラッジいっぱい

でも、中のスラッジはそんなに多くない!??
DSC03182

こちらは新品を取り付けて・・・
DSC03185

オイルパンを元に戻します。
DSC03195
これでオイルパンの方はOK

続いてはクーラーラインの洗浄に取り掛かりま~す
クーラーラインから出てくるオイルも、1年前に交換している割にはやっぱり赤黒い!?
DSC03196

しっかりと根気よく洗浄していきます。
DSC03197
なかなかきれいになってくれないエブリィワゴンさんのクーラーラインでしたが・・・。
少しづつきれいになってきて・・・

やっと洗浄液は透明に・・・
DSC03208

もちろん反対側からもしっかり洗浄
DSC03211

クーラーラインを洗浄した後の洗浄液をまじまじと見て見ると・・・!?
DSC03212
こんなにも真っ黒(灰色!?)・・・
走行距離や年式、交換履歴から考えると、思ったよりもかなり汚れが酷いかも・・・って感じのエブリィワゴンさんのクーラーラインの汚れ。
かなりスラッジが溜まっていた様子
やっぱり負荷が半端ないから!?
兎にも角にも、しっかりと洗浄出来てほっと一安心

と、クーラーラインの洗浄が終了したところで「その2」はおしまい。
(まだトルコン太郎君も登場していませんが・・・。)
続きは「こんな事も・・・(T_T)の巻 その3」でご覧くださいね。

クーラーラインの洗浄は、洗浄液を勢いよく排出して中に詰まっているスラッジをしっかりと外に出すのが目的。
おとうちゃま、試行錯誤で今の方法にたどり着きました。
エブリィワゴンさんのオーナー様もご自分のお仕事の中で、色々試行錯誤されて作業されているそうで・・・
クーラーラインの洗浄を見学されていたエブリィワゴンさんのオーナー様からちょっとしたアドバイスをいただいたおとうちゃま。
そのヒントを踏まえて、おとうちゃま、クーラーラインの洗浄方法を改良
現在はクーラーラインの洗浄も更にアップデート
エブリィワゴンさんのオーナー様のおかげです。
ありがとうございます
クーラーラインの洗浄はとっても大切といつも言っているおとうちゃま。
現在、滝本電機商会のATF交換には、出来る子(車)の場合には全てクーラーラインの洗浄が含まれています
(オプション作業ではありません。)
これからも、しっかりとクーラーラインの洗浄をしていきたいと思います
さて、今日も最初にポチっとしていなかったな~という方は、最後に必ずポチっとを~!
下のバナーを二つともクリックしてくださいね。
読んだら必ずポチっとをお願いいたしま~す
   
にほんブログ村    自動車 ブログランキングへ