おかげさまで
わたくしは昨年、宅建試験合格することができました。

宅建士登録も終わり、ようやく宅地建物取引士として歩んでいきます。

重要事項説明ができます!

ということで、これから宅建試験に臨む皆様のお役に少しでも立てればと思い、ここにブログとしてわたしなりの独学で宅建士試験に合格する勉強法? を投稿しておきます。

お役に立てれば幸いです。



pexels-photo-299863


まず宅建
試験というのは・・・

記述は一切ありません。丸暗記も必要ないマークシート方式(4択)です。だから、初心者でもなんとかなるかもっていう試験なんです。

宅建試験は例年10月の第3日曜日に実施されています。

※試験の申し込みは例年7月上旬から下旬までとなっています。
(この申し込みは忘れないようにしてくださいね。
勉強していたけど申し込みを忘れたので来年ってなるとモチベーションが続かないかもしれないので。経験者談)


宅建試験の試験時間は2時間。(長いようで実は短い・・・。)

宅建試験は、先ほども書いたけどマークシート方式で4つの選択肢の中から正解1つを選択する方式の試験です。

だから


条文を丸覚えする必要はありません。(でも、覚えられる人は覚えたほうがいいです。合格後に覚えるべきかも。)



全体の約70%正解すればOK!!


宅建試験の合格ラインは、その年の試験者数や難易度に応じて毎年変動しますが、おおよそ70%前後の点数で合格できます。

宅建試験は50問ですので、そのうちの35点以上を取ることが合格の目安になるでしょう。

しかし、合格できるのは全体の約15%なので100人中わずか15人足らずしか合格することができない試験です。(毎年20万人近くの受験者がいるので、合格者は3万人くらい)

宅建試験は「あと1点」が合否を大きく左右します。


ちなみにわたしは、34(+5点)でした。



わたしの勉強法は・・・

参考になるかはわかりませんが、わたしの勉強法をここに載せます。



とにかく勉強するんだ!合格するんだ!今年で最後だ!
っていう強い気持ちを維持しながら

4月1日から勉強をはじめました。(なんだかきりがよさそうだったので。)




4月1日からはじめると決めていましたから3月中に準備しました。



教科書、問題集を3月中に準備した後、一番はじめにしたこと

それは・・・

各問題集の問題がいくつあるかを数えました。

それから、4月1日から10月の第3日曜日の1日前まで何日あるのかを把握しました。

それから3回ずつは解きたいと思っていたので、

問題の数×3.5回÷試験前まで何日あるか

という計算をしてみました。3.5としたのはできない日を想定しています。

これで一日最低何問すればよいか目安ができます。

これをすることで、どうしてもきつい日、病気の日などは問題数を減らすことができます。

減らした後に、問題数を増やす日を作ればいいんです。




それではわたしなりの教科書、問題の使い方などを書いておきますね。

わたしが使った教科書は2つ、問題集は3つあります。



① まず、みんなが欲しかった宅建士の教科書を流し読みして、みんなが欲しかった宅建士の問題集を解きました。

>TAC出版 みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別+宅建士の教科書 2冊セット【代金引換はできません メーカー直送 送料無料(北海道・沖縄・離島は送料500円(税別) ラッピング不可 宅地建物取引士】

価格:5,940円
(2017/3/5 11:57時点)



みんなが欲しかった宅建士の教科書は超初心者向けに書かれています。
みんなが欲しかった宅建士の問題集はそのレベルに合わせてあります。


② これは①が1回終わったら①のみんなが欲しかった宅建士の教科書の1項をもう一度読んでその後に同じ内容を読みました。

>平成29年版 パーフェクト宅建 基本書 [ 住宅新報社 ]

価格:3,024円
(2017/3/5 12:15時点)



③ ②を読み終わったら②で読んだ内容の箇所の問題①みんなが欲しかった問題集をした後に③を解きました。

>平成29年版パーフェクト宅建 分野別過去問題集 [ 住宅新報社 ]

価格:2,808円
(2017/3/5 12:19時点)



④ ③の各分野が終わったらこの問題を解きました。

>平成29年版パーフェクト宅建 基本予想問題集 [ 住宅新報社 ]

価格:2,808円
(2017/3/5 12:20時点)




問題集①、③は3回、④は1回解いて、間違えたところを何回も繰り返し解きました。
(何回も同じところ間違えたってことですね・・・。)



わたし個人としては
まずは、宅建業法から学習していくべきだと思います。

宅建業法はわりと簡単で得点源となる問題だと思うからです。


あと、個人的な感想ですが

住宅新報社の予想問題はよく当たると思います。




最後に・・・

5問免除受けられるんだったら受けたほうが良いです!

絶対に、これは絶対にそう思います。


強い気持ちが途中で折れそうな人
独学では心配な人は通信講座もいいかもしれませんね。










このくらいの金額を自分で出せば強い気持ちを維持できるでしょう。


それでも、強い気持ちを維持できる自信のない人は・・・

時間が取れる人は通学で学ぶ方法もよいかもしれません。

スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」