ブログネタ
資格・免許・検定に挑戦! に参加中!
takkenfuji01


独学で勉強を進めているものの、このままで本当に合格できるのか不安と疑問を常に感じていたとしても、
問題集の正答率がみるみるあがっていき、合格する自信が日増しに強くなってく勉強法がこちら










あなたも、できれば無駄な努力をせずに最短で↓のようになりたいと思いませんか???


takkenfuji10






■宅建合格のための勉強のリズム・習慣を身につけるころができる

■勉強が思うようにはかどる

■次の日、目が覚めても覚えている

■勉強したことが確かな記憶として定着する

■宅建で独立して年収アップを狙うことができる









しかし、実際はというと、勉強しても手ごたえがあまりなく、

↓のような状態ではないでしょうか。




depression1



■どんなに勉強しても覚えられない自分に腹がたつ

■分厚いテキストに気持ちが萎えてしまっている

■自分は集中力が欠けていると思う

■宅建の勉強を始めてみたが、このままの勉強で合格できるのか不安

■宅建を取らないとリストラの危険が出てくる













宅建の資格試験は、合格率が10%台なので決して簡単に合格できるものではなく、

中には2,3年かかっても、不合格が続いている人もいるほどです。

images (1)



「資格予備校に通ったり、通信教育の教材を使えば大丈夫だろう」と、楽観的に考える人も多いですが、

こうしたやり方は、勉強の進め方を教えてもらえるわけではなく、

何時間かかろうと、必要な勉強をとにかく続けることが必須となってしまいます。







takkenfuji04


1日わずか30分宅建合格プログラムは、LEC東京リーガルマインドで宅建の講師をしていた藤本修さんが考案した勉強法マニュアルで、

文字通り1日30分だけ勉強時間を確保すれば、4か月(120日)で合格ラインを突破できるスキルが身に付きます。


試験範囲をすべて隅から隅まで網羅するようなやり方とは違い、

宅建試験の傾向に合わせて、重要な部分により重点を置いて解説を丁寧にわかりやすくしていたり、

逆に、ほとんど出題されない部分はさらっと流して、余計な時間をかけないように工夫されています。

takkenfuji02


ちなみに、1日30分といっても、藤本さんの教材は必要な部分だけを取り外しできるようになっているので、

通勤の合間やお風呂に入っている時間、家事の合間など、ちょっとした隙間時間を使って勉強するだけでもよく、

また、1日に30分以上勉強できるようならば、4か月よりももっと短期間で必要な学習を終えることができます。




具体的にどんなことをしていくのかというのは、詳細な解説がこちらにありますので、

内容を整理してポイントを挙げていくと、


takkenfuji06




■正しい勉強法なら毎日30分で合格できる5つの理論

■問題文の読み取り方3つを具体例から学べ

■合格するための秘密法則1 あなたの弱点分析と克服法

■平成23年試験情報(法改正・統計資料等の最新情報フォロー) 

合格するまでメールサポート







こうした内容となっていて、勉強が嫌いな人も挫折しないように、ランクごとに効率的に学習できるようになっています。









1日わずか30分宅建合格プログラムのホームページを見ると、

藤本修さんあてに届けられた実践者たちからの体験談が紹介されています。


takkenfuji08




何をやっても全然頭に入らないという時は、 思い切って今日一日は勉強や~めたと、テキストを片付け何もしないという事も何度かありましたよ。

試験は出題範囲もかなり広いので、合格の為の的を絞った学習出来る教材だったと思います。

おかげさまで、一発合格ができました。

苦手意識のようなものが取り除かれ、テキスト自体にもすんなり入り込むことができました








こうした声にある通り、

資格試験で大切なことは、試験範囲をすべて学習しきることではなく、

本番で合格ラインを突破するスキルやノウハウを身に着けることにあります。


dcimages




あなたも、問題文の引っかけや、問題をすり替えられるポイントなど、

宅建試験で点数を少しでも上げる方法さえ知ってしまえば、合格点を簡単に突破できるようになります。







takkenfuji07



机に向かう時間をほとんど作ることができなかったとしても、4か月で宅建試験に合格できる実力を身に着けるにはこちら










犬飛び付き
背を伸ばす
遠藤和博口コミ