宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ
資格の大原
年度別過去問
[平成26年]
[平成25年]  [平成24年]  [平成23年]  [平成22年]  [平成21年]  [平成20年]
[平成19年]  [平成18年]  [平成17年]  [平成16年]  [平成15年]  [平成14年]
[平成13年]  [平成12年]  [平成11年]  [平成10年]  [平成09年]  [平成08年]
宅建情報&データ
[問題の出題傾向]  [法改正情報]  [過去問PDFデータ]

平成24年 問35 報酬額の制限平成25年 問45 自ら売主制限:住宅瑕疵担保履行法

2015年06月07日

平成24年 問33 営業保証金



 

宅建過去問 平成24年(2012年) 問33
宅建業法 「営業保証金」

 

宅地建物取引業者A社の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。


◆1
A社が地方債証券を営業保証金に充てる場合、その価額は額面金額の100分の90である。

◆2
A社は、営業保証金を本店及び支店ごとにそれぞれ最寄りの供託所に供託しなければならない。

◆3
A社が本店のほかに5つの支店を設置して宅地建物取引業を営もうとする場合、供託すべき営業保証金の合計額は210万円である。

◆4
A社は、自ら所有する宅地を売却するに当たっては、当該売却に係る売買契約が成立するまでの間に、その買主に対して、供託している営業保証金の額を説明しなければならない。





-----【解答&解説】-----


◆1
A社が地方債証券を営業保証金に充てる場合、その価額は額面金額の100分の90である。 

解答:○(正しい)

◆2
A社は、営業保証金を本店及び支店ごとにそれぞれ最寄りの供託所に供託しなければならない。

解答:×(誤り)

◆3
A社が本店のほかに5つの支店を設置して宅地建物取引業を営もうとする場合、供託すべき営業保証金の合計額は210万円である。

解答:×(誤り)

◆4
A社は、自ら所有する宅地を売却するに当たっては、当該売却に係る売買契約が成立するまでの間に、その買主に対して、供託している営業保証金の額を説明しなければならない。

解答:×(誤り)






登録カテゴリー: 営業保証金 

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ランキング一覧
人気ブログランキングへ

2015年06月07日02:34│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
平成24年 問35 報酬額の制限平成25年 問45 自ら売主制限:住宅瑕疵担保履行法