宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ
資格の大原
年度別過去問
[平成26年]
[平成25年]  [平成24年]  [平成23年]  [平成22年]  [平成21年]  [平成20年]
[平成19年]  [平成18年]  [平成17年]  [平成16年]  [平成15年]  [平成14年]
[平成13年]  [平成12年]  [平成11年]  [平成10年]  [平成09年]  [平成08年]
宅建情報&データ
[問題の出題傾向]  [法改正情報]  [過去問PDFデータ]

平成26年 問31 自ら売主制限:総合平成26年 問33 自ら売主制限:手付金

2014年10月20日

平成26年 問32 媒介契約



 

宅建過去問 平成26年(2014年) 問32
宅建業法 「媒介契約」

 

宅地建物取引業者Aは、BからB所有の宅地の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という)の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。


◆ア
AがBとの間で専任媒介契約を締結し、Bから「売却を秘密にしておきたいので指定流通機構への登録をしないでほしい」旨の申出があった場合、Aは、そのことを理由に登録をしなかったとしても法に違反しない。

◆イ
AがBとの間で媒介契約を締結した場合、Aは、Bに対して遅滞なく法第34条2第1項の規定に基づく書面を交付しなければならないが、Bが宅地建物取引業者であるときは、当該書面の交付を省略することができる。

◆ウ
AがBとの間で有効期間を3月とする専任媒介契約を締結した場合、期間満了前にBから当該契約の更新をしない旨の申出がない限り、当該期間は自動的に更新される。

◆エ
AがBとの間で一般媒介契約(専任媒介契約でない媒介契約)を締結し、当該媒介契約において、重ねて依頼する他の宅地建物取引業者を明示する義務がある場合、Aは、Bが明治していない他の宅地建物取引業者の媒介又は代理によって売買の契約を成立させたときの措置を法第34条2第1項の規定に基づく書面に記載しなければならない。


【選択肢】
1.一つ 2.二つ 3.三つ 4.四つ
3が正解







登録カテゴリー: 媒介契約 

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建ランキング一覧
人気ブログランキングへ

2014年10月20日10:28│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
平成26年 問31 自ら売主制限:総合平成26年 問33 自ら売主制限:手付金