ブログネタ
宅建受験 に参加中!
宅建山口


一生懸命勉強しているのに、周囲には「お前には無理だろう」という目で見られていたとしても、
実力がグングン伸びていき、周りの期待を裏切って合格してしまう方法がこちら








あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないかと思いますが、


depression1



■モチベーションが維持できるかどうかが心配

■せっかく苦労して覚えても、すぐに忘れてしまう

■家で一人で勉強していても全く覚えることができない

■思うように成績が上がらない

■どうやって暗記すればいいのか分からなくなっている







合格率が20%にも満たない宅建試験であっても、勉強の進め方や試験のコツさえ身につけると、

短期間の勉強でも余裕で合格点を取れるようになります。



たとえば、試験では満点を取る必要はないので、合格するための最低点をクリアーすれば良いわけで、

そういったノウハウを駆使していけば、資格予備校に通ったりすることなく、独学で試験合格できる実力がついてきます。

dcimages







宅建山口07


山口貴志さんの山口式宅建試験合格勉強法は、

山口さん自身が、1日の労働時間12時間以上という過酷な状況の中、

たった2ヵ月半の勉強で宅建に一発合格してしまった方法が元になっています。


宅建山口02


一つの分野を除いて出題範囲をまんべんなく勉強していくやり方なので、ちょっと非効率に思えるかもしれませんが、

あらゆる試験合格のための勉強方法のノウハウが身につくように工夫されているので、

試験当日まで、時間を一切無駄にすることなく学習計画を進めることができます。



具体的にどんなことをしていくのかというと、こちらに詳細な説明がありますので、

ポイントをまとめていくつか紹介すると、↓のような内容となっています。


takkeny



■前年度試験問題の山口式解答と解説

■実践で役立つテクニック

■得意科目からではなく「問1」から解くことをおすすめする理由

■iPodで聴く教材や講義DVDに一切頼る必要がない理由

■宅建合格への最短距離を行く方法











山口貴志さんのホームページには、

山口式宅建試験合格勉強法で、実際に試験勉強に取り組んだ人たちの体験談が紹介されています。

宅建山口05




合格するために見つけ出したノウハウが丁寧に紹介されています。

業界のひっかけ問題が存在することを初めて知りました。

とてもシンプルな方法でした。





こうした声にあるように、最長で1日2時間半程度の時間が必要になることもありますが、

必死になって用語を覚えたり、法令を理解するわけではなく、宅建の試験問題への的確な対処方法を身につけていきます。



あなたも、試験にはほとんど出ないような分野まで勉強して、せっかくの時間と労力を無駄にすることなく、

↓のようになることができます。


bimages (8)




■時間にも気持ちにも余裕ができる

■これまでの2割の復習の努力と時間で、8割の成果を出すことができるようになる

■リストラにおびえる不安とは無縁のあなたらしさを尊重した人生が送れる

■スキルアップして憧れの業界に転職できる

■どこからどんな勉強をすれよいのかわかる












宅建山口03


試験合格のためのノウハウを効率よく身につけて、問題文を読んでいる途中で答えがわかるほどの実力を身につけるにはこちら







川村明宏評判
ゴルフスイングレッスン
蓑田和幸
セントラル短資FX  口座開設