★★★★

“ 語彙力 ”がブームだ。

本屋でも似たような書が乱立しており、どれを手に取っていいか困るほど。本書はその中では堅めの部類に入るのだろうか。

選定はなかなか良く、今どき誰でも知っていることは載せておらず、そんな言葉そもそも使わへんよというものも見られない。非常にバランスの取れた内容になっている。私の語彙力はおそらく平均的かと思っていますが、レベル的にはちょうど良い。

「煮詰まる」「役不足」「確信犯」「潮時」「すべからく」
これらの言葉は掲載されている一例。誤用している人は多いのではないだろうか。

本書の特徴は、「誤用している人」「誤った理解をしている人」のパーセンテージを明示してくれているところ。しかも年代別に。世間ではどれぐらいの人が正確に認知しているかを知ることは、その言葉を本来の意味で使いたい時の注意点になるわけで、非常に有益。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ