日常を哲学せよ ~Looking Back , Moving Forward~

前に進むために日常を振り返り、思考する。冷静に情熱的に。 日常のこと、旅行記、料理、競馬、レビューなど欲張って書いてます。

2017年02月

インフルで1週間棒に振った。ただでさえ短いフェブラリーなのに。。。


2017年2月1日~28日

映画館は後方が人気ですが、私は俄然前方派。前方の一番後ろの列がベスポジ。ということで、今から「この世界の片隅で」を観ます。

何かええなぁこういう歌。マイナーコードが染みる。歌詞がわからない自分でもちゃんとわかるのも嬉しい(笑)関取花 - もしも僕に

早くも今年4度目の万馬券。毎年4〜6本万馬券が平均なので、1ヶ月で達成したことになる。今年は何か起こる気がする。

PUFFYの名盤『honeycreeper』を聴く。ロックな音でポップ。至高の一枚。ドライブにも合いそう。

5年前、隠岐へ一人旅した時にレンタサイクルで乗ったホワイトカラーのチャリに一目惚れして、京都に帰ってよく似たチャリを購入。アマンボウと名付けた。本日アマンボウとお別れをすることになった。その名に恥じず、雨風に晒されてもへこたれず頑張ってくれた、感謝。チャリとの別れはいつも寂しい。

白玉と黒米餅ぜんざい。昆布茶付き。これで380円。これが大阪クオリティ、千林クオリティ。

安倍派でもトランプ派でも親米派でもないですが、混迷極める今の世で日本の首相が安倍でよかったとシミジミ思う。

発熱につき午後から会社退散。全身震。いつもの葛根湯作戦が通じない。汗が出ない。

インフルさん、そろそろ勘弁して下さい…辛いっす。(°_°)

復帰初戦、なかなかの耐久戦を強いられる。。

初めて官僚と話をした。東大法学部祭りってことも多分にあるんだろうけど、やはり彼らは賢い。霞ヶ関は瞬発力が求められてるんだろうなぁという印象。

・2月27日。何か思い入れのある日だとしばらく考えていた。そうか、大学時代の彼女との記念日だ。結婚したところまでは知ってるけど、今も元気に過ごしているだろうか。自分が言えたことではないのかもしれないが、ちょっと心配。空想10年記念日ってことで、思い出せただけでも良しとしよう。

===============
ポチッと応援よろしくお願いします。


日記・雑談 ブログランキング

2016-11-26-20-41-19

「コンロで完成!男のぶっこみ鍋」

ホウロウのでかい鍋にぶっこみます。
男の鍋はコンロで完成。後は黙って食べるのみ!

スープは適当。みりんを忘れずに。
具材で意外に欠かせないのはゴボウ、トリトンボール、油揚げ。ええダシ出してくれます。
隠し玉には冷凍のたこ焼き。これがダシを吸い込んで何とも言えない世界観が口に広がる。
ボーッとしてると溶けて消えるので要注意(笑)

================
いつもポチッと応援ありがとうございます。


男の料理 ブログランキングへ

2016-09-10-18-16-08

大阪・福島。
近年急成長を遂げ、今では大阪のグルメを代表する聖地となっている場所だ。


「福島金魚」という店を訪れた。

あまり良い店名ではないと思うのだが(大きなお世話w)、料理の味やCPは抜群だった。
アサイービールがある時点でイケてる。


2016-09-10-18-29-39

前菜盛り合わせ。もうこの時点でこの日の勝ちは決定。
紫芋のチーズケーキなんか最高だった。


2016-09-10-18-34-12

巨大つくね。え?ハンバーグですか?という大きさ。
全身で肉感を味わえる。これに白飯でお腹いっぱいになる。


2016-09-10-19-02-19

アボカドとトマトのミルフィーユ。
これがこの日のベストアクト。見た目、味、ボリューム言うことなし。唸りながら食べた。


2016-09-10-19-19-10

これはまぁ普通。ただ、仕事は相変わらず丁寧で好印象。


2016-09-10-20-01-08

おこげ野菜あんかけ。完璧な〆。気取りすぎず、雑すぎず。


この店は必ず再訪することでしょう。


=======================
ポチっと応援お願いします。


グルメ ブログランキングへ



★★★☆

ホリエモンの本は定期的に読むことにしている。どの本でも言っていることは同じ。本人もそう言っている。

本音を言葉にする。本音を行動にする。特に日本特有の環境下では“本音”は必ずしも良しとはされない。むしろ、それを我慢して耐える、周囲に気を使うことが美徳、みたいな風潮もある。だいぶ変わってきてはいるだろうけど。

そんな中で、本音じゃない生き方って結局人生トータルでみてどうなの?みたいな論理を繰り広げているのが本書。いわば、生き方の根本を訴えるような一冊。

例えば、本音を言わないことの裏には、嫌われたくない、間違っていたら恥ずかしいなど、おおよそ一時的な問題ばかりで、そういう生き方を続けることで知らず知らず自分の人生を棒に振っている、なんてことは普通の人はなかなか考えない。長期的な思考に長けているホリエモンならではの発想は一読の価値がある。全て彼と同じように行動できないにせよ、部分的にでも取り入れることはできる。

何だか周りに気を使いすぎていて本音で生きられていないなぁと感じている人はぜひとも手に取られるとよいと思います。


-印象的だった文章-

・多くの人は「バランス」をとろうとしすぎる。でも、それはちょっとずるいと思うのだ。
・エキサイティングな人生を送るとは、何かを犠牲にして、何かに没頭することなのだ。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

2つ目の窓 [DVD]
村上虹郎
ポニーキャニオン
2015-01-21


★★☆

奄美大島が舞台の作品。11月、奄美へ旅立つ直前に観た。

全体的に画が暗く、物語自体も決して明るいものではない。テーマは生命?アニミズム的な要素もある。
良くも悪くも、生々しい映画。山羊を殺すシーン、離婚した母親が新しい男と肉体関係をもつシーン、主人公の女子高生が男に向かってSEXしたいと告げるシーン等、結構インパクトが強い。それを淡々と映し出す。

人間が生きるというのは、綺麗なことだけではない。そんなメッセージを受け取る。

いわゆる離島の青春ストーリーを期待している人は見るべきではないだろう。人を選ぶ作品だが、不思議とグッと引き込まれる。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

2016-10-08-10-01-28

久しぶりに帰ってきました俺の休日モーニングシリーズ

トップバッターを飾るのは、イングリッシュマフィンに高級ウインナーを焼いてとろけるチーズを乗せたもの。
ウインナーは金を積めば確実に味が上がる。ハーブとか練り込まれてたりしちゃったり。たまには奮発して優雅な朝を。


2016-09-24-11-01-14

トマトチーズトースト✕黒ニンニク

え?と思われる方もおられるでしょう。好き嫌いはあると思うので、大人の一枚として推奨。20代前半とかでは危険です(笑)上にふりかけるはフランス七味なるもの。

ちなみにスープはネギとカボチャでシンプルあっさり仕上げました。


2016-09-19-11-17-23

はい。こちらが20代前半の方向けのものになります(笑)


2016-11-06-10-25-56

オニオンチーズトースト
もう光り輝き過ぎて何がなんだかよくわからなくなってます。塩がポイントです。


2016-12-12-11-57-59

載せるか迷うほどのルックスですが、味は確か。アボカドにドロっとしたオニオンドレッシング。


2016-12-18-14-19-59

ええパンに贅沢どっさりアボカド。ブラックペッパーはたっぷりと。


================
いつもポチッと応援ありがとうございます。


男の料理 ブログランキングへ

image


インフルエンザがやってきました。
予防接種の甲斐もなく。10年ぶりぐらい?

今週はほとんど会社に行っていない。
早々に治して週末は通常運行に戻す予定でしたが、インフルエンザの底力に完敗。頭痛、喉痛、腹痛、腰痛、全てフルパワーで襲ってくる。
熱こそ38度ちょいで収まりましたが、なかなかハードでした。特に腹痛が酷くて、今もゼリー+αぐらいしか食べられません。

ちなみに、昨年も同じ日に39.5度の高熱が出て病院に駆け込んでたようで、「魔のバレンタインやね」と医者に言われる始末。


一週間、棒に振った。唯一の成果物がアプリで書いた「Influenza Days」。

なお、誰からもらった系の犯人探し話は好きじゃないですが、潜伏期間から逆算するに、チャリを買った時に対応してくれた、“自らは絶対体調崩さなさそうな頑丈な気のいい店長” であることがほぼ特定できています。君の名は?

2016-12-04-11-18-28

2016-12-25-12-06-15

「加計呂麻島のパッションフルーツ祭り」

奄美大島から外れた加計呂麻島で購入したパッションフルーツ。
オフシーズンなのに激ウマです。これは夏になるとどんな代物が出てくるのか・・・。

食べ方ですか?
追熟して2つに割ってスプーンで食べる、以上!
そのまま食べても良し、ヨーグルトにかけても良し。

パッションフルーツの強烈な香りに酔いしれました。
今年の夏は加計呂麻で親切にして下さった方の農園から取り寄せる予定であります。

================
いつもポチッと応援ありがとうございます。


男の料理 ブログランキングへ




★★★☆

東進の日本史講師として各メディアでも有名な金谷先生の書籍。

日中韓に関連する歴史を平易にまとめた良書。日中、日韓どちらかに絞った本は多く見かけるが、両方と取扱う本(しかも簡単にまとめたもの)はありそうでない。そういう意味で貴重な一冊と言えるだろう。

ポイントは、突っ込み過ぎていないこと。あくまで事実と要点を淡々と述べて、現在こういうことが問題になっている程度で済ませている。意思がないとも言えるが、入門書としてはこれぐらいがちょうどいい。

現在の日中・日韓問題の根っこを知るには最低限の知識は必要。尖閣諸島、竹島、慰安婦問題などは歴史的知識なしに軽々しく口にすべきではないので、大人が知るべき最低限の教養として読んで損はない。

受験参考書ではないが、せっかく日本史・世界史を学ぶなら予め読んでおくと受験対策にも参考になるかと。

===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

パラダイス・ナウ [DVD]
カイス・ネシフ.アリ・スリマン.ルブナ・アザバル.アメル・レヘル.ヒアム・アッバス.アシュラフ・バルフム
アップリンク
2007-12-07




★★★★

イスラエル占領下の2人のパレスチナ人(ハーレド、サイード)が自爆テロへ向かう48時間を描いた作品。

この作品の特徴は、映画的に自爆テロを描くのではなく、日常の中で行われる自爆テロを淡々と映しだいている点であろう。それがゆえに、逆に怖いと感じた人も多いのではないだろうか。これが、いわゆるパレスチナ問題の現実に限りなく近い状態だと僕は捉えている。2007年に製作されているが、2017年現在においても状況はそう変わっていないはずだ。

リアルな現実を作品化しているだけで評価できる作品と言えるが、本作が優れているのは、それに留まらず心理描写
つまり、ハーレドとサイードが自爆テロに向かう中での確信、葛藤の心理描写についても目を見張るものがある。

===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ