日常を哲学せよ ~Looking Back , Moving Forward~

前に進むために日常を振り返り、思考する。冷静に情熱的に。 日常のこと、旅行記、料理、競馬、レビューなど欲張って書いてます。

2018年02月

続・色んな人と話した1ヶ月でした。
月並な言葉だけれど、あー人に恵まれたなって。
仕事もなかなかに忙しく、あっという間に1週間が過ぎる×4。


2018年2月1日~28日

・美人というわけではないが、玉巻アナがお気に入りです。

・なかなか面白かった。ぶっ飛んだ発想なのに誰もが引き寄せられる魅力があった。→ 文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)|公演・イベント|ロームシアター京都

・一瞬青ざめたけど、まさかの大幅拡大(笑)→「宇多丸のウィークエンド・シャッフル」11年の歴史に幕、4月にワイド番組スタート - 音楽ナタリー

・夏が待ち遠しい。→ ザ・リバティーンズ、新作リリースは今夏!本格的レコーディング開始!(新アジトの案内動画あり♪) (児島由紀子の「ロンドン通信」)

・まぁ妥当でしょう。ロゴはコンセプトは素晴らしいけど、マクド感が否めない。→ 大阪市営地下鉄民営化で4月1日から「大阪メトロ」に生まれ変わる!! ネット上では新名称に賛否の声

・これは嬉しい!NCIS結成した時点で二度と見れへんと思ってたので。関西にも来てくれへんかなー。 → NCIS・村松拓の前身バンドABSTRACT MASH、7年ぶりに復活。渋谷&千葉でライブ

・『哲学マップ』素晴らしい入門書だった。一見ハードルの高そうな「哲学」は実は誰にでも関係していることを簡単な例で示しつつ、膨大な哲学を簡単な地図に落とし込んでいる。

・ここ1週間の株価大暴落で評価益はかなり傷みましたが、ここはチャンスと思い、いくばくか仕込みました。アメリカがくしゃみをすれば何ちゃらとは昔から言いますが、狼狽売りするのはもったいない。少なくとも投資を資産として運用している人は構えるべし。

・人生初、BRAHMANのCDを買いました。

・一保堂のほうじ茶が飲みたくて地団駄を踏む。

・アホくさ(笑)働き方改革が誤って解釈されていることが多すぎる。→「それって働き方改革?」:ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑

・焼き牡蠣食べ放題に行ってきた。同期と2人で大粒のを100個ほど食べた…。10年間ぐらいは食わんでええかな笑笑

・やべぇオイスター臭が染み付いてる…

・どこかに吸収される結末を予想。Gibsonユーザーとしては何とも寂しい話だが…→ ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる

・画家に限って言えば、死んで埋葬されれば次の世代そのまた後の何世代かに作品によって語りかけることになる。(ゴッホ「テオ宛ての手紙」より)

・堅めに5R買ったのに全く当たらぬとは、いよいよセンスの無さが露呈してきたか。夏競馬までに大きな的中なければ今年はおとなしくするか…。

・コテコテの京都弁のラジオ対談、ええ感じ。新曲も良い。→ 吉岡里帆が「一番会いたい人」、くるり岸田繁とJ-WAVEで対談!

・みんながバファリンと呼ぶアレ、今月からバッファリンと呼ぶことにしました。ちょっとだけ綴りに忠実になってみました。流行らんかな~笑

===============
ポチッと応援よろしくお願いします。


日記・雑談 ブログランキング



★★

森博嗣が編集長をつとめるムック本のような雑誌。
全開森ワールド!飛び込む勇気がある人のみ手に取るべし。

森博嗣編集長の雑誌ということで関心はかなり高かったが、変化球が過ぎて結果流し読みに終始。コアな森ファンには勧められるが、そうでない方や森博嗣を知らない方には色んな意味でハードルが高い。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

IMG_4451

グルメ王国、福島で蕎麦ガレットのお店「foujita」を満喫。
外観からお洒落過ぎて入るのに躊躇する。予約してなかったら入っていない笑

普通の居酒屋で、居酒屋メニューをアテに酒を飲むのも悪くないが、やっぱり食を楽しむ夜も必要。
倍とは言わずとも、1.5倍ぐらいの予算でこういう個性的な店で舌を保養させたい。


FullSizeRender

前菜の盛り合わせ。


FullSizeRender

蕎麦ガレット。河内鴨肉たっぷり!
目の前で作ってくれるのが嬉しい。


FullSizeRender

蕎麦ガレットその2。鴨ハンバーグ。


FullSizeRender

蕎麦米リゾットがすんばらしい。蕎麦の実100%の香りたまらん。
バーナーで炙って仕上げてくれるあたりも抜かりない。


IMG_4448

せいろで〆。
蕎麦を湯がく用の大きな釜があります。本格的!


=======================
ポチっと応援お願いします。


グルメ ブログランキングへ

いつも異国の空の下 (河出文庫)
石井 好子
河出書房新社
2012-02-04


★★☆

珍しく「ジャケ買い」した一冊。

キューバも舞台の一つになっているということで間違いないだろうと楽しみにしていたが、自分にはどうも肌に合わず。。。

旅先で住み着くスタイルで、そこで繰り広げられる物語は少し日常感が過ぎて何だかなぁと。
旅先で何か起こる楽しさというよりは、頻度の高い移住の先で起こる楽しさがメインになるだろうか。これを聞いて読みたいと思った方には全力でオススメします。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

バーディ [DVD]
マシュー・モディン
Happinet(SB)(D)
2015-10-02


★★★

これまで数多くの映画を観てきたが、その中でも指折り「特異」な作品の一つにこの「バーディ」を挙げたい。
1984年に製作されているので、自分よりも歴史が古い。内容は、ベトナム戦争のショックで精神が崩壊した青年と、それを立ち直らせようとする友人の物語。

感動を誘う作品ではなく、とにかくリアリティの世界に引き込んで考えさせられるつくりになっている。リアリティが高すぎて逆に非現実世界を見ているかのよう。見ていて心は非常に苦しくなる。

しかしその内に気づく。狂っているのはバーディではなく、ベトナム戦争なのだと。直接的ではないが、これも立派な反戦映画と言えるだろう。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

「アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪をひく」

という言葉通り、ダウ暴落にしっかり反応して日本株も全面安。

投げ売り、パニック売り、狼狽売りで一時23,000円を超えていた日経平均は21,000円を割る局面まで下落した。約10%下落したことになる。

その後、ダウの落ち着きや3Q決算発表などで安心感を取り戻した。ただし、反発は限定的でまだまだ半分も戻っていない。

暴落時には買付余力が命。
アルコニックス、りそな銀行、菊水電子、ゼニス羽田を仕込んだ。
買いたかったけど高すぎると思っていた株をチョイス。アルコニックスは早くもそれなりに益が出ている。短期的にも長期的にも期待できる会社。りそなは一定長期保有を想定、菊水・ゼニスは短期で益を狙う。

基本的に日本企業の業績は良好。ファンダメンタルズは悪くない。
が、株価は当然にセオリー通りに動くわけではない。


ピンチはチャンスに!しかしヤケクソにはならない!


これをモットーに暴落局面を乗り越えていきたいと思います。


===============
今年もポチッとお願いします。


日記・雑談 ブログランキングへ

2017.3.26

高山・白川郷の旅 第5回 「DAY2-ヨリミチ名古屋ー」

2017-03-27-13-01-13


白川郷から高山へ戻り、帰路へつく。


2017-03-26-16-32-39
2017-03-26-16-40-59

そのまま帰るのも芸がないので、乗り換え時間を調整して名古屋下車を企てる。
車内でも高山気分を延長。



2017-03-26-19-58-42

名古屋メシは「伍味酉(ごみとり)」をチョイス。
恵那山(えなさん)という日本酒でスタート。旨味のある上質なお酒。


2017-03-26-19-37-43

定番の手羽先から。名古屋コーチン。

2017-03-26-19-43-16

岩もずく。


2017-03-26-19-44-29

2017-03-26-20-25-13

奥三河鶏の串焼き。ええ感じ。


2017-03-27-13-01-13

名古屋コーチン入りつくねの親子丼、パーフェクト。



寄り道にナゴヤを詰め込み、なんとも贅沢な旅の帰り道だった。

食べ歩きの充実具合、旅館「田邉」のホスピタリティ、白川郷の雰囲気にただただ感嘆したゆる旅でした。週末のちょい旅にオススメします。


では、これにて飛騨高山の旅行記、完。


(おわり)

===================
次はタイ旅行記を書く予定です。


旅行・観光 ブログランキグへ

IMG_4700

とある至福の夜。

「島之内一陽」、驚異の食べログ4点超え。
食べログの点数を価値判断軸にするつもりは毛頭ないが、4点超えでミスすことはまずない。

和食の奥深さをこれでもかと見せつけられた。
圧巻の和食にひれ伏す。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


=======================
ポチっと応援お願いします。


グルメ ブログランキングへ



★★☆

京大卒ニートで有名なphaさんの共著。
いわゆるphaさんがこれまで出してきた本とは違い、ややドキュメンタリーちっく。
都会と田舎の往復生活について語ったもので、将来の生き方について考えている人は参考になるだろう。

「世間的にみると思い切った決断に見えるかもしれないけど、冷静に考えたら何が正しいのかわからんよ?」と暗示しているようにも受け取れる。
変わった本ではあるし、物足りなさも感じるが、ゆるい読書には向く。


===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ



★★

村上春樹の旅行記。

タイトルこそ素晴らしかったが、中身は期待していたほどでは…。
雑誌への寄稿を集めたものが中心だからか、イマイチ読了感が満たされない。


<気に入った文章>

・不便さは旅行を面倒なものにするが、同時にまたそこにはある種の喜び-まわりくどさがもたらす喜び-も含まれている。

・僕らはもちろん毎日いろんなものを見てはいるんだけど、でもそれは見る必要があるから見ているのであって、本当に見たいから見ているのではないことが多い。



===============
ポチッと応援よろしくお願いします。



書評・レビュー ブログランキングへ

↑このページのトップヘ