November 11, 2006

「表の顔と裏の顔」

 ども、たこ阪店主です。

 今日の二冊目はこんなのを「表の顔と裏の顔」。


 この人の本は「日銀券」や「藍色のベンチャー」でかなり面白いなぁ、と思ってたのですが、このようなエッセイ集もなかなかええ感じ。元外資系銀行員とかそういうかっこええ肩書き抜きにしても十分楽しめる一冊っす(興味ある方はamazonのレビューを覗いてみてね)。
 なんかねぇ、こういった数字で時代を切り取るみたいなのってよくあるパターンだけど、著者の思い入れがはっきりと見えるし、この人はとても理知的なスタンスだから抵抗なく読めるんです。僕はそこがいい。でもその反面、インパクトには欠けるのも確か。今の時点でカスタマーレビューがゼロなのも仕方の無い気がする・・・。

 さすがに写真で旅行記みたいなのがあるのには、ちょっとびっくりした。自我出過ぎ。でも、作家さんってそもそもそういう人種なわけだしイタイのも仕方ないのかもなぁ・・・。

takohan1 at 14:11│Comments(0)TrackBack(1)オススメの本 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ロンドン旅行記  [ 海外旅行記や![格安で海外旅行に行きたいねん!] ]   November 11, 2006 20:10
わいはこの→2100円で海外旅行する方法!で格安海外旅行を楽しんでおるんや。 吹田駅で友人の田中君に会うこととし、そのまんま新大阪駅で降り、ほんで伊丹空港直行バス(400円)に乗る。わいたちの便は、ルフトハンザ423便である。夕方7時前に出発。初めての飛行機や...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字