音楽成人式のニュース

January 14, 2008

高校生に読ませたい本を教えてくれませんか?

 高校生の目が変わるこの時期は、こっちまでなんだか緊張しちゃいますね。


 で、そんな多感で大変な高校生に何か本を薦めようと思ったことがあったのですが、正直これがかなり難しいことに気付きました
「高校生」と一括りにしようと思っても、個々人の興味の対象や学習のレベルに違いが大きいし、なにより彼らと僕の時代感覚の違いはずっとずっと大きいような気がするのです。

 というわけでちょっと困っている僕から皆さんへのお願い。今回のエントリー「高校生に読ませたい本」を教えてくれませんか? というトラックバック企画にご協力いただきたいという話です。

 このブログを読んでる方の、高校時代に読んでおきたかった本とかを知りたいという、僕個人の興味もありますし、このブログを読んでて高校生に本を薦めることのできる立場の人にとっては、かなり貴重なリストになるのではないかと。


 トラックバックはかえる文庫のサイトで受け付けてます。もちろん、このブログにも同時に送ってもらえるとうれしいです。

 皆さん、どうぞご協力のほどよろしくお願いします



 追記

「勝海舟の人生訓」という本がかなりイイらしいというのをチラッと耳にしました。誰か読んだ人います?


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 高校生に読ませたい本  [ オノケンノート ]   January 20, 2008 01:20
...

この記事へのコメント

1. Posted by そうしんマン   January 15, 2008 00:14
5 落合 信彦の本には、高校時代かなり影響受けました。特に「狼たちへの伝言2」だったと思いますけど、かなり血が燃え滾る感覚がしてきたのを思い出します。(古いかもしれませんが・・)
2. Posted by 三国志   January 15, 2008 00:23
この本は読んだことありませんが、勝海舟の氷川清話は文庫本で読んだことがあります。井伊直弼(彦根藩主)が桜田門外で襲われた後、彦根藩家老の岡本黄石が報復を停めさせたということを勝海舟が誉めていたということが印象に残っています。進むことを同じくらい退くことも難しいと思いました。
3. Posted by 店主   January 15, 2008 22:59
>そうしんマンさん
コメントどうもです^^ なんか落合信彦ってところが「らしい」ですねぇ^^ あなたは確かに狼かも。

>三国志さん
なんかさぁ。歳なのかだんだん「退くこと」の難しさを実感するよなぁ。でも、今やってる判断のほとんどは「どうやってこれをやらないことにするか」になってるわ、オレ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
音楽成人式のニュース