アメリカのNBAのファンがテレビ視聴の際に最も良く飲むビールはバドライトなんだそうですって。
globalwebindex.netが報じています(2017年8月8日付け)。

サイトよりグラフも引用させていただきます。今年の第1四半期に21歳から64歳までのアメリカ人5922人の回答を基に作成したそうです。

COTD_08_Aug_2017_BLOG

2位のコロナと僅差で競っているのがおわかりかと。バドライトとバドワイザーは、NBAのファン層開拓に力を入れており、クリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)のファン向けに2016年にはヴァーチャル・リアリティ体験が楽しめる仕掛けを提携して行ったりしています。

こうした提携は奏功しているようでして、月平均で少なくとも1度はビールを飲むと答えたアメリカのNBAファンは62%。これはアメリカの平均的なインターネットユーザーよりも36%高いのですって。なお、こうしたファン層のエナジードリンクの愛飲率は38%、ウォッカは40%、ウィスキーは39%なのだとか。

つまり、NBAファンの間ではビールが王様なのですね。日本だとどうなるんでしょう。NBAはともかく野球のデータが知りたい所。皆さん、観戦中は何を飲んでますか?