ブルームバーグTV
ブルームバーグが、ブルームバーグTV+というサービスを開始したそうです。
talkingbiznews.comが報じています(2019年7月30日付け)。

ブルームバーグのデータと番組を合体させたプレミアム型式のストリーミング・サービスなのだそうです。

4Kなどの高画質テレビで利用可能で、Bloomberg.comの会員なら、待ち時間が殆どない状態でPCやタブレット、モバイル機器などで視聴出来るのですって。また、近くIPストリーミングサービスによる高画質での配信も視野に入れているとの事です。

ブルームバーグTV+ではデザインも意識しています。今までの同社のデザインは、どちらかと言えば文字(つまり記事中心)だったのですが、新しくデータ表示画面でダイナミック・チャートやグラフ、インフォグラフなどと記事データを一緒に表示し、なおかつブルームバーグの関連ニュースの見出しも分かるようにしました。

「ストリーミング・ビデオが増えつつあるのに、我々のリサーチでは、『ストリーミング・ニュース・ギャップ』が起きている事が明らかになった」(“Despite an increase in streaming video, our research clearly shows a ‘streaming news gap,’”)と、ブルームバーグ・メディアの世界デジタル・メディア配信担当最高責任者のM.スコット・ヘブンス(M. Scott Havens)氏は、声明の中で、そう反省しています。

「ブルームバーグのような信頼されているブランドにとって、こうした落差を埋めるのに良い機会だし、ブルームバーグTVで既に配信している最良の金融・ビジネス取材の拡張に向けた最初のステップとなろう。ブルームバーグTV+によって、我々としては質を維持しながら、オンライン上で需要に見合う情報をより深く、かつ簡単に視聴出来るようにしていきたい」(“It is an opportune time for trusted brands such as Bloomberg to fill that void, and this is a first step in evolving and enhancing our existing products. Bloomberg TV already provides best in class business and financial coverage. With Bloomberg TV+ we want to maintain that quality while finding new ways to present a greater depth of easily consumable information to an online audience that demands it.”)

なお、今年後半に、ブルームバーグTV+はプライム・タイムの時間帯に興味を引きそうなビジネス番組を拡大していくそうです。

地上波にとっても脅威になりそうな内容になりそうですね。4Kでの映像の細やかさに注目したい(でも、テレビがないけどねトホホ)。