Forbes.com

経済誌「フォーブス」のデジタル・サイトであるForbes.comのアクセス数が、2019年の10月と11月は記録的な数字だったそうです。
talkingbiznews.comが報じています(2020年1月5日付け)。

コムスコアのデータを根拠としています。北米での独自アクセスが10月は7460万人、11月は7640万人だったそうです。

「ブランドとして、ここまでのインパクトがあった事は無い」(“Our brand has never had more impact,”)とマイク・フェデリー(Mike Federle)CEOはビデオ声明の中で触れています。「ここまで視聴者が膨れ上がるとは」(“Our audience has never been bigger.”)と、驚いています。

フェデリー氏は、フォーブスのCMOネットワークのような鍵となる特集の拡充や、CFOやCIO、中小企業のコミュニティを取材する編集者を採用した事、および紙媒体のデザインを刷新した事などが躍進の原動力となったとしています。

そして、「諸君らは心の底からの起業家であり、我々のブランドの化身である」(“You are entrepreneurs at heart, the very personification of our brand,”)と、従業員に感謝の言葉を捧げています。

フォーブスの関係者によると、世界全体で月間1億2000万人もの人を魅了しているのだそうです。

なお、映像はこちらから見る事が出来ます。

今更ながらですけど、経済メディアは強いですね。従業員に感謝しているのに好感が持てました。