驚愕のニュースですけど、日本で報じられてるんやろか。アメリカ大統領選で民主党がアイオワ州の党員大会で候補者の指名争いを行ったところ、集計がもつれにもつれた挙げ句、あの天下のAP通信が「確定出せません」と言い出していたそうです。



何それ!?




USAトゥデーが報じています(2020年2月6日午前6時投稿。7日午後1時56分更新)。

6日夜になって言い出していたそうです。

「AP通信では勝者が誰か明らかな場合、レースと呼ぶ。今回、元市長のピート・ブティジェッジ候補と上院議員のバーニー・サンダース候補との得票差が極めて小さく、今年の党員集会の過程でイレギュラーが生じている事などを鑑み、現時点では勝者が誰かを決めるのは不可能だ」( “The Associated Press calls a race when there is a clear indication of a winner. Because of a tight margin between former Mayor Pete Buttigieg and Sen. Bernie Sanders and the irregularities in this year’s caucus process, it is not possible to determine a winner at this point,")と、AP通信の上席副社長兼編集主幹のサリー・バズビー(Sally Buzbee)氏は語っています。

APの顧問も、次のように述べています。

「民主党が集計を終え、最集計もしくは徹底的再調査の可能性が出ている以上、APではアイオワの党員集会の結果のレビューと、続報の配信を引き続き行っていきたい」("AP will continue to report and review the results from the Iowa Democratic Party as the party completes its tabulation, as well as the results of any potential recanvass or recount.")

加盟社の多くがAPの選挙結果分析に頼って、誰が勝者となったかを報じるのであると、一般読者向けの解説をトゥデーでは入れています。

そんな告知をAPが行う数時間前、サンダース氏はニューハンプシャー州の選挙事務所での記者会見で自分が勝ったと宣言しています。

「アイオワの人達に物凄く不公平な(集計上の)失敗だ。候補者全員と、それぞれの支持者にとっても同様だ」("That screw-up has been extremely unfair to the people of Iowa, it has been unfair to all of the candidates and all of their supporters,”)と記者団に語ったサンダース氏は、「だから、3日も経った今、私がやりたい事をするまでだ。それは、月曜の夜に我々(の選挙事務所)に対象を与えてくれたアイオワ州の人達に感謝するというものだ」(“So what I want to do, three days late, is thank the people of Iowa for the very strong victory they gave us Monday night.”)。

ただし、現実は複雑です。97%の開票時点で、アイオワ州の代議員の投票による両者の差は1パーセンテージ・ポイント未満。何時もなら集計数によって勝者が決められるのですが、そうもいかないのだそうです。ですが、サンダース氏は全体の票合計数では1位を保っているので、自分が勝者だと言い出している模様です。

サイトより集計結果を引用させて頂きます。

超混迷
0.1%差! 数え直したら、どうなるか分からない展開ですね。

実際、民主党全国委員会の会長を務めるトム・ペレッツ(Tom Perez)氏は、投票結果の徹底的な再調査を行ないたいとの意向を6日に示しています。公表が遅れるわ、正しくない情報が出回っているわという事態を受けての発言でした。

「もう沢山だ。代議員選挙の計画実行に当たって問題が生じていた事が明るみになったし、結果に公的なお墨付きを付ける意味でも、アイオワの民主党は速やかに徹底的な再調査を行なうよう呼びかけている」("Enough is enough. In light of the problems that have emerged in the implementation of the delegate selection plan and in order to assure public confidence in the results, I am calling on the Iowa Democratic Party to immediately begin a recanvass,")とTweetしていました。

この時は、結果の公表が遅れていまして、それに対するTweetという意味がありました。

更に、御本人は対のようなTweetも。「徹底的な再調査は、正確を期するために、それぞれの代議員のワークシートを見直す事を意味する。アイオワ民主党は結果を報告し続けるだろう」("A recanvass is a review of the worksheets from each caucus site to ensure accuracy. The IDP will continue to report results.")。

アイオワ民主党では、21ページに渡る代議員の徹底再調査と再集計のマニュアルを、3日から始まった投票の前から準備していました。このマニュアルによると、アイオワ民主党のトロイ・プライス(Troy Price)会長宛てに7日の昼までに書簡を送れば、徹底的な再調査のリクエストは可能だと書かれていました。

ただし、このマニュアルには民主党全国委員会の会長が徹底的な再調査のリクエストが出来るとは明記されていないのだそうです。可能な要求対象として、大統領選のキャンペーンがありますよとだけしか書かれていないからです。

ちなみに、当該の箇所は「間違った集計もしくは間違った報告が挙がっていた事を示す信頼出来る証拠がある場合に限る」("Requests must present credible evidence suggesting that results were misreported or erroneously counted,")と書かれているのだとか。つまり、怪しそうだからという理由で発動出来ないとなるのです。

また、マニュアルによると、リクエストを検証し、「徹底的な再調査を完了するために、候補者が必要な」("assessed to the candidate in order to complete the recanvass.")コストも計算するそうです。

更に、徹底的な再調査はアイオワ民主党の用意した場所で行われ、「キャンペーン・スタッフのオブザーバーの立ち会いが可能だ」("the recanvass room will be open to campaign staff observers.")とも書かれているそうです。

具体的な作業としては、党員集会の出席者数や、投票候補のカードの検査を行い、「電話による投票や、党員集会の報告ツールなどを通じて得られた集計と、選挙区での投票あるいはサテライト投票などで得られた集計結果が異なる場合は、矛盾があるとの宣言を下す」("inconsistencies are declared if results on official precinct or satellite forms are different from the results reported through the caucus reporting tool or by telephone,")のだそうです。

そして、事態は未だに迷走中。APはんを責める訳にはいきませんな。

それにしても、こんなに揉めると言う事は、それぞれの候補者が「帯に短したすきに長し」で、タマとしてトランプはんに勝てないって展開が今後待ってると考えるべきなんでしょうか?