000

root化などの改造はノーマル状態のKindleを劇的に改善してくれますが、それらはすべて自己責任。メーカーの保証は一切受けられなくなります。
そして最悪どうなるかというと俗に言う文鎮化。ただの置物になります。
運良く私はまだそういう事態になっていませんが、色々特攻しいてる以上いつそうなっても不思議ではありません。

幸いというか最後の希望として、文鎮化してもbootエリアが生きていればfastboot Modeで起動してOSイメージを焼き直す事が出来ます。
・・・しかし、Kindle Fire HD本体のみではfastboot Modeで起動は出来ず、factory cable という特殊結線された microUSBケーブルが必要です。

factory cable自体の構造は簡単で、1番ピンと4番ピンを短絡するだけなので、自作レベルに達しない簡単さです。ただし・・・
 ◎全結線のケーブルを探す必要がある(200円くらい)。
 ◎端子とケーブルの対応を調べるため通電確認が必要(テスターが必要)。
 ◎最悪全ケーブルを剥く事になるので見た目が悪くなる(ショート防止も必要)。
DIY派の人にはなんて事はありませんが、未経験の方にはこれだけで充分ハードルが高いですね。


と言う事で、完成品のfactory cableはこちらで売っています(それを先に言え!)。
001
http://www.earlybirdsavings.com/

んで、これ。
002
http://www.earlybirdsavings.com/p/3ft-USB-to-Micro-USB-Factory-Cable-for-Amazon-Kindle-Fire-Motorola-Xoom-MSP005

驚くなかれ、値段は$4.11かつ日本へはFree Shipping(送料無料)。
支払いは安心のpaypal。
411円なら、上記の手間を考えたら全然アリでしょう。


ということで、実際に頼んでみました。
003
到着まで約二週間でした。
ちなみに、この間メールなどの連絡は一切ありません。paypal決済だったので、最悪返金請求できるので特に心配はしていませんでした。
※まぁ411円なので、最悪の最悪、勉強代という事で。


Kindle本体の電源を切った状態でPCに接続するとfastboot Modeで起動します。
※この状態でUSBデバイスとして認識されている事を確認してください。
コチラからKFHD_SRT_v1.3.5- 7.3.0をダウンロード&解凍。SR Tool.batを実行。
005
1を選択したEnter。
申し訳ないですが、ここから先は(私の所で文鎮化していないので)検証していません。
 ◎20分弱かかるそうです。
 ◎「Welcom Back」と表示されたら完了。USBケーブルを抜いてください。
 ◎初期状態+root環境で起動します。


転ばぬ先の杖として、おひとついかがでしょうか。



キンドル ブログランキングへ