一般主婦のライフプランニング

はじめまして、T子です。
家計が厳しくなることでライフプランなどお金に関することに興味をもちました。
みなさんのお役に立てれば幸いです。コメントなんか残してもらえるとめっちゃ喜びます笑
メニューはこちら
[ライフプラン作成]の目次
[太陽光発電]の目次
[マイホーム]の目次
[税金]の目次
[格安SIM]の目次  
[楽天カード]の目次
[副業]の目次
[投資]の目次
[保険]の目次

カテゴリ: マイホーム



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-9891249407005703"
data-ad-slot="2140612075">






こんにちは、今日もおうちでせっせと更新!!

これから数回に渡って、わたくしがマイホームに引っ越すまでの話をしたいと思います。

あくまで自分の体験談なので、専門的な話は出来ないのですが。。。(^_^;)




今回のテーマは、

なぜ賃貸ではなくマイホームを買おうと思ったのか。



結論から言うと、わたしの場合は

娘が生まれた
→ 夫が生命保険かけなきゃって言い出した
→ 家買った方が良くない?
→ よし、買おう!

っていう流れです。



人間が何か行動を起こすには動機が必要ですよね。

わたしの場合は娘がきっかけでした。



ここで新たな疑問がでてきますよね?

生命保険と家って関係あるの?

今はさらっと説明しますが、生命保険の話になったときに詳しく話します。

簡単に言うと、

1:家を持っていると生命保険の保険金が少なくて良い。
→これは、生命保険の保険金を考えるときに、生涯で必要な金額を計算するのですが、当然賃貸だと毎月数万円必要になり、毎月の掛け金が高くなるのです。

↓こういうサイトで相談を申し込むのはいいかもしれません。






ただ、色んな話を聞くことになりますが、鵜呑みにしないように気を付けることは重要ですよね。
判断材料集めだと思いながら相談する必要があります。



2: 住宅ローンを借りると、それ自体が保険になる。
→住宅ローンを組むときには同時に
団体信用生命保険
という保険に入ることになります。
これは、住宅ローンの名義人にもしものことがあったら、その後は返済しなくて良いというものです。


これくらいかなー。

当然デメリットも存在します。

1: 気軽に引っ越せなくなる
2: 家に何かあったら自分に負担が来る
3: 住居手当がなくなる(会社による)
ちなみに、わたしの夫は転勤がない!

家が潰れるほどの地震は、まぁここは賭けですね。

家が耐えてくれるのか。。。

家を購入したことで住居手当がなくなったのは痛すぎる(>_<)
けど他人のために金を払うか、自分のもののために金を払うか。



デメリットを見ると、

賃貸か持ち家どちらが良いかは、人それぞれとしか言えない。



マンションと一軒家どちらがいいか

も価値観によるかなー

わたしの場合は庭付きのマイホームでゆったり過ごしたいという考えが夫と合ったので一軒家になりました。




まとめると、

・長い目で見たとき、住宅ローンの名義人に多額の生命保険を組む必要があるならローンで家を買うのもあり。

→わたしは専業主婦で、特殊技能もないので夫が死んだりしたら困る。
だから夫に生命保険をかける必要がある。

・ただし、転勤などがあるなら買わないほうがいいのではないかと思います。




なぜマイホームを買ったのか。

お金と、生活の兼ね合いで、うちは買ったときのメリットが大きいと思ったから。



ちなみに・・・
ネットでは賃貸VSマイホームの論争はよく見かけます。

賃貸派の方の意見は
・ご近所トラブルがあったら地獄
・災害のときの負担が小さくて済む

この辺が強いようです。

わたしとしてはこれらのリスクも受け入れた上でマイホームを購入することにしました。

この辺は土地選びが大切なのだと考えています。
土地選びの話などはまた後日ということで・・・




以上っ!!
ではこれにて。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9891249407005703"
data-ad-slot="8388179274">

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんばんわ。
更新日は11月1日になっていますが、実際に文章を打ち込んでいるのは11月2日です笑

今日は家の柵(フェンスとも言いますね)に貼り付ける木のペンキを塗っていて一日が終わりました。

夫婦でペンキを塗っていると家の前の道を通っていくご近所さんが何人も声をかけて行ってくれました

こうやって休日を過ごせるのはいいですね。
なんか

「あー、良い土地に住むことが出来てるなー」

と実感します。




さて、フェンスを作っているということで、わたくしの家はまだ完成形にはなっていません。

家そのものはもうできましたが、庭とかはまだまだこれからです。

休日にしか作業が出来ないので中々すすめることが出来ませんが・・・
これも 一軒家のマイホームを購入した楽しみ ということでじっくりやっていきます。






今回のテーマは
注文住宅 と 建売住宅

にしようと思います。



ちなみに

マンションか 一軒家か

というテーマにしなかった理由は、その人の価値観によってほぼ答えはあるだろうからです。

私の場合は産まれてからずっとマンション育ちなので一軒家に対するあこがれがあった
夫は一軒家育ちで、変わらず一軒家が良いと考えていた

育った環境は違いますが、家に対する考え方が合ったので話は早かったです



では、本題に入ります。

注文住宅とは何か。

それはすべてがほぼ自由に決めることが出来る家

ということです。

例えば
・間取り
・設備(風呂、トイレ、キッチン、床暖房など)
・扉の数、場所
・照明の位置
・テレビのプラグやコンセントの位置
・収納の数、場所
・壁(外も中も)
・屋根
・玄関の床
・内装の床材や扉材
・窓の種類
・壁紙
・バルコニーの場所、形
・門柱、ポスト、外灯
・電気のスイッチ
などなど



建売住宅とは何か。

出来上がっている家、もしくは設計図が決まっている家のこと。



わたしは注文住宅で建てたので、注文住宅のメリット・デメリットを考えたいと思います。




注文住宅のメリット
・自分の理想の家に住むことが出来る。
 →正直これだけ!


注文住宅のデメリット
・めんどくさい
 →何から何まで決めるのでものすごい疲労が襲いかかってきます。
  結果、中途半端で投げ出すと半端な家になってしまうので
  「家」に対するイメージがはっきりしていない場合はかなり苦労します。

・手続きがややこしい
 →住宅ローンの申請のときに、土地と建物で別々でローンを組む必要があるので中々不便です。

・高い
 →建売のほうが比較的安く買うことが出来ます。

・土地選びに制限が出来る。
 →土地を売りに出していても「建築条件」というものが付いていることが多いです。
  「建築条件」とは、
  「この工務店で家を建ててくれるなら売りますよ」
  ということです。
  建築条件の指定の工務店が希望の工務店なら良いのですが、よくわからない工務店やハウスメーカーだと注文住宅は建てることが出来ません。



 これらのメリット・デメリットを見ると、建売の方がいいような気がします。

 効率やお金の面を考えると建売の方が賢いと思います。


 私の場合は、

 一生で一回しか買わないであろう家を買うのなら自分の住みたい家に住もう
 ということで注文住宅にしました。

 


 あとから

 あー、やっぱり注文住宅にしたかったなー

 っていうことになりたくなかったのでかなり無理をしました。



 


 ただ、はじめはそこまで考えていなかったのが本音のところ。

 家さがしを動き出したときは何をしたらいいかさっぱりわからなかったので、


 お?住宅見学会やってる!


 ってことであるハウスメーカーの見学会に行ってみました笑
 (ビールとバーベキューセットとパンと・・・なんかいろいろもらった)



 それからまずはネットで資料請求しまくって・・・
 →色んな情報を入手できるので、ゴミは増えるけれど情報は仕入れておくべきだと思います。

 不動産屋色んなところ回って・・・
 →どの辺で土地を探しているかをある程度話しておけばいい土地が見つかれば連絡してくれます。

 ネットで土地探しとか家の買い方とかを調べて・・・
 →基本的な流れを調べるのも必要です。


 こんなことをしていると自然と

 「あー、こんな家に住みたいなー」

 っていうのが見えてきました。



 私たちは「木の家」が良いと思ったのでそれを基準にして工務店探しをしました。





 細かいことはまた別の回で。

 注文住宅と建売住宅についてはおしまい。

 以上!
 これにて。 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生は一度きり!へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、

どこに建築を依頼するのか

という話になります。



わたしがマイホームを意識した時はハウスメーカー以外の選択肢が思い浮かばず

工務店ってなんかよく分からんから不安やなー

と思ってました。



分からないなりにいろいろ調べていくとやっと工務店が候補に挙がってきた・・・という感じでした。






さて、建築を依頼する先は、大きく分けて二つになります。

ハウスメーカー
・積〇ハイムとか〇和ハウスとか住友〇業とか

工務店
・地域の工務店


わたしがどちらに依頼したかと言うと・・・



工務店!!



なぜ工務店にしたのか、ちゃんと理由があるので説明させていただきます。


みなさんは家を建てるときに何を重視しますか?

・信用できるところに建ててもらう
・安く建ててもらう
・家のイメージを最重視
・頑丈な家

これはどれが正しいっていうのはないと思います。

ただ、重視するものでハウスメーカーに頼むか工務店に頼むかが分かれます。

・信頼
→ハウスメーカー
これは安心感からいくと有名なハウスメーカーが良いでしょう。
大きな会社はアフターケアもそれなりに期待はできそうです。

・安さ
→これなら基本的に工務店になりそうです。
ハウスメーカーは宣伝のために多額の費用、従業員のために給料を払っています。
そのお金は家を建てるときの費用から払われているので、割高になりがちです。
工務店は宣伝費用が少ないので安さで勝負することが出来ます。

・イメージ通りに建てる
→これは工務店。
しっかり話し合って家を建てることが出来るのは工務店になるでしょう。

・頑丈
→これはハウスメーカーのほうが技術は高いでしょう。


わたしは注文住宅を、しかも木のイメージの家を建てたいと思っていました。



この時点で工務店に決まりです。
<理由>
 ・注文住宅
 ・予算が少ない
 ・安心は自分で見極めるしかない!と思った。

これらの理由で自動的に工務店に依頼することになりました。




さて、工務店とはいってもいたるところに工務店はあります。

どこが信頼出来るかわからない(>_<)



色々調べました。

ネット、雑誌、不動産屋に聞くなど。




・ネット
 「木の家 工務店」や「大阪 工務店」などでいろいろ検索しました。
 また、雑誌で気になった工務店のホームページを見ると、施工事例などが載っています。
 これで、その工務店が得意としている家の雰囲気などが分かり、選ぶ材料となります。




こういうサイトが役に立つので、まずは軽く資料請求してみてはいかがでしょうか。

・雑誌
 本屋さんで住宅関係のところを見ると、いくつか注文住宅に関する雑誌が置いてあります。
 その雑誌で、自分が気になった工務店に資料請求をしました。
 (大量に連絡や資料が届いたりして面倒ですが、その面倒で自分の理想を形に出来る工務店が見つかるのなら安いものです。)




また、↓のようなものを当時に知っていたら見積もりと間取り作成の依頼はしていたでしょう




依頼したからといって契約する必要はないし、間取りは担当者によって色んなプランを出してくれます。
色んなプランを見たうえで色々混ぜ込んで自分で考えたら良いのです。


 注意!!

 坪単価〇万円~

 のような表示を良く見かけます。
 事実、私が最終的に決めた工務店は、坪単価38万円と書いてました。
 実際は坪単価52万円くらいになっています。
 
 何にしても「〇円~」というのは、最低限のレベルのものでしかないのです。





 ~ここからは私が工務店を選ぶに至るまで~

2012年
6月 初めての住宅見学会に行きました。(わたしが大きいお腹をしていたので覚えています)
   そこでもの凄く良い印象を受けたが、大きい買い物なのでじっくり考えることにした。

7、8月 出産などで住宅どころではなかった。

9、10月 不動産屋巡り・情報収集・資料請求
    
11月 条件のいい土地が見つかったが、予算的に厳しいので保留
   不動産屋に条件をさらに絞って土地を探してもらう。
   同時に、候補となっている工務店数社に保留している土地で見積もりを出してもらう。

12月 良い土地が見つかったと不動産屋から連絡があった。
   非常に大きい土地を分割して売りに出すという話で、
  
   「分割した際にいくらになるか決まったら連絡をする」
          
   と言われたまま二度と連絡が来なかった・・・(その不動産屋は誰にもおすすめしない)

1月 一社だけ何度も何度も「この土地はどうですか?」という形で連絡をくれた。

2月 前にネットで見ていたが、少し高いので諦めていた土地が値下がりしていたので見に行った。

3月 2月に見た土地が条件に合ったので、その土地を所有している不動産屋に行き、値切り交渉。
   安くなったので決定。
   一番親身になってくれた工務店に見積もりの依頼。
   ↑
   工務店決定!!


 さらっと流れを書くとこんな感じ。

 正直選んだ工務店の人は
 ・テンション低い
 ・喋るの下手

 ただ、それが逆に真摯に仕事に取り組んでくれそうで信頼できた。

 押し付けたりすることがなく、こちらの意見をじっくり聞いてくれるので話し合いは非常にしやすかった。

 良いことばかり言ってにやにやしている営業なんかより遥かに良かったです。



 まとめると・・・

 工務店 と ハウスメーカー は、一長一短。

 自分の価値観でどちらに依頼するかを見極める。


 
 工務店の場合の依頼先選びは、対応してくれている人がどういう立場の人間で、どういう人間なのかが大切。

 こちらの気持ちを汲んでくれる人だと相談がしやすいので「人柄」は重要だと考えます。




 皆さんの役に立つような内容であったかは微妙ですが、私の経験としては以上です。

 では、これにて。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生は一度きり!へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどーも、わたくしです。

マイホーム第4回目は

土地探し

というテーマで書かせてもらいます。




前回の どこに建築を依頼するか と同じくらい大切なことです。

新築を建てる際に重要なのは

①土地
②施工会社

という順列になると思います。

変な土地に良い家を建てるくらいなら、良い土地に普通の家を建てる方が生活はよくなります。





私の場合は和歌山出身で・・・

大阪ならどこでも同じ!!

という感覚だったので夫の希望で場所を選びました。



では土地を探すところから、決定までのすることリスト!!

すること①
家を建てるときになるとまずは土地の地域性をしっかり調べることが必要だと思います。

・富裕層が住んでいるのか
・ヤンキーが多いのか
・犯罪が多いのか
・大阪ならだんじりとかもどうなのか知ってないと


大阪の場合は 北・市内・南 で分かれます。

夫は南河内で育ったので、北はちょっと・・・という感覚でした。

かといって南の泉州とかはわたしの肌には合いません。

良く知っていて、夫の父母がそばにいる3つの市を希望して探すことになりました。

※最初は奈良とかも選択肢にありましたが、あまりにも知らない土地だったので断念しました。




すること②
希望の市町村がある程度絞れたら土地の条件を決めましょう。

・何坪程度か
 私は庭が欲しかったので40坪は欲しいと考えていました。
 結果、60坪以上の土地になりました。(大満足!)

・価格は?
 予算はあまりなかったので1500万以内で考えました。 
 結果、1300万円になりました。

・向きは?
 南向きがベストですよね。
 北向きでも上手に家を建てれば日当たりは良くできるみたいです。
 うちは南東になりました。

・どんな区域?
 私は一種低層という区分の地域を選びました。
 土地によって、住環境を最優先に考えている土地なのか、そばに工場が建つ可能性があるのかなどいろいろあります。
 ここは見落とさないように気をつけましょう。
 ちなみに一種低層は家と家の間を開けないといけない。
 さらに2階建てまで。(日当たりと風通しが良い、雰囲気のいい住宅街になります)

・駅や施設までの距離
 駅まで徒歩20分程度が限界と考えていました。
 わたしはバスは嫌なので歩きます笑
 ちなみに車通勤の人も、子供や奥さんが電車に乗らないといけないこともあるというのは考えるべきです。
 <確認すべき施設>
 駅(うちは20分)
 スーパー(これは15分)
 市役所(20分)
 公園(小さいのは1分、大きいのは5分)
 病院(車で10分で2つ大きな病院があり、小さな病院は色々あります)
 学校(少し急な勾配で大変ですが小学校10分、中学校30分)
 コンビニ(10分)
 ラブホテルやパチンコなど(歩いていく範囲にはない)

・周辺の道の勾配
 坂道が急すぎるとしんどいです。
 わたしの土地は結構坂道ですが、そこは値段から考えると妥協点です。。。笑

・古家が乗っているかどうか
 土地に古家がある場合、解体費用も掛かるので余分にお金が飛んでいきます。
 さらに地盤調査をしてみて改良が必要となるとさらにお金がかかるので、出来れば更地が良いでしょう。
 私は更地で購入しました。

・建築条件があるかどうか 
 自由に工務店やハウスメーカーを選べるかどうかです。
 私は 建築条件なし が条件になっていました。

・ガス、電気、水道など
 ガスは、 都市ガス と プロパンガス があります。
 都市ガスのほうが間違いなく安いので、都会付近のところなら都市ガスが良いでしょう。
 私のところは都市ガスですが、一度候補に挙がった土地はプロパンガスで、非常にネックになりました。
 水道は、その土地に水道が引き込まれているかどうか、可能ならば確認しても良いでしょう。
 なければ引き込む工事をしないとダメなので少しお金がかかります。

・道路からの高さ
 土地の面が、道路より高い場合は砂を掻き出したり、擁壁をしたりと外溝費がかさみます。
 出来るだけ高さのない土地が良いでしょう。



すること③
ネットで土地探し+不動産屋に行って土地探し+建築依頼先が決まっているならそこにも土地探しのお願い

わたしは色んなサイト(ヤフーとかホームズとか)で土地探しをしていました。

休日は不動産屋を回って、工務店にも話はしていました。



不動産屋はとりあえず入って、「土地を探しています」って言えばアンケートみたいなのを書かされる。

そこに自分の希望を書いて、担当の人に相談。

その日に見つからなくても、チラシとか連絡が入るので情報が入ってきやすくなります。



全部が全部ネットに記載されているわけではないので、自分の足も使いましょう

ここで手を抜くと、中々良い土地に巡り合わないと思います。





すること④
良い土地っぽい情報が入ったら見に行く!

チェック!
・周りの家の雰囲気
 古くてもきれいにしている家であれば、しっかりした人が住んでいるので安心度は高い。

・車の交通量 騒音や危険の観点から

・周辺の道 坂道とか、歩道とか

・ゴミ捨て場
 その土地の前がゴミ捨て場だと、住んだ時辛いですよ。。。

・学校区
 まぁ、子供が学校に通う頃にはどうなってるかわかりませんが・・・




すること⑤(ここは省いてもいいと思います)
決めた!と思ったら工務店やハウスメーカーに話してみると良い。

見積もりをお願いしてみたら、プロの目でその土地を見てもらえます。

わたしの選んだ工務店さんは、何度もいくつかの土地で見積もりをお願いしたのですが、毎回デメリットなども教えてくれたので自分の判断力も身についてきました。



すること⑥
土地を所有している不動産屋に突撃!!

わたしが選んだ土地は、ネットで見ていたので

2012年12月ごろでは 1480万円
2013年2月ごろでは 1380万円 

100万円値下がりに気づくことが出来ました。(日々チェックしていたおかげ笑)

そこで、不動産屋に突撃するときは・・・


「1300万にしてくれるなら即決します」


という80万値切りにチャレンジしました。



結果、あっさり1300万円に。(1250万にしとけばよかった。。。笑)




こういう売買は、かなり高値で最初は言ってきているので一発目は大きく値切り交渉。

そこから少しずつ上げていくのが基本のようですね。

まさか80万があんなにあっさりとは・・・





長々と書いてきましたが、以上が私の経験した土地探しの流れですね。



考えるよりも動き出すほうが大切だと思うので、今この文章を読んでくれている方、

完璧に準備してから動く!

っていうのはやめて、さっさと動きましょう!良い土地が逃げていくぞーーー!!


注意点!!

焦らないように。

「この土地は人気なので」「前にも見に来た人がいる」とか嘘ですから笑

もし本当に先に契約されたら縁がなかったとあきらめましょう。

焦って買うくらいなら何年も待つほうが賢いと思いますよ?



わたしも最初に1900万の、かなり雰囲気のいい土地を候補に挙げましたが、今思うと金足りない!!

けど不動産屋は勧めてきます。

それが仕事ですから。



色々調べていると、段々自分が帰る家の金額の限界らへんが見えてきます。

くれぐれもセールストークには気を付けてください。





では、これにて。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生は一度きり!へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどーも、わたくしです。

前回で土地を探すところまで話をさせてもらいましたが、先に決めとくことがあります。




それは




予算!





土地にいくら
建物にいくら
ローン組んで毎月いくら

といった形で考えることになります。




基本的な考え方としては、

現在の生活の質を維持したままというのが理想



わたしたちの場合は欲を出して、

かなり 無理 をしてしまいました(´Д` )

これからはずっと質素な生活ですね・・・笑





以下
私の賃貸時と現在の、家にかけているお金のこと。



賃貸のときに住宅にかけていた費用

家賃 65000
駐車場 5000(田舎の方なので安かった)
住居手当が27000

実質支払いは、70000-27000=43000



新築後の支払いは
住宅ローン 110000

住居手当 0



支払いの差額でなんと



67000円!!

正直吐きそうな出費です(´Д` )

ただ、
うちの場合は、市町村の補助金が出るので大助かり!

新婚世帯の持ち家補助金 年額 210000円ただし、三年間のみ。

毎月17000円程度の補助ということですね。




さらに、住宅ローン控除というものもある。

簡単に言うと、払った「所得税」と「住民税」が返ってくる!

最大で2000万円の1%の20万円。

わたしは毎月所得税と住民税合わせて2万程度支払っているので、20万円は返ってくるのかな?

これが10年なので、合計200万円返ってくる感じ♪



まとめると・・・
最初3年間は
67000-17000(市の補助)-17000(住宅ローン控除)=33000円

毎月33000円が賃貸のときより負担が大きい



4年目からは

毎月50000円負担が大きくなるという感じ。




正直非常に苦しいけれど、

①生命保険を多くかけて
②他人(賃貸の持ち主)にお金を払う

ということを考えると・・・



マイホームなら

①住宅ローンがある分生命保険を安くすることが出来、
②自分のものにお金を払う
③自分の家で快適な生活ができる

という考え方が出来る。



会社によっては持ち家でも住居手当が出るらしい。(非常にうらやましい)





さて、長くなりましたが予算の考え方に移りましょう。

ローンの場合は、住宅ローンシミュレーションなどを利用して

月々の支払=(現在の賃貸の支払額-住居手当)+(住宅ローン控除)+(今の生活より多く払ってもかまわない額)

となる金額が予算となりそうです。



さらに頭金がある方は頭金も含めた額が予算となる。



ここで気を付けたいのが、初めから

ぎりぎり生活出来る金額

を予算として、工務店や不動産屋と話をすると




かる~~~く

予算を超えてくるので・・・



生活できない金額



となりかねない。




つまり、土地探しや工務店との打ち合わせでは



かなり余裕のある金額

を予算として探し始めることをお勧めします。

探しているうちに、自分の条件に合う土地・建物のだいたいの金額が見えてきます。






ちなみに・・・

わたしがマイホームを考え出したときに、不動産屋に紹介された家が4000万円でした。

変動金利で、ボーナス払いまでしてやっと支払える金額です。

不動産屋はそこまで搾り取ろうとしてきます。



こういう業者と話をするときは、かなり安目に予算を伝えられるようにしときましょう。



あのとき決めていたらとおもうとぞっとします。。。。
(家は確かにすばらしかったのですが、土地もいまいちな場所で広くもなかったです)

結局我が家は、土地1300万円、建物2150万円(60万円近くは工務店から返ってきました)





全体の予算の話は終わりました。

次は土地と建物それぞれの予算の話。

長くなってきたので、それは次回にしましょう。




では、これにて。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生は一度きり!へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ