一般主婦のライフプランニング

はじめまして、T子です。
家計が厳しくなることでライフプランなどお金に関することに興味をもちました。
みなさんのお役に立てれば幸いです。コメントなんか残してもらえるとめっちゃ喜びます笑
メニューはこちら
[ライフプラン作成]の目次
[太陽光発電]の目次
[マイホーム]の目次
[税金]の目次
[格安SIM]の目次  
[楽天カード]の目次
[副業]の目次
[投資]の目次
[保険]の目次

カテゴリ: 節約一般

 はいどーも、わたくしです。

 我が家は現在色々な固定費(主にローン)で毎月が赤字になっています。

 そこで、家計の見直しをすることを決意!特に固定費を見直しました。



 今回のテーマはその中でも大幅に節約効果のあった、格安SIMについて書いていきます。


13831029150001


 さて、皆さんの携帯電話はどのキャリアですか?DOCOMO?au?SoftBank?


 これら大手三社の料金プランって見比べたことはありますか?

 そして、毎月の携帯電話の料金はいくらですか?

 スマートフォンで毎月5000円以内、しかも携帯電話の本体代金込みだったらどうです?



 これからお話するのはそんなお話。



 我が家のスマートフォン料金は、夫婦で約18000円。

 見直し当時の通信料はパソコンのインターネットも合わせると26000円でした。

 夫の給料の手取りが毎月約260000円。


 なんと10%が通信費!!
maz


 これはなんとかして5%くらいにはしたい!!

 調べましたよ色々。

 そして出会いました!言葉は聞いたことあったけど、頭が拒絶していた格安SIM!!







 今回は言葉のお勉強だけでもしておきましょう。

SIMカード: Subscriber Identity Module Cardの略。簡単に言うと、その携帯電話がどの会社で通信するかを決めるカード。大手の三社では携帯電話を受け取るときには基本的に入っていて、利用者は意識したことがありません。カードが刺さっていないとwifi無しでは通信はできません。電話番号もこのカードに登録されています。

MVNO:仮想移動体通信事業者
格安SIMカードを使うときに契約する業者です。OCNとか楽天モバイルとか色々あります。
わたしたちはこの事業者にお金を払って、通信をすることになります。ちなみに、この業者はDOCOMOやauの通信網を借りています。

MNP:モバイルナンバーポータビリティ
SoftBankで使っていた電話番号を引き続き使いたい!というときにMNP予約番号というものをゲットし、OCNなどに申し込むときに入力すると、同じ電話番号で携帯電話を使えます。



つまり何なの!?


つまり、一つの携帯電話でも、SIMカードを替えることで色んな電話番号、色んな業者の通信を使えるようになる。

ゲームボーイとカセットの関係ですね。
ゲームボーイが携帯電話。
カセットがSIMカード。


今回はここまで覚えておきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどーも、わたくしです。

さて、引き続きSIM!!

新しいことをするには全体像を理解しないと思いきって動けません!!勉強あるのみ!



前回でSIMカードってものについてぼんやりと知って貰えたと思います。

今回はSIMロックという言葉を知りましょう。


SIMロックとは、スマートフォン本体がロックされている状態のことです。

何をロック、鍵をかけているのかというと、他の会社のカードで使えないようにロックをかけているのです。

つまり、DOCOMOでロックされているスマートフォンにSoftBankのSIMカードを刺しても使えないということ。

そのスマートフォン本体はDOCOMO専用の本体になっているということです。



変だと思いませんか?

フレッツでしかインターネットできないパソコンなんてないでしょ?

マリオのゲームしかできないゲームボーイなんて飽きるでしょ?

それがなぜか今まではほぼ大手三社でしかスマートフォンが使えない状態だったのに、皆さんは大人しくその三社の中で選んでいたのです。

そして、当然高い金額をしはらっていたのです。



ではSIMロックがあると何が困るのか。




高い金を出してスマートフォンを買ったのにキャリアを変えることができない!!


自分のお金で買ったのに自由に使えないのです。

つまり、SIMロックとは消費者(わたしたち)を縛り付けるためのものなのです!!




ロックっていう言葉が使われるんだからロックされていないスマートフォンもあるのでは??

そう!

あるんです!!

自由にSIMカードを代えて使えるスマートフォンのことを「SIMフリースマホ」と言います。



少しずつじっくり書いていきたいので・・・今回はこれまで!笑

次回はそのSIMフリースマホについて書いていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどーも、わたくしです。

前回までである程度SIM関連のことは理解していただけたのではないかと思います。

ではそろそろ実践的な話。



SIMフリーのスマホはどうやって手に入れるのか!?

それは簡単。

ネットの通販!!




楽天とかアマゾンとか価格.comとか。

好きなとこで探して買うのです!



でも、中々お高いのです笑

そもそもこんな高性能な機械が安いわけもなく。

実際皆さんは今までは分割のローンとして返済してきていたんです。

料金の一部になってるせいで、意外とスマホの価値がわからなくなっている人は多いと思います。



でも考えて下さい。

ノートパソコンを落として平気でいられますか?

スマホも同じようなものですよ?

もっと大切にするには通販で、パソコンのように、家電のように、その高さを実感してみたら良いんです。



失礼!話がそれました。

ではどんなスマホがあるのか。

実は色んなものがあります。

iPhoneもあるし、Xperiaもあるし、ASUSやHuaweiもある。

好きなものが選べて嬉しい!!!




おっと!!

ここで注意があるのです。

実は格安SIMの事業者によって、SIMカードが対応していないスマホもあります

詳しくは事業者のホームページで対応機種をチェックしましょう。

ここでしっかり確認しておかないと、高いスマホが無駄になるかもしれません。







まとめ
SIMフリーのスマホはネットで買えます。
ただし、買う前に自分が契約する事業者のホームページで対応機種に含まれているか確認してから買いましょう。

では、今回はこれにて。



このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどーも、わたくしです。

あんまり前置きが長すぎて、数少ない読んでくれている皆さんも結局どうなん!?とモヤモヤするのではないかと。

ということで、今回は我が家の夫婦が

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えた結果の経済効果を書いていきます。







元々の支払い
キャリア:ソフトバンク
夫:SHARPのSH302 Android
私:AppleのiPhone5
プランは二人ともホワイトプラン、パケ放題のフラット
機種端末代金は分割支払い中
2年経過していないので違約金が発生する。

移動後の支払い
キャリア:DMMmobile



夫:HuaweiのAscend mate7 48200円
私:HuaweiのAscend p7 29000円
プラン:毎月の高速通信の制限が3GBまで。音声通話つきSIMカード
(ここで失敗。8GB制限にして二人でシェアするようにしとけばよかった。)
機種端末代金は一括で支払い



とりあえず情報はこんな感じかな?

そして、料金はどうなったか。

18000円






4000円

になりました!!(二人でですよ!)

これは安い!

ただし注意です。


ソフトバンクのときの支払いには機種代金が含まれているのに、移動後は含まれていません。

だから本当の意味での通信費の効果は、

13000円(ソフトバンク時の支払料金から機種代を引いた)が4000円ってとこですかね?

元々の目標が

通信費を我が家の収入の5%に!

だったので、260000の5%は13000円

そして、携帯電話が4000円、パソコンのネットが6100円なので、合わせて10000強。



通信費のスリム化成功!!

ということで格安SIMへの変更はオススメしたいと思います。

ただし、使い方によっては移動しないほうがいい人もいるのです。

主に通話が多い人。

通話料は大手三社のほうが安いし、無料通話とかもあるので通話が多い人が格安SIMにすると安くなくなります。

050のIP電話や楽天電話、ラインなどで賄える人はやはり格安SIMのほうがいいでしょうね。



以上が我が家の経済効果でした。

では、これにて。



このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどーも、わたくしです。

世の中には高いものには高い理由がある!

安かろう悪かろう。

という価値観があります。

わたしも基本的にはその考えには賛同しています。

だからこそ格安SIMに乗り換えるのが不安でした。




通信速度は?

通信エリアは?



ここでひとつ通信網について確認。

MVNO(格安SIMの事業者)は、DOCOMOやauの通信網を借りています。

だからなんだというと、基本的にはDOCOMOやauと同じ通信ができるのです



とはいってもやはり不安。

なぜなら
安くて
通信も安定していて
乗り換えがしやすくて
通話もできて

悪いところがない!

ならなんで周りのみんなはまだ大手三社を使ってるんだ?

良いものならみんな飛びついているのでは?



まさに今、飛びついているところなんです!

OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 4GB/月コース


わたしも飛びついたばかりです。

不安でしたが、考え方を変えました。

仮に通信がわるくて使いにくくなっても、ほぼスマホを使わなくなるから読者とか資格の勉強とかに時間を使えば良いじゃないか、と。



そして、勇気を持ってソフトバンクから脱出しました。

二人で毎月10000円も浮くのなら!



結果、使ってみた感想を言うと・・・

全く問題ない!

3GB制限を気にしないといけないだけで、通信速度・通信エリアは全く問題なしです!



ということで今回はこれまで。

次回は色々な格安SIMの事業者を紹介できれば、と思います。

月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ