「NO BIKE NO LIFE~僕のアジア自転車旅行記~」をごらん頂き,ありがとうございました.


帰国から早1ヶ月半が発ち,毎日の生活がほとんど元通りになりつつあります.無事祖母の法事も終わり,4月からは大学院に復学して,現在は新しい研究室で院生として研究に励んでいます.

~今この瞬間,自分のやりたいことを,一生懸命に~

というモットーを掲げ,半年間を走りきりました.一生懸命にできたのかどうかはわかりませんが,当初の目標だった

 タイまでは完走する.
 旅のブログをちゃんとつける.

というのはクリアできたのでよかったです.

今回の旅の実現にあたり,家族,先生,多くの友だち達に支援をしてもらい,また,迷惑をかけました.旅先でも多くの方々に親切にしていただきました.こうして無事日本に帰国できたのも,そういった方々のおかげだと思います.本当にありがとうございました!!




最後に旅を総括したまとめを書いて,終わりにしたいと思います.
(今後も旅の指さし旅行術はチョコチョコ更新していくつもりです)

楽しかったこと
①人との出会い
1204s広州自転車旅行記
ありきたりですが,やっぱこれが一番大きいです.旅の宿で会った日本人のご老人に,人生観をたずねたり,仲良くなった現地のチャリダー達と一緒に旅をしたり,留学時代チューターをしてくれた友だちと再会したり,中国語を勉強しているイギリス人と一緒にサイクリングをしたりと,宿の人たちと一緒にご飯を食べたりetc
そして,どの国でも子供たちの明るい笑顔がとても印象的でした.

②美味い食い物
DSC04220
中国,東南アジアは基本どこも安くて美味いです.特に中国とタイは種類が豊富が飽きなかった.地域によって料理のバリエーションが多少変わってくるのも面白かったですね.おかげで一度も日本食を恋しいとは思いませんでしたw

③世界遺産
IMGP4436
中国の福建土楼でお泊りしたり,ベトナムのハロン湾でカヤックやったり,カンボジアのアンコールワットで朝もやの中を歩いたり,タイのアユタヤ遺跡をのんびりサイクリングをしたり・・・どいつもこいつも楽しかった.なかでもアンコールワットは自分の中でのベストプレイスでした.是非また訪れたい場所です.


辛かったこと
①一人旅の寂しさ
IMGP9641
旅の初めはまだ良かったんですが,中盤になってくると,結構これが辛かった.
おいしいものを食べても,凄い景色をみても,きつい坂を上っていても,土砂降りに降られても,それを共感してくれる人がいないというのは非常に寂しいと感じました.でもその分,現地の人の優しさとか,ユースホステルのドミトリーでの出会いなんかが凄くありがたいんですけどね.

②日本とのギャップ(不便さ)
DSC02122中国自転車旅行記
24時間お湯がでる,停電するなんて非常時意外ありえない,ネットが高速に使えて当たり前,etc...そう思っていた時期がありました.クレジットカードが使えなくなってあわや旅が終了するかもしれなくなるところでした.海外は不便で大変でした.逆に言えば,日本では「当たり前」だと思っていたことが,実は他国では凄く便利なことなんだなということに気づくことは多々ありました.

③マンネリ感
DSC02085中国自転車旅行記
(一人旅だと特にそうですが)ずっと自転車で走っていると飽きます.どんなにチャリ旅が好きでも1ヶ月間毎日普通の道を走ればたいていの人は飽きます.気分転換に電子書籍を読んだり(日本人宿なら文庫本はいっぱいある),映画を見るために,記録メディアにデータを保存して持って行くことをおススメします.(ネットでダウンロードしたり,オンラインで視聴するは回線が不安定なのでおススメしません.)また,ちょっと自転車を宿においてぶらりと旅に出たり,いっそ電車やバスを利用するというスタイルも,きっと楽しいのではないのかなーと思います.


以上.