NO BIKE NO LIFE~僕のアジア自転車旅行記~

2011年秋から自転車でアジアを旅する千葉大学院生のブログです.

旅の指さし旅行術

初めての方はカテゴリ別アーカイブの「はじめに」をご一読下さい.

中国~ベトナムの自転車での国境の渡り方

この記事は2012年1月時点での情報です.国境情報は流動的なので常に新しい情報を手に入れるようにしてください.


中国からベトナムに抜けるルートはこちらのサイトによれば3通りあるらしいが,その中で僕が使ったルートは南寧の西にある友諠関を通るルート.


DSC02082中国自転車旅行記
南寧~友諠門までの道は,道路工事をしてる(路面が悪い)場所が多く,やや山がちなので南寧からチャリで2泊3日くらいはかかると見積もっておいたほうが良いと思う.

DSC02162
国境に近い街ピンシャン.この街に来るまでは国道沿いには小規模な町しかない.(宿泊施設,飯屋はそれぞれの町にあるので問題はないけど)

ピンシャンから友諠関まではチャリで3時間くらいだったかな.


DSC02194中国自転車旅行記
友諠関の前,ここに両替商がいた.この門が国境かと思ったけど,まだこの先に広場があって,そこの両替商のほうがレートが良かった.

当日の両替レートは100元が335,000ドン
友諠灌の前だと交渉して粘ったけど,100元あたり315,000ドンにしか,ならず,
友諠関の後の両替商はあっさりと100元あたり330,000ドンに変えてくれた.

DSC02199中国自転車旅行記
これは中国側のイミグレーションセンター.この中で出国手続きをする.
入国の時に切り離した出国カードとパスポートだけ出せばOK.
手荷物チェックや,X線検査などは全くなかった.
ナイフとかガソリンとか持ってたけど,申告用紙みたいなのも全然なく,手続きは2,3分で終了.
手続きの後は何度かパスポートをチェックするおまわりさんの前を通っていつの間にやらベトナムに入っていた.

DSC02202中国自転車旅行記
ベトナム側のイミグレーションセンターからとった写真.

ベトナム側でも簡単にパスポートをチェックされ,スタンプを押されて終了.こちらも手荷物検査,申告用紙,賄賂などは一切なし.また中国入国時に渡されたような出入国カードなどはなかった.

(僕はビザをもっていたので問題なかったが,ノービザだと状況は変わるかも知れない.)

情報を得たい人がこのブログにたどり着きやすくなるよう一日一回クリック
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村





中国(広州,南寧)でのベトナムビザの取得方法

2012年の1月時点での情報です,
ベトナムは
①15日以内の滞在かつ
②6ヶ月以上のビザ残存期限かつ
③第三国への航空チケットを所有している
上記の条件を満たす旅行者であればノービザでの入国が可能.
僕は陸路での旅行なので,③で引っかかる.

ネット上の噂やラオス~ベトナムの国境をノービザで乗り切ったサイクリニストのブログ記事によれば③はなくても何とかなるらしいが,もともと15日以上滞在する予定だったので,中国国内で1ヶ月のシングルベトナムビザを取得することにした.

申請方法はⅠ広州にあるベトナム大使館もしくは,Ⅱ代理でビザを取得してくれる旅行代理店等に行く方法の2つを紹介.

Ⅰ中国の広州でビザを取得する方法

場所:広州華厦大酒店(広州ランドマークホテル)2階
DSC01059

にあるベトナム領事館
DSC01061

営業日:平日の午前8:30~12:00と午後14:00~17:00
DSC01062

取得にかかった日数:3営業日
取得にかかった費用:380元
DSC01067

使用言語:英語or中国語
DSC01063

必要なもの:パスポートと窓口においてある必要書類
(顔写真も必要らしいのだが,窓口で「写真が無いのでどこかで撮らせてもらえないか?」と聞いたら「無いならいい」といわれた.)

備考1:パスポートは大使館に預けるので,申請の前に長期滞在できるホテルを取っておく必要あり.僕は領事館から地下鉄と徒歩で20分くらいの場所にある広州のリバーサイドユースホステルを利用した.
備考2:
ベトナム入国予定日を記入する欄があるので,いつ入国するかの予定をたてておく必要アリ.予定日よりも前だとたぶん入国させてもらえないのだろうと思う.入国予定日を過ぎての入国は問題ない(そのぶん,ベトナムでの滞在可能日数が減るけど)


Ⅱ代理でビザを取得してくれる旅行代理店等に行く方法

僕は利用しなかったが,ベトナムの近くにある南寧(なんねい)という都市のLotusland Hostel Train Stationでビザ費用のみ(手数料無料)で代理申請してくれるサービスがあった.ホステルの人は英語が使えるので安心.火車(汽車)の駅のすぐ近くにあるホステル.

情報を求める人がこの記事にたどりやすくなるよう,一日一回クリック御願いします.
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村





旅の指さし旅行術一覧

旅中に気づいたこと,体験したことなどのまとめ一覧.

=中国編=
中国のネット事情について
中国の交通事情,地図
中国の宿の探し方.
中国の食べ物,料理①[朝食,点心系]
中国の食べ物,料理②[麺類,炒飯]
中国の食べ物,料理③[メニューのない店での頼み方]
中国の食べ物,料理④[お菓子,ジャンクフード]

中国の食べ物,料理④[お菓子,ジャンクフード]

中国で買ったお菓子やジュースなど.観光地をはじめ,中国のほとんどの場所で日本でも売っているようなお菓子やジュースが買えるので,ジャンキーでも中国旅行はできると思う.

1009o
コカコーラ
価格:500mlペットボトルが3元(36円)
スーパーや小さな商店など,どこでもたいてい売っている.
大都市(上海,深セン)なら駅中の自動販売機でも購入可能.


1105r中国自転車旅行記
ペプシコーラ
価格:缶入り350mlが2.5元(30円)
観光地以外の地域ではペプシコーラしか置いてない店もあった.
中国人はペプシ派が多いのだろうか?


1013h
ポカリスウェット
価格:4.5元(54円)
スーパーなどの大きな店でたまに売っている.値段が他のペットボトルよりやや高め.


1018r
ミニッツメイド
価格:3元(36円)
ミニッツメイドなのに果汁が100%じゃないという罠.
一回だけ買った.


1108n
オレオ
価格:7元(84円)
中国(海外?)にはバニラクリームのほかにチョコレートクリームやピーナッツクリームなど種類がある.(日本でも売り出せばいいのに...)ちなみにオレオに似たパッケージの「オミオ」というビスケット菓子が存在するが味は酷い.


1119l中国自転車旅行記
シーフードカップヌードル
価格:たしか6元くらい(72円)
中国で食べたカップ麺の中で唯一まともだったのが日清のシーフードヌードル.
中国ではご当地のカップラーメンはもとより,日清のUFOですら,まずかった.
値段も中国の物価を考えると割高.これ買うくらいなら店で炒飯食ったほうがぜんぜんいいと思う.


1114u中国自転車旅行記
ビックマックセット
価格:25元(300円)
日本とほとんど同じ味かな.微妙に味付けが違うような気もする.
日本円換算すると安いけど,普通の料理の2倍の値段なのであまり手を出せなかった.マック,ケンタは大きな町でよく見かけた.ケンタのほうが多く見かけた気がするが,結局中国では一回も行かなかった.



クリックひとつで救える宮下がいます.

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

中国の食べ物,料理③[メニューのない店での頼み方]

頼み方を知っていいればレストランよりも低価格で庶民的な料理を食べられるお店を紹介.中国を旅する貧乏旅行者に向けての情報.

国道沿いの食堂

DSC00723
[場所]
国道沿いにある飯屋.ツァンティン(餐厅can ting)ファンディエン(饭店fan dian)パイダン(排挡pai dang)などと書かれた看板が目印.トラック乗りやバイク乗りたちが良くご飯を食べてる.自転車で旅していると,お昼に街につけないこともしばしばなので,僕は昼食によく利用していた.

[料理例]
1217c中国自転車旅行記
DSC02045中国自転車旅行記
DSC02139中国自転車旅行記
[頼み方]
メニューが置いてない場合が多いが,「クァイツァン(快餐kuai can)OK?」等と頼めば,どの店でも,10元~15元(120~180円)程度で肉野菜炒めとご飯を出してくれた.

[味]
日本の中華料理屋の野菜炒め顔負け.店によって具の中身が異なるので,飽きもこない.唐辛子が苦手な人はブーヤオラージャオ(不要辣椒bu yao la jiao)と言えば大丈夫.
ご飯は基本お代わり自由なのでお財布にもやさしいと思う.



大衆食堂
1029d
[場所]
街中の路地などでよく見かける,地元の人向けの食堂.観光客向けの綺麗なレストランと比べると,清潔感がない店が多いので最初は抵抗があったが,しだいに慣れた.適応能力万歳.

[料理例]
1029e1030q1113zb中国自転車旅行記
[頼み方]
店の前で温められている出来合いの料理を適当に3つ4つ指さすと,それらを皿に盛ってくれるので,それをもって適当なテーブルに座りたべる.ご飯は後から持ってきてくれるor勝手に自分でよそる.値段は書いてないけど,たいてい7~10元(84円~120円)程度で食べられる.

[味]
自分で好きな料理を指させるので,飽きはしない.ただ,味は美味しいところもあれば,口に合わないところもある.もちろんおかわりは自由.


できましたら,一日一回クリックお願いします.


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

宮下拓馬

タグクラウド
  • ライブドアブログ