届いた〜2本日の写真その一

2006年09月16日

近畿2府3県大回りの旅5

fca4a427.JPG映画の電車男ってまあまあやなと思うなにわライナーです。やっぱドラマ版のほうが面白いと思います。

さて今日から三連休と言う事で家でだらだらするのもなんなので久々の大回りをしてきました。大回りとはJRには東京・大阪・福岡・新潟に設定されている大都市近郊区間と言うのがありましてこの区間のみを乗車券で利用する場合どの経路を通っても最短の距離の運賃で計算してくれる制度の事です。つまりどんなに近郊区間内を遠く周っても安く電車に乗れると言う事です。これを利用したのが大回り乗車です。しかしこの大回りにもちゃんとしたルールがあります。それは同じ駅、同じ区間を二度通らない事、途中下車しない事の二つです。このルールを守って今回は熊取〜天王寺〜加茂〜柘植〜草津〜米原〜近江塩津〜京都〜大阪というルートで行ってきました。

 熊取は地元の駅でここから始まります。まず最初の列車ははんわライナー6号天王寺行です。なぜはんわライナーを選んだかと言うと通常ライナーは臨時用の国鉄色381系(写真はフレバに掲載)が使用されます。しかし土曜日のライナー6号は通常のくろしお編成が使用されます。つまりグリーン車が連結されているのです。(国鉄色はグリーン車はなし)初めてのグリーン車に乗るべくこの列車を選びました。列車が入線し乗り込んでシートへ座ってみると・・・全然違いました。シートも大きくテーブルは三つもありました。リクライニングもかなりしたので最高でした。これなら3時間くらい乗ってもいけると思いました。30分くらいで天王寺に到着しグリーン車とはお別れです。天王寺で昼食を買い次の列車へ。次の列車は大和路快速加茂行です。まあ大和路線は何度も乗っているので車内で宿題をしてました。続いて加茂からは普通亀山行です。このたび唯一のディーゼルカーです。そんなに混んでないやろうと思っていましたが車内に入ると、席はほとんど埋まりたっている人もいました。この列車の中ではほとんど景色を楽しんでました。柘植で草津線の普通草津行に乗り換え草津から新快速の長浜行に乗り換えました。車内では宿題したり、時刻表を眺めたり、寝たりなどなど・・・長浜で北陸線の普通近江塩津行に乗り換えますがここで写真の419系に乗れました。419系は元は夜行特急車両だった583系を改造した車両で敦賀直流電化には米原には来ないとされている車両です。なおこの車両のあだ名は食パン(車体が白く平べったいから)と呼ばれます。この車内で昼食をいただき景色を楽しんでいるとどの駅も直流電化関係の工事をしてました。塩津で少し待って湖西線の普通近江今津行に乗車これも419系でした。今津からは新快速の網干行で一気に大阪へ。湖西線は東海道線よりも琵琶湖に沿って走るので車窓からよく琵琶湖が見えました。ですが新快速はめっちゃ早いのでゆっくりと見たいなら各停のほうがお勧めです。大阪に着いてから少しぶらぶらして帰りました。

久々に琵琶湖が見れたので少しは目の保養になったかなと思います。明日はスルット関西のバス祭に行ってからクラブに行こうと思います。後いくつか写真を貼るのでご覧ください。

taku205 at 23:40│Comments(0)TrackBack(0) プライベート(鉄道) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
届いた〜2本日の写真その一