限定王の計算された素晴らしい逸品   不如帰@幡ヶ谷  12.26年末に喰ったの一気にうp ①   じらい屋@武蔵小山  12.29

2010年12月30日

この喰いモノ、凶暴につき 蓮爾さんこま店@三軒茶屋

F1000188


恐らくコレは人類史上最も凶暴な喰いモノの一つだろう。

二郎なら気軽に行けるが「蓮爾」はそうはいかない。

自分を高揚させ、ある程度の覚悟をもって挑まねばならないって感じかね。

P1000297


そのルーツは町田二郎。

食べた事は無いが過激な二郎だったと聞く。

それが町田「蓮爾」となり閉店の後に登戸で再開って流れでおkなのかな?

通い始めたのは登戸の開店からだが今の「さんこま店」は段違いに凶暴になっている。

てか、登戸も変わっているのかな?

麺は日によって違うが一番よく遭遇するのは12×3㎜位の平打ちだ。

啜る事はまず不可能。

箸で持ち上げて食いちぎり良く噛まないと飲み込めない。

割り箸が今にも折れそうになる位だ。

そして、この麺が「目黒二郎」並みに旨い。

独特な甘さを湛えたスープが蓮爾テイスト。

思わず完飲したくなるが370gの麺で満腹が安全弁。

豚もスライスではなく塊が2個入ってくる。

これがまた素晴らしい。

150円で豚増しにするとブロックが半分入ってくるってのは素敵過ぎ。

「蓮爾」もまたラーメンでは無く「蓮爾と言う喰い物」だな。

taku3473 at 14:08│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
限定王の計算された素晴らしい逸品   不如帰@幡ヶ谷  12.26年末に喰ったの一気にうp ①   じらい屋@武蔵小山  12.29