日経225先物とかFXとか株に奮闘中byタク爺

日経225先物ミニ・株式投資 それに最近はFXも はじめた。定年後で時間はたっぷりあるものの いささか夜更かしが過ぎるようだ。自戒;;; それにしても酒って何でこんなに美味しいの

ポンドは底打ち、英経済安定化など背景に上昇継続へ(ロイターの記事より)

gbp20090515最近のロイター調査では、主要10通貨の中でポンドが最も過小評価されているとの見方が明らかになった。

 UBSの試算よると、第1・四半期末時点のポンドの実質実効為替レート(REER)は、長期トレンドと比較し23.7%と、主要12通貨の中で最も過小評価されていた。過小評価されている通貨は韓国ウォン(16.3%)、円(14.8%)と続く。また、HSBCの為替戦略部門は、ポンドのREERは約20%過小評価されていると指摘する。

 <他のポンド押し上げ要因>

 今四半期に入ってからのポンドの対ドル上昇率は
続きを読む

225先物夕場スタート

ダウ先物が上がりだしたので連れて
225先物の有場も大幅ギャップアップのスタート

ダウも強そうなので
ミニ1枚持ち越し

17:10現在
ダウ先物
は8592ドル
225先物 8550円

これから飲み会でーす

日経平均が今年最大の下げ幅、下落率は歴代2位 ;;;

[東京 16日 ロイター] 東京株式市場では日経平均 .N225 が終値で1089円02銭安の8458円45銭となり、今年最大の下げ幅を記録した。下落率は11.41%で1987年10月20日のブラックマンデーで記録した14.9%安に次ぐ、歴代2位の下落率だった。  また、1949年5月の東証再開後、日本経済新聞社が遡及している日経平均のデータ上、歴代の下落率5位までに今年10月以降の下落が3回を占めることになった。  金融危機がリセッションにつながるとの懸念から米国株が大幅安となったことを受けて、16日の東京市場は全面安。日経平均採用225銘柄のうち、上昇したのは花王 4452.T 、ブリヂストン 5108.T の2銘柄だけだった。

以上ロイターの記事でした
-----------------------------------------
日経225先物はさらにすごいことに
3:10後場引けで8250円 −1240円(・◇・)ゞ

8550円でミニ1枚夕場へ持ち越し
8000円割れはあるのか??
9000円までのリバウンドのほうが
遠い気がしてきた

ドル/円も何とか100円台を保ってるし
ダウ先物は多少持ち直してるので
夕場の反発に期待


ダウ先物

ダウ先物大幅続伸中

昨日のニューヨークは9387.61 936ドル高で引けたが
ダウ先物は10時45分現在9691ドルと大幅続伸
ダウ先物チャート
日経平均先物も一時9500円に届いたが
このまますんなりと10000円を超えるとは
思えない
225ミニを2枚持ってるが持ち越しはアブナそう

やっぱりロスカットは大事だ

昨日の為替大暴落で強制ロスカットに引っかかった
個人投資家はかなりいるだろう。

またスワップ狙いでポジション断固保有の投資家は
寝るに寝れない一夜を過ごす羽目になったはずだ。

以下は自分へのメッセージである

1:スワップを取るならレバレッジは2〜3倍で
2:スワップ狙いでもロスカットは入れるべし
3:短期狙いは逆指値を必ずいれるべし。
4:トレンドには素直に従う
 

それにしても相場とはつくづく難しいと思う

南アランド上昇トレンドか?????

・・と8月は思ったがあれから約1ヶ月半ランドは12.2円あたりを
うろついている。ランドだけでなく豪ドル、ニュージーランドなどの
高金利通貨は軒並み暴落気味

はてさてどこまで下がるのか・・
かなりの含み損だがレバレッジ2〜3でやってるので
ロスカットの心配はないのだがいささか憂鬱な気分だ

それにこのところの不安定な為替相場のため
短期金利の変動が以上でスワップ金利も
極端に下がったり通貨によっては買いポジでマイナスの場合が
出たりと、泣きっ面に蜂とはこのこと。

ランドはここまで下がると買い増しをしてもいいかなと
考えてもいる。もちろん1万単位で
のんびりスワップを取りに行く作戦でいくしかない

ヘッジでドル、香港ドルを売ってるがランドのほうが
ボラが大きいのでランドのマイナスを埋めきれない

飲み代はUSDのデイトレで何とか稼いでいる

南アランドが再び上昇トレンドか?

3cfc70c2.bmp13.8−14.0あたりが強力なサポートライン
MACDはまだ上向いていないがゴールデンクロスは
時間の問題 スワップ狙いなのであまり急伸、急落は
勘弁してもらいたい^^;13.9-14.3あたりをうろついてくれてるのが
一番うれしいのだ
infocart
Archives
戦う投資家ご用達