March 31, 2006

3年と、1年と、半年。

年金の学生特例の申請をしに区役所へいってきた。区役所ってこんなにこむのってくらい人がいっぱい。そういや年度末ですね。明日から「4回生」なわけです。

はやいものでもう京都にきてから丸々3年が経過したということになりますね。

そしてブログ開設1周年もすぐそこ。あれから半年もすぐそこ。もうクズなんて誰にも言わせません。

時の流れは誰にも平等。忙しく過ごそうが、ぼけーっとすごそうが。
3年かけて、充電は完了しました。
後は突っ走るのみ。日々是決戦。


March 26, 2006

TOEIC受けてきた。

ある人にしばらく会っていないような気がした。

たいして遠いところにいるわけじゃない。

10日くらい前に会ったはず。

なのになんだか全然あってないような気がする。恋ですかね?

いやいやいや、そっちの気はないはずです。

ま、いいや。今度会おうっと。


March 25, 2006

感傷。

夜型生活とさよならしようと決心して3日、就寝時間は2時、2時、5時です。
どうしたらいいのやら。

最近あまり郵便が届かなくなりました。いらないDMばっかだったけど、こなきゃこないで寂しいのね。

この間、母校の先輩の闘病生活をつづった小説がドラマ化されていました。
話自体に感動するとかそういうレベルじゃなくて、端々に出てくる母校の映像のせいで感傷的になった。

昨日はうちの大学の卒業式。ゼミの先輩にわたすものがあったのでいっただけでしたが、1年後、自分はどんな方向に向かって歩いているのだろう、とかちょっと感傷的になったわけで。あと1年の京都生活(あくまで予定)、満喫しないとねえ。

卒業式の光景をみていたら、ガガガの「卒業」が頭の中で流れたわけです。
失恋したとかそんなわけではないですが。ちょーど1年半前くらい(だったかな?)によく聞いてたなあ、なんて思い出したりして。

まあなんでもいいや、最近私はちょっと変わったらしいです。
自覚はありません。


March 12, 2006

ご無沙汰してます。

久しく書いてなかったのは、ものすごくへこんでいたから。とかではなくて、まあなんとなくです。

いま、僕と同世代のひとたちは「属性」を得るために日々足掻いている。
就活してる人、資格試験を目指す人、道はさまざまだろう。

いま、属性ってほんまに大事やと思う。
「〜株式会社」だとか、「〜省」、「〜弁護士事務所」、「〜病院」
というカンバンをしょってなけりゃできないことってたくさんある。
むしろ背負ってるからこそできないこともあるのかもしれないが、それが「社会」にでるってことだとおもう。
そんな仕事を「自分の力のみ」でやったと思うような人間とか、仕事の話しか出来ない人間にはなりたくないなと思った。

将来、どこかで属性を失うときはくるわけです(一生物の資格もあるけど)。そんなときに「なにも話せない人」にはなりたくないな。
40年以上汗水たらして働いて、何にも残らない、そんな人生悲しすぎる。

多くの経験を積むこと(人との出会いや、目標の達成)を通じて、何かを得て、それを自分の家族だったり、友人だったり、おっきいこといえば世界全体に対して還元していけるような人間でありたい。

まずは、属性を失っても「いろんな人といろんな話のできる人間」になることを目指していこうと思う、ちょっと春めいたせいで発症した花粉症に悩む、そんな今日この頃です。


February 27, 2006

自信のみな、もと!

どっからくるんでしょう。この自信。何に対しても。

大概根拠のない自信なんですけどね。

基本なんとかなると思ってる。

いままでかかわってきた人の影響も大きいのかもしれない。

今かかわっている人の影響は間違いなく大きいけど。

周りにいる人たちとの関係が最悪だったら、さすがにこれほどまでの自信はもてないかもしれない。

もしかしたら、さほど影響はないのかもしれない。

けど、あのときあいつが、あの人が、こう言ってくれたから今の自分がある。

と思うことはたまにある。いい意味でも悪い意味でも。

ふと思い返してみたらそんな言葉たちが自分の頭の中を泳いでいた。

その言葉たちが直接に自信を導き出すわけじゃないし、確実に元気にしてくれるわけでもない。

自分の身に降りかかった、すでに乗り越えた困難は簡単に忘れるけど、その過程で親しい人から投げかけられた言葉は忘れない。人の誕生日も忘れない。ちゃりでの2人乗りが危険なことも忘れない。飲みすぎて救急車に乗ったことも忘れない。more and more…

結論。

自分は恵まれてるんやなあとしみじみ思った。自信と関係あるのか??問題すりかわってます。

 

まあ、実際のところ、ゼミ論文という現実から逃避しているだけなのですがね。
あさってからちょちょいっと東京帰るため、それまでにしあげなくてはなりません。精神と時の部屋に入りたい。

 


February 26, 2006

やつがやってきた

20日から22日まで、ゼミ旅行ということで伊勢志摩にいってきた。メインは鳥羽。

伊勢神宮でお参り前に2杯も日本酒をのんでしまったり。

ジュゴンの絵本にもなってしまうストーリーにほんわかした気分にさせられたり。

ホテルの部屋が以上に広かったり。

満足でした。けどね、ひとつだけやっかいなことが…

2日目あたりから鼻が詰まりだしたのですよ。

 

 

でね、一昨日あたりからくしゃみと目の痒みが…

ついにやつがやってきたようです。そう、KAFUN−SHO。

あー目、かゆ。


February 24, 2006

びっくり人間。

昨日、2時間睡眠で眠たい目をこすりながら、大阪まで行ってきた。

あまりに眠くて、なんとか興味をもつために周りの人間を観察してみた。

横に座ってるあんちゃんが、メモをとっていたのだが、その一角に変な文章を発見。

明らかに眠りながら書いたと思われるグダグダの文字のとこにやじるしがひっぱってあって、「眠ってしまった(>_<)かくかくしてしまった。最前列で…」とのメモ。

おいおい…自分しか見ないノートやろ!!とか、顔文字かいっ!!とかうつらうつらとかじゃなくてかくかくかいっ、何する気やねん!!とかつぎつぎつっこみが浮かんできて、眠気が吹っ飛びましたとさ。

完全にご就寝なされたぽかったので、さらに観察させていただきました☆
さほどおもろいもんはみつからんかったけども。