2006年12月09日

クピドの悪戯・虹玉 第9話目 

3763feb6.JPGさて、今回はむっちゃんが工場を受け継ぐお話です。
実はドラマの撮影開始前、製作サイド様から「むっちゃんの職業を工場じゃない別の仕事にしてもいいか?」との話をいただきました。
ロケに工場を借りようにも普段は忙しくお仕事をしている場所ですから、なかなか見つけられないと。
「工場の作業員じゃないむっちゃん〜〜〜?」と、思わないではないでしょうが、筆者は「それはそれでいいかな」とも思っていました。
別に投げやりでそう思ったわけじゃなく(笑)

原作漫画でむっちゃんの仕事は「親から受け継がれる物」でなければならないと最初から決めていました。
生まれた時から身近にある職業。身近ゆえにその価値を見誤っている事。
逆に言えばその条件でさえあればなんでも良かったんです。
彼が自分の意志で父の職業を選択し、受け継ぐことを覚悟・実行するまでを恋愛をからめて描きたかったんです。
実際にラーメン屋など色々候補はあったのですが、古い工場にしました。
理由は取材対象が親族にいたため、描写にリアリティが出るかもと考えたから、です。

ドラマでも制作サイド様、貸していただいた工場主様のおかげで原作通りの展開に収まりました。
「こんな工場…」とか作中で言うわりにはキレイなカッコいい工場ですが。

ここでドラマ裏話。
むっちゃんの「睦月金属」にお借りしている工場ですが、あの工場の二階に事務所がありまして。
実はそこがいつも怜子ちゃんが座ってお仕事している「大倉鉄鋼」の事務所なんですねえ。
睦月金属の入り口付近の天井は高いのに、奥の方に行くと天井が低いのはそこが事務所だからなんです。
つまり怜子ちゃんの事務所の窓から、むっちゃんが働いているとこが見えるという(笑)
怜子ちゃん@秋山さんや、むっちゃん@高橋さんは事務所で着替え・メイクをすませて撮影に挑むのです。

いよいよドラマもクライマックスに突入してまいりました。
麻美の不倫相手の永沢さん。原作ではホテルで麻美にふられ即降板だったのですが、名出し・顔出し・家庭の事情出しのドラマ版ではまだまだ夫婦そろって登場、ストーリーに大きく関わってきます。
次回、原作を読んでる方は知っている(笑)怜子ちゃんのプロポーズのお返事は?
ドラマオリジナルの展開ですが、麻美は何と永沢さんに答えるのか?

筆者本人も描いていて楽しかった(?)シーンが複数映像化された次回第十話はホント見逃せませんよ。


トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 候補者の一人   2006年12月09日 21:43
1 ミス慶應コンテスト2006
エントリーNo6近藤絢香(こんどう・あやか)

フジテレビ中野美奈子や
TBS青木裕子などの人気アナウンサーを輩出した
由緒ある慶應大学のミスコンテストだが、
今年の候補者の一人近藤絢香がA●出演していた。

詳細はコチラから

http://ido1ido1.blog78.fc2.com/

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)